コロナ禍てなんて読むの。 コロナ禍とはなんて読む?読み方や意味、使い方をわかりやすく説明

コロナ禍って何て読む?|姫路赤十字看護専門学校だより|姫路赤十字看護専門学校

コロナ禍てなんて読むの

コロナ禍ってなんて読む? ネットで「コロナ禍」の読み方というのが話題になっていました。 コロナ鍋、と書いている人がいて、まぁ似てますけどちょっと違いますね。 コロナ禍の禍というのは「か」と読みます。 つまり「ころなか」が正解です。 禍、というのは辞書で調べると 「 よろこばしくない事柄。 不幸をひきおこす原因。 」 とあります。 ちなみに「まがまがしい」という言葉はみなさんもどこかで耳にするかと思いますが、漢字では「禍々しい」と書きます。 ことわざである「災い転じて福となす」とありますが、あれは実は 禍を転じて福と為す が正解のようです。 これは自分も知りませんでした。 例えば東日本大震災のような出来事は、禍より「災」のほうを使いますよね。 「禍」と「災」にはどういった使い分けをするのでしょうか? 少し調べてみると、こういった話がありました。 「災」 は自然発生的に生まれた災害のことを、その一方で 「禍」 は人為的な災害のことを指す言葉、という使い分けです。 地震などは「災」ですが、今回のコロナウイルスは人から人へ伝染するということで、人為的という意味です。 (人為的なウイルスという意味ではないです) うーん、なるほど。 「コロナ渦」は誤記か新語か その一方で、現在は「コロナ渦」と表記する人もいるそうです。 渦と禍は似ていますけど、これも「渦中」という言葉もありますので、「ころなか」と読むことができますね。 大手新聞社も使っている言葉で「コロナが渦巻いている世の中」ということで、これが誤記なのか、新語なのか、なんともよくわからないですが。 しかし新しい日本語の使い方はたびたび登場するものなので、 「コロナ禍」「コロナ渦」は同じように市民権を得る言葉になるかもしれません。

次の

「コロナ禍」ってなんと読む?「コロナうず」のわけがないし…。最近のニュースにも関連する言葉です!

コロナ禍てなんて読むの

コロナ禍とは 「コロナ禍」という言葉は、 主に新聞で使われている印象があります。 なので知らなきゃ読めない! 日常ではほぼ使いませんから、なんて読むの?と思って当然です。 コロナ禍ってなんて読む??【読み方】 「コロナ禍」は「 ころなか」と読みます。 「コロナ鍋(なべ)」などと読んでる人もいるみたいですねw コロナ禍の意味 「禍(か)」とは、 わざわいや 不幸せを意味します。 音読みが『か』、 訓読みが『まが』、『わざわ(い)』です。 「福」の 対義語です(形が似てて分かりやすい!)。 つまり、 コロナ禍とは『 コロナによる災難』の意味ですね。 コロナ禍の使い方をわかりやすく説明! コロナ禍、読み方がわかっても、日常で使うわけでないので読めないし使いにくい言葉です。。 実際に使われている例をみながら使い方を説明します。 コロナウイルスの流行で人々の外出が減る、工場などの生産も休止される、経済全体が落ち込むので車など高価なものは特に購入を控える人が増えると予想されるなど、 新型コロナウイルスそのものだけでなく、『流行が原因で生じた現象』を含んだ表現と言えるでしょう。 この記事は面白くて、 ブラジルのジャイル・ボルソナロ()大統領は18日、閣僚2人と上院議長が新型コロナウイルス検査で陽性だったと発表する中、 記者会見でマスクをもてあそび、新型ウイルスの パンデミック(世界的な大流行)をめぐる対応をまたもや「ヒステリー」と呼んだ。 極右のボルソナロ氏は、これまでも新型ウイルス危機に対する おざなりな対応を批判されてきたが、記者会見中にとんでもないやり方でマスクを使用し、 ネット上で嘲笑の的になった。 とあるんですが、ウイルスそのものの被害ももちろんあるのですが、このように 一国の大統領がコロナウイルスの流行という非常事態への対応があまりにひどくネットで批判を受けてしまう、という正に「コロナ禍」、 コロナによるわざわい・災難と言える内容です…。 何か天天災の時などに目にすることがあるかもしれませんね。 これらの言葉も新聞などでしか使用されないので読めないという人が多いはず。 まとめ コロナ禍の言葉についてだいぶ慣れていただけたでしょうか? 新聞などで使用される言葉なので、日常で使用することはあまりないと思われますが、残念ながらコロナウイルスの世界への広がりをみるとすぐに終息するとは言えない状況なので今後もニュースや新聞で目にすることが多いかと思います。 その度に間違った読み方をしていると、人前でふと声に出したときに恥ずかしいことがあるかも…(笑) 「 ころなか」です!覚えておきましょう!.

次の

「コロナ禍」ってなんて読む?意味は?なべ・うず?読み間違え多数

コロナ禍てなんて読むの

新型コロナウイルスの感染が各国で拡大し、人々の生活に深刻な影響が出ています。 訓読みの方をチェックすると、こちらの漢字に含まれる意味が、ストレートに理解できますよね。 つまり端的に言ってしまえば、かなりネガティブな意味を持った漢字というわけです。 それでは続いて、「禍」を含む表現について見ていきましょう。 特に馴染みが深いのは、 「禍福は糾える縄の如し」ということわざでしょうか。 これは中国の史記・南越列伝に由来するもので、「かふくはあざなえるなわのごとし」と読み、「災いと幸福は表裏一体で、まるでより合わせた縄のように代わるがわるやって来るものだ(=不幸だと思ったことが幸福に転じたり、幸福だと思っていたことが不幸に転じたりする)」との意味合いで用いられます。 ちなみに私個人はコロナ禍という表現を初めて耳にしたとき、一番に「武韋の禍」という言葉を連想しました。 スポンサーリンク? 「コロナ禍」の読み方や意味をチェック! 以上のような点を押さえておけば理解しやすいかと思いますが、コロナ禍は 「ころなか」とよみ、 「新型コロナウイルスによってもたらされた、様々な災いや社会的混乱」のことを意味しています。 これだけ影響が大きく多方面にわたっているので、「禍」という表現がピッタリと判断されたのでしょうし、また一言で一連の混乱を端的に表現できるワードとして、重宝されるに至ったのでしょう。 といっても「禍」が近年のニュースに登場するのはこれが初めてではなく、「インフルエンザ禍(いんふるえんざか)」等の言い回しが見受けられるケースもありますね。 コロナの専売特許ではなく、割と汎用性の高い表現ということです。 もう少し分かりやすい表現を使ってほしい」といったコメントが幾つも寄せられています。 説明を聞けばなるほどという感じですが、当然のように使われると、少々戸惑ってしまいますね^^; スポンサーリンク?

次の