マーク ザッカーバーグ 名言 英語。 【完全解説】マーク・ザッカーバーグとは?どんな人?「Facebookの創設者」

名言「完璧を目指すよりまず終わらせろ」が生産性を上げる3つの理由

マーク ザッカーバーグ 名言 英語

画像参照: 名言で見る若きビリオネア、マーク・ザッカーバーグ Facebookの創始者であるマーク・ザッカーバーグ。 これまでのインタビューやスピーチの中から、彼の生き方や仕事に対する考えが伺えるものをピックアップしました。 仕事に活かせる名言が多い! マーク・ザッカーバーグの言葉で、僕が仕事中常に頭に置いているものがあります。 Done is better than perfect. (完璧を目指すよりも、まずは終わらせろ。 ) 結構有名な言葉ですが、本当に核心をついていると思っています。 特にデザインのような仕事だと、なにを持って完成とするかが難しい。 気がつくとずるずると時間が過ぎて、ムダな時間をとってしまうことも多々あります。 そうならないように常に意識して、完璧かどうかはわからないけども8割ぐらい出来たな、と思ったら、煮詰まる前にそこで無理矢理終わった事にしています。 とにかく目の前のタスクは終わらせて、次に着手していく事で仕事はより洗練されていくものだという事を教えてくれる名言です。 これ以外にも、仕事に活かせる言葉を多く残しているマーク。 彼の名言を集めたを参考にまとめました。 マーク・ザッカーバーグの名言一覧 1. 「めまぐるしく変化する時代において、必ず失敗する戦略がある。 それは一切のリスクを取らないという事だ」 SNSの王者となっているFacebookですが、常にリスクを取り続けてより高みを目指し続けています。 「問題なのは "私たちが彼らについて何を知りたいか" では無い。 "彼ら自身が自分の事をどう語りたいか" だ」 おおお。 これは深い。 ネット時代における自意識のあり方をマーク自身がしっかりと理解しています。 ちなみに2011年の発言。 さすがです。 「僕は自分の学生寮でFacebookを開発して、学生寮のパソコンからローンチしたんだ。 月に85ドルのサーバーを借りて、広告費を取ってそれをまかなった。 つまり未だに、寮の時代からビジネスモデルは全く変わっていないんだよ」 リスクを取って新しい事に挑戦し続ける一方で、根本のビジネスモデルは全く変わっていない。 寮の一室で作られたサービスが世界全体で利用されているというのは、これ以上無い程夢のある話です。 「今この瞬間にアフリカで餓死している子ども達よりも、家の庭で死んでいるリスに人々は関心を抱いてしまうものだ」 残酷な話ですがこれを否定出来る人はほとんどいないでしょう。 テレビで飢えたアフリカの子ども達を目にしてその場だけ可哀想だと思っても、数分後には友達と楽しくLINEで会話したりしてしまう。 ただこれは、井上陽水が「傘が無い」で1972年に言っていた事と同じですね。 「素早く行動し、不要なものは捨てる。 何かを捨てなければ素早く動けないからだ」 「あれもこれも」といういいとこ取りの精神ではいけない。 「少しひねくれた事を言うと、徐々に人々がFacebookを過小評価する時期に入ってきていると思う。 これは僕には喜ばしい事だ。 なぜなら過度な期待が無い事によって、今まで以上に魅力的な賭けに挑戦する自由が得られるわけだからね」 これもガツンときます!世の中には世間に注目されたいだけの技術者や経営者が多いですが、マークは期待や注目をあまり良いものと感じていないようです。 純粋に自分のアイディアを形にする事を楽しんでいるという事がよくわかります。 「誰だってスマートに仕事をこなしたり、直接的に利益を生み出せる様なスキルを獲得するチャンスがある。 しかしその事を信じなければ、力を発揮する事は出来ないんだ」 珍しい精神論。 「自分の可能性を信じろ」という話でしょうか。 確かに現状に甘んじて、スキルアップの機会を捨てている人はとても多い。 「人々は、君が他人からどう言われているかなんて気にしない。 もっと言うと、君がどんな事を言っているかすらどうだって良いんだ。 重要なのは、君が何を成し遂げたかという事だけさ」 これは非常に励まされます。 実績や成果というのは、千の言葉にも勝る力を持ちます。 自分を取り繕ったり人からどう言われるかを気にする前に、目の前を仕事をまず成し遂げるべき。 「一度シリコンバレーで働くと、キャリアの最後までそこにいなければという気持ちになるかもしれない。 しかしシリコンバレーだけがエンジニア達にとって唯一の場所かというとそんな事はない。 もしも今起業したのなら、僕はボストンに留まっていただろうね。 シリコンバレーというのは、短期的な視野しか持たせないところがあって、僕はそれが嫌なんだ」 ま、まじすか。 シリコンバレーだめすか。 世界一自由にITビジネスが繰り広げられているイメージがありますが、マーク・ザッカーバーグに言わせれば色々問題があるようです。 「毎日自分自身に問いかけていることがある。 "今俺がやっている事は、自分が出来る事の中で一番重要な事なのか? " 最も重要な課題が自分の仕事で無いと感じるときは、何をしていても良い気分になれないね」 これもグサっと来る。 「仕事が楽しい」とか「やりがい」といった事とはまたちょっと違う次元の話ですね。

次の

Facebookを動かしている5つの名言 マーク ザッカーバーグの手紙より

マーク ザッカーバーグ 名言 英語

あわせて読みたい いやいや、億の単位で違うってもう・・ 217億円も資産があったらもうお金持ちの域ですよね。 大富豪同士の資産の差額だったら『へぇ、たったの2億ドル?』と思うのですが、 考えたらこれ何人分の生涯年収なんだろうという話しですよね。 ちなみに日本人の生涯年収が2億円ですからね。 ざっと100人分の生涯年収なんですよね。 そう思うと。。。 なんだかちょっと空しくなってきました(涙) マークザッカーバーグさんの年収ですがなんと1ドルだそうです。 えっとぉ。 それでどうやって生活するの?というのは素人の考え。 マークザッカーバーグさんは62. 3億ドルもの資産をもっているのですから、ちょっと国債買っても年利数億円という配当がもらえます。 つまり働かなくてもお金を働かせる事で報酬はもう必要無いと言うことです。 もともと マークザッカーバーグさんは質素な生活を好み、富豪なのにホンダに乗っていたり、 公の場に出てくる時もラフな格好だったりとおおよそ富豪らしくない大富豪です。 マークザッカーバーグさんの生活レベルとその資産を考えると、 ええ!もったいない!と思うのですが意外と無頓着の様子。 もちろん、一般市民に比べれば良い暮らしなのでしょうが、 富豪でしょ?と言うところでマークザッカーバーグさんは方はずれなのでしょうね。 ちなみに、カルロス・スリム・ヘルさんや、 ウォーレンバフェットさんも質素な暮らしを好む大富豪です。 あわせて読みたい 一般人からすると少し分けて欲しいと思ってしまいますね。 いや、きっとそこがいいのでしょう。 大富豪なのにいかにも大富豪じゃないのがマークザッカーバーグさんらしいのではないでしょうか。 ちなみに、私はFacebook愛用しています。 マークザッカーバーグさんがいなかったらこうやって古い友人とつながれなかったと思うと、本当にありがとうございます!と思っています。 マークザッカーバーグの名言『完璧をめざすよりまず終わらせろ』などアラフィフ主婦がしびれた5選。 もう、マークザッカーバーグさんの名言といえば、これ!『完璧を目指すより終わらせろ!』です。 Done is better than perfect. つまり完璧主義になるなって事ですね。 まだ完璧に準備出来てないから・・・・やらない 忙しいから・・・・・やらない 完璧にやれないから・・・・・やらない 時間がないから・・・・・やらない 私も言ってます💦恐らく多くの方もこれには『ぐぅ』の音がでるのではありませんか? ついつい私達は完璧を求めてしまいます。 いや、 完璧をもとめるというのは体の良い言い訳で、 単にやろうとしないのではないでしょうか? とりあえずでもやらないと、何もかも先送りになってしまい、 結果あら?なにも進歩してませんということになりがちです。 私達の人生って先送りがなくなったら生産性がめちゃくちゃ上がるんだと思うのです。 でも出来ない。 その部分をマークザッカーバーグさんが背中を押してくれていると感じました。 意外と見切り発車して、そのなかで得た結果を微調整して行く方が、 自分が向かいたいゴールに近づくということでしょう。 なんでそうですが、例えばダラダラしていて物事が上手く運ばないときなど、 とりあえず簡単な物から着手したら、そのままエンジンかかっちゃったというのは良くある事ですよね。 マークザッカーバーグさんは数々の名言を残されています。 もちろんアメリカに生まれていますので英語で発言されています。 マーク・ザッカーバーグさんの英語の名言を探してみました。 その中からアラフォーの主婦に響いたマーク・ザッカーバーグさんの名言を英語で5選ご紹介します。 人々はあなたの言う事に耳を傾けません。 あなたが造り上げたことを気にするのです。 という意味ですね。 care about が気にする。 個人というよりその個人が成し遂げたことにスポットライトが当たると言う事ですね!本当にその通りだと思います。 自分が何を成し遂げたか、成し遂げようとしているかが日々意識されていないと、誰もあなたの事を見てくれないと言うことですね。 厳しい。。。 他人になんと言われようとも自分を変えなくてもいい。 日本人にはなかなか実践が難しいところですよね。 どうしても同調圧力が強く、自分は自分、人は人と割り切れない部分を持ってしまいます。 しかし、みなと一緒なら安心かもしれませんが、 自分らしく生きるというところとは少し離れてしまいます。 何処かの段階で自分を活かして行く必要がありますよね! Connectivity is a human right. つながるっていうことは人の権利なんだ Facebookはつながれるツールです。 私達は誰とでもつながることが出来る世の中に生きています。 それって考えたら凄いことですよね? 子どもの頃なんて転校しちゃった仲良しのあの子とはもう、 二度と会えない位の別れでした。 今はFacebookで中学時代の友だちとつながったり、 20年ぶりに外国で出会った友人とつながったり・・・・。 積極的につながることは私達の権利というところまで来たんだなぁ、と思うと幸せな時代に生まれたと思います。 その権利を与えてくれたマーク・ザッカーバーグさんは素晴らしい人ですね。 人々にあなたを妨げさせるな。 それがあなたのやり方です。 deterは妨げる、と言う意味です。 ちょっと人と違う事をすると、批判されがちな今の日本。 誰かが言葉に責任を持たずに言った事を真に受けて、自分のやり方を変えるのは違うんだなぁということですね。 自分がこう!と決めたらある程度貫く強さを持つ必要がある!ということを示してくれる様に感じます。 Find that thing you are super passionate about. 情熱的に取り組める何かをさがしなさい passionate 情熱的な 情熱を傾けられる物を見つけるのって本当は凄く難しいですよね。 もし今見つけられていたとしたらそれってluckyだなあとおもいます。 いや、むしろ情熱を向けられる物を見つけられない人生だって多いです。 それを見つけることがもしかしたら全人類の生きてる証なのかも知れないなぁとさえ、 アラフォー超えて思う様になりました。 人生の半分を過ぎたのに私はまだまだ情熱を傾けられるものが手に入ったのかなぁ?と少し自分の人生を振り返ってみました。 マークザッカーバーグさんはきっと、それを見つけたからこのような名言を言えたんだと思います。 うらやましいです。 素直に。

次の

【全文】マーク・ザッカーバーグがハーバード大で語った「人生に目的が必要なわけ」

マーク ザッカーバーグ 名言 英語

画像参照: 名言で見る若きビリオネア、マーク・ザッカーバーグ Facebookの創始者であるマーク・ザッカーバーグ。 これまでのインタビューやスピーチの中から、彼の生き方や仕事に対する考えが伺えるものをピックアップしました。 仕事に活かせる名言が多い! マーク・ザッカーバーグの言葉で、僕が仕事中常に頭に置いているものがあります。 Done is better than perfect. (完璧を目指すよりも、まずは終わらせろ。 ) 結構有名な言葉ですが、本当に核心をついていると思っています。 特にデザインのような仕事だと、なにを持って完成とするかが難しい。 気がつくとずるずると時間が過ぎて、ムダな時間をとってしまうことも多々あります。 そうならないように常に意識して、完璧かどうかはわからないけども8割ぐらい出来たな、と思ったら、煮詰まる前にそこで無理矢理終わった事にしています。 とにかく目の前のタスクは終わらせて、次に着手していく事で仕事はより洗練されていくものだという事を教えてくれる名言です。 これ以外にも、仕事に活かせる言葉を多く残しているマーク。 彼の名言を集めたを参考にまとめました。 マーク・ザッカーバーグの名言一覧 1. 「めまぐるしく変化する時代において、必ず失敗する戦略がある。 それは一切のリスクを取らないという事だ」 SNSの王者となっているFacebookですが、常にリスクを取り続けてより高みを目指し続けています。 「問題なのは "私たちが彼らについて何を知りたいか" では無い。 "彼ら自身が自分の事をどう語りたいか" だ」 おおお。 これは深い。 ネット時代における自意識のあり方をマーク自身がしっかりと理解しています。 ちなみに2011年の発言。 さすがです。 「僕は自分の学生寮でFacebookを開発して、学生寮のパソコンからローンチしたんだ。 月に85ドルのサーバーを借りて、広告費を取ってそれをまかなった。 つまり未だに、寮の時代からビジネスモデルは全く変わっていないんだよ」 リスクを取って新しい事に挑戦し続ける一方で、根本のビジネスモデルは全く変わっていない。 寮の一室で作られたサービスが世界全体で利用されているというのは、これ以上無い程夢のある話です。 「今この瞬間にアフリカで餓死している子ども達よりも、家の庭で死んでいるリスに人々は関心を抱いてしまうものだ」 残酷な話ですがこれを否定出来る人はほとんどいないでしょう。 テレビで飢えたアフリカの子ども達を目にしてその場だけ可哀想だと思っても、数分後には友達と楽しくLINEで会話したりしてしまう。 ただこれは、井上陽水が「傘が無い」で1972年に言っていた事と同じですね。 「素早く行動し、不要なものは捨てる。 何かを捨てなければ素早く動けないからだ」 「あれもこれも」といういいとこ取りの精神ではいけない。 「少しひねくれた事を言うと、徐々に人々がFacebookを過小評価する時期に入ってきていると思う。 これは僕には喜ばしい事だ。 なぜなら過度な期待が無い事によって、今まで以上に魅力的な賭けに挑戦する自由が得られるわけだからね」 これもガツンときます!世の中には世間に注目されたいだけの技術者や経営者が多いですが、マークは期待や注目をあまり良いものと感じていないようです。 純粋に自分のアイディアを形にする事を楽しんでいるという事がよくわかります。 「誰だってスマートに仕事をこなしたり、直接的に利益を生み出せる様なスキルを獲得するチャンスがある。 しかしその事を信じなければ、力を発揮する事は出来ないんだ」 珍しい精神論。 「自分の可能性を信じろ」という話でしょうか。 確かに現状に甘んじて、スキルアップの機会を捨てている人はとても多い。 「人々は、君が他人からどう言われているかなんて気にしない。 もっと言うと、君がどんな事を言っているかすらどうだって良いんだ。 重要なのは、君が何を成し遂げたかという事だけさ」 これは非常に励まされます。 実績や成果というのは、千の言葉にも勝る力を持ちます。 自分を取り繕ったり人からどう言われるかを気にする前に、目の前を仕事をまず成し遂げるべき。 「一度シリコンバレーで働くと、キャリアの最後までそこにいなければという気持ちになるかもしれない。 しかしシリコンバレーだけがエンジニア達にとって唯一の場所かというとそんな事はない。 もしも今起業したのなら、僕はボストンに留まっていただろうね。 シリコンバレーというのは、短期的な視野しか持たせないところがあって、僕はそれが嫌なんだ」 ま、まじすか。 シリコンバレーだめすか。 世界一自由にITビジネスが繰り広げられているイメージがありますが、マーク・ザッカーバーグに言わせれば色々問題があるようです。 「毎日自分自身に問いかけていることがある。 "今俺がやっている事は、自分が出来る事の中で一番重要な事なのか? " 最も重要な課題が自分の仕事で無いと感じるときは、何をしていても良い気分になれないね」 これもグサっと来る。 「仕事が楽しい」とか「やりがい」といった事とはまたちょっと違う次元の話ですね。

次の