タイ 日本 人 入国。 【COVID

外務省 海外安全ホームページ|新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)

タイ 日本 人 入国

この記事の目次• 7月に外国人の入国再開!! 5月29日の報道によると、新型コロナウイルス対策の制限緩和策として、タイ外務省が 7月から条件付きで、外国人の入国を認めると発表したようです。 この7月に関して、タイ政府により国際線旅客便の空港発着が6月30日まで禁止されていることが根拠ですが、実際に7月1日からタイ航空も国際線の運行を再開すると発表しています。 しかし、入国するためには厳しい条件があるため、一般の観光旅行者を広く受け入れる訳ではありません。 <関連記事はこちらからどうぞ> 7月入国のための条件とは!? 第一に、労働許可証(ワークパーミット)を所持している、もしくは労働省や他の政府機関からの許可を得た外国人に入国が認められます。 また、対象となる外国人は、自国のタイ大使館で入国の申請を行い、大使館が申請を受理するかを検討するようです。 また、10万ドル(約1,080万円)をカバーする医療保険と診断書が必要で、タイ入国後は14日間の隔離検疫の対象となります。 つまりビジネス利用で、出発前72時間以内に出された新型コロナウイルスに感染していないことを証明する が必要になるということです。 しかもワークパーミットを所持しているということは、一時帰国している外国人の再入国という形なので、新規でワークパーミットを発行する人は対象外だと思います。 よって、あとは国際線の運行再開次第かもしれません。 <関連記事はこちらからどうぞ> 観光旅行の解禁は10月が濃厚!? 一部の情報にもありますが、一般的な旅行が再開されるのは 10月ではないか!? という説が濃厚です。 あくまで予測なので、確定ではありません。 しかし、タイの旅行代理店の中には、10月発着の航空券や旅行商品の販売を始めているとの話を聞こえてきたので、現実味はあると思います。 よって、7月から条件付きで入国を再開、段階的に条件を解除し、10月頃には一般の観光旅行が解禁されると多数の有識者も考えているようです。 <関連記事はこちらからどうぞ> タイ旅行業界が7月から外国人旅行者の受け入れを政府に要請!! バンコクポストの報道では、未曾有の大打撃を受けているタイ観光業の現状から、タイ旅行業協会(ATTA)はタイ政府に対し、7月から外国人旅行者の受け入れを要請するようです。 健康証明書の提示と到着時に無料の検査を行うことで、14日間の隔離検疫なしで、タイ入国を可能にするように求めています。 また、早期に受け入れを行う国は、中国、韓国、香港、台湾、ベトナムで、新型コロナウイルスの感染拡大が収束しつつある国に限定されるでしょう。 そして、この要求は、6月1日、タイ旅行業協会会長がタイ観光再開、活性化のための条件を示した書簡として、プラユット首相らタイ政府に提出された模様です。 <関連記事はこちらからどうぞ> 日本政府が外国からの入国緩和!? 空港での水際対策として実施している入国拒否について、日本政府は、タイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドの4か国と緩和にむけた交渉に入る方針を固めました。 条件面で折り合いがつけば、相互にビジネス関係者などの受け入れが再開されます。 再開時期は早ければ夏前と言われているので、7月頃の可能性が高いでしょう。 もちろん自国で受けたPCR検査で陰性が証明されているなど、一定の条件をクリアしたビジネス関係者と条件はありますが、これにより国際的な人の往来に兆しが見えてきました。 <関連記事はこちらからどうぞ> そうだ タイに行こう!! 評判が良く、安心して購入することができる で、お得に航空券を予約しましょう。 サプライスは、信頼できる日本のHISが運営している旅行サイトです。 リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、親切なアフターサポートなど、全てにおいてバランスが良く、積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。 <人気の予約サイト Surprice! (サプライス)はこちらからどうぞ> アジアのホテル予約はアゴダに決まり!! ホテル予約は、圧倒的なシェアを誇るがおすすめです。 アジアのホテルでは掲載件数もダントツで、幅広い条件の宿泊施設を探すことができます。 また、掲載数の多さだけではなく、リーズナブルな料金やポイントシステムの充実も魅力でしょう。 加えて、最近では日本の宿泊予約でも強みを発揮すると評判の予約サイトです。 <アゴダ(agoda)お得なホテル予約はこちらからどうぞ> さいごに 初めはビジネス関係者の7月入国からスタート、その後段階的に規制が緩和され、本格的な再開は10月頃が濃厚ではないかと予測されています。 タイ旅行に行きたくてうずうずしている人も多いでしょう。 一時は年内は絶望との声も聞こえてきましたが、意外にも早期に再開される可能性を 期待したいと思います。 <関連記事はこちらからどうぞ>.

次の

タイ当局、日本とシンガポールからの入国者をスクリーニング対象に 新型コロナウイルス感染拡大で

タイ 日本 人 入国

昨日のニュースとなるが、読売新聞が独自の報道をおこなった。 緩和の第一弾として、タイ・ベトナム・オーストラリア・ニュージーランドを対象とする方針で検討中とのこと。 上記4カ国の人間なら誰でも無条件で入国できるわけではなく、ビジネスマンを対象にしており、出国前にPCR検査で陰性証明書の取得と、入国時に再度検査を受けることを条件とする仕組みを想定。 タイなど4カ国が選ばれたのは、国内での感染が落ちついてきたことと企業関係者から渡航再開を求める声が大きいことが理由。 タイには日本企業が多いことも理由に挙げられている。 なお、中国と韓国は制限緩和の第1段からは見送られる見通し。 現在の入国制限は6月末まで。 入国制限の緩和はまだ正式決定ではない。 今後の感染状況を見極めて、夏以降に第1段の緩和を実施するものと見られる。 以上のような報道内容。 たしかに、タイでの感染状況は落ち着いている。 国内での新規感染はほぼなくなった。 海外からの帰国者への検疫で感染者が見つかっている状態だ。 ここ最近では、日本からタイへの帰国者で感染が発覚した例は見当たらない(以前はあったが)。 SPONSOR LINK タイの入国制限は? 日本の入国制限緩和のニュースは、タイの新聞でも報じられている。 ここ最近のタイのニュースでは、外国人のタイ受け入れ再開をいつにするのかといった話題がヘッドラインを飾ることが多い。 まず中国人からプーケットなどの隔離された島に呼び入れるとか、外国人の受け入れは10月になるとか、ワークパーミット所持者は入国受け入れ再開するとか、7月1日で非常事態宣言が終了となり規制はなくなるから入国できるようになるとか、連日のように情報が飛び交っている。 現在のところ、タイへの一般的な観光目的の旅行者の受け入れ再開がいつになるのか、公式発表は一切ない。 ワークパーミット保持者の受け入れ再開を表明したばかりの段階だ。 それもかなり厳しい条件付きとなっている。 健康証明書、10万ドル相当の保険加入証、タイ大使館での渡航許可書、さらに入国時の14日間強制隔離検疫(費用は自己負担)。 あまりにもハードルが高い。 しかもワークパーミットが最低条件ともなれば、一般旅行者にはまったく関係ない。 一般旅行者の受け入れ再開はまだまだ先の話となりそう。 もしも日本がタイからの入国制限を緩和するとなると、タイへの渡航制限にもいくらかの影響はあるだろう。 外国人受け入れには二国間協定が必要とも言われており、お互いの国で感染状況が落ちつていることが条件。 両国が同じような状況でないと、互いの往来は難しいと思われる。 まとめ まだ何もわからない。 いや、本当に何もわからない。 日本の入国制限緩和第1段がタイを対象とするのかも正式には決まっていない。 タイ政府がどのような反応を示すのかもまったく不明。 が、タイの外国人受け入れが中国と韓国を優先すると見られている中で、日本政府の動きはちょっとした明るい兆しではないかと思う。 日本国内の感染状況が今以上に落ち着いていけば、タイ側も受け入れ態度を早期に軟化させる可能性もある。 とにかく正式発表待ちだ。 今は日本の国内感染を抑えて、少しても早くまたタイに行ける日を心待ちにするしかないかと。 カテゴリー• 327• 165• 150• 602• 388• 292•

次の

日本が入国制限緩和へ、タイなどから1日250人受け入れを検討。タイ側は?

タイ 日本 人 入国

日本入国制限緩和へ 日本で報道されているように、日本政府は入国制限を緩和し、一日250人の外国人の入国を受け入れる方針で検討をはじめた。 入国条件として、事前のPCR検査による証明書や滞在中の行動計画書を要求する。 さらに日本入国時に再度PCR検査を実施、陰性だった場合のみ入国可能。 14日間の隔離措置は免除される見通し。 また、日本国内では公共交通機関の利用を禁ずる。 さらに、追跡アプリの登録も検討しているとのこと。 対象国は、タイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランド。 理由は、国内の発生状況が沈静化していることと、日本との経済的結びつきが強いこと。 対象となる外国人は、ビジネス目的や技能実習などに限られる。 制限緩和時期は夏頃を想定している。 現時点では中国は念頭にないとのこと。 その後は状況に応じて、中国、韓国、アメリカなどを追加対象としていくともしている。 SPONSOR LINK タイでの対応 このニュースはタイの新聞でも報じられている。 入国制限緩和は二国間で相互に行われるのが望ましく、国同士で協議が行われることになると書かれている。 タイ側でも、日本からのビジネス目的の入国を認めるよう政府に働きかける動きは出ている。 タイの商工会議所が、日本、韓国、台湾からのビジネス旅行を期待していると発表。 タイ着陸の48時間前までに検査を受けておき、タイ入国時にも再度検査。 さらに14日間の隔離検疫を受ける必要がある。 また、タイ国内での公共交通機関の利用は禁止。 これならば、新たな感染流入を防ぐことができるはずだと。 むろん、入国制限緩和の対象となるのは、ビジネス目的にかぎられる。 参照: 日本側が想定している措置とは、14日間の隔離検疫の有無が最大の違いだ。 あとは似たようなシステム。 とはいえ、14日間の強制隔離はあまりにも大きな障害だ。 それでも、ビジネス上どうしてもタイに入国する必要があるなら検討する価値はありそう。 タイでは、15日以上連続して、国内での新規感染者が見つかっていない。 感染例はすべて外国からの帰国者で占められている。 ここで容易に外国人受け入れを再開させると、感染が広がる恐れがある。 再開するにしても、14日間の強制隔離は譲れないところだろう。 日本政府としてはビジネス目的の往来を望んでいるのは明白だが、タイ側の対応はまだ未定。 ようやく検討しはじめるかどうかという段階だ。 具体的にどこどこの国からの渡航を認めるとか、具体的にいついつから再開するといった、タイ政府からの公式の発表は一切なされていない。 今のところ、すべては願望と憶測でしかない。 タイへの国際フライトは6月30日まで禁止されている。 7月1日移行、フライト再開が認められるかは、まだ不明。 規制緩和第4フェイズに関する発表が明日12日に行われる予定。 そこで、7月以降の規制についても何らかの発表があると見られている。 明日の正式発表を待ちたい。

次の