猫 尻尾 種類。 しっぽが短い猫の種類や性格は?なぜ長さが違うのか?

青い目の猫の種類一覧!青色の目をした黒猫・白猫はいるのか?

猫 尻尾 種類

<尾椎> 猫のしっぽをじっくり触ってみるとわかりますが、尾椎はしっぽの先にいくほど細くなっているのが特徴で、18~23個ほどの骨で成り立っているのが一般的。 ただし、尻尾が短い猫種であるマンクスは4個ほどしか持ち合せていないなど、個体差が大きい要素でもあります。 <筋肉> そして猫のしっぽを動かしているのが以下のような筋肉です。 内背側仙尾筋(ないはいそくせんびきん) B. 内腹側仙尾筋(ないふくそくせんびきん) C. 尾横突間筋(びおうとつかんきん) D. 外背側仙尾筋(がいはいそくせんびきん) E. 外腹側仙尾筋(がいふくそくせんびきん) F. 直腸尾筋(ちょくちょうびきん)」 例えばAの「内背側仙尾筋」は収縮することで尻尾を上や斜めに上げ、逆にEの「外腹側仙尾筋」は尻尾を下や斜めに下げるといった役割を果たしています。 こうした上下運動とは違い、Cの「尾横突間筋」は尻尾を横に曲げる筋肉で各尾椎にくっついて、猫がしっぽをくねくねと曲げられるのは、この尾横突間筋が動いているからなのです。 Fの「直腸尾筋」は尻尾を下に巻き込む筋肉で、喧嘩に負けた時に尻尾を巻く動作はこの筋肉によるもの。 また、Dの「外背側仙尾筋」は、Aの「内背側仙尾筋」とCの「尾横突間筋」が損傷したときに補助的な役割を果たしてくれ、Bの「内腹側仙尾筋」はEの「外腹側仙尾筋」とFの「直腸尾筋」が損傷したときに機能を補完してくれるのが特徴です。 <神経> これらの骨や筋肉を動かしているのが尾椎の横から出ている「尾骨神経(びこつしんけい)」。 尻尾全体に分布しており、尻尾の上側から出ている神経の枝は背面の筋肉や皮膚に、尻尾の下側から出ている枝は腹面の筋肉や皮膚に行き渡っています。 尾骨神経は他の重要な神経とも部分的に繋がっており、しっぽを強く引っ張ると他の神経を損傷させて排泄や歩行が困難になってしまう危険があるため、絶対にやってはいけない行為であると覚えておきましょう。 猫のしっぽ 8種類 猫の尻尾は長さや形などによって分類することができますが、ここでは8種類に分けて解説します。 尻尾の長さは体長と同じくらいで約25~30㎝程度。 日本では「長尾」と呼ばれることもあります。 そのため、ランピーマンクスタイプは「無尾」と呼ばれることもあります。 その名が示すとおり、このタイプはしっぽがカールしているだけでなく脇腹に垂れ下がっているのが特徴で、2. のエアリーカールドテイルよりも尻尾の先端の位置が下にきます。 長さは1. のフルテイルタイプよりも長く、中には30cm以上のしっぽを持っている子もいるでしょう。 長さはフルテイルタイプの半分以下で、アメリカンボブテイルやジャパニーズボブテイルなどの短いしっぽを持つ猫はこのタイプに分類されます。 豚のしっぽのようにも見えることから「ピギーテイル」と呼ばれることもあります。 鎖国時代、他国と交易があった長崎では、今でもこのタイプのような尾曲がり猫が多く存在しています。 しっぽの動きが表す猫の気持ち 猫のしっぽの動きはその時の気持ちによって変わります。 そして気持ちの高ぶりが激しいほど大きく動くのも特徴です。 ここでは6種類の猫のしっぽの動きを紹介します。 しっぽを垂直に立てるとき ピンと尻尾を立てているのは甘えたい気持ちを持っているサインで、子猫の時に母猫に甘えていた時の名残りだとされています。 甘えたい気持ちがより強いときは、しっぽの先端を小刻みに震わせることもあるでしょう。 しっぽを下にさげているとき 飼い主さんに叱られるなどして元気がない時はしっぽを下げることが多くなります。 しかし尻尾が下がっているときは体調不良が原因なこともあるため、こまめに様子をチェックしてあげましょう。 しっぽを左右に大きく振るとき 猫の尻尾が左右に大きく振られている時はイライラしている気分の時と考えられがちですが、しっぽの振り方によっても猫が感じている気持ちは違います。 例えば、大きくブンブンと左右に振っている場合はイライラしていると言えますが、ゆっくりと左右に振っている場合は、まったりと考え事をしているのです。 しっぽを縦に振るとき 尻尾が縦方向に動いている場合は、猫が「何をしようかな〜」と考えている時。 また、寝ている時や動くのが面倒な時は、飼い主さんの呼ぶ声にしっぽの先をパタパタさせて応えてくれることもあるでしょう。 しっぽの毛が逆立ったとき 猫は恐怖や驚きを感じるとしっぽの毛が逆立ちます。 これは相手を威嚇しようと攻撃体勢に入っているサインで、喧嘩の時には尻尾だけでなく全身の毛を逆立てることで、自分を大きく、強く見せようとします。 しっぽを体の下に丸めたとき 尻尾を体の下に丸めている時は恐怖を感じています。 こうした仕草は強そうな相手に出会った時や、見知らぬ人に突然触られた時などに見せることが多いでしょう。 また、尻尾を体に巻きつけたり、足の間に挟む、抱っこされた時にお腹にくっつけたりするのも、同じように恐怖心を抱えているサインです。

次の

猫のかぎしっぽの種類とは?尾曲猫になる理由を説明します

猫 尻尾 種類

アメリカンショートヘア• アビシニアン• アメリカンカール• アメリカンワイヤーヘア• アメリカンボブテイル• ウラルレックス• エキゾチック• エジプシャンマウ• オシキャット• オリエンタル• キムリック• コラット• コーニッシュレックス• サイベリアン• サバンナキャット• シャム猫• シャルトリュー• ジャーマンレックス• ジャパニーズボブテイル• シンガプーラ• スコティッシュ フォールド• スフィンクス• スノーシュー• セルカークレックス• ソマリ• ターキッシュアンゴラ• ターキッシュバン• デボンレックス• トンキニーズ• ネベロング• ノルウェージャン フォレストキャット• バーミーズ• バーマン• バリニーズ• ハバナブラウン• ピクシーボブ• ヒマラヤン• ブリティッシュショートヘア• ペルシャ• ベンガル• ボンベイ• マンチカン• マンクス• ミヌエット ナポレオン• メインクーン• ヨーロピアン ショートヘア• ラグドール• ラガマフィン• ラパーマ• リコイ• ロシアンブルー.

次の

猫の種類【長毛種一覧】。毛並みの美しさランキングも紹介。

猫 尻尾 種類

くねくね曲がる猫の尻尾は、背骨の続きで18~20個の尾椎でできています。 尻尾の先端まで骨や神経が通っているため、上下左右に動かすこともできます。 また、骨の周りには筋肉もついているため、細かい動作をすることが可能です。 かぎしっぽになる原因は、ケガや病気で尻尾が曲がってる、やむを得ず切断したなどの後天性ではない限り、遺伝によるものがほとんどです。 かぎしっぽになる遺伝子が合わさることで猫の尻尾が曲がった状態で生まれます。 しかし、かぎしっぽの遺伝子を持っているからといって必ずかぎしっぽの猫が生まれるわけではありません。 また、尻尾が曲がっている部分に小さな骨があるのは半椎骨という骨で、かぎしっぽになる原因の骨です。 かぎしっぽの猫は縁起がよい、幸運を運んでくれると言い伝えられており、かぎしっぽの「かぎ」が幸せを呼ぶ扉を開けてくれる、幸運を引っかけてくるなどと言われています。 かぎしっぽの「かぎ」は「鍵」からきていると言われ、昔大切なものをしまっていた蔵についてる南京錠のUの字の形が猫の曲がった尻尾と似ていたため鍵しっぽと言われるようになりました。 猫は幸せを呼び込むとされる招き猫のイメージもあり、古くから商売繁盛や幸せが舞い込んでくると言われています。 さらに尻尾が曲がってる猫は希少性があるため縁起がよいとされています。 また、ヨーロッパでは日本よりもかぎしっぽの猫が少なく、かぎしっぽの猫に出会うとラッキーと言われ「幸せを呼ぶ猫」として人気があります。 尻尾がねじ曲がり丸まった短い尻尾が特徴の日本猫です。 かわいい丸顔をしていますが、大人っぽい猫で甘えてくることは少ないです。 順応性が高く賢い猫なため、他の動物と喧嘩をしたり揉めたりすことはあまりありません。 また、丸まった尻尾ですが伸ばすと7. 5cmほどあり、長いものだと10cmほどあります。 丸く短い尻尾は両親とも劣性遺伝ではないとこのような尻尾に生まれてこないので、この尻尾の特徴を維持して繁殖させるには難しいとされます。 体重は2. 5~4kg程度でボブテイルとしては小柄な方です。 短い尻尾が原因で、自然界では生存競争に勝てないと言われています。 しかし、日本の島国では淘汰されず生き残ることができた貴重な猫です。 アメリカンボブテイルはアメリカのアリゾナで発見された尻尾の折れ曲がってる猫が始まりとされ、古くからアメリカ大陸に存在するイエネコの祖先と言われていました。 三角にとんがった耳とはっきりとした鼻筋が特徴の人気の高い猫です。 短い尻尾とがっちりとした大きな体が魅力のアメリカンボブテイルは、尻尾の形はさまざまで、鍵のように折れ曲がっていても切れていてもねじれていても全て個性として認められ愛されてきました。 温厚な性格で人付き合いが上手なため「猫界のゴールデンレトリーバー」ともいわれています。 また、遊び好きで平和主義な性格なため多頭飼いにも向いています。 穏やかな性格は、猫を飼うことが初めての人や赤ちゃんがいる家庭にもおすすめです。 アメリカンリングテイルの特徴は、なんといってもクルンとカールしたかわいい尻尾の形です。 尻尾の根元は真っすぐですが、先にいくにつれて背中に接触するほどカールしていきます。 リラックスしている状態や嬉しい時に尻尾をカールさせるのが特徴です。 アメリカンリングテイルは、普通の猫同様に尻尾をピンとさせたり上下左右に振ることも可能です。 そのため、かぎしっぽの猫の中でも感情がわかりやすいとされます。 また、活発で好奇心旺盛な猫のため、他の動物と一緒に飼育しても来客が来ても物怖じしない性格です。 そしてもう一つの特徴は、他の猫と異なり指と指の間には水かきのような皮膚があり水を好みます。 これは海や川が近く、水の多い地域に住んでいたことが原因と言われています。 オッドアイとは左右の目の虹彩の色が異なることを指し、猫だけでなく犬や人間にも見られます。 特に黄色の片目と淡青色の片目の場合は、金目銀目と呼ばれ非常に縁起がよく幸せを運んでくれるとされています。 オッドアイは遺伝子変異でどんな猫でも発症する可能性がありますが、オッドアイになる確率は全体の0. 3%ほどと言われ、とても希少性がありどこか神秘的な魅力を感じます。 そして0. 3%のオッドアイのうち白猫がほとんどとされ、他の模様の猫は非常にレアケースとされています。 また、目が見えにくい・耳が聞こえにくいという障害がある場合が多く病弱な猫が多いため寿命は短いとされています。 オッドアイで聴覚障害のある猫を飼う場合は、放し飼いはせず家の中で安全に飼うことをおすすめします。

次の