シルバー バレット サプレッサー。 HG 1/144 シルヴァ・バレト・サプレッサー 軽くレビュー

新作ガンプラ一気組み‼︎ シルヴァ・バレト・サプレッサー【ガンダムNT】

シルバー バレット サプレッサー

シルヴァ・バレト(Silver Bullet とは、及びに登場するである。 概要 機体諸元 式番号 X-014 所属 軍 頭頂高. 2m 本体重量 33. 2t(装備) ジェネレーター出 5. その機体をにのとして(・ロニクス)社が修した機体が本機である。 な修点は一部武装の撤去と各装甲部材のである。 原機最大の特徴であったジェネレータ直結の部は高威である反面ジェネレータに多大な負荷をかけるとしてオミット。 装甲部材は最新のガンダリウム合にしたことで総重量も3以上の軽量化に成功した。 携行武装の・は・の機を撤し、のと一体化した複合兵装という形で残され、取り回しは幾分善している。 以上のような機体に対する負荷の軽減をとした修の結果、機体に余裕ができたことで機動性や稼働の安定性が向上。 即実戦投入しても問題ない数値を出すなど、試験機としては破格の高性機に仕上がっている。 ただし、この数値は一部の「個人的な執心」による装の結果であるという言もある。 修に伴って間的なこそ落のの、高いや手数の多さは健在で、6年当時においてもとしての性は上位。 頭部はに変更されており、試験用のと強化を搭載したの2種類が存在する。 また本機のとして、背面に有線式のを搭載した装備が存在する。 この機体に搭載されたはゆえ大で常に攻撃形態のコの字で固定されている。 2年に・残党を相手に稼働試験が行われた。 形式上は軍所属であるが稼働試験後は社が厳重に管理しており、実質は社の上位に位置するビスト財団所有の機体である。 本機の名称であるシルヴァ・バレト(Silver Bullet とは、「の弾丸」を意味する。 古来西洋においてで作られた弾丸は、や、そしてといった「魔」を滅するを持つと信じられてきた。 余談ではあるが、本機の修にはタ研究所の元たちが携わっている。 タ研究所は、、シルヴァ・バレト両機の大元となった機体、〈〉を開発したことで有名である。 細かな変更点こそあれど、大まかなが変わらないあたりの設計がいかに優秀であったかががえる。 数奇な運命に振り回され名を変え、姿を変え3代に渡ってとの両営を渡り歩いた彼らは何を想うのだろうか。 劇中での活躍 「 バンデシネ」 本機が初めて登場した作品。 1機と3機が〈〉のアグ(機)を担当した。 同士の関係のもつれもあり、4対1の同然のでを苦しめるが、の示により発動した-Dによりが。 1機を除く3機が大破・撃墜され、した側のも強なGに耐え切れずするなど、となった。 その後、残った機体が7の港付近での部隊と交戦しているが制圧されている。 「」 7に登場。 ビスト邸からへ向かうを守るため、にが搭乗。 を巻き込まないため武装は携行せず、まともな動もできないなか、固定武装をして立ちふさがる相手に奮戦する。 しかし如何せん相手が悪く、四肢と武装を次々に潰されに追い込まれる。 危うく撃墜されかけるが、が呼び出したによって救われ、もしている。 かつて『』を憎む「心」によって『』を、を駆けた彼は『』にした。 『の弾丸』と名を変えた今、新たな「心」に従い、のを切り開くため自らが傷つこうとも強大な『魔』に臆せず立ち向かった。 その姿は、まさしく『』であったと言えよう。 シルヴァ・バレト・サプレッサー 「」に登場。 内で保管されていたシルヴァ・バレトの残存機を更に修した機体で『』に端を発する事件への介入の際に運用。 背面スーがより大のものに換装され、頭部・脚部の構成の変更など大掛かりであり、最大の特徴がをしてのを運用する修が施されている。 専用設計ではないシルヴァ・バレトでを使用するため一斉射で腕部がを起こして使用になってしまうが、構造上別になっている事からパックに予備の腕部を用意し補助アームとクレーンを介して発射後に都度交換する事でしている。 そのため多様な装備で運用する 遡れば の設計とは逆の機体とえる。 関連動画 関連商品 『UC』劇中で登場した機はで限定販売されていた。 関連コミュニティ シルヴァ・バレトに関するを紹介してください。 関連項目• (と弾の先祖)• ・ロニクス)社 修元。 運用はビスト財団•

次の

ガンダム食玩ポータル FW GUNDAM CONVERGE ♯17|バンダイ キャンディ公式サイト

シルバー バレット サプレッサー

『機動新世紀ガンダムX』より「ガンダム DX」がツインサテライトキャノン展開状態でラインナップ。 The "GUNDAM DX" that everyone has been looking forward to is finally available from "After War Gundam X"! Not only that but "GUNDAM NT-1" and "ZAKU II FZ" from "MOBILE SUIT GUNDAM 0080 War In The Pocket" have also been refreshed! [ブランドの説明] [Brand Story] 2010年に立ち上げられたFWシリーズのオリジナルブランド。 のちに変形機構やパーツの可動といったチャレンジも敢行。 The original brand of the FW series launched in 2010. Utilizing new technical advancements, such as 3D modeling and precise detail achieved by multiple materials, a brand new candy toy figure has been developed. Withstanding the challenges that come with deforming mechanisms and moving parts, the models come with special series such as "SP", "EX", ": CORE" in addition to regular "CONVERGE " series. NEW LINE UPこのブランドの最新ラインナップ• NEW RELEASE最新商品• PREMIUM BANDAIプレミアムバンダイ•

次の

ドーベン・ウルフ

シルバー バレット サプレッサー

素体背面• A装備• B装備• B装備背面• C装備• C装備背面• コア・ファイター ナラティブガンダム 主人公ヨナ・バシュタが搭乗するアナハイム・エレクトロニクス社製MS。 特徴として各部の装甲が外されており、機体の内部フレームがむき出しになっている。 試験機という出自から素体自体の武装は頭部バルカンのみで、『不死鳥狩り』作戦にはルオ商会の力を借り、複数の武装を換装して運用する。 ナラティブガンダムに高機動用の装備を装着した姿。 脚部周りの強化に主眼がおかれており、大型ブースター類全てを後方に向ける事で爆発的な加速力を得ることができる。 また、フェネクス捕獲用に複合特殊兵装『サイコ・キャプチャー』を備え、『不死鳥狩り』作戦の戦線に参加する。 ナラティブガンダムの背部に、有線式遠隔攻撃端末2機を搭載したバックパックを装備した姿。 遠隔攻撃端末とバックパックはケーブルで繋がれており、有線による制御で操作される。 両腕にはミサイルが内蔵された小型シールドを装備している。 学園都市コロニー・メーティス内での戦闘後、フェネクスを誘い出す為にルオ商会が収集したサイコフレームをナラティブガンダムへ装着した姿。 RX-0シリーズのサイコフレームを最低限の加工で組み込んだ急造仕様な機体の為、サイコフレームを外装に使用するという歪な機体となっている。 元々の装備プランには存在しない兵装ではあるが、便宜上C装備と呼称される。 主人公ヨナ・バシュタが搭乗するアナハイム・エレクトロニクス社製MS。 特徴として各部の装甲が外されており、機体の内部フレームがむき出しになっている。 試験機という出自から素体自体の武装は頭部バルカンのみで、『不死鳥狩り』作戦にはルオ商会の力を借り、複数の武装を換装して運用する。

次の