田園都市線遅延。 運行情報 東京

運行情報:半蔵門線

田園都市線遅延

まず挙げられるのが田園都市線内への直通運転。 二子玉川~溝の口間の複々線区間では田園都市線と大井町線でそれぞれ別々の線路を走るため、あまり影響を受けない。 一方の溝の口~中央林間は田園都市線の線路を走る。 このため互いにダイヤの影響を受ける。 大井町線単独の部分では、人身事故や列車緊急による安全確認等が理由の遅れや運転見合わせは少ない。 踏切関連の事案が多い。 そして、乗降時間の延長によって発車時刻が遅れる点。 混雑や駆け込み乗車によって停車時間が長くなる事例がこれに該当。 田園都市線(直通元)に起因するトラブル 東急大井町線は実質的にすべての電車が田園都市線内へ直通する。 大半は溝の口を起終点とする。 二子玉川~溝の口間は路線名は「田園都市線」だが、複々線区間で田園都市線と大井町線ではそれぞれ別々の線路を走行。 実際のところは、大井町線の電車が田園都市線の影響を受けない。 一方で急行は長津田駅や中央林間駅まで乗り入れる。 溝の口~中央林間の区間は完全に田園都市線の線路を走る。 田園都市線にて電車の遅れ、運転見合わせが生じると、大井町線の電車のダイヤも乱れる。 その結果、特に大井町行の電車を中心に「遅延」という文字が運行情報の欄に掲載される。 田園都市線に遅延が生じる要因 ところで、東急田園都市線に遅延が生じる理由については大井町線とは大きく異なる。 東急田園都市線は半蔵門線および東武スカイツリーラインと相互直通運転を実施。 相互直通運転があることで、実質的な路線距離が増大。 営業キロ数では、中央林間~久喜(東武伊勢崎線)で94. 9km、中央林間~南栗橋(東武日光線)で98. 6km。 こ他の路線のダイヤの乱れに左右されるようになり、特に下り列車(中央林間方面行)を中心に遅れが出やすい。 田園都市線の乗り入れ先の遅延事情• 東京メトロ半蔵門線(渋谷~押上)• 東武スカイツリーライン(押上~久喜・南栗橋) 踏切関連の運行障害 踏切は運転見合わせ、大幅な遅延をもたらす典型的な原因。 人身事故が起きる場所としては主要ポイント。 クルマなどの一般交通と電車が衝突する可能性も高い。 踏切での事故は電車が100%止まってしまう要因なのは確か。 復旧には時間を要するため、大幅にダイヤが乱れるよくある理由。 列車通過直前横断、線路内立ち入りなども起こりやすい。 これらが起こると電車が緊急停止する。 運転士による目視判断の結果から踏切内の障害物検知センサーが作動して自動的に急ブレーキがかかる場合の2パターンがある。 どちらにせよ、一旦非常停止すると運転再開までには5分はかかる。 東急大井町線内では連続立体交差がほとんど整備されていなく、道路とは踏切で交差。 このような性質のため、踏切関連の運行障害が起きやすい。 乗降時間の延長 東急大井町線にて遅延が起こるもう1つの原因が、乗降時間の延長。 駅にて乗客の乗り降りが通常よりも長くなることで発車時刻が遅れ、その結果1本の電車または路線全体が遅れる。 乗降時間が長くなる原因としては、混雑という利用状況や駆け込み乗車などの乗客のマナーのどちらかがほとんど。 混雑による遅れ 混雑が原因での遅延の詳細• 急行が超満員 >> 混雑が激化することもあり、そうなると停車駅での乗降時間が長くなって遅れにつながる。 東急大井町線の朝ラッシュの混雑率は130%近くの数値を出している。 首都圏では下位。 しかし、通過駅のある急行に混雑が集中する。 これだけに限れば、目視判断だと約180%程度の混み具合に達する。 これは停車時間の延長の理由に十分なりやすい。 乗車マナーによる遅れ もう1つは乗客のマナーによる遅れ。 停車時間が伸びる原因として、駅での停車中にドア付近に立ち止まる乗客の存在、駆け込み乗車が挙げられる。 満員電車の場合、駅に到着してドアが開いた際には、車内奥の乗客が降りられるように一旦降車するのがマナー。 これを無視する乗客がいると、停車時間が伸びる一因になる。 乗車後にドア付近に立ち止まって、後から乗車する乗客の妨げになる行為もまたマナーが理由で停車時間が伸びる原因。 駆け込み乗車があると同じように余計に停車時間が伸びる。 乗客がドアに挟まると再開扉を行う。 1駅だけなら数秒の遅れにとどまる。 しかし、何駅も続くと大規模な遅延につながってしまう。 定時運行に協力しない行動になってしまう。 できるだけスムーズに迅速に乗降できる環境を作るには、こうした乗客のマナーが問われる。

次の

東急大井町線で遅延が多い原因を調査! 主要な理由は3つ

田園都市線遅延

田園都市線今日も朝から元気に遅延! ですから。 田園都市線より半蔵門線内で遅れが生じてる感じ。 渋谷駅みたいに狭いホームだと乗降時間に手間がかかる。 二子玉川駅ももう無理! これ以上! 乗れないよ。 構わずどんどんと乗るから大変。 5〜10分は遅れますよ。 長津田駅始発9:18各停、つきみ野駅発9:10各停長津田行きに乗ったら長津田駅で隣のホームに9:18各停が停車してないといけないのにまだ下りのホームに停車中! 折返し当然遅れて出発。 だから始発駅から遅れてるのです。 今はなくなりましたがよく車両交換をやって出発が遅れる。 それとあまりにも混雑しすぎてお客様同士の喧嘩が始まり出発が遅れる。 痴漢も多いな。 駅員さんも大変。

次の

初公開!東急田園都市線の遅延原因一覧

田園都市線遅延

最近、田園都市線の遅延が相次いでますよね。 田園都市線は、月に1回くらい大幅に遅延している気がします。 と言うか、ディズニーランドも超えてます。 田園都市線のここ1ヶ月の遅延率 ここ1ヶ月、どれくらい田園都市線が遅延したかについては、東急のを使って検証していきます。 このページをみれば、過去1ヶ月、田園都市線がどの程度遅延したのかが分かりますね。 しかも、 1ヶ月の内4日間は、100分超えの遅延が発生。 田園都市線ユーザーからしてみれば、たまったもんじゃありません。 しかも遅延の要因は、 設備系のトラブルが大変多いんです。 停電やら、送電故障やら、発火やら・・・。 田園都市線ここ最近のトラブル一覧 — PSPのおっちゃん。 feat. 田園都市線の車両って、結構古いのが多いんですよ。 こんな古い車両をメインに使っているとか信じられません。 そりゃトラブルも起こりますよ。 どうせ、他の設備も、あまり新しいものに変わってないんでしょう。 でなければ、こんなに設備不良で遅延が発生するわけがありません。 頼みますよ!!東急さん!! その他、田園都市線について言いたいこと 田園都市線は、本当に混みすぎだと思います。 平日の朝の準急電車なんて、内蔵が潰れそうなくらい混んでます。 もう少しなんとかなりませんかね?? とはいえ、これ以上電車の本数を増やしたら、更に遅延が起こりそうな気もしますけど・・・。

次の