タマルweb。 タマルWeb(ウェブ)

山田タマル

タマルweb

平均的な4人家族の生活費は31. 5万円 総務省が実施した「家計調査」によると、子供が2人いる4人家族の1ヶ月の平均支出は、31万5,000円という統計データが出ています。 収入は35万円を平均として想定しています。 無駄な出費をできるだけおさえて効率よく家計を回したいとは思っても、実際に実行するとなると思うようにはいかないものです。 それでは、4人家族ではどのような生活費の内訳が理想なのでしょうか。 参考 理想の生活費の内訳は?項目ごとにチェック! イオン銀行が運営する「タマルWeb」によると、月の収入が35万円程度の家計の平均的な内訳は以下のようになります。 貯蓄は収入の1割の3万5,000円程度です。 みなさんの家計と比べるといかがでしょうか。 各項目を詳しく見ていくことで、どの項目が平均よりも突出しているのかが分かるのではないでしょうか。 平均支出額 住居費 12万2,500円 水道・光熱費 1万円 食費 4万3,750円 通信費 1万円 日用雑貨費 1万円 美容・服飾費 1万2,000円 交際費 2万8,000円 お小遣い・趣味 2万8,000円 教育・教養 3万3,250円 保険料 1万7,500円 支出合計 31万5,000円 毎月の貯蓄 3万5,000円 (参照元:) 以下では、さらに節約がしやすい項目や、特に気をつけたいポイントについて解説していきます。 手取りが20万円なら3万円、30万円なら4万5,000円、35万円なら5万2,500円です。 食費は増えてしまいやすい反面、節約をするなど見直しもしやすい項目です。 参考 手取りの25%程度を住宅費に 住宅費については、持ち家か賃貸かによっても変わってきますが、理想は手取り金額の25%におさえることといわれています。 手取りが20万円なら5万円、30万円なら7万5,000円、35万円なら8万7,500円です。 住宅費は支出の中でも特に大きな割合を占める項目ですので、この項目をおさえることができれば節約効果も大きくなります。 とはいえ、あまりにも不便な場所や住み心地の悪い家に住んでしまうと、交通費がかかったりマイナスの影響が出てしまい、かえって支出を増やしてしまった……ということにもなりかねません。 全体のバランスを見ながら、納得のいく範囲で程よい環境を選ぶようにしましょう。 参考 教育費は家計の「ブラックホール」? 最愛の我が子の教育費を乳児や幼児のうちから糸目をつけずに大盤振る舞いしてはいませんか? 教育費については、ついつい子供が小さいうちからあれもこれもと習わせてあげたくなり、際限なく使ってしまうため「家計のブラックホール」とも呼ばれています。 実際は、教育費が本格的に必要になるのは小学校高学年、4年生ごろからです。 早期教育に力を入れるのもいいですが、その習い事は本当に今、子供にとって必要なのか、一度立ち止まってよく考えてみるといいでしょう。 子供の教育費としては高校卒業までに最低でも300万円は貯めておきたいところです。 将来の教育費を使い込んでしまわないよう気をつけましょう。

次の

観光ホテル タマル 宿泊予約【楽天トラベル】

タマルweb

2018年12月14日 7:00 内閣府『がん対策に関する世論調査』(平成28年)によれば、がんが怖いと思う理由の上位に「治療費が高額になる場合があるから」が挙げられている。 だが、その「治療費の総額」を知っている人は、どれくらいいるだろうか。 怖いのは、「お金がかかること」よりも「正しい金額を知らないこと」なのだ。 怖いから不安、不安だから怖い アメリカンファミリー生命保険会社(現アフラック)が行なった「がんに関する意識調査」(2011年)では、がん治療にかかわる費用(入院、手術、薬代など)がどの程度かかると思うかを尋ねたところ、がんにかかったことのない回答者の半数以上が「300万円以上、もしくは300万円程度」と回答した。 一方で、がん治療を経験した人の66%が「50万円程度」ないし「100万円程度」と回答。 このギャップは現在も歴然と存在し、がん罹患経験のない人は「がん治療にかかる総費用」に関する知識が乏しいままだ。 そうした不安を如実に反映しているのが「がん保険」だ。 「がん治療費. com」を運営する笠井篤氏が指摘する。 「『がんになったけど治療費はどれくらいかかりますか?』と相談をされる方は非常に多い。 実際には、公的保険制度が適用される標準治療なら意外とおカネはかからないのですが、その事実を知らず、経済的な不安を漠然と感じている人が大勢います。 がん治療にかかる自己負担の『総額』がいくらなのかを正しく知ってさえおけば、がんに関する治療費の不安も解消されるはずです」.

次の

胃がん、肺がん、大腸がん「3大がん」にかかる治療費のすべて

タマルweb

節約術や貯めるコツなど幅広くマネースキルを発信するオウンドメディア 日々の暮らしに役立つマネースキルを知ることができる 「タマルWeb」は、株式会社イオン銀行が運営しているオウンドメメディアです。 「おトク」「節約術」「ためる」「暮らす」の4つのカテゴリに分類して、日々の暮らしに役立つお金の知識を紹介しています。 全ての記事にライターの情報が掲載されており、ファイナンシャルプランナー(AFP)資格所有者が書いている記事も多数あります。 個人型確定拠出年金のような難しいお金の話についてプロフェッショナルの方の意見を知ることができ、大変参考になります。 記事では、ネットスーパーを使った節約術や円高と円安についてを説明したもの、具体的な節約術・お金を貯めるコツからお金に関するコラムまで、お金に関することを幅広く記載しています。 そのほか、イオン銀行のサービスを利用しておトクに買い物をする方法も紹介されています。 記事の最後に内容のまとめが掲載されているので、難しい内容の記事でもしっかりとポイントを理解することができます。 イオン銀行を用いたお役立ち情報でサービスの認知度を向上 「タマルWeb」を運営している株式会社イオン銀行は金融事業を展開しています。 「タマルWeb」にはお金に関するお役立ち情報や豆知識が多く掲載されており、中には「イオンカードセレクトとは?」「イオンでのお買い物でどれだけ差がつく?」といった、イオン銀行やイオングループのサービスを利用してお得になる方法を紹介した記事もあります。 これにより、日々のタメになる情報とともに、イオン銀行やイオングループのサービスのメリットをユーザーに認知してもらうことができるのではないでしょうか。 また、お金に関するタメになる情報を幅広く掲載することによって、ユーザーの満足度を向上させることにも繋がっていると思われます。 ほかにも、ファイナンシャルプランナー AFP などの資格所有者が書いている記事も多くあります。 お金のプロフェッショナルが書いたお役立ち情報を発信することで、メディア全体の信頼度を向上させることにも繋がっていると考えられます。

次の