シャンパン と スパークリング ワイン の 違い。 【シャンパンとの違い?】スパークリングワインの基本講座!(ブリュット?)

シャンパンとスパークリングワインの違い!味や製法を知ろう!

シャンパン と スパークリング ワイン の 違い

スパークリングワインとはどんなワイン? スパークリングワインとは、発砲性のワインのこと。 一般には、3気圧以上のガス圧がある発泡性ワインの総称です。 ひとことにスパークリングワインといっても、その製法には、シャンパン方式、シャルマ方式、トランスファー方式の3つの種類があることをご存知でしょうか? まずシャンパン方式とは、醸造したワインを瓶の中に入れ、糖分と酵母で瓶内二次発酵を行う製造方法をいいます。 発酵後も熟成、澱引きなど手間とコストがかかるため、最高級スパークリングワインの製造に用いられています。 シャンパン方式よりも安価なスパークリングワインを生み出すために造られたのが、シャルマ方式。 これは密閉したタンクの中で発酵させた後にガスが抜けないように濾過機を通してビンに詰める方法で、一度に大量のスパークリングワインを生産できるというメリットがあります。 トランスファー方式は、トラディショナル方式を簡略化した製法。 瓶の中で二次発酵をさせた炭酸ガスを含んだワインを加圧されたタンクに移し、冷却、ろ過した後にビンに詰めてつくられます。 このほか、瓶に入ったワインに人工的に炭酸ガスを閉じ込める「炭酸ガス注入方式」などもあります。 シャンパンとはどんなワイン? スパークリングワインの製法の1つとしてシャンパン方式がありますが、このシャンパン方式でつくられたワイン=シャンパンではありません。 シャンパン(シャンパーニュ)はスパークリングワインの1種ではありますが、シャンパンと名乗るためには、A. 法で定められた条件があるのです。 まずは、フランス、シャンパーニュ地方でつくられていること。 シャンパーニュ地方とはフランスでもっとも北にある産地で、冷涼な気候と石灰質の土壌が生み出す高品質なブドウが、最上級のスパークリングワインを生み出している地域です。 また、ブドウはシャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエの3種類のみしか使用できない、アルコール度数が11%以上あること、瓶内で二次発酵を行ったうえで、15ヵ月以上熟成することなども、シャンパンを名乗るための条件。 シャンパンの場合はラベルに必ず『Champagne』と表記しなければいけない決まりがありますので、ぜひラベルで確認してみてください。 com シャンパンには様々なグレードや味がある ひとことにシャンパンといっても、様々な種類があります。 よりシャンパンをたのしむためにも、その基本を知っておきましょう。 まず押さえておきたいのが、味の種類です。 シャンパンの辛口、甘口は工程で用いられる「リキュール・デグスペディション」の量で変わり、極極辛口のエクストラ・ブリュット(extra brut)から甘口のドゥ(doux)まで6段階で種類分けされています。 さらに、シャンパンは、使用するブドウの種類によってそのグレードが分かれています。 もっとも一般的で生産量が多いのが、ノン・ヴィンテージ(NV・Non Vintage)。 様々な畑やヴィンテージのブドウが使われているため、味も安定しています。 ヴィンテージ(Vintage)は、当たり年に収穫されたブドウだけを使用したもの。 そして、最も極上のブドウを使ってつくられたシャンパンをプレステージ Prestige と呼びます。 プレステージは限られた畑から獲れたブドウを使用しているため、その畑の個性が出た味わいをたのしむことができます。 このほか、生産者もシャンパンの味を決める重要な要素の1つ。 大手メゾン(メーカー)から小さなメーカーまで様々な作り手が個性豊かなシャンパンを生み出していますので、ぜひいろいろ飲み比べてみたいですね。

次の

シャンパンとスパークリングワインの違いは?

シャンパン と スパークリング ワイン の 違い

「シャンパン」とも呼ばれる「シャンパーニュ」には、何か特別な響きを感じます。 結婚式やパーティーで最初の乾杯をするときに飲むからか、華やかで高級なイメージもあります。 気軽に飲めるスパークリングワインも人気があり、「見た目も味も似ているのにシャンパーニュとは何が違うの?」と疑問に感じる人がいるかもしれません。 実は、スパークリングワインという発泡性ワインの中に、シャンパーニュが位置するのです。 今回はシャンパーニュとスパークリングワインの違いについて、おいしい飲み方もあわせてご紹介します。 【目次】 1. シャンパーニュの基礎知識 2. シャンパーニュの分類と特徴 3. スパークリングワインとは? 4. スパークリングワインのおいしい飲み方 5. 自分の好みに合うスパークリングワインを探してみよう シャンパーニュの基礎知識 シャンパーニュとは一体どのようなワインなのか、シャンパーニュと呼ばれるための条件について知っておきましょう。 それは、一定の品質を保つために厳しい規定を満たさなければ、シャンパーニュという呼称を使用することができないからです。 規定とは、一体どのようなものなのでしょうか。 シャンパーニュ地方は、ブドウ畑の北限にあって、他に類を見ないユニークなテロワールとなっています。 それが、誰にも真似できない格別な味わいを作り上げるのです。 第二に、使用するブドウです。 世界唯一のテロワールで生産されるブドウの品種は、黒ブドウのピノ・ノワールとムニエ、白ブドウのシャルドネです。 シャンパーニュはこれらのブドウをメインに使用して造られます。 第三に、伝統製法で醸造しなければなりません。 「瓶内二次発酵」とも呼ばれるこの方式では、樽の中で一次発酵の終わった白ワインを瓶詰めにする前に、「アサンブラージュ」と呼ばれる工程を踏みます。 アサンブラージュは「混合する」といった意味で、収穫年や品種、畑の違う白ワインをブレンドします。 これこそが、シャンパーニュの決め手にもなる造り手の秘伝技術です。 その後、ショ糖と酵母を混ぜたものを加えて、瓶詰めにします。 ゆっくりと瓶の中で二次発酵するうちに酵母が炭酸ガスを発生させて、繊細で持続性のあるシャンパーニュ独特の泡が生まれるのです。 このほかにも、ブドウの剪定(せんてい)方式や面積当たりの収穫高制限、搾汁(さくじゅう)制限などの細かい規定がありますが、「アルコール最低度数は毎年決められる」という規定もあります。 たいてい最低度数は11パーセント以上です。 このような全ての規定を満たしたものだけが、「シャンパーニュ」と記載されたラベルを貼ることができます。 シャンパーニュを醸造する際の「ドザージュ」と呼ばれる工程で、「リキュール・デグスペディション」 門出のリキュールという意味で、シャンパーニュ製造の最終段階なのでこう呼ばれます を使用して甘みを加えます。 「ドゥー」は甘口で、1リットルにつき50グラム以上のリキュール・デグスペディションが加えられています。 比較的甘口の「ドゥミ・セック」は32グラムから50グラムの加糖、比較的辛口でかすかに甘みを感じることのできる「セック」が17グラムから32グラムの加糖です。 あまり甘みを感じない辛口の「エクストラ・ドライ」は12グラムから17グラム。 辛口の「ブリュット」で12グラム以下の加糖となり、「ブリュット」よりも辛い「エクストラ・ブリュット」では6グラム以下の加糖となります。 なお、3グラム以下の加糖については、「ブリュット・ナチュール」、「パ・ドゼ」、「ドザージュ・ゼロ」などの表記も使われています。 この中でもよく飲まれているのは、どんなシーンにでも合う辛口の「ブリュット」です。 比較的甘口の「ドゥミ・セック」はデザートに合わせてよく飲まれています。 同じ白でも異なるブドウ品種で造られています。 大部分のシャンパーニュは白で、黒ブドウと白ブドウをブレンドして製造されたものです。 黒皮を漬け込まずに優しくしぼると、黒ブドウからも色のつかない果汁がとれます。 これが1つ目の白です。 そして、ブドウをブレンドせずに製造される白が2種類あります。 白ブドウのシャルドネだけを使用した「ブラン・ド・ブラン」と、黒ブドウのピノ・ノワールやムニエだけを使用した「ブラン・ド・ノワール」です。 ひと口に白といっても、淡いゴールド、ゴールドから琥珀色など、さまざまなニュアンスがあります。 淡いピンク色をした「ロゼ」は、シャンパーニュ地方で生産された赤ワインを加えて製造されています。 中には、望み通りのローズ色が出るまで果皮を漬け込み、製造している生産者もいます。 保存しておいた収穫年の異なるワインを混ぜて製造されるのが、最も一般的で生産量が多い「ノン・ヴィンテージ」です。 また、その年のブドウの出来が格別に良かった場合、造り手は「ヴィンテージ(ミレジメ)」を製造することを決めます。 基本的にはその年のブドウだけを使用し、リザーブワインを使う場合は決められたパーセンテージを守って造ります。 ヴィンテージ(ミレジメ)ではその年のブドウの出来がより強調され、ノン・ヴィンテージよりもランクが上となり、ラベルには収穫年が表記されます。 「プレステージ(プレスティージュ)」は、ヴィンテージよりもグレードが高く、一般的には同じ年の極上のブドウだけを使用して製造されたものを指します。 ただ、中にはヴィンテージがつかないプレステージ(プレスティージュ)もあり、生産者やマーケットの捉え方によって異なるため注意が必要です。 スパークリングワインとは? シャンパーニュについて基本的なことがわかったところで、今度は発泡性ワインを総称するスパークリングワインについて考えてみましょう。 しかも、3気圧以上のガス圧がなければなりません。 ワインを開栓すると圧力が下がり、二酸化炭素が気泡として立ち上がってきます。 どれくらい二酸化炭素が含まれているかによって、弱発泡性ワインと強発泡性ワインに分けられますが、通常のスパークリングワインは強発泡性ワインに当たります。 弱発泡性ワインにはフランスのペティヤン、イタリアのフリッツァンテなどがあります。 二酸化炭素の含まれる量は、強発泡性ワインの4分の1から2分の1程度です。 1つ目が伝統製法(瓶内二次発酵)で、一次発酵の終わった白ワインを瓶詰めした瓶の中で二次発酵させます。 きめ細やかな泡の上質なスパークリングワインになります。 ガス圧は5~5. 5気圧程度です。 2つ目は、タンク内で二次発酵させるシャルマ方式です。 フルーティーなスパークリングワインを造るのに向いています。 ガス圧は3~4. 5気圧程度です。 伝統製法とシャルマ方式は、いずれの方法でも自然に二酸化炭素が発生します。 3つ目は、スティルワイン 普通のワイン に人工的に二酸化炭素を注入する炭酸ガス注入方式です。 リーズナブルなスパークリングワインを造る際の方法で、ガス圧は2. 8~3. 8気圧です。 フランスには、シャンパーニュ地方以外の区域で伝統製法を使用して造られる「クレマン」があります。 また、さまざまな製法で造られる「ムスー」もあります。 スペインでは、スパークリングワインを「エスプモーソ」と呼びます。 有名なのは、主にカタルーニャ地方で伝統製法を使用して造られる「カヴァ」です。 シャンパーニュと同じく、地下の洞窟のような場所で瓶内二次発酵を行うことから、洞窟を意味するカヴァという呼称がついています。 ブドウの品種は、主にマカベオ、パレリャーダ、チャレッロが使われています。 上質ではありますが、非常に安価で、コストパフォーマンスの高いスパークリングワインです。 イタリアでは、「スプマンテ」と呼びます。 その中には伝統製法で造られる「フランチャコルタ」や、飲みやすい「プロセッコ」があります。 フランチャコルタはイタリアが誇る、シャンパーニュと同じくらい質の高いスパークリングワインです。 ブドウの品種は、シャルドネのほか、ピノ・ビアンコ、ピノ・ネーロ(ピノ・ノワールという意味のイタリア語)が使用されます。 また、弱発泡性の「フリッツァンテ」もあり、その一つ、エミリア・ロマーニャ州で造られる「ランブルスコ」には、発泡性ワインとしては珍しい赤もあります。 ドイツでは「ゼクト」と呼ばれます。 意外かもしれませんが、ドイツはスパークリングワインの消費量が多い国です。 安価なものから伝統製法で造られるものまで、価格帯はさまざまです。 ゼクトのうち、「ヴィンツァーゼクト」と「クレマン」が伝統製法で製造されています。 また、弱発泡性の「パールヴァイン」があります。 こうして見ていくと、スパークリングワインの中にも伝統製法で造られているものがあるとわかります。 シャンパーニュという呼称はなくても同じような味わいを楽しめるレベルの高いスパークリングワインですが、ほとんどの場合はシャンパーニュよりリーズナブルな価格で購入することができるため、コストパフォーマンスに優れています。 スパークリングワインのおいしい飲み方 日本でもスパークリングワインを飲むことがすっかり当たり前になり、インターネットショップやスーパーマーケットで気軽に買うことができます。 湿度は65パーセント~75パーセントくらいの高いほうが、ワインの質が落ちません。 ワインセラーを持っている人はその中に、そうでない人はキッチンの床下収納で保管するのが良いでしょう。 また、それほどの長期間でなければ、冷蔵庫で一番温度が高い野菜室に、新聞紙などでボトルをくるんで入れておくのも良いかもしれません。 ボトルはコルクを乾燥させないために、静かに横に寝かせましょう。 ただ、炭酸ガスが入っているスパークリングワインは立てて保存しても良いとする説もあります。 いずれの場合も、ボトル内の気泡を刺激しないように、振動を与えないようにしましょう。 ワインセラーに保存していた場合は、ワインクーラーに氷と水をそれぞれ3分の1ずつ入れて中に浸せば、20分~25分くらいで適温になります。 冷蔵庫で冷やす場合は、サーブする3時間から4時間前に冷蔵庫の下部にボトルを入れるだけで十分です。 スパークリングワインは冷やしすぎると、アロマや芳醇な風味が広がらなくなります。 ボトル内の泡を落ち着かせる必要があるからです。 注ぐ前に、コルクの破片などが入らないよう、布ナプキンでボトルの口を拭いておきましょう。 ワインクーラーを利用する場合は、ボトルについた水滴が落ちないように、布ナプキンで水滴を拭いてから注ぎましょう。 注ぐ際にも、水滴が自分自身やゲストの衣類、あるいはテーブルの上を濡らさないように、また、グラスの中に入ってしまわないようにするため、ボトルの底に布ナプキンやタオルを当てると良いでしょう。 できれば飲みきってしまいたいところですが、もし飲みきれなかった場合には、専用のストッパーを使って冷蔵庫に保存し、24時間以内か遅くとも数日中には飲みきるのがおすすめです。 また、シャンパーニュによっては開けた翌日のほうがおいしいもの、1カ月くらい味わいを楽しめるものもあります。 気になる場合は購入先に尋ねてみましょう。 フルート型とチューリップ型が最適ですが、香りの広がりを楽しむためにはフルート型より口の広いチューリップ型のほうが理想的です。 よく、シャンパンタワーで見られるようなクープ型のグラスは高さがなく、グラスの口が広がっているため、芳醇なアロマが早く抜けてしまいます。 グラスに注ぐ際には、泡がふきこぼれないように、最初は少量で2回~3回に分けて、適温でおいしく飲みきれる、グラス3分の2の高さまで注ぎましょう。 グラスを持つとき、手を添える場所は「ステム」と呼ばれる脚の部分です。 ステムの下部を親指と人差し指でつかんで、中指を添えるように持ちます。 グラスのボウルやボウルに近いステムの部分を持つと、体温がグラスの中に伝わって温度や発泡性に影響します。 グラスの持ち方もなかなか侮れません。 食前酒として飲むと、食欲が増進されます。 基本的に、白でもロゼでも、野菜、シーフード、鶏、鴨、豚肉、牛肉など、幅広い食材に合わせられるのが特徴です。 お料理も、フレンチやイタリアン、和食やベトナム・タイ料理、など、シンプルな料理から手間のかかる凝った料理まで合います。 自分の好みに合うスパークリングワインを探してみよう シャンパーニュも含めたスパークリングワインは、ワインが苦手な人も飲めるくらいに口当たりがよく、人気があります。 自分流に楽しんでも、おいしく飲めますが、ちょっとした知識を持っておくことは決してマイナスではありません。 自分の家で飲むだけでなく、デート、あるいは仕事がらみ、お祝い事の席で飲む機会もあるでしょう。 シャンパーニュとスパークリングワインの違いやおいしい飲み方を知っていれば、もうエキスパートです。 自分の好みに合ったものを購入して、おいしい食事とのマリアージュを楽しんでみてください。

次の

シャンパンとスパークリングワインの違いは味?おすすめの選び方も解説!

シャンパン と スパークリング ワイン の 違い

「スパークリングワイン」は、一般には3気圧以上のガス圧を持った発泡性ワインの総称です。 (3気圧以下のものは弱発泡性ワインといいます)。 その中で、「シャンパン」はフランスのシャンパーニュ地方でつくられ、かつフランスのワインの法律(AOC法:原産地呼称管理法)に規定された条件を満たしたもののみ名乗ることができる名称です。 条件にはつくられる地域やぶどうの品種、栽培や伝統的製造方法(メソード トラディショナルと呼ばれる製法で、シャンパン製法とも呼ばれる)、アルコール度数などの項目があります。 なお、メールでも受け付けておりますので、ご利用ください。 suntory. つながりにくい場合もございますので、 上記メール受付もご利用ください。 suntory. 電話機が非通知設定の場合は、恐れ入りますが電話番号の最初に「186」をつけておかけください。 要配慮個人情報をお伝えいただく場合、事前に、ご本人様の同意を得ていただきますようお願いいたします。 お手紙 〒135-8631 東京都港区台場2-3-3 サントリーお客様センター 宛.

次の