新盆香典。 初盆の香典の金額相場と書き方とは?ペンは薄墨で書くの?

新盆(初盆)に飾る「盆提灯」の習わしと贈り方

新盆香典

新盆(初盆)とは? 新盆とは 故人の四十九日の忌明け(きあけ)以降に初めて迎えるお盆のことです。 そのため、忌明法要が8月12日までに終えていなければ、新盆はその年ではなく翌年に行います。 お盆には先祖の霊が帰ってくるといわれ、自宅でお供えや提灯を置いてお迎えし、お墓参りをするなどの供養をするのが一般的です。 新盆は亡くなった故人の霊が初めて帰ってくるお盆なので、一般的には僧侶や親族、故人と親交の深かった人などを招いて、ほかのお盆よりも丁重に供養をします。 地域によっては、新盆を盛大に行うこともあります。 また、地域によって新盆を「しんぼん」「にいぼん」あるいは「初盆(はつぼん・ういぼん)」などとも呼びます。 新盆(初盆)の時期 お盆の期間は地域によって異なります。 7月13日~7月16日、または 8月13日~8月16日が多いです。 お住まいの地域のお盆期間の中で、新盆の法事をいつ行うか決める必要があります。 親族や親しい方が集まりやすく、お寺の都合もつく日を確認し、新盆の日時は早めに決めましょう。 この期間は多くの企業が長期休暇をとっていて帰省シーズンであることから、移動するのに混雑が予想されます。 可能ならお盆期間の前後に移動したり、早朝に出発したりするなど、混雑や渋滞に巻き込まれないように気を付けてください。 新盆(初盆)法要の準備 僧侶の手配や招待する人への連絡 新盆ではお勤めいただくお寺に、連絡をとって予定を押さえておく必要があります。 お盆の時期はお寺も忙しくなるため、 遅くとも新盆の1ヶ月前までには連絡しておきましょう。 新盆の法要後に会食を予定している場合には、僧侶が会食に参加するか否かも確認が必要です。 また、招待する人にも、早めに連絡しておきましょう。 料理やお返しの準備もあるため、電話や往復はがきなどで確認することがおすすめです。 この連絡も僧侶の手配同様に、 新盆の1ヶ月前を目安に早めに周知しましょう。 僧侶の手配に関して、菩提寺がない方は、下記の「お坊さん便」というサービスで定額で、新盆・お盆に読経にうかがうお坊さんをご紹介しております。 お盆の期間は大変込み合うため、早めのご相談がおすすめです。 お施餓鬼の法会を行う寺院もある 宗派によっては寺院でお施餓鬼(せがき)の合同法要が行われます。 菩提寺やお葬式でお世話になったお寺から初盆の読経と合わせて、施餓鬼会の案内が来ることも多いでしょう。 下記にて各宗派における施餓鬼を始め、施餓鬼の意味につても説明しています。 新盆飾りや提灯など、必要な用具を手配 詳しくは「新盆の法要当日までに準備する物」の章で解説していますが、お盆に必要な物品の手配は前もって済ませておく必要があります。 ネットショップでも新盆セットが売られていますので、お急ぎの方はご活用ください。 当サイトの姉妹サイトでもお取り扱いがあります。 (姉妹サイト「ベスト仏壇」にリンクします) 料理の手配 新盆の法要後に会食を予定している場合は、自宅に招いて会食をするか、どこかの料理屋で会食をするかを決めます。 自宅の場合は、自分たちで料理を用意したり、仕出し弁当などを頼んだりする方法もあります。 仕出しや料理屋を予約する際は、新盆での会食に利用することを伝えておきましょう。 伝えないと、海老や鯛などを使用した慶事向けの料理が出てくることも考えられます。 会食は行わなくても失礼にはあたりません。 その場合は新盆法要のあと引き出物と一緒に、お酒と折詰弁当などをお持ち帰りいただきましょう。 新盆見舞いをいただいた方への返礼品 新盆の法要に参列する方は、香典を持参されます。 また、親族や親しい間柄の方は一般的に提灯や提灯代を持参されます。 香典や提灯代をいただいた方へは、お返しをしなくてはいけません。 新盆法要に出席してくださった方へは、新盆法要後の会食がお返しとなります。 それとは別に1,500円~3,000円の引き出物を用意しておき、会食後お渡しするのが一般的です。 新盆見舞いのお返しののしの表書きは、 「志」「初盆志」「御初盆志」「新盆志」「御新盆志」「初盆供養」「新盆供養」のどれかになります。 下段には、施主の家名を「〇〇家」というように書くか、喪主の氏名を書きます。 ・新盆法要へ参加されなかった場合の返礼品 新盆法要へは参加されない方で、新盆の焼香に訪れてくださる方もいらっしゃる場合もあります。 不意に来られた方へお渡しするお返しも、余裕をもって準備しておきましょう。 1,000円程度のお菓子、お茶、タオルのセットなどに、「粗供養品」と書いたのしをかけて用意します。 水引は地域によって異なりますが、黒白、双銀、黄白の結び切りが一般的です。 ・郵送で新盆見舞いをいただいた場合の返礼品 郵送で新盆見舞いをいただいた方へのお返しも必要です。 いただいた金額の半額程度が目安で、 相場は3,000円~5,000円が一般的です。 この場合は「志」と書いたのしをかけます。 お返しの品を贈る際に、お礼状を添えることを忘れないようにしましょう。 ・高額の新盆見舞いをいただいた場合の返礼品 高額の新盆見舞いをいただき、用意した引出物は相応しくないと思った場合、 別でお返しや返礼品を手配して郵送しましょう。 遅くとも新盆法要から2週間以内くらいをめどに先方に届くようにします。 この場合も、お礼状を添えることを忘れないようにしましょう。 お布施の準備 新盆のお布施は 30,000円~50,000円前後が目安です。 また、 家に来ていただく場合、5,000円~10,000円をお車代としてお渡しすることもあります。 御膳料として5,000円~10,000円を包んで僧侶にお渡しする場合もありますが、 法要後の会食に僧侶も参加された場合は、御膳料は必要ありません。 お布施は、地域によって違うこともあります。 お金に限らず、お食事や果物やお菓子などのお土産をお布施としてお渡しする地域もあるようです。 お金のお布施の場合は、市販の無地の白い封筒に入れましょう。 小さなお盆などにお布施をのせて渡します。 袱紗(ふくさ)の上にお布施をのせて渡しても失礼にはあたりません。 薄墨は使わず普通の黒墨で、表書きは「御布施」または「御経料」、裏側には名前や住所を書いておきます。 名前は「〇〇家」でもよいでしょう。 新盆の法要当日までに準備する物 精霊棚(盆棚) 精霊棚(しょうりょうだな)は 先祖の霊を迎えるための祭壇のことで、その年の作物や精霊馬を供えます。 精霊棚は仏壇とは別に用意するのが一般的で、仏壇の前に飾り付けます。 このとき位牌を取り出しておき、精霊棚の中央に安置します。 まこも、おがら、ハスの葉など、必要となる材料はいくつかありますが、 仏具店などで新盆用のセットになっているものを購入できるので、それを使えば便利です。 精霊棚(お盆用の祭壇)の配置なども詳しく説明書きが添えられていることが多いようです。 そうめんや水、季節の果物や個人の好物などをお供えしましょう。 精霊馬・精霊牛 精霊馬は精霊棚に供える物のひとつです。 割りばしや爪楊枝などを利用し、茄子で作った牛や胡瓜の馬が一般的ですが、地域によっては茄子と胡瓜以外の野菜をつかう地域もあります。 最近では画像のように真菰(まこも)で作られている精霊馬・精霊牛も市販されています。 【精霊馬・精霊牛イメージ】 盆提灯(提灯) 盆提灯は、 先祖の霊が迷わず家に辿り着けるように灯しておく提灯のことです。 新盆では、一般的に新盆用の白提灯を用意します。 初めて帰ってくる故人の霊が迷わないように目印として、玄関や仏壇の前などにつるします。 新盆用の白提灯はローソクの火を灯せるようになっているものが一般的ですが、盆提灯用のローソク電池灯も販売されています。 新盆用の白提灯を飾るのは新盆の時だけで、お盆が終わったら燃やして処分します。 お寺に新盆の日程の相談をする時に、処分方法についても確認しておくといいでしょう。 お供え物 お供え物は団子が一般的ですが、故人の好きだった食べ物や飲み物をお供えするとよいでしょう。 フルーツやお菓子など日持ちするものを選びましょう。 新盆の法事の手順 お盆は 7月または8月の15日頃に行われますが、最も一般的になっている8月13日~16日に行うと仮定して、それぞれに行うことをご紹介します。 迎え火 13日は迎え火を行います。 午前中に精霊棚の飾り付けやお供え物などの準備をして、日中はお墓参りをしてお墓の掃除をしましょう。 夕方になると迎え火を焚き、盆提灯に火を灯します。 盆提灯に電灯を灯したり、装飾のみで迎え火としたりする場合もあります。 お墓参りと法要 14日、15日のいずれかの日に、揃ってお墓参りをしましょう。 一般的には、僧侶を招いた新盆法要を行い、新盆法要のあとには会食を行います。 先祖の霊が帰ってきているこの期間は、お供え物の団子や食べ物、水などは毎日交換し、ろうそくや線香の火を絶やさないようにしましょう。 送り火 16日のできるだけ遅い時間に、迎え火を炊いた場所と同じ場所で、迎え火と同様に送り火をします。 ここで「灯篭流し」や「精霊流し」をする地域もあります。 京都の有名な大文字焼きも送り火のひとつです。 新盆でかかる費用 一般的に、50,000円程度と考えておきましょう。 ご親族や地域の慣習によって違いますが、葬儀に比べて大きな出費はありません。 香典や提灯代をいただけたら、全体での出費も50,000円以下に収まることもあります。 この場合はお寺に相談してみてください。 新盆は四十九日が終わった後に迎える最初のお盆なので、四十九日前にお盆になる場合は新盆を行わず翌年に行います。 そのため、一周忌と新盆が近くなる場合があります。 新盆と一周忌が近い場合は別々に法要を行う方が良い、というのが一般的な考え方です。 一周忌は故人だけの法要で、新盆は先祖全員を供養するお盆の一環であり、供養する対象が違うからです。 ただ、別々に行うのは施主やその家族、招待する親戚等の日程や金銭面で負担になってしまうこともあることから、新盆と一周忌を一緒に行う場合もあります。 まとめ 新盆を迎えるまでの準備について紹介しましたが、新盆のしきたりは宗派やお寺、地域によって様々です。 どんな形であれ、自分たちが故人やご先祖にできる最大限の供養、感謝の気持ちを伝えることが大切です。 新盆とは、法要ではありますが、お葬式のように悲しみに暮れる行事ではありません。 新盆は、亡くなってから故人が初めて里帰りする機会です。 新盆を迎えるにあたって、何かとあわただしく準備が必要になりますが、故人を偲ぶいい機会ともいえます。 新盆に来ていただいた方にも感謝を込めてご挨拶しましょう。 また、準備で迷ったときは地域によってはさまざまな習慣があるため、一度周囲やお寺に相談してみるとよいでしょう。

次の

新盆とはなんですか?新盆の意味

新盆香典

初盆の香典の金額相場はいくらくらいなのでしょうか? また、初盆の香典の書き方は表書きや名前などどのように書くのでしょうか? また、初盆の香典は薄墨か濃い筆ペンで書くのが正しいのか、ボールペンやサインペンはマナー違反になってしまうのかも確認していきましょう! お盆の風習というものは、家や地域によっても様々ですが、特殊な場合を除けば、大体統一されているものです。 その中でも初盆・もしくは新盆というものは同じ意味を持ち、人がなくなり四十九日を終えて初めて迎えるお盆の事を言います。 初盆というものは、親戚や個人と親交が深かった人などを招いてきちんとお坊さんにお経をあげてもらったりと、しっかり法要を行う所がほとんどです。 では 初盆に招かれた場合、 香典の金額の 相場がわからなかったり香典袋の書き方や薄墨を使えばいいのかがわかららなかったりする場合も多いと思いますので参考にしてください。 初盆の香典の金額の相場はいくらくらい?• 初盆の香典の書き方は?表書きや名前はどう書くの?• 初盆の香典は薄墨それとも濃い筆ペンで書くの?• まとめ スポンサードリンク 初盆の香典の金額の相場はいくらくらい? 初盆に招かれた場合には、お伺するときに必ず香典を包みます。 ただ、どのくらいの金額が相場なのかというのは難しいですよね。 その金額というのは、故人と親しい間柄だったか、もしくは故人と近い親戚ということでも変わってきます。 それでも初盆の香典の金額相場は 5000円~10000円くらいです。 もしどうしても気になる場合には同じく初盆に招かれた人に尋ねて金額を合わせたりするのも良いでしょう。 そして、金額で注意しなくてはいけないことは、4・9という枚数は「死・苦」を連想させるので、よくありません。 お金を入れるときは方向をそろえて、もし新札を入れる場合には必ず2つに折ってから入れます。 ただ、初盆の場合にはお供え物を持参するという事もあります。 お供え物を持参した場合には、香典の金額はそれに合わせて少なくしても大丈夫です。 地方によってはお供え物だけで香典を遠慮するところもあるので、そのあたりも事前に確認しておいた方が良いでしょう。 提灯代の場合は「御提灯代」• お坊さんへ渡すお礼は「御布施」• お坊さんへ渡す交通費の場合には「御車代」もしくは「御足衣代」 となるので、その香典がどのような用途なのかという事も重要になってきます。 初盆の香典の名前の書き方 初盆の香典に自分の名前を記載し、誰からの香典なのかわかるようにする必要があります。 この場合、自分の名前は、中央の半分から下の部分(のしの下の部分)に書きます。 初盆の香典は薄墨それとも濃い筆ペンで書くの? 初盆の香典は薄墨それとも濃い筆ペンで書くのでしょうか? 故人がなくなった時の香典は、今は一般的には 薄墨で書くのは四十九日までとされています。 薄墨は訃報の悲しみで済みが薄くなるという意味などがあるようですが、四十九日以降はそれが薄れ、法事法要では黒墨を用いるようになっているようです。 そのため、初盆の香典は 濃い墨の筆ペンを使いましょう。 まとめ 毎年のお盆のお墓参りと違い、初盆・新盆というのは故人が亡くなり四十九日を終え、黄泉の国へ旅立ち始めて家に戻ってくるという意味でとても重要な法要となります。 普段のお盆とは違い、親戚や故人と親しかった人などが集まる場でもあるので、最低限のマナーは知っていきたいものですよね。 初盆の流れというものは基本的には同じような感じですが、地方や家によっては基本とは違った方法で法要を行う場合もあり、それを知らないと困ることになってしまいます。 もし初盆に招かれた場合は、基本的な初盆を知ることも大切ですが、やはり同じく招かれた人などに訪ねるという事も必要になってくると思います。 特に香典の金額やその書き方などは特に気になるところだと思います。 初盆に関わらず、香典を包む場合には事前にいろいろと確認をしてから包むことが大切です。

次の

初盆(新盆)の表書きの書き方とは?香典やお布施の書き方について解説します|終活ねっとのお坊さん

新盆香典

初盆・新盆を家族だけで行う 四十九日が明けて、亡くなった人が初めて迎えるお盆が、 新盆 初盆 です。 普通のお盆とは違って、親戚やお坊さんを自宅に呼ぶという、少し大がかりな行事。 親戚が高齢で来るのが難しいケースや、金銭的・時間的に余裕がないケースなど、「新盆 初盆 を簡単に済ませたい」と思っている方は多いのではないでしょうか? いろいろと悩んでしまうとは思いますが、安心してください! 初盆・新盆を家族だけで簡単に行っても、大丈夫! 家族だけでもOK!とは言いつつも、親戚付き合いもありますし、連絡しないのはマナー違反。 親戚を呼ばない場合は、事前に連絡を入れておきましょう。 また、昔からの伝統を重んじる家もあります。 心配ならば、親戚に確認してみてください。 ちなみに、新盆 初盆 に決まりはないと言っても、さすがに何もしないのはNG! 家族で法要を行って、亡くなった人をお迎えしてあげてくださいね。 スポンサーリンク 初盆・新盆でやること 特に初めて新盆 初盆 の法要を取り仕切る方は、何をするかもわからないかもしれません。 親戚を呼ばずに家族だけで行う場合でも、最低限の慣習に則って行いたいですね。 そこで、初盆・新盆でやることを解説していきます。 お盆の時期 まず、お盆の時期からです。 お坊さんの手配 一番大事なのが、 僧侶の予約です。 お盆は、お坊さんが一年で一番忙しい時期。 最低でも1ヶ月前には、予約を押さえておかなければなりません。 初盆・新盆ですから、お盆の期間中に法要をしたいですね。 白提灯・精霊棚・お供え物の用意 法要を行う日までに、白提灯・精霊棚・お供え物の準備をします。 ネットで買う場合には、お届け日数も要確認。 お盆に間に合うように手配する必要があります。 白提灯は、亡くなった人の霊が家に帰ってくるときの目印。 玄関や縁側の軒先に飾ります。 精霊棚は、亡くなった人の霊がお盆の期間に一緒に過ごす場所。 精霊棚に飾るものは、たくさんあります。 例えば、ハス、まこも、おがら、精霊馬、初盆提灯、盆提灯…などなど。 用意する時間がなければ、全てそろっている精霊棚セットを買ってしまうのも良いと思います。 お供え物は、食べ物やお花です。 季節の果物やお菓子、亡くなった方の好物を用意しましょう。 暑い季節なので、日持ちのするものを選ぶのがオススメ。 服装について 家族だけで簡単に済ませる場合でも、ジーパンにTシャツではマナー違反。 フォーマルな喪服や礼服がなければ、黒などの地味な色の平服でも問題ありません。 家族だけで簡単に新盆 初盆 を行う場合でも、やはり準備することはたくさんありますね。 ドタバタしないように余裕を持って、スケジュールを組みましょう! まとめ 事情があって、家族だけで簡単に新盆 初盆 を済ませなければいけないこともありますよね。 親戚を呼ばなくても、新盆 初盆 は迎えられますので安心してください。 ご家族が笑顔で亡くなった人の霊を迎えることができるのが一番良いことです。 ぜひ、穏やかな気持ちで新盆 初盆 に臨めるといいですね。

次の