メリークリスマス 英語。 メリークリスマスの英語メッセージ集!贈る時の4つのポイントもご紹介

クリスマスメッセージに使える英語のフレーズ56選

メリークリスマス 英語

何気なく使っている人が多いと思いますが、クリスマスは 宗教行事なので欧米の方に贈る場合には ちょっとした配慮を心掛けたいもの。 そこで今回はクリスマスメッセージを贈る時の 4つのポイントと、クリスマスカードにも使える 厳選メッセージ集をあわせてご紹介します。 元アイドルの方の歌詞にもこのようなフレーズがありましたが、 ネイティブからすると不自然な表現になるので、使わないように注意しましょう。 欧米ではクリスマス前から年明けまで長い休暇をとるのが一般的なので、年末の挨拶としてこのような言い方をしても違和感はありません。 もう少しアレンジを加えるのであればこのような言い方もできます。 ・Merry Christmas to you too! とっさに声をかけられても笑顔で対応できるよう、 返答の仕方もしっかりチェックしておくと安心ですね。 そのまま使えるクリスマスメッセージ文例集 Have a merry Christmas! 良いクリスマスを迎えてね! 日本で言うところの 「良いお年を」に該当するフレーズで、12月中旬から25日までの間、 別れ際の挨拶として用いられることが多いです。 Have a nice Christmas! A Very Merry Christmas! Enjoy your Christmas! Merry Christmas to you. 良いクリスマスを。 Merry Christmas to you and your family! Merry Christmas to all! Merry Christmas and a Happy New Year! Merry Christmas and Happy New Year to all of you. Merry Christmas and all the best in the New Year! Happy holidays! I wish you a Merry Christmas. 楽しいクリスマスをお過ごしください。 こちらも定番のメッセージです。 I wish you a Merry Christmas and Happy Holidays. 楽しいクリスマスと幸せな休暇をお過ごしください。 アレンジをきかせたクリスマスメッセージ文例集 定番メッセージをより個性的にアレンジしたメッセージ文例もご紹介します。 May the Christmas season fill you with joy. 喜びいっぱいのクリスマス休暇になりますように。 Best wishes for the Christmas season. 最高のクリスマス休暇になりますように! May your Christmas sparkle with moments of love and laughter. あなたのクリスマスが愛と笑いできらめきますように。 Happy Holidays. Wishing you every happiness this holiday season. 楽しい休暇を。 この休暇がずっと幸福でいられることを祈っています。 Christmas Greetings! With many good wishes for Christmas and the coming year. クリスマスのご挨拶!クリスマスと新年が幸福でいられる願いと共に。 May the joy of the holiday be with you in the new year. 休暇の喜びが新年にも続きますように。 May the holiday season fill your home with joy and your heart with love. あなたの家が喜びで、あなたの心が愛情で満ち溢れる休暇のシーズンになりますように。 Wishing you a happy holiday season and a new year of peace and happiness. 喜びに満ちた休暇と新年の平和と喜びを祈って。 Warmest greetings and best wishes for the new year. 心からのご挨拶と新年の幸せを願って。 付録:クリスマスカードの書き方と送り方 日本人が年賀状を送るように、欧米では クリスマスカードを送り合う習慣があります。 普段はメールやSNSで連絡を取り合う間でも、年に1度くらいは心をこめて筆をとりたいもの。 きっと相手にもその温かい気持ちが伝わると思いますよ。 いつ頃送るといいの? 年賀状は1日1日に届くよう配慮されますが、クリスマスカードは 12月に入ると日付に関係なく続々と届けられます。 クリスマス当日よりも前に届くように配慮しつつも、あまりにも早く届きすぎないように注意しましょう。 12月の20日から25日の間に相手が受け取るのが理想ですが、国際郵便の場合にはなかなか調整が難しいもの。 国と国への距離や、相手国の郵便事情にもよりますが、贈るタイミングとしては 12月の8日~12日頃に日本から発送するのが良いようです。 クリスマスカードの書き方は? 12月になると日本にもかわいらしい クリスマスカードが店頭に並びますね。 相手の顔を思い浮かべながら、どれを送ろうか選ぶのも楽しい時間。 カードを揃えたら、いよいよ メッセージを書き始めます。 そしてメッセージを書いたら、最後に 結びの言葉と 自分の名前を記入して完成です。 相手に応じて使い分けてくださいね。 まとめ 今日はクリスマスメッセージの英語について学びました。 街中がクリスマスのイルミネーションに彩られてくる12月上旬は、クリスマスカードの送付にぴったりの時期です。 お疲れさまでした!.

次の

Weblio和英辞書

メリークリスマス 英語

こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 今日はクリスマスイブですね。 クリスマスといえば 「メリークリスマス」というお祝いフレーズが鉄板ですがー 英語では「メリークリスマス」の他にも、 たくさんのお祝いフレーズがあるんです。 しかし、 「メリークリスマス」以外のフレーズを 知らない方が大半だと思います。 もしかしたらあなたも どこかで見覚えがあるかもしれません。 ここで使われている「X」は ギリシャ語に由来しています。 ギリシャ語では 「X」に似た文字は「Chi」という発音をすることもあり、 あえて「X」と略して使うことがあります。 ですが、英語圏では アポストロフィーをつけずに 「Xmas」で表すことも多いそうです。 どちらのパターンも使えますので この機会に覚えておきましょう! クリスマスで使える挨拶 上記でお伝えした通り、 「メリークリスマス」以外にも クリスマスのお祝いフレーズは たくさんあります。 ここでは、 クリスマスに使えるおすすめフレーズをご紹介します。 日本のクリスマスは パートナーや友人と過ごす方が多いのですが 海外では、 「家族が集まってお祝いをする日」 でもあります。 そのため、今からご紹介するフレーズは 家族へのメッセージも含まれます。 もちろん、 海外の友達にメッセージを送るときも ぜひ活用してくださいね。 ここで使われている「may」は 祈願の意味で使われています。 クリスマスに使えるフレーズをご紹介 1. If you believe in Father Christmas, buy〜. クリスマスで 何かおねだりしたいときに使えるフレーズです。 ここで使われている「Father Christmas」は、 イギリス英語で「サンタクロース」を意味しています。 さらに、 「believe in」には 「〜の存在を信じる」という意味があります。 サンタクロースに使うには まさにぴったりのイディオムですね! 2. I got you something for Christmas. クリスマスプレゼントをあげたいときに ぜひ使ってみてください。 ここで使われている 「get 人 something」は 「(人)に何かを買う」という意味の カジュアルな表現です。 もし、相手が クリスマスプレゼントを準備していたら、 I got you something, too. と返してくれるはずです! 3. プレゼントの交換に関する話が出たときに 使えるフレーズです。 「exchange gifts」には 「プレゼントを交換する」という意味があります。 交換するという事は、 プレゼントは2つ以上必要になるので、 ここでは「gifts」という複数形が使われています。 このように、 クリスマスをお祝いするフレーズは たくさんあります。 プレゼントを渡すときは、 「I got you something for Christmas. 」 と伝えるのもお忘れなく。 それでは、 素敵なクリスマスをお過ごしくださいね!! 初心者を勉強しないで楽しんでバイリンガルにする 英語界のブラックジャック 上智大学比較文化学部(現:国際教養学部)卒。 TOEIC990 初受験で20分以上時間が余って満点 、 英検1級、小学校英語指導者資格、ニンテンドー3DSソフト 「TOEICテスト超速トレーニング」スペシャルアドバイザー、 芸能人への個別指導、英会話教室、TOEIC講座、企業研修、他。 著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験から、文法や暗記などといった従来の学習を180度違う角度から切りこみ、短期間で「英語回路」を身につけるメカニズムを発見。 また、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。 日本人には日本人独自の習得方法があることを見出し、母国語を自然に覚えるメカニズムに独自言語習得法と本来人間が持っている爆発的な潜在能力を融合する事で、そのプログラムの効果を確実なものとしている。 』他多数。 現在は、東京オリンピックのある、2020年までに5000人のバイリンガルを輩出し、英語を使って、やりたいことを実現できる日本人が世界中で溢れ、英語で日本のことを発信できるリーダーが活躍できる社会の実現に向けて活動している。 また、楽しむ英語教育を普及させ、未来の日本の子供達が、 自然に英語を楽しんで話せる未来の実現をビジョンに掲げている。

次の

メリークリスマス英語の飾り文字イラスト

メリークリスマス 英語

Contents• クリスマスをお祝いする言葉としてメジャーですよね。 ChristmasはChrist(キリスト)mas(礼拝)という意味で、キリスト生誕の日。 つまり、クリスマスは、もともと、 キリスト教徒がキリストの生誕をお祝いする日なのです。 キリスト教徒以外の人がクリスマスをお祝いするのに、抵抗を感じるのも当然ですよね。 宗教的な思想・風習があまり浸透していない日本では、クリスマスを普通のイベントとして楽しみます。 そのため、宗教に関係なく、クリスマスを楽しむ日本人にはピンとこないかもしれません。 しかし、海外ではクリスチャンが多数派でも、それ以外の宗教を信じる人も多いのが現実です。 もちろん、地域によっては、クリスチャンがマイノリティーになることもあります。 そのため、「メリークリスマス」という言葉に、抵抗を感じる人が少なくありません。 そこで、ポリティカル・コレクトネスの観点から使われるようになった言葉が、 「ハッピーホリデーズ」。 それは、12月はクリスマス休暇だけではないからです。 ユダヤ教の祝日「ハヌカ」やアフリカン・アメリカンの文化を祝う「クワンザ」など様々な祝日があります。 つまり、 「ハッピーホリデーズ」という言葉は、宗教に関係なく受け入れられる言葉なのです。 一方で、この言葉の代用に、キリスト教保守系の人たちから批判もあるそうです。 「言葉狩りだ」といった批判がありますが、「ハッピーホリデーズ」が浸透しているのは事実。 最近は日本でも、「Happy Holidays」と書かれた店頭ポスターもありますね。 しかし、覚えておくとアメリカの映画やドラマを理解しやすくなるでしょう。 または、年末年始の休暇のことだな、と考えていいでしょう。 ユダヤ暦は太陰暦を使用するため、ハヌカの日取りは毎年変わります。 ほぼクリスマスと同じ12月に、ユダヤ教徒はこの宗教的お祭りを8日間行います。 黒人文化のリーダーかつアフリカ研究の教授Maulana Karenga 氏によって提唱され、1966年から始まりました。 クワンザとは、アフリカの言葉で 「初めての果物」という意味。 自分たちのルーツであるアフリカ文化と伝統を祝うため、収穫を祝う伝統的な祭りに基づいたお祝いです。 さらに、自分のルーツの誇りや、アメリカでの未来を切り拓くための礎を確認するためのものです。 ちなみに、クリスマスの翌日26日から、ほとんどのお店でアフター・クリスマス・セールが始まります。 1966年当時、貧しかった黒人たちも買い物がしやすいように、という理由で26日からお祝いするようになったそうです。 リンク クワンザには、決まったテーブル・セッティングがあります。 まずは、麦わら製のマット(Mkeka)をテーブルにセット。 そして、7本のロウソク(Mishumaa saba)を立てたキャンドル・スタンド(Kinara)を置きます。 そして、その前に収穫を表す果物、子供の人数分のトウモロコシと、手作りのプレゼントを置きます。 クワンザの期間中は、工芸品や、アフリカの民族衣装、アフリカの理想を象徴する果物などで家々を装飾します。 行事には、先祖への敬意と感謝を込めて子ども達を参加させるのが習慣。 そして、みんなで同じ聖杯で聖水を戴くそうです。 実は、これ間違い! なぜなら、背景にキリスト教文化があるからです。 アメリカでは、道端でくしゃみをすれば、知らない誰かが言ってくれるでしょう。 しかし、キリスト教ではない方も大勢いますよね。 そのため、この言葉を使わないのです。 英語圏の言葉と覚えると間違いもあるので、その歴史や背景を知るようにしましょう! いかがでしたか。 日本とは宗教観が異なる国ならではの問題。 クリスマスとは何なのか、と改めて考えさせられますね。 日本では気にしないことでも、海外では相手の信仰を配慮するようにしましょう。 それでは… Happy Holidays!!

次の