ダイハツ キャスト。 キャストの中古車【ダイハツ公式】U

ダイハツ・キャスト

ダイハツ キャスト

概要 本車種は「生活を彩る自分仕様の」をコンセプトに開発され、テイストの キャスト アクティバ( CAST ACTIVA・以下、アクティバ)、軽トールワゴンでありながらすでに絶版となったにも通じる調をモチーフとした都会的テイストの キャスト スタイル( CAST STYLE・以下、スタイル)、専用サスペンションチューニングを施したスポーツテイストの キャスト スポーツ( CAST SPORT・以下、スポーツ)と世界観が異なる3つのバリエーションを設けているのが特徴である。 尤も、アクティバとスポーツは、同社としては前者は2012年7月に終売となった以来約3年ぶりの軽SUV系となり、後者は2009年3月に終売となった以来6年ぶりの軽となった。 なお、本車はへのがある一方で、今のところ(旧・)へはOEM供給されていない。 デザイン 外観はボディ断面は上質さを表現するため丸みのある豊かな面質を持たせ、ドア断面にも丸みを持たせたフォルムとし、サイドシルエットを基調とした。 開発コスト抑制の為ランプ類を3タイプで共通デザインとしながら、装備するパーツを変えることで世界観を表現している。 フロントエンブレムは、、、などと同様に専用デザインを採用している。 また、3タイプ共にミライースやコペンに続く、独自の「Dラッピング」を用いた「デザインフィルムトップ」をメーカーオプション設定している。 内装は黒基調にアクティブな形状のインパネ加飾を施し、インパネデザインにオープントレイを採用。 シートはシルバーとスウェード調の生地を組み合わせたフルファブリックシートを採用した。 内装は水平基調のインパネ加飾と黒とベージュの2トーンカラーを基調とした内装色を採用し、インパネデザインにはフタ付のインパネトレイを採用。 シートはスウェード調の明るい生地を重ねあわせたフルファブリックシートを採用した。 また、2WD車には16インチタイヤを標準設定するとともに、16インチハイグリップタイヤをメーカーオプションで選択可能とした。 内装は黒基調に赤色でつや消しのインパネガーニッシュや自発光式2眼メーターを採用し、シートはブラック調のレザーシート表皮にレッドステッチをアクセントとして施した。 また、インパネガーニッシュをピアノブラック加飾に、レザー調シートをホワイトに変更した「プライムインテリア」をメーカーオプションに設定した。 ボディカラーはモノトーンカラーで全11色が設定されているが、このうち、アクティバ・スタイル・スポーツいずれのタイプでも選択できる共通カラーは2色で、「レモンスカッシュクリスタルメタリック」、「スプラッシュブルーメタリック」、「オフビートカーキメタリック」はアクティバ専用色、「プラムブラウンクリスタルマイカ(オプションカラー)」、「ライトローズマイカメタリック」、「ダークエメラルドマイカ」はスタイル専用色、「ブライトシルバーメタリック」はスポーツ専用色、「ファイアークオーツレッドメタリック」と「ディープブルークリスタルマイカ(オプションカラー)」はアクティバ・スタイル専用色となる。 機構・メカニズム 6代目に採用したをはじめ、「Dサスペンション」や「Dアシスト」も採用することで、しっかりとしたハンドリングとロールや走行時のふらつきが少ない高い操舵安定性を確保したほか、ステアリングのパッド取付部に材を使用することで機能を持たせて振動を吸収し、ボディパネルの隙や穴を減らして音の侵入経路を低減することで静粛性を持たせた。 さらに、6代目ムーヴや3代目にも採用されているカメラと、センサーの組み合わせにより前方車両との衝突の危険が高まった時に緊急ブレーキを作動することで危険の回避を支援するほか、歩行者の検知や車線の逸脱時に警報で知らせ、前方や後方へのアクセルとブレーキの踏み間違えによる飛び出しも抑制する衝突回避支援システム「II(以下、スマアシII)」を採用し、一部グレードを除く全車に標準装備した。 2017年10月の一部改良で対歩行者緊急ブレーキにも対応した改良型の「スマートアシストIII(以下、スマアシIII)」に強化されている。 アクティバは大径タイヤの採用やサスペンションの変更などにより最低地上高を2WD車は180mm、4WD車は175mmとすることで雪道や山道での走破性を高めたほか、4WD車にはぬかるみなどの滑りやすい路面でタイヤが空転した場合に空転した車輪に制動力、グリップ側の車輪に駆動力を与えることで発進をサポートするグリップサポート制御と滑りやすい下り坂などでドライバーがブレーキ操作をしなくても一定の車速を維持し、フットブレーキによるタイヤのロックを防いで安定した降坂を実現するDAC制御を標準装備した。 年表 キャストスポーツのレース仕様デモカー(2016年)• 2015年• 8月3日 - 発売に先駆けてホームページ内に新型軽自動車のティザーサイトを公開。 この時は車種名が明らかにされていなかった。 9月9日 - 「キャスト」として公式発表。 アクティバとスタイルが発表と同時に販売を開始。 スポーツは同年10月末より販売開始予定とされた。 グレード体系はアクティバ・スタイル共通で、廉価グレードの「X」と同グレードのスマアシII付仕様「X "SA II"」、上級グレードの「G "SA II"」、ターボ車の「Gターボ "SA II"」の4グレードを展開する。 10月29日 - スポーツを公式発表し、同日より販売を開始。 スポーツはターボ車のみの設定で、「SA II」のみのモノグレード体系となる。 2016年• 6月20日 - 一部改良並びにアクティバ・スタイル特別仕様車「プライムコレクション SA II」を発売。 また、従来はスタイルのデザインフィルムトップ設定時の専用カラーであった「ブライトシルバーメタリック」をモノトーンカラー専用に切り替え、新たにアクティバにも設定した。 さらに、スタイルにはインテリアアクセントカラーを4色(ピンク・ネイビー・ブラック・ホワイト)追加した。 機能面では4WD車の最低地上高をアクティバは180mm、スタイルとスポーツは150mmにそれぞれ高くしたほか、助手席シートヒーターを新たに設定し、スポーツに標準装備、アクティバとスタイルはメーカーオプションの「ウォームパック」に設定した。 この影響で、アクティバ及びスタイル(本特別仕様車除く)において、メーカーオプションの「プライムインテリアパック」及びSRSカーテンシールドエアバッグの設定が廃止された。 8月31日 - へ「」としてOEM供給を開始。 2017年10月4日 - 一部改良。 前述のとおり、スマアシII搭載グレードは改良型のスマアシIIIに強化されるとともに、パノラマモニターを新たに採用し、グレードにより、「パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック」又は「パノラマモニター対応カメラ」としてメーカーオプションに設定した(なお、使用の際はディーラーオプションのパノラマモニター対応ナビゲーションの装着が必要)。 「ディープブルークリスタルマイカ(オプションカラー)」はスポーツでの設定を廃止してアクティバ・スタイル専用色になった代わりに、「ブライトシルバーメタリック」はアクティバ・スタイル専用色からスポーツ専用色に移行した。 内装は、アクティバとスタイルのインテリアアクセントカラーの設定色が変更され、アクティバはイエローとカーキを追加。 スタイルはシルバーを標準設定し、バーガンディをメーカーオプションで設定した。 メーター意匠も各タイプで変更され、アクティバは文字盤が黒色化され、奇数数字の表記を無くして数字のサイズを拡大。 スタイルは数字のを変更。 スポーツは針やメモリ部分が赤色化され、アクティバ同様に奇数数字の表記を無くして数字のサイズを拡大した。 また、アクティバとスタイルに特別仕様車として設定されていた「プライムコレクション SA II」は「プライムコレクション SA III」としてカタロググレードに昇格。 カタロググレード化に際し、上述の変更内容に加え、アクティバではインテリアアクセントカラーでボディカラー同色もしくはブラックの選択が可能に、スタイルでは室内色をホワイトからブラウンに、シートをアクティバ・スタイルと共通のレザー調ブラックにそれぞれ変更された。 装備面では、運転席シートリフターとチルトステアリングを全車に、純正ナビ装着用アップグレードパックをスポーツにそれぞれ標準装備され、メーカーオプションの設定が一部変更された。 さらに「G"VS SA III"」はステアリングホイールにメッキオーナメントが施された。 2020年3月31日 - アクティバ・スポーツが生産終了。 スタイルは継続販売。 アクティバは同年6月10日に発売されたが後継車となる。 2017年10月発売型 スポーツ G"SA III" リア 車名の由来 会見の際、当時社長の三井正則は「毎日の生活はまさにドラマ。 そのドラマの『 キャスト』でありたい」と、車名に込めた思いを語った。 CMでも和歌山県のなどを登場させ「あなたを、日本を、おもしろく。 」とキャッチコピーを付けるなど、日常を彩る存在=ドラマの役者であることを表現している。 CM 出演者はアクティバは、スタイルは(2015年 - 2016年)、2017年10月からの一部改良から、2019年5月からはを起用。 CM曲は2017年10月まではの「」を使用。 また、高橋は「秋田の奇岩」編では、山﨑の先輩役として自らCMにも出演。 スタイルはの上記楽曲のカバー楽曲を使用していた。 2017年10月からはの「」を山﨑と早見が歌唱しているバージョンを使用、2019年5月からのCMには木村カエラの「」を起用している。 脚注 [] 注釈• PDF プレスリリース , ダイハツ工業株式会社, 2015年8月3日 , 2015年9月9日閲覧。 PDF プレスリリース , ダイハツ工業株式会社, 2015年9月9日 , 2015年9月9日閲覧。 PDF プレスリリース , ダイハツ工業株式会社, 2015年10月29日 , 2015年10月29日閲覧。 PDF プレスリリース , ダイハツ工業株式会社, 2016年6月20日 , 2016年6月20日閲覧。 プレスリリース , ダイハツ工業株式会社, 2017年10月4日 , 2017年10月4日閲覧。 PDF プレスリリース , ダイハツ工業株式会社, 2018年8月20日 , 2018年8月20日閲覧。 PDF プレスリリース , ダイハツ工業株式会社, 2019年7月29日 , 2019年7月29日閲覧。 - 2015年9月10日 関連項目 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - OEM車種 外部リンク• この項目は、に関連した です。

次の

ダイハツ キャストおすすめグレードはアクティバかSA2!違いを比較

ダイハツ キャスト

ダイハツ・キャストとはどんな車? ダイハツ・キャストは2015年9月から発売されたトールワゴンタイプの軽自動車です。 経済性が重視される軽自動車ですが、燃費だけではない魅力を持ったデザインと高い質感を両立した車となっています。 ダイハツ・キャストは、ムーブをベースとして開発され、外装デザインは軽自動車とは思えない立体感を、フロントフェンダーやショルダーラインには、ハイライトとシャドウをうまく刻み込むことで、実際の寸法以上の立体感を実現しています。 内装ではダッシュボード周りに金属調のパーツが効果的に使われ、立体的なデザインと相まって重厚な雰囲気を醸し出し、装備の充実度も高くなっています。 ダイハツ・キャストの「アクティバ・スタイル・スポーツ」3つのバリエーションは、ランプ類を3タイプで共通デザインとするなど、コストを押さえつつ装備するパーツを変えることで差別化していますが、ボディの基本構造とパッケージング、そしてエンジンとミッションは共通のものとなっています。 ダイハツ・キャストのグレード以外の詳しいまとめ記事はこちら ダイハツ・キャストのベース車となるムーヴについてのまとめ記事 ダイハツ・キャストはトヨタとの共同開発で誕生! ダイハツ・キャストはトヨタと共同で開発され、ダイハツの九州工場で生産されています。 ダイハツ・キャストはトヨタへ提供され「トヨタ・ピクシスジョイ」の車名で販売されています。 トヨタ・ピクシスジョイについて詳しくは下記のまとめ記事をご覧ください。 最新「キャスト」中古車情報 ダイハツ キャストの3つのスタイルの違いを比較! 自動車は、たいていの場合1つの車種に1つのボディデザインで設計されますが、ダイハツ・キャストはボディデザインが3種類も、それも個性を変えて設計されている点が他のの軽自動車と大きな違いとなっています。 「アクティバ」は文字通りアクティブなタイプの外装デザイン、「スタイル」はラグジュアリー、「スポーツ」も文字通りスポーティーな外装デザインとなっており、アクティバには実際に悪路走破性を高めた地上最低高、スポーツにはのセッテイングをスポーツ走行寄りにするなど、実際の走行性能にもボディタイプに併せて変えています。 ダイハツ キャスト・アクティバ ダイハツ キャスト・アクティバは、ガンメタリック塗装のロアボディやサイドドアモール、専用グリルなどでアクティブさや力強さをイメージ付ける立体感のある、クロスオーバーテイストな外装デザインとなっています。 今、大人気のSUVをイメージしたことは明白で、この辺りは大ヒットしたスズキの「ハスラー」を意識したモデルと言えるでしょう。 また、デザインだけではなく、最低地上高は他の2つのバリエーションに比べ30mm拡大して180mmになっており、車両の下回りをプロテクトする力強い印象の樹脂ガーニッシュや、大径タイヤの採用やの変更などにより、悪路走破性もしっかりと備えています。 さらに、アクティバ専用装備のグリップサポート制御やDAC(ダウンヒルアシストコントロール)制御 を車に標準装備するなど、雪道や悪路も安心してドライブできます。 ・ダイハツ キャスト・アクティバの車両価格:1,220,400~1,711,800円 ・キャスト・アクティバの魅力:ハスラーを彷彿とさせるクロスオーバーテイスト ダイハツ キャスト・スタイル ダイハツ キャスト・スタイルは、バンパーやサイドのモールにメッキ加飾を施すことで、都会的な上質感を演出し、台形フォルムのフロントグリルや同じ16インチでも少し小さい15インチタイヤの採用で、アクティバに比べると最低地上高が少ない分だけ、重心の低さをイメージさせ、安定感のある走りを表現しています。 インテリアでは、こだわり抜いたスエード調の明るい生地を重ね合わせた、肌触りの良いフルファ ブリックシートを採用 するなど、上質感を押し出しています。 キャストシーズの中では最も落ち着いたイメージの「スタイル」は、女性もしくは年配者にも受け容れられるモデルとなっています。 ・ダイハツ キャスト・スタイルの車両価格:1,220,400~1,706,400円 ・キャスト・スタイルの魅力:コンパクトカーにも引けを取らない上質さ ダイハツ キャスト・スポーツ ダイハツ キャスト・スポーツは、エアロバンパーやサイドストーンガードを採用。 文字どおりスポーティな外観に仕上がっています。 キャスト・スポーツは、コイルスプリングや ショックアブソーバーの 最適チューニングにより、高い操縦安定性を実現し、7速マニュアルモードのやMOMO製革巻ステアリングホイールを搭載 しています。 また、赤色のインパネガーニッシュや自発光式2眼メーターを採用したことで、スポーツムードを高めるインテリアが特徴となっています。 比較する車種としてはスズキの「アルトRS」や、ホンダの「N-ONE」になるでしょう。 ・ダイハツ キャスト・スポーツの車両価格:1,220,400~1,706,400円 ・キャストスポーツの魅力;スポーツムード満点の足回りと室内 キャストのおすすめのグレード ダイハツ・キャストのおすすめは「アクティバ」! ダイハツ・キャストシリーズでは「アクティバ」がおすすめとなるでしょう! クロスオーバータイプの人気は長く続いていますし、デビューが強烈な印象を与えた「スズキ・ハスラー」も見慣れてきています。 ハスラーより後発となりますが、今でもキャスト・アクティバの存在感は強烈となるでしょう。 おしゃれに乗りこなしても良し、アクティブに乗り回しても良し、日常の使い勝手も良しと十分です。 ダイハツ キャスト・アクティバには次の複数のグレードがあります。 スマートアシスト2とは、一般的に「ブレーキアシスト」などと呼ばれているもので、各種センサーにカメラを加えて歩行者を見分け、作動速度の上限も以前のスマートアシストよりも時速20km上乗せして50kmに高め、さらに後方の危険も検知する高い性能を持った安全装備です。 キャスト・スポーツは、グレード構成が1つしかなく、駆動方式が2WDかどちらかの選択のみとなっていますが、いずれもスマートアシスト2は標準装備となっています。 最新「キャスト」中古車情報 ダイハツ・キャストは2017で最も注目される軽自動車に!? ダイハツ・キャストのおすすめグレードについてのまとめ記事はいかがでしたでしょうか? ダイハツ・キャストは高級感かスポーツ感か、あるいは流行りのクロスオーバーか、軽自動車といえどもその種類は豊富で、自分にあったモデルを探すのは大変な印象がありますね。 ダイハツ。 キャストは一つの車種から3つのバリエーションが選べるので複数の販売店を見て回らなくても良く、しかもそれぞれが明確な個性を持っているので「どれにしようか」と、選ぶ楽しさもありますね! あなたならどのキャストを選びますか?「アクティバ」「スタイル」それとも「スポーツ」にしますか? MOBYでは、他にも魅力的な軽自動車のまとめ記事がありますので、ぜひ、あわせてご覧ください! 軽自動車選びの参考になるまとめ記事 こんなまとめ記事も人気です! ダイハツの最新車種についてはこちら.

次の

キャスト(ダイハツ)の口コミ・クチコミ・評価・評判|中古車なら【カーセンサーnet】

ダイハツ キャスト

販売絶好調の「スズキ ハスラー」に挑む「ダイハツ キャスト」! 今は軽自動車の人気が高く、新車として売られるクルマの35~40%を占める。 その一方で、小型&普通車ではSUVの売れ行きが伸びている。 SUVは「悪路を走破できる機能を備えたクルマ」とされるが、今ではタテマエになった。 SUVのボディは上側だけを見れば5ドアハッチバックやステーションワゴンに近い。 居住性や荷室の機能を高めやすく「実用的でカッコイイ」ことがメリットだ。 そこで空間効率の優れたホンダ「フィット」のプラットフォームを使うホンダ「ヴェゼル」、ミニバンのスバル「エクシーガ」をベースにしたスバル「クロスオーバー7」などが続々と登場してきた。 普通の5ドアハッチバックやワゴン、ミニバンでは物足りないが、サイズの大きなタイヤを履かせて下まわりにブラックの樹脂パーツを付けたりすると、「SUVルック」になって俄然魅力的に見える。 安易な商品開発とも受け取られるが、スバル「インプレッサ」をベースにしたスバル「XV」が好調に売れたりすると、メーカーとしては非常にオイシイだろう。 2014年1月、「スズキ ハスラー」が発売して大ヒットを記録した。 ハスラーのボディは実用性で人気を高めた「スズキ ワゴンR」がベース。 車内の広さからシートアレンジまでほとんど同じだ。 ハスラーの最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)はワゴンRに比べて30mmほど拡大され、丸型ヘッドランプとSUV風の樹脂パーツを装着する。 価格はワゴンRスティングレーよりも少し割安だから、実用的でカッコ良くて買い得な軽自動車になった。 そして2015年9月に登場した「ダイハツ キャスト」の「アクティバ」は、ハスラーのライバル車といえるだろう。 キャストには3種類のボディが用意され、SUV風の「アクティバ」のほかに、メッキパーツを装着して都会的な上質感を演出する「スタイル」、2015年10月下旬に登場予定の走りを重視した「スポーツ」がある。 キャストの戦略は、3種類のボディでそれぞれ別の客層を獲得することだ。 アクティバがハスラーのライバルなら、上質な雰囲気のスタイルは「ホンダ N-BOXスラッシュ」あたりと対抗する。 スポーツは「ホンダ N-ONE」「スズキ アルトターボRS」などが想定される。 いろいろな軽自動車のライバル車を一手に引き受けるねらいがある。 なおキャストの基本部分は「ダイハツ ムーヴ」と共通。 ワゴンRをベースにしたハスラーの成り立ちに似ている。 キャストアクティバとハスラーに焦点を絞って比べていこう。 まずはボディサイズだが、軽自動車だから全長の3395mm、全幅の1475mmは、軽自動車の規格枠いっぱいで同じ数値だ。 全高はキャストアクティバが1630mm、ハスラーは1665mmで35mmほど高い。 最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)は、キャストアクティバ、ハスラーともに4WDが180mm、2WDが175mmで等しい。 なのでキャストアクティバの天井が少し低い程度でほぼ同じ大きさだ。 ホイールベース(前輪と後輪の間隔)はキャストアクティバが2455mm、ハスラーは2425mmで若干短い。 キャストアクティバは4輪がボディの四隅に踏ん張って安定して見える。 外観のイメージは似ているが、見栄えは意外に違う。 丸型ヘッドランプは共通でもキャストアクティバは細部に丸みを持たせ、ハスラーは直線基調に仕上げた。 キャストは前述のようにスタイルやスポーツも用意するから、いろいろなアレンジに対応できるデザインとした。 対するハスラーは1種類のみだからSUVらしさを強調している。 視界には大差がない。 最小回転半径もキャストアクティバが4. 7m、ハスラーが4. 6mで同程度に収まる。

次の