中学 陸上 全国 大会 2019。 香川県中学校陸上競技のページ

2019年度(平成31年度、令和元年度)の主な陸上競技大会一覧【関東高校陸上競技結果情報】

中学 陸上 全国 大会 2019

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年7月) 全日本中学校陸上競技選手権大会(ぜんにほんちゅうがっこうりくじょうきょうぎせんしゅけんたいかい)は、毎年8月下旬に行われるのの全国大会である。 通称「 全中陸上」(ぜんちゅうりくじょう)。 開催時期は8月下旬で、開催地は毎年持ち回りとなる。 他に陸上競技における中学生の全国大会として(10月)があるが、こちらは学年別または生年別で、種目数も限られていて開催地も持ち回りではないといった違いが見られる。 「全中」の名を冠した陸上競技の大会は他に12月開催される 全中駅伝()があるが、所謂「全中」と言うと全中陸上を指す場合が多い。 参加資格 [ ] 各種目には参加標準記録が設定されていて、指定された大会でこの記録を突破しないと出場することができない(参加標準記録と同記録を出した場合は突破と認められる)。 逆に参加標準記録を突破しさえすれば各都道府県から(極端な話同一校から)何人でも出場することができる。 1種目あたりの参加人数が増えすぎた場合、当該種目の参加標準記録が見直されることがある。 参加標準記録突破は指定大会(都道府県中学総体と)でのみ有効であり、記録会などで参加標準記録を上回る水準の記録を出しても参加標準記録突破は認められない。 ただし、自然災害などで指定大会を開催できなかった場合、代替大会での記録または同年度中のベスト記録をもって参加標準記録の突破を認められる措置が取られる。 なお、参加標準記録の突破にはラウンドや順位は問わないので、予選で参加標準記録を突破して準決勝や決勝を棄権しても当該種目の全国大会出場は認められる。 個人種目は1人2種目まで出場が認められているが、2種目に出場する場合、両種目とも参加標準記録を突破する必要がある。 都道府県によっては指定大会が2大会とも個人種目が1人1種目の出場しか認められていない場合があり、当該都道府県の選手が全国大会に2種目で出場したい場合、2つの指定大会で別々の種目にエントリーし、なおかつ両大会で参加標準記録を突破する必要がある。 北海道を除く都府県中学総体で上位に入った選手は全国大会の前に開催される地区大会(東北・関東・北信越・東海・近畿・中国・四国・九州)に出場する権利が与えられるが、地区大会の結果によって全国大会の出場権を得ることはない。 また、同一都府県で参加標準記録突破者が多い種目においては「全国大会には出場できるが地区大会には出場できない」という事例が発生する。 歴史 [ ]• 1974年:第1回大会を開催。 1980年:• この年から開催地が持ち回りとなる。 前年まで実施されていた男子100mHが廃止され、新たに男子110mHが実施される。 前年まで実施されていた女子80mHが廃止され、新たに女子100mHが実施される。 1981年:男子1年100m、男子1年1500m、男子200mが新たに実施される。 1993年:• 前年まで学年別で実施されていた男子100m(1年・2年・3年)、男子1500m(1年・2年)、女子100m(1年・2年・3年)が共通種目に一本化され、学年別種目は全て廃止される。 新たに女子1500mが実施される。 2004年:前年まで男女ともに実施されていた三種競技A、三種競技Bが廃止され、新たに四種競技が実施される。 2006年:男子砲丸投の規格が前年までの4kgから5kgに変更される。 2009年:• 男子800mの参加標準記録が見直され、2分02秒00から2分01秒50に変更される。 女子の2種目で参加標準記録を見直し。 100mが12秒64から12秒60に、100mHが15秒14から15秒00に変更される。 2011年:• 参加標準記録の突破を電動計測のみ認めることとし、手動計測による記録は認められなくなる。 男子の4種目で参加標準記録を見直し。 100mが11秒30から11秒25に、200mが23秒04から22秒90に、400mが52秒04から52秒00に、110mHが15秒24から15秒00に変更される。 女子の7種目で参加標準記録を見直し。 100mが12秒60から12秒55に、200mが26秒04から25秒90に、800mが2分17秒50から2分17秒00に、1500mが4分40秒00から4分38秒00に、100mHが15秒00から14秒85に、走幅跳が5m30から5m35に、四種競技が2500点から2570点に変更される。 2012年:女子四種競技の参加標準記録が見直され、2570点から2600点に変更される。 2014年:• 男子の5種目で参加標準記録を見直し。 100mが11秒25から11秒20に、200mが22秒90から22秒75に、400mが52秒00から51秒70に、1500mが4分10秒50から4分08秒50に、3000mが9分02秒00から8分59秒00に変更される。 女子の2種目で参加標準記録を見直し。 走高跳が1m57から1m60に、走幅跳が5m35から5m40に変更される。 2015年:• 男子800mの参加標準記録が見直され、2分01秒50から2分01秒00に変更される。 女子の2種目で参加標準記録を見直し。 100mが12秒55から12秒53に、100mHが14秒85から14秒80に変更される。 2016年:• 男子の2種目で参加標準記録を見直し。 3000mが8分59秒00から8分57秒00に、走幅跳が6m50から6m55に変更される。 女子の3種目で参加標準記録を見直し。 800mが2分17秒00から2分16秒50に、走幅跳が5m40から5m45に、四種競技が2600点から2630点に変更される。 2017年:男子の2種目で参加標準記録を見直し。 400mが51秒70から51秒60に、800mが2分01秒00から2分00秒50に変更される。 2018年:女子200mの参加標準記録が見直され、25秒90から25秒80に変更される。 5 砲丸投 13m82 走高跳 1m85 400m 52秒37 参考 [ ]• 過去に行われていた種目、参考扱いの種目• 学年別種目はいずれも第19回を最後に共通化された。 1 開催地 [ ] 回数 開催日程 開催地 開催会場 8月17日 - 8月18日 ・ 8月16日 - 8月17日 ・ 8月14日 - 8月15日 ・ 8月13日 - 8月14日 ・ 8月26日 - 8月27日 ・ 8月26日 - 8月27日 ・ 8月22日 - 8月23日 ・ 8月27日 - 8月28日 ・ 8月21日 - 8月22日 ・ 8月27日 - 8月28日 ・ 8月24日 - 8月25日 ・ 8月24日 - 8月25日 ・ 8月23日 - 8月24日 ・ 8月22日 - 8月23日 ・ 8月20日 - 8月21日 ・ 8月19日 - 8月20日 ・ 8月18日 - 8月19日 ・ 8月20日 - 8月21日 ・ 8月20日 - 8月21日 ・ 8月18日 - 8月20日 ・ 8月21日 - 8月23日 ・ 8月20日 - 8月22日 ・ 8月20日 - 8月22日 ・ 8月22日 - 8月24日 ・ 8月22日 - 8月24日 ・ 8月20日 - 8月22日 ・ 8月21日 - 8月23日 ・ 8月20日 - 8月22日 ・ 8月20日 - 8月22日 ・ 8月20日 - 8月22日 ・ 8月23日 - 8月25日 ・ 8月20日 - 8月22日 ・ 8月19日 - 8月21日 ・ 8月21日 - 8月23日 ・ 8月19日 - 8月21日 ・ 8月22日 - 8月24日 ・ 8月21日 - 8月23日 ・ 8月20日 - 8月22日 ・ 8月20日 - 8月22日 ・ 8月20日 - 8月22日 ・ 8月18日 - 8月20日 ・ 8月18日 - 8月21日 ・ 8月21日 - 8月24日 ・ 8月21日 - 8月24日 ・ 8月18日 - 8月21日 ・ 8月21日 - 8月24日 ・ 第48回 未定 ・ 第49回 未定 第50回 未定 四国 第51回 未定 北信越 第52回 未定 九州 第53回 未定 中国 第54回 未定 近畿 脚注 [ ].

次の

香川県中学校陸上競技のページ

中学 陸上 全国 大会 2019

日本陸上競技連盟は25日、「全国高校リモート陸上競技選手権」と「全日本中学通信陸上競技大会」の開催を発表した。 新型コロナウイルス感染拡大によって全国高校総体や全国中学校選手権が中止となったことを受けて、各都道府県の指定競技会の結果をもとに全国ランキングを作成する。 高校リモート陸上は7月1日〜9月6日までに実施される各都道府県の競技会によって構成される。 全国高校総体で実施予定だった男子19種目、女子18種目で行う。 全ての記録は世界陸連の定めたポイントランキング制度におけるリザルトスコアを引用し、記録をポイント換算。 風速による不平等などをなくすこととしている。 ポイントによる全国ランキングのほかに、記録のみの順位付けも行われる。 参加者全員が全国大会に出場したことになる。 中学通信陸上は、例年行われていた各都道府県大会が6月末まで中止されていたが、7月1日〜10月31日までの期間で実施が決定。 全中実施種目に一部の学年別種目を加えた男子16種目、女子12種目で行われる。 高校リモート陸上と同じく、ポイントによるランキングも作成する。 中止となった全国大会の代替としてU20・U18日本選手権やジュニアオリンピックの開催が既に発表されていたが、さらに門戸を広げたリモート大会によって陸上界に活気を取り戻す。 外部サイト.

次の

香川県中学校陸上競技のページ

中学 陸上 全国 大会 2019

第27回全国中学校駅伝は12月15日、滋賀県の野洲市と湖南市にまたがる希望が丘文化公園で開催される。 舞台が滋賀に戻って今回が4回目。 例年と同じく男子が6区間18km、女子が5区間12kmのコースに各都道府県代表と開催地代表、オープン参加の地元選抜を加えた男女各49チームが出場し、中学駅伝日本一を目指す。 前回大会では桂(京都)が史上初のアベック優勝。 女子は5連覇という偉業を成し遂げたが、新元号「令和」最初の大会はどのようなドラマが展開されるだろうか。 その中で 桂(京都)、大池(兵庫)、曽根(福岡)が優勝候補として名前が挙がる。 前回、3回目の出場にして初優勝を飾った 桂。 そのメンバーのうち1区5位の柴田大地と3区9位の宮村友也が残り、府大会では2位に1分以上の大差をつける圧勝で、全国に駒を進めてきた。 柴田は今季3000mで8分43秒40、1500mでも4分03秒70と全国トップクラスのタイムを出し、チームの勝負区間で起用されるだろう。 前回、補欠選手によるオープンレースで1年生ながら4位タイと好走した高倉侃斗もおり、男子4校目の連覇を目指す。 12月1日に希望が丘公園で行われた近畿大会で、桂を抑えて優勝したのが 大池だ。 全国大会とは異なるコースで行われたものの、フィニッシュタイムの56分04秒は過去3回の全国大会優勝記録を上回る。 初出場だが、エースの熊井渓人は3000m8分34秒34のタイムを持ち、竹田優人と脇田幸輝も3000m8分台と実力者がそろう。 県大会、近畿大会ともに竹田、脇田を1、2区に配して上位でタスキをつなぎ、4区の熊井で2位以下を突き放すレースを展開。 全国大会でも台風の目になりそうだ。 過去2大会連続銅メダルの 曽根は6年連続11回目の出場。 前回のメンバーが3人残るのが強みだ。 荒尾波瑠は過去2回とも6区に出場し、区間3位、2位と好走している。 前回は1区31位とやや出遅れたものの、3区以降に順位を上げて3位まで浮上した。 県大会と九州大会にも起用された1年生2人の走りがカギとなるだろう。 前回3位の曽根(福岡/6区荒尾波瑠) 前回7位の我孫子(千葉/6区石島太一) 多くのチームに入賞の可能性 他にも上位候補に挙がるチームは多い。 至近7年で6回入賞の栃木からは、16年ぶりに 市貝が出場する。 全中3000m9位の薄根大河を中心にまとまったチームで、県大会はオール区間賞で優勝を飾った。 関東大会も1区薄根の区間賞でスタートすると、一度も首位を明け渡すことなく逃げ切り勝ち。 全国でも序盤で波に乗ればおもしろい存在だ。 前回7位の 我孫子(千葉)は県大会を前年とほぼ変わらないタイムで勝ち上がってきた。 前回の全国6区5位の石島太一と、関東大会6区区間賞の二井琉輝がチームの軸となる。 東北大会優勝の 高田(福島)は白井恒成と齋藤真那斗が11月に行われた記録会の3000mで8分台のベストをマークして上り調子。 全長18kmのコースで行われた北信越大会を56分15秒の大会新記録で制し た宮田(長野)も上位を狙っている。 1年前は上位に食い込んだ 松橋(熊本)、萩東(山口)、中村(高知)、新居浜西(愛媛)や、近畿大会4位の 畝傍(奈良)も入賞候補。 初出場組では全中800m入賞の原悠貴、小瀬堅大を擁する 芝東(埼玉)が有力だ。 また、個人では11月に3000m8分27秒92の今季中学最高をマークした 白子(三重)の倉本晃羽に注目が集まる。 女子 常勝・桂を破った樫原や9分台2人を擁する七尾、六ツ美北がV候補 2014年~18年まで5連覇を果たした桂(京都)が府大会で敗れ、6連覇の道が絶たれた。 また前回2位の静岡東や同4位の久寺家(千葉)が予選を突破できず、全国的に波乱が続いた。 その中で優勝争いを演じそうなのが桂を破った 樫原(京都)だ。 6年ぶりの出場だが、桂が全国優勝をしていた5年間、府大会では桂と競り合いながら2位を占めており、その実力は全国級と言われてきた。 今年度は2年生エースの深田望友が府大会、近畿大会の1区区間賞でチームを流れに乗せた。 太田咲雪も3000m9分56秒49の実力を持ち、先手必勝のレースで京都府勢による6連覇を目論んでいる。 樫原を追うチームは前回3位の 七尾(石川)と 六ツ美北(愛知)になるだろう。 七尾は前回3km区間を走った示野悠奈と新野莉璃、そして3区4位の垣田愛が残り、示野と垣田は今季3000mで9分台を出している。 1区から先頭争いを展開してレースの主導権を握れば、北信越地区初の優勝も見えてくる。 初出場の 六ツ美北はジュニア五輪B1500m2位の小嶋聖來を筆頭に1500m4分40秒以内の選手が4人そろう。 選手層の厚さではライバルを一歩リードしており、2km区間で順位を上げてきそうだ。 また、前回1、2年生だけで8位に入り、北信越大会では七尾と競り合った 速星(富山)も優勝の可能性を秘める。 女子優勝候補の樫原(京都)は深田望友がエース 初V目指す七尾(石川)。 前回1区の示野悠奈ら経験者が3人残る 地区優勝の白山、山鹿にも注目 これに続くのが 白山(千葉)と 山鹿(熊本)の地区大会優勝校だろう。 ともに2年前の全国で入賞しており、その時に走った3年生が主要区間を担う。 白山は3000m9分台こそいないが、2年前に1区9位と好走した和田水希がチームの大黒柱として県大会、関東大会と1区を担ってきた。 関東大会では約2kmの2~4区のランナーが全員6分台で走り、着実な駅伝で優勝を果たした。 一方、山鹿は前々回4区5位の緒方咲花が、県大会、九州大会と後半区間を走り、優勝に貢献。 全国ではどのような布陣で臨むかにも注目だ。

次の