辛い物 腹痛 治し方。 食べ過ぎで起こる腹痛の原因や治し方について

唐辛子のような辛いもので下痢や腹痛が起こる原因と対処法は?

辛い物 腹痛 治し方

下痢の症状 便の水分量が70~80%以上の場合、下痢といいます。 見た目としては、 泥のような軟便と、水に浮いてバラバラになる下痢便の2種類があります。 このページではずっと下痢が続くケースについての記載ですが、最初に下痢の種類について触れておきたいと思います。 次の2つの種類があります。 長くても1~2週間で治ります。 急性下痢には大きく分類すると非感染性下痢と感染性下痢の2種類があります。 非感染性下痢は暴飲暴食や寝冷え、冷たい物の摂り過ぎ、食物アレルギー、精神的ストレスなどが原因で起こります。 ノロウイルスに関しては次のページをご参照ください。 いわゆるずっと下痢が続くケースです。 種類としては 病気を伴っていない機能性下痢と病気を伴って起きる下痢の2種類があります。 下痢が続く場合があれば、便秘と下痢を繰り返すケースもあります。 便秘や胃腸の症状に関しては次のページもご参考にしてみてください。 ずっと下痢が続く原因 画像出典: 機能性下痢における原因の多くはストレスです。 ストレスを受けると脳の大脳新皮質が受け止めます。 その刺激に応じた神経伝達物質が分泌され、視床下部というところが受け取ります。 視床下部は自律神経をコントロールしており、自律神経の交感神経が優位に働きます。 これは正常な流れなのですが、 ストレスがかかり続けると、交感神経ばかりが働きがちになります。 大腸を始めとした内蔵は副交感神経が優位の時にしっかり働きます。 つまりストレスを受け続けると、内蔵がしっかり働かなくなるので、その影響が出てきます。 その影響として 大腸の働きが悪くなり下痢が起こる場合あります。 慢性的にストレスがかかり続けると、下痢は続きやすくなります。 大腸の働きが悪くなることで、便秘になることもあります。 ですので、便秘と下痢を繰り返すタイプの人もいます。 この機能性下痢では過敏性腸症候群であることも多く見られます。 また抗生剤などの薬剤によって下痢が引き起こされる場合もあります。 過敏性腸症候群につきましては次のページをご参照下さい。 風邪に関しましては次のページを参考にしてください。 ずっと下痢が続く病気 ここではずっと下痢が続く場合に考えられる病気についていくつか触れたいと思います。 生命に関わる場合もありますので、念のために検査をしておくのが良いでしょう。 次のような疾患がある場合があります。 このことで、お腹が痛くなったり、 頻繁に下痢をしたり、場合によっては粘膜から出血して血便が見られたりします。 この病変によって、腹痛や下痢、血便、体重減少などが生じたりします。 「がん」に関しましては次のページをご参照ください。 ピロリ菌に感染していると腹痛や下痢をおこしやすいと言われています。 ピロリ菌に関しましては次のページをご参照ください。 糖尿病により高血糖状態が続くと、神経に病変が起こり、主に末梢神経と自律神経に症状が出ます。 先に記載していますが、自律神経は内臓をコントロールしており、 自律神経の働きが乱れると、大腸の働きが悪くなり下痢や便秘が起こったりします。 糖尿病につきましては次のページをご参照ください。 Sponsored Link 下痢が続く場合は病院に行った方がいい?何科に行く? 下痢はそこそこ発生する症状なので、ちょっとした下痢の場合は放置する人も多いでしょうが、ずっと続くようになってしまった場合は病院に行くでしょうし、腹痛を伴ってかなりしんどい思いをしているのなら早期回復を望んで病院に行く人もいるでしょう。 結論から説明すると、 下痢がひどい場合は内科・胃腸科・消化器科・一般外科あたりに行くのが良いでしょう。 子供の場合は小児科でもいいでしょう。 ある程度小さなクリニックや病院でもOKですが、可能なら内視鏡検査の可能な病院を選びましょう。 仮にガンの可能性が示唆された場合でもそのままスムーズな検診に移れますので、わざわざ病院を変える必要性が発生しないからです。 ずっと続く下痢の治し方 病気を伴って起こっている下痢の場合は、その病気を治さなければなりません。 ここでは病気以外の機能性下痢の治し方について記載したいと思います。 既に記載していますように 機能性下痢の原因の多くはストレスです。 従いまして いかにストレスを取り除くかが重要になってきます。 ストレスとは不安・恐怖、怒り、悲しみ、焦り、妬みといった負の感情を持っている状態を言い、このストレスは短時間であればそれほど問題はありませんが、 長時間、あるいは頻繁に感じていると自律神経が乱れてしまい下痢・腹痛といった症状に繋がります。 治し方としては次のようなものがあります。 常に何かやるべきことを作り、 そのことに意識を向ける時間を多く作ると効果的です。 理想は好きなことをするのが良いですので、許す限り好きなことをする時間を作るといいでしょう。 このような施設の施術を受けるのも1つの選択肢です。 認知療法では この捉え方を前向きにする訓練を行なうことで、心を軽くしていきます。 手順としては「自動的に沸いてくる負の感情に照準を合わせ、その感情と何故その感情が出てくるのかを書き出します。 そして書き出したものに対して、客観的で前向きな考えに置き換えます。 」 例えば負の感情として「不安が出てくる」理由は「仕事で大失敗をしてしまって、周りの人に手伝ってもらって迷惑をかけてしまったので、みんなに嫌われたのではなか」と書き出し、 「大失敗したけど、私が失敗したから皆も学びになり、他の人が私より先に失敗していやな思いをしなくて良くなったな。 また私を手伝ってくれたみんなは、人助けをしたという満足感を得ているに違いない。 」 といった感じです。 強いストレスがかかり続けると「うつ病」にもなりかねませんので、注意が必要です。 「うつ病」に関しましては次のページをご参照ください。 下痢の時の食事 下痢の時には腸への刺激が少なく消化の良い食べ物がいいです。 お勧めとしては、おかゆや軟らかい御飯、軟らかいうどん、軟らかく煮込んだキャベツや人参、バナナ、リンゴなどです。 反対に肉類など 脂の多いもの、玄米やそば、ごぼう、きのこ類、ねぎ、たけのこ、さつまいも、貝類、など 食物繊維の多いものは極力控えましょう。 下痢に関しましては次のページも参考にしてください。 下痢に関しましては、次のサイトも参考にしてみて下さい。 最後に 下痢の便は泥のような軟便と、水に浮いてバラバラになる便を言います。 下痢には急性下痢と慢性下痢があり、3週間以上続くような下痢は慢性下痢と言えます。 慢性下痢であるずっと下痢が続く原因としては病気以外の機能性下痢と言われるケースと病気の場合があります。 機能性下痢の原因の多くはストレスによって自律神経の働きが乱れるためです。 従いまして機能性下痢の解消法は自律神経の働きを整えるということになります。 自律神経の働きを整える方法として、日頃から明るい気持ちでいるよう心掛けたり、常に何かに集中するよう心掛けたり、リラックスできる時間を設けたり、自律神経の働きが整うような生活習慣を取り入れたり、施術を受けたり、認知療法を取り入れたりといった方法があります。

次の

辛いものを食べて下痢や腹痛が!素早く回復させるコツと予防法

辛い物 腹痛 治し方

こんなことをしていませんか? 食べ過ぎによる腹痛は2通りあります。 胃痛と下痢、これらを招く食べ方や生活習慣を挙げます。 ご自身に照らして見てください。 食べ過ぎでなぜ腹痛は起こるのか 食べ過ぎたときに起こる腹痛で考えられる原因を挙げます。 消化不良 食べ過ぎによる腹痛の多くの原因は消化不良、食べる量が多いため消化が追い付いていません。 この場合、下痢でトイレから出られないこともあり困りますね。 本来なら腸で吸収されるはずの水分がそのまま出ているので下痢を起こすのです。 ほとんどが一過性のものなので(発熱がないとき)便を出し切ると痛みは治まります。 また、心身が疲れているときは消化機能が弱っています。 そんなときに辛い物や脂っぽい物を食べ過ぎると消化が上手くできず下痢を起こします。 胃酸過多 本来胃酸はウイルスなどの外敵から身体を守るためのものですが、食べ過ぎたりストレスを抱えたりすると胃酸がたくさん分泌され腹痛を起こします。 げっぷや胸やけは起こっていませんか?!胃酸過多の場合、口臭もひどくなるので周りの方を不快にしているかもしれません。 急性胃炎 暴飲・暴食さらにストレスにさらされている場合やウイルスに感染している場合は胃に痛みを感じます。 便秘 満腹時に胃が痛む場合は便秘の可能性も考えられます。 ここ最近便は正常に出ていますか?! アニサキス 食べ過ぎが直接の原因ではありませんが、寿司などを食べに行った後に腹痛を起こした場合は考慮する必要があります。 生魚やしめ鯖を食べたときアニサキスが身体に入り込み胃壁に噛みついている可能性があるからです。 寝転んだほうが消化を助けるという意見もありますが、胃酸と共に食べた物が逆流し嘔吐する可能性があるので寝転ぶのは避けたほうがよいです。 腰をかけてゆっくりと深呼吸をして普段の自分にテンションを戻します。 リラックスすることで胃痛が和らぐことがあるからです。 合谷は血行を促進させるツボ、しばらく押してみてください。 他にも胃痛を和らげるツボはありますが胃痛に耐え自分で見つけて押すのは困難、合谷がおすすめです。 下痢編 食べ過ぎによる胃痛が終わったと思うと次はお腹がグルグルと言い出し下痢になることがあります。 肉類やトロやサーモン(寿司)など脂っこいものを食べると下痢を起こしますよね。 脂肪は消化に時間がかかるうえに食べ過ぎたため分解が間に合わず腸へ流れこんでしまうのです。 また会食などではお酒も一緒に飲むので腸管を炎症させ下痢を促進させてしまうのです。 このとき刺激物であるコーヒーは避けてもらってください。 また、胃痛のときのようにお腹をなでると温まるし消化も良くなります。 また、中途半端にせずすべて出し切ることも大切です。 脱水症を招く可能性があるので水分補給を忘れずに行ってください。 共通すること 胃腸の調子が戻るまでは食事を摂りません。 腹痛が治まってもしばらくは脂っこいものを避け刺激の少ない食べ物を選びましょう。 予防策 食べ過ぎで毎回腹痛を起こしていては不快で仕方がありません。 ここからは予防策について考えます。 腸内環境を整えるにはバランスの良い食生活を心がけたり運動などをして血行を促進させたりすることが有効ですが、サプリメントで補うことも可能です。 良質な睡眠は自律神経を整え血行を促進させるので体調が整います。 大切な会食がある前はしっかりと睡眠をとってから臨むようにするとよいです。 会食前に口にしておくと腹痛を防げます。 ただし、キノコなどの不溶性食物繊維は下痢を起こす可能性があるのでひかえたほうがよいです。 この唾液の働きを利用し消化を促すのです。 また、すするような食べ方をすると空気をたくさん身体に入れてしまいガスが溜まりやすくなるのでパスタはすすらないようにするなど工夫するとよいでしょう。 薬は用量用法を守る 食べ過ぎたとき即効性があるのでつい胃腸薬に頼ってしまいますが、会食ではお酒に酔っていることも多いです。 飲み方を間違うと腹痛だけでは済まなくなるのでできるだ依存しないよう自分で予防しましょう。 保険として持参する場合は飲み間違いがないよう、ピルケースに必要数だけ入れていくとよいです。

次の

唐辛子のような辛いもので下痢や腹痛が起こる原因と対処法は?

辛い物 腹痛 治し方

仕事中や休憩中など、 コーヒーはなにかと良く飲むのですが、 たまに胃が痛くなるんです・・・ しかも気持ち悪くて吐きそうになります。。。 特に食べ過ぎているわけでもないし、 考えられる原因といえば コーヒーなのですが、 コーヒーで胃痛が起こる原因って何なのでしょうか? なんとなくカフェインって 胃に良くなさそうなイメージですよね。 また、仕事中なんかは 意識せずに飲みたいだけ飲んでいるので、 ついつい飲み過ぎてしまっているのかもしれません。 実際はどんな原因があるのでしょうか。 今回は、コーヒーを飲むと胃が痛くなる原因について調べてみました。 また、胃が痛いと仕事にも集中出来ないし辛いですよね。 コーヒーで胃が痛いその原因とは? コーヒーを飲むと胃が痛くなるのは、 いくつか原因があるのですが、 大きく分けるとコーヒーに含まれる成分が原因なのと、 コーヒーの飲み方が原因の2つのパターンがあります。 成分が原因 まず、コーヒーに含まれる胃痛の原因となる成分というのが 「カフェイン」と「クロロゲン酸」です。 カフェインは良く耳にすると思いますし、 どういうものなのかもなんとなく知っているかと思います。 カフェインはご存知の通り覚醒作用があり、 交感神経を刺激することで 眠くなりにくくなったりする効果があります。 そして、それだけではなく 胃酸を分泌させる作用もあります。 なので、コーヒーを飲み過ぎてしまったり、 胃に何も入っていない状態で コーヒーを飲んでしまうと、 胃酸が分泌されすぎてしまい、 胃が荒れて、胃痛が起こってしまうのです。 次にクロロゲン酸についてです。 こちらは少し聞きなれないかもしれませんが、 ポリフェノールの一種です。 「抗がん」 「中性脂肪を低下」 「活性酸素を抑える」 この3つの作用があります。 一見身体に良さそうなのですが、 カフェイン同様こちらも 胃酸を分泌させる作用もあるので、 胃が空っぽの状態で飲んでしまうと、 胃酸が分泌されすぎてしまい、 胃が荒れて、胃が痛くなることがあります。 飲み方が原因 飲み方が原因というのは、 ・胃に食べ物が何も入っていない状態で飲む ・タバコを吸いながら飲む ・一気にたくさん飲む というような飲み方をすると 胃が痛くなることがあるみたいです。 まず、先ほどもお伝えした通り、 胃に何も入っていない状態だと カフェインやクロロゲン酸の作用により 胃酸が分泌されすぎてしまうため良くないです。 そして、タバコを吸いながら飲むのが なぜ良くないのかというと、 タバコを吸う事で 胃粘膜の血の流れが悪くなり、 防御機能が弱まってしまいます。 そのタイミングでコーヒーを飲み、 胃酸が分泌されると 胃の中が荒れてしまい、 胃痛が起こります。 コーヒーを飲みながらでなければ良いというわけでもなく、 胃が痛くなるという人は 特に前後1時間はあけた方が良いと思います。 そして飲みすぎは当然良くないです。 カフェインもクロロゲン酸も、 そこまで摂取しすぎなければ問題なくても、 摂取しすぎることで胃痛が起こってしまいます。 なので、結局は飲みすぎが一番の原因だということですね。 コーヒーに限らず、何でも飲みすぎ食べ過ぎは良くないですね。 コーヒーは1日に何杯まで?3杯までです。 飲みすぎは良くないと言っても、 何杯までなら良いのか分からないですよね。 人それぞれ基準も異なると思います。 しかし、一般的には 4杯以上になると飲みすぎだと言われています。 Sponsored Link 出来れば1日に飲む量は1、2杯にして、 多くても3杯くらいまでにしましょう。 コーヒーを飲み過ぎてしまうと、 胃痛だけではなく腹痛・下痢、 反対に便秘や夜眠れなくなるなど さまざまな良くない影響が起こってしまいます。 また、日常的にコーヒーの飲み過ぎが続くと カフェイン中毒になる場合もあるので注意して下さい。 空腹の時にはコーヒーは飲まない! 目を覚ますために朝起きて 一番はじめにコーヒーを飲むという方や、 仕事の気合を入れるために コーヒーを飲むという方は 胃に何も入っていない状態で コーヒーを口にしてしまうことも多いかと思います。 そうではなく、 コーヒーを飲むタイミングは 必ず何かを食べながら、 もしくは食後にしましょう。 これだけで胃が痛くなるのを防ぐことが出来ます! コーヒーに食べ合わせると良いもの Sponsored Link コーヒーと合わせて食べる・飲むのにおすすめなのが、 油を使っていないクラッカーやカステラ、 そしてミルクです。 油を使っていないクラッカーやカステラは、 コーヒーと一緒に食べることで、 胃の中でコーヒーを吸収するので 胃への刺激を抑えて、 胃酸を分泌しすぎることを防いでくれます。 そしてミルクは、 牛乳に含まれるカルシウムが 胃酸を中和してくれて、 タンパク質が胃の粘膜を保護してくれるため、 胃が痛くなるのを防いでくれます。 ブラックコーヒーではなく、 ミルクを加えてカフェオレにすると 胃に優しくておすすめということです! 普段はブラックの方が好きなんだけど・・・ という方も、「胃の調子が悪いけれどコーヒーを飲みたい」 という時だけでも試してみて下さい! コーヒーが原因で胃が痛い時の治し方 飲み過ぎは良くない、 胃が空っぽの時は良くない、 と分かっていても 習慣を変えるのは難しいので、 ついつい飲み過ぎて胃が痛くなってしまった・・・ という方は、これからご紹介する方法を試してみて下さい。 まず、食事の前に胃が痛くなった時は、 胃痛が落ち着くまでの間 食事は少し我慢しましょう。 そして、胃に優しい飲み物を飲みましょう。 白湯やホットミルクなどがおすすめです。 ホットミルクは特に、先ほどご紹介したように タンパク質が胃の粘膜を保護してくれるので 胃痛に効果が期待出来ます。 白湯やホットミルクを飲んで 少し落ち着いたら、 納豆やオクラを食べると良いです。 そして、胃が痛くなった時は なるべく脂っこいものなどは控え、 胃に優しい食事を心がけましょう。 コーヒーを飲むと胃が痛い時のまとめ 胃が痛くなる原因は、 飲みすぎや空腹時に飲むことで コーヒーに含まれる成分である カフェインやクロロゲン酸が 胃酸を分泌しすぎてしまう。 タバコを吸いながらや、 コーヒーを飲んだ前後にタバコを吸うと、 胃が痛くなりやすい。 ということでした。 胃が荒れないようにする予防策は、 コーヒーを飲む量は1日に3杯以内にする。 コーヒーは食後、 または油を使っていない クラッカーやカステラを一緒に食べる。 ミルクを混ぜる。 これらをすると防げるということでした。 胃痛の治し方は、 白湯やホットミルクを飲んで、 納豆やオクラを食べて胃を休ませる。 以上になります!.

次の