糖 として 吸収 されない オリゴ 糖。 オリゴスマートは糖質制限中もOK!なぜ太らないの?実際のカロリーは?

糖として吸収されないオリゴ糖を使ったビターな「ロカボ」チョコレート 発売!(美容最新ニュース)

糖 として 吸収 されない オリゴ 糖

血糖値の上昇は、 体にどう影響するのですか? 糖質の多い食事の後は血糖値が急激に上昇しますが、その後、血糖値を下げるためにインスリンが分泌されます。 インスリンは、使い切れなかった糖質を脂肪として蓄積させます。 そのため、食後の高血糖は肥満や高脂血症、ひいては糖尿病につながり、その他、動脈硬化や脳卒中、心臓病など健康面に大きな影響をもたらします。 高血糖に体がさらされた影響は美容面にも現れます。 体のたんぱく質に糖がくっつくと「糖化」と呼ばれる反応が起こり、その影響で皮ふの柔軟性が失われたり、シワができたりすることが知られています。 また、皮ふの色素沈着にもつながります。 骨がもろくなる恐れもあり、高血糖によってエイジング(加齢現象)が促進されてしまいます。 そうならないためには、食後に血糖値を乱高下させない食生活が何より重要なのです。 あまりに食生活が偏り、ストレスも多いので、ほとんどの方がドロップアウトしてリバウンドさえ起こります。 これまで主流だった「カロリー制限」に至っては、一定の減量効果はあっても食生活の質は落ち、高血糖対策としては無力で、栄養失調さえ起こしかねません。 糖質の量さえ意識していれば、タンパク質や脂質の摂取量に上限はありません。 また、血糖値の上昇を抑えながら、太っている方は減量に向かい、痩せている方は体重が増えて理想に近づいていきます。 さらに高血糖が加齢を促進させるのと対照的に「ロカボ」はアンチエイジングそのものです。 何より、食事を心おきなく楽しめるから無理なく続けやすい。 あえて糖質10gの間食を設けているのは、私自身、甘いものが大好きであることも理由のひとつです。 糖として吸収されないフラクトオリゴ糖は どんな人におすすめですか? 自然由来の甘味料でありながら糖として吸収されず、エネルギーとして利用されないフラクトオリゴ糖は、血糖値を上げないと同時に人間の味覚がおいしいと感じる味わいを持っています。 そのため、食生活を楽しみながら健康を目指す「ロカボ」にとってまさにうってつけと言えます。 体型や体重が気になるけど甘いものが大好きでやめられない方には特におすすめできますが、それは一部にすぎません。 フラクトオリゴ糖は糖質制限のメリットが当てはまるほぼすべての方々に推奨できる甘味料と言えます。 普段から食べている日本食は糖質量の多い砂糖やみりんをよく使う上に、私たち日本人は食後に高血糖になりやすい民族と言われています。 かつ、多くの方が甘いもの好きだと思います。 フラクトオリゴ糖が料理やスイーツなどに活用され、食後の高血糖を気にせずに甘いものを楽しめるようになるのは、私たちにとって非常に喜ばしいことです。 「ロカボ」の観点からフラクトオリゴ糖と上手に付き合うためのアドバイスは? 「ああ、おいしい!」と食生活を楽しみながら、気がつけば健康になっていることが「ロカボ」が目指す理想です。 その意味で、フラクトオリゴ糖は非常に重要な食材であると認識しています。 おいしさと健康を一挙両得できるフラクトオリゴ糖を、今後、多くの方々に楽しんでほしいです。 また、「ロカボ」の実践においては我慢しないことがとても大切です。 甘いものが好きだけど我慢している方は、ある時、突然甘いものが欲しくなって衝動的に食べてしまう結果、血糖値の急激な上昇を招いてしまいがちです。 糖質量を考慮しながら甘いものを楽しむ習慣があれば、きっと、そのような失敗を防ぐことができるはずです。 フラクトオリゴ糖の存在が、そんな方々が日々の中で糖質量を考えるきっかけになればといいと思います。 糖として吸収されないフラクトオリゴ糖であれば、例えば、糖質10gの間食であっても楽しみ方が大きく広がることでしょう。 間食をもっと楽しもうとする工夫を通じて、緩やかな糖質制限の知識とノウハウをぜひ身につけてください。 山田 悟 先生プロフィール 1994年慶應義塾大学医学部卒業。 2007年5月北里研究所病院糖尿病センター長に就任。 2013年11月「一般社団法人 食・楽・健康協会」を設立。 医学的根拠に基づく楽しくおいしい食事療法の知識・技術の向上と普及、 食後高血糖是正による健康増進などを目的に、企業の指導や講演などを活発に行っている。 日本糖尿病学会学術評議員、 慶應義塾大学医学部非常勤講師なども務める。 山田流「糖質制限」料理教室』(主婦と生活社)、『「緩やかな糖質制限」ハンドブック』(日本医事新報社)、 『ロカボバイブル』(幻冬舎)、『糖質制限の真実』(幻冬舎)、『緩やかな糖質制限 ロカボで食べるとやせていく』(幻冬舎)がある。 SHARE•

次の

大好きなチョコレートを我慢しない!!糖から健康を考えた「オリゴスマートミルクチョコレート」本日新発売!!|株式会社明治のプレスリリース

糖 として 吸収 されない オリゴ 糖

砂糖をオリゴ糖に変えたとして、注目を集めている「 オリゴスマート」という商品。 何といってもその特徴は「 太らないお菓子」ということで 気になっている方も多いのではないでしょうか? しかしこの「オリゴスマート」、 なぜ太らないと言えるのでしょうか? 砂糖を使っていないといっても、 甘いのだったら少なからずカロリーはあるのでは?と 疑問に思っている方もいらっしゃると思います。 そこで今回は、 オリゴスマートについての簡単な紹介を始め、 「 なぜオリゴ糖を使うと太らないのか」といったことや「 実際カロリーはどれくらいなの?」といった 気になる内容について詳しく解説していきます! ダイエット中の方もそうでない方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。 「 これまでのミルクチョコレートがちょっと甘すぎた…」 「 普段からチョコレートはビター派だった」 そんな方々にとっては、嬉しい新商品となりそうです。 普通のお菓子と大きな違いとして、「 砂糖をオリゴ糖に置き換えている」ということ。 とはいってもすべての砂糖を置き換えているわけではなく、 含まれる半分程度をオリゴ糖にすることで、 甘さを残しつつも体に優しい そんな 理想的なお菓子を実現しているのです! 「 オリゴ糖って甘いの?」「 あんまり美味しくなさそう…」 そんな意見も聞こえてきそうですが… このオリゴスマートで使っているオリゴ糖「 フラクトオリゴ糖」は 砂糖に非常に近い甘さを持っていることで知られ、 お菓子つくりにも使われるほど! またフラクトオリゴ糖は、 トマトなどの野菜・バナナなどの果物にも含まれており 砂糖によるアレルギーに悩む人も安心して食べることができるのです。 meiji. その理由は、 オリゴ糖の特殊なはたらきにあります。 普通の砂糖は、体に取り入れると胃で吸収されます。 吸収されることで血糖値が上昇したり、「インスリン」という糖を脂肪にしてしまう成分の分泌に繋がり、結果として「 太ってしまう」ということです。 一方フラクトオリゴ糖は、なんと 胃で吸収されずにそのまま大腸まで届くのです! 食べたとしても、 そもそも糖として吸収されないため血糖値が上がることもなく 糖を脂肪にするインスリンが分泌されることもないのです。 それだけでなく、大腸まで直接届いたフラクトオリゴ糖は 食物繊維のように働き 整腸作用も期待できます。 meiji. 結論から言うと、 フラクトオリゴ糖のカロリーは砂糖の2分の1程度しかありません。 さらに前述したとおり、この甘さも糖としては吸収されずに、体を内側から綺麗にすることに役立つのです。 「 甘いものが好き!でも体重は気になる…」という方 「 今糖質制限中だけど、甘いものはやっぱり食べたい…」という方 ダイエットなどをしている方だけでなく、 健康を気にするすべての方に、フラクトオリゴ糖はおすすめできると言えるでしょう。 そのフラクトオリゴ糖が含まれたお菓子である「 オリゴスマート」は、非常に画期的な商品だと言えそうです。

次の

ダイエットしてる方にオススメ!糖として吸収されないオリゴ糖について。

糖 として 吸収 されない オリゴ 糖

「オリゴスマートミルクチョコレート」は、長年、カカオやチョコレートの効果について研究を重ねてきた明治が、チョコレートの一つの主原料である糖から健康を考えた、新しい視点のチョコレートです。 砂糖の一部を、糖として吸収されない「フラクトオリゴ糖」に置き換えることで、カカオの香りとミルクのコクが調和した甘さ控えめなミルクチョコレートに仕上げました。 フラクトオリゴ糖入りのチョコレートは糖質の吸収が穏やかなため、チョコレートが好きなのに、糖の摂りすぎを気にして我慢しているという方にも気にせず楽しんでいただけます。 一般的には1日200kcal程度の間食が適量(厚生労働省)と言われています。 お薦めする目安は1日3~5枚(約84kcal~約141kcal)です。 【開発背景】 チョコレートに対する消費者意識調査の結果、健康を気にしてチョコレートを制限している方が多くいらっしゃることが分かりました。 ゴボウ、タマネギ、トマトなどの野菜やバナナ、モモなどの果物に含まれる糖質です。 難消化性のオリゴ糖で、糖として吸収されずに、腸内細菌によって短鎖脂肪酸に分解される糖質です。 【「オリゴスマートミルクチョコレート」は「ロカボ」にオススメなスイーツ!】 近年多くのメディアから注目されている、「ロカボ」と呼ばれるライフスタイル。 「ロカボ」は、「Low carbohydrate」の略語で、「carbohydrate」は炭水化物や糖質を指します。 糖質は炭水化物から食物繊維を除いた成分です。 「ロカボ」を始めるのはとても簡単!主食を減らす分、おかずをたくさん食べられます。 肉や魚、大豆製品などのタンパク質をメインにして、野菜や海藻類もたっぷり摂りましょう。 オイルやクリームなどの脂質も気にしなくてOK!おやつも糖質10gまでなら食べられるので満足度の高い食生活が送れます。 「ロカボ」のモットーは、「おいしく楽しく続けたくなる」こと。 大好きなチョコレートを楽しみながら「ロカボ」を実践できる、ギルトフリー(罪悪感を感じない)なスイーツです。 今後のプロモーションとして、2月26日(火)より新タレントを起用したテレビCMの放映を開始します。

次の