インスタ ストーリー gif かわいい。 【最新】インスタの可愛いGIFやオススメのイラストレーター紹介!検索方法も解説

【無料配布中】インスタストーリーGIF、かわいいのないから作ってみた|アンビル咲|note

インスタ ストーリー gif かわいい

赤枠内の四角顔マークをタップでスタンプ一覧を起動します。 スタンプの一覧が表示されるので、上下にスライドさせて好みのスタンプを選択。 ) スタンプを選んで画面に表示されたら、 1本指で長押ししながら動かす事で、自由に 位置を移動できます。 また、 1本指でタップする事でスタンプの向きを 左右に反転させる事も可能。 スタンプが気に入らない時には、画面下部の 「ゴミ箱アイコン」の位置までスタンプを移動させると 削除できます。 1本指ではなくて、2本指で長押し。 そのまま回転させると、スタンプの角度を自由に変更。 ピンチインとピンチアウトをすると、スタンプを拡大縮小する事ができます。 スタンプを固定させる方法 撮影ボタン長押しで動画で撮影したり、ハンズフリーで撮影した場合など。 「動画での撮影時のみ」スタンプの位置を固定する事ができます。 通常のスタンプは画面の動きに連動しない。 スタンプを固定すると、動画のメインの対象物に合わせて スタンプが画像と連動して動く。 つまり、 動画の動きに固定するという意味。 連動する事で「王冠スタンプをかぶった動画」「フェイフィルターではない、サングラススタンプをかけた動画」等に編集可能。 動画で 顔出ししたくない人だけスタンプをつける。 のような使い方もできる。 画面下に、「固定する」と表示されるのでタップ。 動画と連動するように、スタンプを固定する事ができます。 位置情報を登録する用のスタンプです。 位置情報付きで投稿する事で「ロケーションストーリー」で、表示されるようになります。 ロケーションストーリーは、インスタアプリ画面下の「検索アイコン」をタップすると、左上に投稿されている地名付きのアイコンの部分です。 「@マーク」付きで投稿できます。 「@ユーザー名」で投稿する事で、友達を指定してストーリーズの投稿が可能。 メンションされたユーザーは、「ストーリーズであなたについて書きました」というDMが届き、投稿された事がすぐに分かります。 ハッシュタグを登録する用のスタンプです。 ハッシュタグ付きで投稿する事で、インスタの検索ページから、「ハッシュタグスタンプ付きのストーリー投稿」として検索できるようになります。 アニメーション付きのスタンプです。 通常のスタンプと同じように、位置変更の他、2本指回転で角度変更・2本指のピンチで拡大縮小もできます。 検索窓の「GIPHYを検索」で好みのキーワードで検索すると、キーワードに合ったGIFスタンプを調べる事ができます。 今の場所の 気温を表示したスタンプを押せます。 貼り付けた後で、再度タップすると 天気に合わせた温度付きアイコンに変化。 現在の 時刻のスタンプです。 貼り付けた後で再度タップする事で、アナログ表示とデジタル表示に切り替わります。 簡単な 2択のアンケートが登録できるスタンプです。 質問部分と解答部分にそれぞれ自由にテキスト入力が可能。 回答欄の最大文字数は日本語で8文字までです。 投稿後、投票が開始されると投票結果がパーセンテージで表示。 投稿者もユーザーもどちらも自由に見れます。 投稿者は閲覧者が表示されている辺りをタップすると、投票しているユーザー名を一覧で見れます。 (逆に言うと、解答したユーザーは投稿者への足跡を残す事になります。 こちらも アンケート用のスタンプ。 質問部分をテキストで自由に入力できます。 例えば「どれぐらい良いと思う?」のような質問をして、スライダーのボリュームでアンケートがとれます。 「アンケートスタンプ」と同じように、途中経過は全員が閲覧可能。 答えたユーザーは投稿者のみ閲覧可能です。 「アンケートスタンプ」と併用ができるので、「2択の質問」「スライダーでの どれぐらい?」を聞く質問のように 同じ画面で複数アンケートがとれます。 セルフィスタンプを使えます。 タップするとインカメラが起動。 撮影で小さなアイコン風の自撮りスタンプが完成。 好きな位置にスタンプとして配置できます。 スタンプは写真の装飾用で使うのはもちろん、アンケートをとったり、ハッシュタグ付きにしたりして、検索できるようになる機能を持つスタンプもあります。 アイデア次第で色々な使い方が可能。 フォントの種類も選べる他、動画に貼り付けるようなフォントを作る事も。 「一般投稿との違いは何?」• 「ストーリーでしかできない事とは?」•

次の

『ストーリーをもっとかわいくしよ♡』EMMARY的インスタGIF特集〜♡

インスタ ストーリー gif かわいい

投稿記事の左下の「飛行機マーク」を押して、ストーリーズにシェアする。 ストーリーズに「new」のスタンプを追加する。 これで、ストーリーズから投稿一覧に見に行ける 導線が貼れます。 line 罫線や目立たせるGIFを入れたい時におすすめ! 動く罫線が便利ですよ。 here やじるしを探したい時は、「here」がおすすめ。 トレンドGIF 検索上位に出ているトレンドGIFもかわいいし、使えるのが多いです。 bubble ふきだしを出したい時に。 ふきだしの上に自由に文字を書いて重ねることもできます。 word 動く文字を重ねることもできます。 その場合は、 文字の GIF スタンプを検索して、重ねて下さい。 その際には、「word(言葉)」と検索すると良いです。 例えば、下をご覧下さい。 ANDやJUCIYのように、短くてよく使う言葉が多いですね。 ZZZ…やOhとかもありますね。 ふきだしを手書きするには? どうしても、 ふきだしの形を決めたい時は、次の方法がおすすめ。 ふきだしを手書きペンで描くこともできる。 趣味の投稿におすすめのGIF ジャパニーズアニメの代表!ドランゴールやAKIRAで検索してみたところ… ありました!ベジータ様に人造人間17号まで! ドラゴンボールのGIFスタンプ しっかりサイヤ人に変身してます。 金髪の18号さんがいなくて残念… AKIRAのGIFスタンプ AKIRAの金田君に、鉄雄もいます。 アンダーテールのサンズGIFスタンプ ちなみに、息子の好きなアンダーテールというゲームのキャラのサンズは、「Halloween」と検索した時に、「ガイコツ」として出てきました。 Disney ディズニーもあります。 Japan 世界中の人が使ってるGIFスタンプ。 Japan(日本)と検索してみました。 他の国名を入れて検索してみても楽しそうですね。 workout 筋トレのGIFスタンプもあります。 色々探すと楽しいですよ。 とっておきのスタンプを見つけたら、検索キーワードをメモっておくのをお勧めします。 GIFスタンプの作り方 GIFスタンプは、自分のオリジナルを作ることもできます。 GIPHYで作ることができる オリジナルのGIFスタンプを作るには、GIPHYアカウントを作る必要があります。 画像をタップすると、サイトへ飛びます。 🔻GIPHYの公式サイト🔻 承認されると、そのチャンネルにあるgifがインスタで使えるようになります。 🔻詳しくはこちらをご覧下さい🔻 ブランドチャンネルに申請する あなたが会社、レコーディングアーティスト、俳優、または自分が作成または所有しているコンテンツを所有している場合は、ブランドチャンネルの資格を得ることができます。 アーティストチャンネルに申請する アーティストアカウントは、GIPHYを介してビジュアルアートワークを作成および配布したいアーティストを対象としています。 まとめ GIFスタンプを使いこなすと、ますます楽しくなるストーリーズ。 ストーリーズが使えると、既存フォロワーへの露出が増えますよ。 ぜひ、使ってみて下さいね。

次の

トレンド!インスタのストーリーで使えるおススメおしゃれでかわいい加工6選

インスタ ストーリー gif かわいい

男女ともに20代~40代という幅広い年齢層から人気の高いSNSである、Instagram。 特に女性に関しては、半数以上の方がダウンロードしているという情報もあるほど支持されています。 ところでこのInstagramには、普通の投稿機能の他に24時間限定で画像・動画をアップできる 『 ストーリー』 という機能があるのをご存知ですか? 実はインスタユーザーの多くが、日常の様子や外出先の様子をストーリー機能を使って画像や動画アップしているんです! そんなストーリー機能ですが、 「もっとおしゃれに投稿できるようになりたい…!」 「他の人と差をつけて 『インスタ映え』させたい…!」 という方もいらっしゃるはず。 そんなあなたのために、今回のカメラオトメは 『Instagramのストーリーをもっとおしゃれにする3つの画像加工術』というタイトルでお話ししていきます。 アプリを使って加工していくので、特別なスキルもセンスも必要なし! 今日から投稿できるオススメの加工方法をお伝えしていきます。 注意使用しているスマホや機種によって大きさが異なるかもしれません。 お使いのスマホで試しながらサイズを確認していくオススメします。 背景を選択したら、次に 『Graphic』の中から、自分のインスタの世界観にあったものを選んでいきます。 PROは有料なので、今回は左中央の 『FREE』の画像をチョイスしてみました。 Graphicを使うときは抽象的なデザインや淡色で少しぼやけているものを使っていくとおしゃれにすることができます。 これを先ほど選んだ背景と混ざり合うように配置していきます。 背景を透明にした写真と背景のベースを『Inshot』で組み合わせる ベースの画像が出来上がったら、次は 『Inshot』というアプリで先ほど背景を消した画像を挿入していきます。 画面をタップすると文章入力画面になるので、文章を小出しにして出していきます。 タイトルのように目立つ文字にするときは、 『ストローク』の下の方にある 『幅』の数値を上げていくと太くすることができます。 文字をデフォルトよりも太くしたいときも同様に、ストロークから同じカラーを選んで幅を大きくしていくと調整することができます。 吹き出しといった図形を挿入したいときは、左下にあるメニューバーから三本線をタップし、 『アイテムを追加』から合うものを選んでいきます。 ポイントは1〜2行ごとにポイントを作ってバランスを見ながら配置していくこと。 全てを同じブロックにしてしまうと、動かしにくくなってしまうので注意が必要です。 そしてできあがったのがこちらの画像です! 最初の写真よりも見やすく、おしゃれな画像にすることができました。 お気に入りの画像はアーカイブ設定にしておくと、後から見返すことができますよ! 忙しいときや背景がインスタ映えする写真にぴったりなインスタストーリー加工術 次にご紹介するのは、時間がなくてストーリーに投稿する時間がない!という人や、おしゃれなカフェなどにいって背景もきれいに残したい!という写真にオススメの加工テクニックです。 先ほど加工術はまとまった時間がないとできにくいですが、この加工術をマスターすれば自分の世界観を出しながら写真をアピールすることができます。 今回この加工術で使う写真は以下の2枚です。 タピオカの写真とアイスの写真がそれぞれ… このようにおしゃれに加工することができるんです! ここからはこの2つの画像の加工術についてご紹介していきます。 『Inshot』を使って画像のベースを作っていく 今回は画像の透過加工がないので、初めから 『Inshot』を使って下地を作っていきます。 まずは背景となる画像をまず選択して、そのあとに写真を配置していく流れになっています。 今回も元の写真を目立たせたいので、淡い色の無地のカラーを選んでみました。 画像のサイズはさきほど同様、 『キャンバス』から 9:16を選択します。 タピオカの写真はこのように背景のカラーを選んでから、写真を下の方に配置してみました。 アイスの画像は背景のカラーをホワイトにしてから写真を2枚選択したかったので、1枚を普通に選択してから2枚目を 『スタンプ』を使って配置しました。 写真が同じサイズに配置されているかを確認したら、ここで一旦保存して文字入れをしていきます。 『Phonto』で文字入れと外枠を入れていく ベースの画像を作ったら、次は 『Phonto』で文章を入れていきます。 今回はタピオカの写真には 『せのびゴシックBold』、アイスの写真には 『せのびゴシックBold』と 『明朝体』というフォントを使いました。 タピオカの画像のタイトルの白い背景は 『文字』から 『幅』を選択し、背景の透明度を下げてから数値を大幅に伸ばして長方形を作っています。 またタイトルの下の白い四角は文字を入れていないため、後から 『アイテムを追加』から正方形を選択して幅や縦の長さを調整したあとに、透明度をタイトル部分と同じにすることで同じ文行きになるように演出してみました。 そのあとに文章をちりばめるように配置していきます。 このとき強調したい文章は文字を大きく太くすることで、普通の文章と差別化していくとメリハリをつけることができますよ。 なるべくジグザグに目線が動くように文章を置いていくと、ストーリーを見る人にも親切です。 ZやSをイメージするように文字を置いていくと、バランスよく配置できます。 そしてできあがったのがこちらの写真です。 左下のグレーのハッシュタグは、ストーリーに投稿する前にストーリー機能からハッシュタグをつけて配置しています。 文字を入れたあとにハッシュタグをタップするとカラーを変えることができます。 『アイテムを追加』で外枠のみの正方形の形を選んだら、サイズを0にしてから9:16のバランスで配置していきます。 外枠の配置ができたら次に外枠のカラーや太さを 『色』や 『ストローク』から変更して、色味を整えていきます。 『LINE Camera』で背景にスタンプをつける Phontoで文字入れが終わったら、最後にお好みでかわいいスタンプをアクセントにつけていきます。 スタンプを入れるのに使うのは、 『LINE Camera』というアプリです。 有料や無料から選べるたくさんのスタンプの中から、今回はハートのスタンプで可愛さをプラスしてみました。 今回は有料スタンプを使用していますが無料でもスタンプがたくさんあるので、ぜひお気に入りのスタンプを見つけて見てくださいね! ストーリーのポンポンと進む特徴を活かしたフォトギャラリー加工術 最後にご紹介するのは、ストーリーを見るときのタップする動きを利用したフォトギャラリーの作り方をレクチャーしていきます。 加工方法自体は、画像を配置するだけなのでとっても簡単でシンプルです! 今回はわかりやすいように、左から右に進んだときの流れを以下の1枚の画像にまとめてみました。 最初の画像から2枚目の画像にタップしていくと1枚の写真が、もう一回タップすると次は新しい写真が上に出てきます。 写真が1枚ずつ登場したと思ったら消えてみたり、また新しい写真に変わったり…と紙芝居のように画像を1枚ずつストーリーに投稿していきます。 タップするごとにどんどん写真が変わるので、まるでフォトギャラリーを楽しんでいるかのような新鮮なストーリーを演出することができます。 このストーリーは画像編集アプリの 『InShot』で画像を配置していくだけで、作っていくことができます。 フォトギャラリーを作るコツは、同じ画面の写真同士の構図や色味を被らせないようにして画像の配置を考えていくこと。 慣れてきたら、わざと画像をかぶせたりするなどフェイントを加えていくのもオススメです。 この方法を使うとインスタの投稿の連投を防ぐこともできるので、見せたい写真がいっぱいあるというときに使うとGOOD。 ぜひ一度やってみてくださいね。 インスタのストーリー機能を攻略してどんどん自分のインスタのファンを作っていこう インスタを始めたてのころから投稿を一生懸命頑張って、ストーリー機能をないがしろにしてきたそこのあなた。 投稿することももちろんとても大切ですが、実際のインスタグラマーを見てみると、ストーリー昨日ににこそその人の人柄や世界観が表れているということも多いんです。 ストーリー機能は投稿にはない投票機能や質問機能など、フォロワーと交流ができる一つのコミュニケーションの場所。 今回お伝えした加工術を少しずつ自分のInstagramに取り入れて、どんどん自分のファンを作っていきましょう。 この記事が少しでもあなたのお手伝いになれば幸いです。 Have a happy camelife.

次の