ゴースト リコン ブレイク ポイント 設計 図。 【ゴーストリコン ブレイクポイント】武器の設計図やアタッチメント情報の入手法

【ゴーストリコン ブレイクポイント】セーブの方法

ゴースト リコン ブレイク ポイント 設計 図

武器の設計図やアタッチメント まず本作には装備レベルがあり、敵やロケーション内の箱から入手できる装備品は装備レベルが異なる同じものが出現する場合もあります。 そして武器の設計図があれば、 マリアの店の「武器の注文」から自分の装備レベル前後のレベルでその武器を購入する事が可能です。 アタッチメントは武器をカスタマイズできる装備品の事で、ガンスミスから武器を改造する際に所持しているアタッチメントを装着する事ができます。 設計図とアタッチメント入手の流れ 武器の設計図とアタッチメントは一度入手すれば永続的に使用出来るもので、マップ上には固定配置されていますが、情報を入手しなければどこにあるかは不明の状態です。 そしてこれらの情報は、 情報アイコンの付いた人やオブジェクトから入手する事ができます。 ・民間人と会話 ・資料や電子機器を調べる ・敵を尋問 引き出せる情報は複数の場合でも1つのみなので、おそらく情報源はランダム発生となるのかもしれません。 情報には手がかりの場所やロケーションの場所なども含まれるため、複数の選択肢がある場合は設計図やアタッチメントの情報を優先して聞き出しましょう。 武器の設計図やアタッチメントの情報を入手したら戦略マップに場所が記載され、作戦ボードの武器やアタッチメントの項目からピン留めする事も可能です。 とりあえずミッション進行中や探索中に情報アイコンを見つけたらなるべく情報を回収しておくようにすると良いです。 追記:設計図やアタッチメントは情報を見つけなければ場所が分からない仕様かと思ったのですが、 ロケーションを発見するだけでも入手場所であればマップから確認出来るようです。 発見済みのロケーションは戦略マップを開いてカーソルを合わせることで入手アイテムを確認出来て、アタッチメントと設計図は「特別な略奪品」の項目に表示されます。 そのため、情報を集めるよりは偵察ドローンを上空に飛ばして周囲のロケーションを片っ端から把握していく方が手っ取り早いと思います。 関連記事はコチラ 以上で『ゴーストリコン ブレイクポイント』の武器の設計図やアタッチメントの情報についてを終わります。

次の

【連載第6回】俺は、強敵ドローン“ベヒモス”を破壊したい!

ゴースト リコン ブレイク ポイント 設計 図

名称 入手場所 MK17 :ゴミ処理施設 AK74 :科学抽出施設 AK12 :スケル財団複合施設 416 :シャーク基地 805 BREN :キャンプ・タイガー AUG :アウロア資源保管所 553 :ベヒモス防衛区域 M4A1 :ベヒモス防衛区域 A2 :キャンプ・コディアック AK47 :ベヒモス防衛区域 VHSD2 :ホワイトストーン農場 G36C :エアシャーシ工場 SC-20K :ボールドピーク鉱山 TAVOR :エンジン開発研究センター G28 Scout Wolves :ティア3 416 Shorty :ティア19 AK74 Assault :ティア35 M4A1 Tacticl :ティア47• AK-12の設計図が見つけられないんだけど、もしかして存在しない? 2019-10-08 火 12:58:37• G28 Scout Wolves はDMRですね 2019-10-15 火 15:18:46• 金子です 2019-10-21 月 07:47:56• SMGのMPXが抜けてますよ たしかサイドミッションのリワードだった気がします 2019-10-23 水 17:03:53• 78個あって77見つけてるんだけど後1個何か分からないんだけどなんだろうか... サイドミッションのも取っててマップに出てるのも全部取ってリワードも49まで行ってるのだけど.... 2019-11-11 月 01:14:28• リワードのティア3 G28Scout Wolves 設計図もらえてないけどバグ? 2019-11-21 木 11:34:47• MGLの設計図エンジニアLv MAXにしたら手に入った 2020-04-08 水 12:54:48.

次の

【ゴーストリコン ブレイクポイント】 最強武器について

ゴースト リコン ブレイク ポイント 設計 図

武器の設計図やアタッチメント まず本作には装備レベルがあり、敵やロケーション内の箱から入手できる装備品は装備レベルが異なる同じものが出現する場合もあります。 そして武器の設計図があれば、 マリアの店の「武器の注文」から自分の装備レベル前後のレベルでその武器を購入する事が可能です。 アタッチメントは武器をカスタマイズできる装備品の事で、ガンスミスから武器を改造する際に所持しているアタッチメントを装着する事ができます。 設計図とアタッチメント入手の流れ 武器の設計図とアタッチメントは一度入手すれば永続的に使用出来るもので、マップ上には固定配置されていますが、情報を入手しなければどこにあるかは不明の状態です。 そしてこれらの情報は、 情報アイコンの付いた人やオブジェクトから入手する事ができます。 ・民間人と会話 ・資料や電子機器を調べる ・敵を尋問 引き出せる情報は複数の場合でも1つのみなので、おそらく情報源はランダム発生となるのかもしれません。 情報には手がかりの場所やロケーションの場所なども含まれるため、複数の選択肢がある場合は設計図やアタッチメントの情報を優先して聞き出しましょう。 武器の設計図やアタッチメントの情報を入手したら戦略マップに場所が記載され、作戦ボードの武器やアタッチメントの項目からピン留めする事も可能です。 とりあえずミッション進行中や探索中に情報アイコンを見つけたらなるべく情報を回収しておくようにすると良いです。 追記:設計図やアタッチメントは情報を見つけなければ場所が分からない仕様かと思ったのですが、 ロケーションを発見するだけでも入手場所であればマップから確認出来るようです。 発見済みのロケーションは戦略マップを開いてカーソルを合わせることで入手アイテムを確認出来て、アタッチメントと設計図は「特別な略奪品」の項目に表示されます。 そのため、情報を集めるよりは偵察ドローンを上空に飛ばして周囲のロケーションを片っ端から把握していく方が手っ取り早いと思います。 関連記事はコチラ 以上で『ゴーストリコン ブレイクポイント』の武器の設計図やアタッチメントの情報についてを終わります。

次の