デッド デッド デーモンズ デデデ デストラクション ネタバレ。 デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 7

デッド デッド デーモンズ デデデ デストラクション ネタバレ

—— 『おやすみプンプン』連載終了、おつかれさまでした。 今のお気持ちはいかがですか? 浅野いにお(以下、浅野) ようやく本当に終わったって感じです。 —— 自己最長作品ですよね。 小学校入学して卒業できますからね。 浅野 7年近くやりましたから。 『おやすみプンプン』は、先にあらすじが決まっていて、数年前から終わりが見えていたので、気持ち的にはずっと前から終わってたんです。 でも、どうしても手が抜けないというか、やろうと思ったことを全部やり切らないと後悔しそうだったので。 終わらせず我慢してやり通そうと思ったら、全7巻くらいで終わる予定が倍になりました。 だから本当にようやく、という感じです。 —— 『おやすみプンプン』のコミックス3巻が出た頃にインタビューさせてもらったんですが、その時に全体のおおまかなあらすじは30分程度でできたとおっしゃっていて。 最初の構想では、どこまで話ができていたんですか? 浅野 1話目ができあがった段階で構想していたのは、これはプンプンという少年の成長の話であって、おそらく10年間くらいの話を書くことになるだろうなと。 —— はい。 浅野 ヒロインは愛子ちゃんで、ジャンルで言うと恋愛マンガというか、純愛マンガ。 全体の話の構成のヤマ場としては、途中で何か「事件」が起きて、プンプンと愛子ちゃんが逃避行みたいな状態になる。 後半は、ロードムービーっぽくなっていくというところまでは決まっていたんです。 『おやすみプンプン』1巻より —— 小学生編ののどかな雰囲気は、はなっから彼らを陵辱する気まんまんだったんですね。 浅野 後で「事件」が起こることは最初から決まっていたわけだから、それが一番衝撃的に見えるために何をすればいいか、たわいのない青春時代をいかに長く丁寧に描くかってことだと思ったんです。 小学生らしく、わかりやすく、みんなの郷愁を誘うような描き方を心がけていました。 —— プンプンと愛子ちゃんの初恋も、その考え方で? 浅野 なにしろ転校生に一目惚れ、ですから。 お話的には一番ベタな展開から始めました。 「マンガとはこういうものだ」というフォーマットが、マンガの歴史の中である程度できあがってるじゃないですか。 それをどこまで壊せるかっていう挑戦でもあったので、いわゆる恋愛マンガというかラブコメの「あるある」から始まっていく。 そこから始めて、どこまでも混沌としていくという。 —— 高校を卒業したプンプンの前に、さっちゃん=南条幸というマンガ家志望の女性が現れます。 この展開は最初から織り込み済みでしたか? 浅野 プンプンと愛子ちゃんの間にさっちゃんが加わる、三角関係の話は最初から盛り込む予定でした。 第1話で、プンプンパパが望遠鏡を見て夏の大三角形がどうたらこうたらと言ってるんですけど、あれは自分で読み返した時、「『プンプン』は三角関係の話をするんだ」と思い出せるように描いておいたんですよ。 —— 1話目からそんな伏線が! 浅野 こと座のベガが織姫で、わし座のアルタイルが彦星。 そこに、はくちょう座のデネブが加わると、「夏の大三角形」になるんです。 プンプンと愛子ちゃん、織姫と彦星の話に、さっちゃんが加わって三角関係になる。 プンプンが途中(11巻)で角が生えたのも悪魔ってわけじゃなくて、彦星は牽牛星とも呼ばれるので、牛のイメージなんですよ。 『おやすみプンプン』11巻より —— では、プンプンがピラミッド型になったのはどうして? 浅野 あれは1番シンプルな正多面体っていう、1番ミニマルなものにしていくと正四面体になるっていう。 1番シンプルな立体ってなんだろうって。 『おやすみプンプン』8巻より —— ほかにもおどけるとひょっとこになったりとか……。 浅野 あれは深い意味はないです(笑)。 単に僕が和風の置物が好きで、それを描きたかったってだけで。 理由があるところと理由のないところが、モザイクみたいに混在してますね。 なにひとつプンプンの思い通りにはならなかった —— つまり前半は、読者それぞれの人生の記憶、あるいは物語の記憶を引き出していくようなエピソードをばらまいて、主人公であるプンプンに感情移入させる。 そうしたうえで、誰も経験したことのない人生の物語へと踏み出していく。 その経験とは、何かというと……。 構想段階でいつか起こすと決めていた「事件」の中身を、「殺人」にすると決めたのはいつ頃ですか? 浅野 コミックスで言うと3巻の頭くらい、プンプンが中学生になったあたりで、ヤマ場に当たる事件は、二十歳のプンプンが人を殺すことにしようと決めました。 その事件をきっかけに、愛子ちゃんとプンプンが一緒に逃げる。 あとは最終話に、ハルミンという小学生時代の友だちが出るってことも3巻の段階で決まりました。 『おやすみプンプン』1巻よりプンプンとハルミン —— 小学5年生の時、転校していってしまう男の子ですね。 最終回では、大人になったプンプンとハルミンの意外な再会が描かれました。 浅野 この話はあくまでプンプン目線で書かれているから読者はわかるけれども、他人から見たら、プンプンがどういう人生を歩んできたかなんて分からないじゃないですか。 ハルミンはすごく真っ当な価値観を持っている、一番ノーマルなキャラクターだったので、プンプンの人生と対比して出すのはおもしろいかなと思ったんです。 —— 最終話でハルミンが見た風景は、プンプンのまわりにたくさんの仲間がいる姿でした。 そのワンシーンだけ切り取って見たら、とても幸せな光景ですよね。 浅野 そうですそうです。 でも、プンプンは最後まで、何ひとつ自分の思い通りにならなかったんですよ。 —— はい。 浅野 本当は愛子ちゃんが死んだ後も、愛子ちゃんのことをずーっと心の内に抱えながら孤独に生きていくことを願っていたんだけれど、結局さっちゃんに捕まえられて、なんとなくあやふやになってしまう。 プンプンは、そこで折れてるんです。 愛子ちゃんと夢で対話してる中では(145話)、自分のことが誰の記憶からもいなくなればいいみたいなことを言ってたりもするんですけど、そんな願いすらプンプンはかなわない。 —— 作中で「おやすみ、プンプン」というナレーションが何度か挿入されていますが、最後にプンプンが自分の意志でつぶやいた「おやすみ」は、さっちゃんによってキャンセルされてしまう。 自分の意志で永遠に眠ることを、起こされてしまった男の話とも言えます。 『おやすみプンプン』13巻より 浅野 そうですね。 しかも、ちょっとわかりづらく描いちゃったかもしれないんですけど、さっちゃんはプンプンのことをマンガにしてるんです。 プンプンが「みんなに忘れて欲しい」と思っている自分の半生が、さっちゃんの手でほじくり回されて、マンガに描かれて、残っていく。 —— 以前のプンプンという人間の性格を考えれば、それは……生き地獄ですね。 浅野 最終回を実際にどう描くかは、最後の最後まで迷ったんです。 いろいろあった想定の中で、プンプンが死ぬっていうエンドもあったんですよ。 —— おお。 それは? 浅野 さっちゃんの子供が駅のホームに落ちて、プンプンが助けるんだけど、その子の身代わりにプンプンは死んでしまう。 そのエンドは、終わり方としてはスッキリするんです。 けど、スッキリさせていいのかっていう疑問があったんですね。 —— スッキリとは? 浅野 物語としてきれいに終わりすぎてしまう。 逆にうまくまとまりすぎちゃうというか。 死ぬよりも、生きるほうがずっとつらいですから。 プンプンにとって、一番みじめでイヤな終わり方はこれだろうな、と思って最終回はあの展開にしました。 —— 一番イヤな終わり方が、このマンガにとってのトゥルーエンドなんだ、と。 浅野 ええ。 ただ、あれが気持ちのいい終わり方って言う人もいるし、物語だからそれぞれの価値観で判断してくれればいいと思っています。 みんながみんな同じ感想じゃあ、逆につまらない。 最終回の感想は見事に真っ二つに分かれたので、感想の見応えがありました。

次の

デデデデのおんたんがかわいい!兄や家族についても考察!

デッド デッド デーモンズ デデデ デストラクション ネタバレ

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクションのあらすじ紹介 授業中の教室で 居眠りをして注意される 女子高生の小山門出。 この世界は アメリカの陰謀で出来ていると 意味不明な発言をする中川凰蘭。 意中の男子に 告白してリア充を目指す女子を 励ます級友たち。 今日も絶好のお洗濯日和を告げる ラジオ放送。 何も変わらない日常を 今日も過ごしていく女子高生たち。 それは小山門出にとって 退屈で少し不満な幸せな日々。 ・・・そう、日常は何も変わらない。 3年前に現れた巨大な円盤・母艦が 今も東京上空に 浮かんでいることを除けば・・・。 デッドデッドデーモンズデデデデデストラクションのネタバレと今後の展開は? 3年前の夏休み・・・。 高校受験を控えた 門出(かどで)と凰蘭(通称・おんたん) 夏休みの宿題を残している門出だが 今日はオンラインゲームの 先行アクセスの解禁日。 宿題は夜からにして 各自の家にてオンラインゲームに励む。 ふと、前ぶれもなく門出の部屋に やってきた父親は 衝撃の一言をつぶやいた。 日本が戦争に入ったと・・・。 その日、巨大な円盤が 東京上空に出現。 そこから小型の円盤が 次々と飛来していく。 日本は非常事態を宣言! 周辺各国に軍の応援を要請して 戦時下に入る。 そんな事態を門出は 少しだけ楽しげに思った 宿題やらなくて正解だった? 米軍の新型兵器の投入などで 停止した円盤の母船は そのまま東京上空にて留まった。 多数の死傷者と 行方不明者を出しながらも やがて事態は沈静化。 門出の期待した非日常は 数日でまた 日常の色を取り戻していった。 ただ一つ あの日に出かけた父親が 帰ってこないことを除けば・・・。 そうして 退屈な日常に戻された門出も 既に高校3年生。 何もない毎日に悩みながらも 担当教師の渡良瀬に 叶わぬ想いを寄せる日々を過ごす。 それでも親友の おんたんとの友情は 何よりも大切に感じる門出だった。 そして平和な日常に すっかり慣れきって 本質を見失っていく人々。 彼らは忘れている やがて日常という名の夏休みは 終わりを告げることを・・・。 サイト内で【 デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション】を検索! デッドデッドデーモンズデデデデデストラクションの読んでみた感想・評価 平和で普通な世界での 変わり映えもしない毎日・・・。 そんな少し退屈な毎日を過ごす 女子高生・門出たちの 学園生活を描いていく物語・・・。 と思えるのは表面だけで この世界の本質は確実に そして大きく変化していくのです! そんな登場人物たちの平凡な日常と 危機感を秘めた世界観とのギャップが この作品独特の魅力になっています。 失ったそれぞれの環境や 天空に居座る宇宙船の脅威 そして先の見えない将来。 人々はそんな不安も空気のように 吸い込んでは吐き出して 毎日へと溶かし込んでいきます。 今ある退屈な日常が どれほど大切な日々なのかに 気づくこともなく。 そんな中での門出や、おんたんの 互いを想う姿や表情は 微笑ましくて少しせつなくなります。 そして今後の世界を左右する 上空で動かない円盤と 襲来した宇宙人の正体と目的とは? やがて訪れそうな 不安定な未来へ向かう 二人の今を大切に見守りたい作品です。 変わりゆく世界でも 変わらないものの大切さを願って・・・。 デッドデッドデーモンズデデデデデストラクションはこんな方におすすめな作品!必見 宇宙人に襲来された 東京を舞台にしながらも とても平凡な日常が描かれていきます。 東京上空にただ留まる巨大な円盤 時折そこから出現する小型の円盤も 子供が石を投げるほどに弱い! 未知の存在との戦争は いつの間にか見慣れた風景となり 日常とすり替わっていきます・・・。 変ってしまったはずの世界で 変わらない日常を過ごす 女子高生たち。 ネットの話題や恋愛話 中二病的な会話などで 消費されていく毎日。 そんな彼女たちの会話を中心に 物語は進み 世界はゆっくりと変化していきます。 どこか違ってしまった日常の中で 重ねられていく会話劇。 独特の世界観と作風で描かれていく とても興味深い作品です。 世界が変わってしまうような 設定の他作品としては井上智徳の描く もオススメです。 こちらは災害によって 放射能汚染された東京が舞台。 人の住めなくなった 完全な非日常の世界・・・。 そんな崩壊した東京で 放射能に耐性を持って生まれた 女子高生たちの活動を描いた作品です。

次の

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 7

デッド デッド デーモンズ デデデ デストラクション ネタバレ

『』5巻が9月30日に発売されました。 相変わらず長いタイトルですよね。 ネットで感想を調べていて、略称が『デデデデ』であることを最近知りました。 これからは、『デデデデ』で! 表紙は、凛ですがあまり本編には出てきてなかったですね。 笑 その代わりにみんな大好きおんたんは、大活躍?でした。 この点に関しては、賛否両論ありそうです。 世界の滅亡がすでに示唆されていますが、この5巻でついにその原因が一体なんなのか明らかになりました。 現実世界の政治活動もしばしば形を変えて描かれていますが、特定の活動を暗に支持するようなとのではないように感じます。 なので政治的なポリシーに関係なく、全然フラットな気持ちで読むことができました。 ただ、せっかく大学編から登場した新キャラがいるのに、あまり登場してないのが少し残念でしたね。 黒騎士はでてくれて嬉しかった。 笑 新キャラを交えた展開もあるはずなので、まだまだ続くっていうことなのかな? そうだと嬉しいですね。 また、内容は批評や論評といった類のものではなく、感じたことをそのまま書き出しただけで寄せ集めのようなものです。 見に来ていただいた方には、友達に借りた漫画を返す時にあーだこーだ言いい合う時のような軽い気持ちで読んでいただけると嬉しいです。 世界滅亡のシナリオが明らかに あの癒し系侵略者との戦いで、どうやって地球が滅亡するんだと正直もやもやしてました。 やっと、そのシナリオが明らかになりましたね。 母船内のエネルギーが暴走することが原因のようです。 これは現実世界でいうところのを示唆してるんでしょうね。 そんなとんでもないエネルギーを操りながらそれを武器に転用できない宇宙人萌えです。 笑)おまけに、プター的なものまで作れるのに。 この漫画の世界観では、人間が強すぎるのであって侵略者サイドは決して弱い訳ではないということも言われています。 一般的なSFでは、圧倒的な科学力と武力を持っているのは、侵略者側であることがほとんどなので、全く真逆をいきましたね。 政治的な都合の為に弱い侵略者を仮想敵と見なして、一方的に攻撃してきたつけが回ってきた形です。 さて、ゴールが決まってしまったのでこっからは、どうなるんですしょうか。 呑気なほのぼの系日常が続いてほしいけど 人類滅亡が迫る逼迫した状況とおんたんや門出たちのほのぼのとしたラ的な日常が相変わらず対比して描かれています。 門出は先生とおんたんは侵略者の大葉くんといい感じになりつつある訳ですが、キャラが面白いからそれをずっと見てたいという気持ちが結構あります。 しかし、もう滅亡は決まってるんですよね。 そこらへんの関係がどこまで続いてくれるのかも、見所になってくるんだとおもいます。 世界の終わりとは、関係ないかのように展開される日常がいつまでも続いてほしいですね。 最後に 地上では、侵略者潜伏地域への攻撃も始まりました。 最後の抵抗で一斉蜂起が起きそうな予感です。 そうなると門出とおんたんと一緒にすんでいる大葉くんもその戦いには、参戦することになるんでしょう。 あらすじにも大葉くんは居候ということになっているので、いつまでもおんたんとイチャラブは、できないということだと思います。 そうであれ。 おんたんに関しては、恋愛的ななにかは無縁で最終回を迎えると思っていましたが、読み違いでしたね。 いつもヨダレを垂らしているキャラでは、ありますがゲーム好きオタ男子を女体化したようなキャラなので、なんか感情移入しちゃいます。 さて、次回が楽しみですが次の巻は、半年後くらいになってしまうんでしょうか。 Kracpot.

次の