新宿 区 西 落合。 新宿区西落合で電柱衝突事件!急発進で引きずった60代犯人は誰(顔画像・名前)?路駐がトラブルの原因で現場はどこ?

西落合児童館:新宿区

新宿 区 西 落合

地理 [ ] 新宿区の最北西部に位置する。 町域北部から東部はに接し、これを境にに接している。 南東部から南部一帯は、新宿区に接している。 南西部は、概ね沿いに接し、に接する。 西部は、中野区・中野区・中野区にそれぞれ接している。 中央部をが横断している。 主としてとして利用される。 隣接しているの一部も西落合になる。 ただし公園の敷地の大半は中野区松が丘で、公園も中野区の管轄になる。 、及び沿いを除き、西落合一丁目の一部、二丁目の一部、三丁目の全域及び四丁目の全域は、に指定されている。 これらの地域のは50%、は100%であり、新宿区内で最も低い割合である。 整備された道路等と相まって、古い歴史と緑に囲まれた閑静な住宅地となっている。 歴史 [ ] 旧地名は「 葛ヶ谷」(くずがや)である。 葛ヶ谷は、1559年(永禄2年)の「」にも見られる古い地名であり、桂(葛)の住地で葛ヶ谷と言われたとされる。 もっとも、その他にも、葛ヶ谷の「葛」は「国栖」とも書き、林野に住む人の意味とする説、葛の生えている原だったから名付いたとする説、中興の祖といわれる鑑秀上人の詠歌に「あさひさし ゆうひかがやく かつらがや みだのじやうどや ぢぞうかんのん」とあり、葛ヶ谷は古くは「かつらがや」と読み、それが中期以降に「くずがや」と呼ぶようになったとする説等がある。 町名の変遷 [ ] 葛ヶ谷村、明治初期の葛ヶ谷村、1878年(明治11年)11月2日の施行後の葛ヶ谷村、1889年(明治22年)5月1日 の町村制施行による南豊島郡落合村大字葛ヶ谷 、1924年(大正13年)2月1日の成立後の大字葛ヶ谷、1932年(昭和7年)10月1日の編入後の東京市西落合一~三丁目等の名称変更を経て 、1965年(昭和40年)8月1日の住居表示実施により、現在の東京都新宿区西落合一丁目から四丁目となった。 風致地区 [ ] によって(昭和8年)に第三次指定の1つとされた野方風致地区に、西落合の一部が含まれている。 この野方風致地区は1963年(昭和38年)10月に廃止された。 世帯数と人口 [ ] (平成29年)現在の世帯数と人口は以下の通りである。 西落合一丁目 2,681世帯 4,456人 西落合二丁目 2,538世帯 4,256人 西落合三丁目 1,800世帯 3,090人 西落合四丁目 1,362世帯 2,347人 計 8,381世帯 14,149人 小・中学校の学区 [ ] 区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。 丁目 番地 小学校 中学校 西落合一丁目 1~2番 3~16番 18~24番 30~33番 その他 西落合二丁目 1~4番 11~17番 その他 新宿区立落合第三小学校 西落合三丁目 1~2番 8~9番 その他 新宿区立落合第六小学校 西落合四丁目 全域 交通 [ ] 鉄道 [ ] 南東端にはが設置されている。 町域北部ではが、町域南西部ではがそれぞれ近く、これらの駅も多く利用される。 バス [ ] 目白通りや新目白通り・哲学堂通り沿いなどにの便も多く、これを利用する者もいる。 道路 [ ] 1925年(大正14年)8月に地元有志によって葛ヶ谷耕地整理組合が設立され、以後、1936年(昭和11年)までの間、耕地整理が実施された。 1区画300坪で整備され、町の中心を東西に走る道路(幸通り)と南北に走る道路(栄通り)の幅を各8メートル、その他の道路幅を約6メートルとし、縦横に規則正しく道路が造られた。 そのため、この地域は現在も碁盤の目状に整備されている。 また、耕地整理完了に伴い、道路一本一本に名称が付けられた。 主要な道路には、前述の幸通り、栄通りのほか、青柳通り、七草通り、花園通り、弥生通り、寿通り、天神通り、恵比寿通り、旭通り、弁天通り、若葉通り、常磐通り、錦通り、雪見通り、宮前通り等、典雅で縁起の良い名称が付された。 細い路地には、黄金通り、白銀通り、霞通り、曙通り、巽横丁、桜横丁、鶉横丁、栄横丁等の名前が付けられた。 これら西落合地区の31路線の道路名は、2009年(平成21年)12月3日に新宿区によって道路通称名として認定され、今に至っている。 西落合三丁目、四丁目の道は、及びが1996年(平成8年)に定めた「第6次交通安全基本計画」の中心事業として、車両の通行より人の歩行スペースを優先的に考えた「コミュニティ・ゾーン形成事業」のモデル地区とされた。 また、同じく西落合三丁目、四丁目は、によって、2014年(平成26年)、時速30キロの速度規制を実施するとともに、その他の安全対策を必要に応じて組み合わせ、ゾーン内におけるクルマの走行速度や通り抜けを抑制する「ゾーン30」として整備されている。 施設 [ ]• 西落合公園• 西落合北公園• 西落合東公園• 葛ヶ谷公園• 妙正寺川公園• あかね公園• 西落合図書館• 舞踊集団菊の会• - の寺院。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] []• 新宿区 2017年12月1日. 2017年12月22日閲覧。 2017年12月22日閲覧。 総務省. 2017年12月22日閲覧。 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、、1991年再版、P877• 『新宿区町名誌』、東京都新宿区教育委員会、S52年再版、P172• 『新修 新宿区町名誌 -地名の由来と変遷-』、(財)新宿区生涯学習財団 新宿歴史博物館、H22年、P161-163• 新宿区 2017年9月19日. 2017年12月22日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

西落合町会

新宿 区 西 落合

スポンサーリンク 新宿区西落合で電柱衝突事件!急発進で引きずった60代犯人は誰 顔画像・名前 ?路駐がトラブルの原因で現場はどこ? 東京都新宿区西落合で起きた電柱衝突事件の経緯 今回の東京都新宿区西落合で起きた殺人事件の経緯を、報道されている内容から確認してみましょう。 22日午後3時半頃、東京都新宿区西落合の区道で、男が乗用車を急発進させ、助手席のドア付近をつかんでいた歩行者の男性(48)が道路脇の電柱に頭を強打した。 警視庁戸塚署によると、男性は病院に搬送されたが、意識不明の重体。 捜査関係者によると、車はそのまま逃走したが、運転していた60歳代くらいの男を特定して事情を聞いており、容疑が固まり次第、殺人未遂容疑で逮捕する方針。 被害者の男性が事件直前、「交通トラブルでもめている」と110番していたといい、同署が経緯を調べている。 現場は、西武新宿線新井薬師前駅近くの住宅街。 別の報道では、交通トラブルの内容が「路上駐車をめぐって」とありました。 さらに事件現場については、「西武新宿線新井薬師前駅から北約500mの住宅街」という情報もありました。 【殺人未遂事件に関する記事】 1月6日に新宿駅で衝撃的なニュースが報じられました。 なんと新宿駅南口の歩道橋で、30代の男性が首吊り自殺をしたというのです。 時間帯は午後12時15分くらいとのことでしたので、非情に人通りも多かったことと思います。 で … トラブルの原因となった路上駐車の内容とは? 次に、交通トラブルの原因となった路上駐車の内容とは何だったのか?という疑問。 コチラに関しては、コメントにもあるように、被害者男性の自宅の前に、犯人の男性が車を路上駐車したことから、口論に発展したと思われます。 ここで口論に発展する意味も分かりませんが。 普通であれば、路上駐車している側が一言「すいません」と言って、その場を去れば、何事もなく終わった話だった用に思います。 口論になったということは、• 犯人の男性が悪いと思っていなかった• 被害者男性の注意の仕方が犯人の男性にとって気に食わなかった などが考えられますが、誰だって自分の家の前に他人の車が止められたら、すくなからず口調は荒くなってしまうと思います。 ですので、一番は車のナンバーをカメラなどで記録して、速やかに警察に通報がベストでしょうね。 スポンサーリンク 新宿区西落合で起きた電柱衝突の事件現場はどこ? 次に犯人の男性が被害者を電柱に衝突させた事件現場はどこなのか?という疑問。 これに関しては、以下の報道で場所が分かるかと思います。 映像に映っているスーパーっぽいのは、おそらく「まいばすけっと」かと思われます。 となると、事件現場をストリートビューで見た場合、以下の場所が事件現場だと思います。   おそらく車は相当歩行者側を走っていたのではないか?と思われますね。 でなければこの電柱に頭を衝突するって、有り得なそうですし。 ですので、犯人の男性は被害者男性を何かの障害物にぶつけることを、最初から考えていた可能性が高いように思います。

次の

【アットホーム】新宿区西落合の中古マンション購入情報

新宿 区 西 落合

地理 [ ] 新宿区の最北西部に位置する。 町域北部から東部はに接し、これを境にに接している。 南東部から南部一帯は、新宿区に接している。 南西部は、概ね沿いに接し、に接する。 西部は、中野区・中野区・中野区にそれぞれ接している。 中央部をが横断している。 主としてとして利用される。 隣接しているの一部も西落合になる。 ただし公園の敷地の大半は中野区松が丘で、公園も中野区の管轄になる。 、及び沿いを除き、西落合一丁目の一部、二丁目の一部、三丁目の全域及び四丁目の全域は、に指定されている。 これらの地域のは50%、は100%であり、新宿区内で最も低い割合である。 整備された道路等と相まって、古い歴史と緑に囲まれた閑静な住宅地となっている。 歴史 [ ] 旧地名は「 葛ヶ谷」(くずがや)である。 葛ヶ谷は、1559年(永禄2年)の「」にも見られる古い地名であり、桂(葛)の住地で葛ヶ谷と言われたとされる。 もっとも、その他にも、葛ヶ谷の「葛」は「国栖」とも書き、林野に住む人の意味とする説、葛の生えている原だったから名付いたとする説、中興の祖といわれる鑑秀上人の詠歌に「あさひさし ゆうひかがやく かつらがや みだのじやうどや ぢぞうかんのん」とあり、葛ヶ谷は古くは「かつらがや」と読み、それが中期以降に「くずがや」と呼ぶようになったとする説等がある。 町名の変遷 [ ] 葛ヶ谷村、明治初期の葛ヶ谷村、1878年(明治11年)11月2日の施行後の葛ヶ谷村、1889年(明治22年)5月1日 の町村制施行による南豊島郡落合村大字葛ヶ谷 、1924年(大正13年)2月1日の成立後の大字葛ヶ谷、1932年(昭和7年)10月1日の編入後の東京市西落合一~三丁目等の名称変更を経て 、1965年(昭和40年)8月1日の住居表示実施により、現在の東京都新宿区西落合一丁目から四丁目となった。 風致地区 [ ] によって(昭和8年)に第三次指定の1つとされた野方風致地区に、西落合の一部が含まれている。 この野方風致地区は1963年(昭和38年)10月に廃止された。 世帯数と人口 [ ] (平成29年)現在の世帯数と人口は以下の通りである。 西落合一丁目 2,681世帯 4,456人 西落合二丁目 2,538世帯 4,256人 西落合三丁目 1,800世帯 3,090人 西落合四丁目 1,362世帯 2,347人 計 8,381世帯 14,149人 小・中学校の学区 [ ] 区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。 丁目 番地 小学校 中学校 西落合一丁目 1~2番 3~16番 18~24番 30~33番 その他 西落合二丁目 1~4番 11~17番 その他 新宿区立落合第三小学校 西落合三丁目 1~2番 8~9番 その他 新宿区立落合第六小学校 西落合四丁目 全域 交通 [ ] 鉄道 [ ] 南東端にはが設置されている。 町域北部ではが、町域南西部ではがそれぞれ近く、これらの駅も多く利用される。 バス [ ] 目白通りや新目白通り・哲学堂通り沿いなどにの便も多く、これを利用する者もいる。 道路 [ ] 1925年(大正14年)8月に地元有志によって葛ヶ谷耕地整理組合が設立され、以後、1936年(昭和11年)までの間、耕地整理が実施された。 1区画300坪で整備され、町の中心を東西に走る道路(幸通り)と南北に走る道路(栄通り)の幅を各8メートル、その他の道路幅を約6メートルとし、縦横に規則正しく道路が造られた。 そのため、この地域は現在も碁盤の目状に整備されている。 また、耕地整理完了に伴い、道路一本一本に名称が付けられた。 主要な道路には、前述の幸通り、栄通りのほか、青柳通り、七草通り、花園通り、弥生通り、寿通り、天神通り、恵比寿通り、旭通り、弁天通り、若葉通り、常磐通り、錦通り、雪見通り、宮前通り等、典雅で縁起の良い名称が付された。 細い路地には、黄金通り、白銀通り、霞通り、曙通り、巽横丁、桜横丁、鶉横丁、栄横丁等の名前が付けられた。 これら西落合地区の31路線の道路名は、2009年(平成21年)12月3日に新宿区によって道路通称名として認定され、今に至っている。 西落合三丁目、四丁目の道は、及びが1996年(平成8年)に定めた「第6次交通安全基本計画」の中心事業として、車両の通行より人の歩行スペースを優先的に考えた「コミュニティ・ゾーン形成事業」のモデル地区とされた。 また、同じく西落合三丁目、四丁目は、によって、2014年(平成26年)、時速30キロの速度規制を実施するとともに、その他の安全対策を必要に応じて組み合わせ、ゾーン内におけるクルマの走行速度や通り抜けを抑制する「ゾーン30」として整備されている。 施設 [ ]• 西落合公園• 西落合北公園• 西落合東公園• 葛ヶ谷公園• 妙正寺川公園• あかね公園• 西落合図書館• 舞踊集団菊の会• - の寺院。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] []• 新宿区 2017年12月1日. 2017年12月22日閲覧。 2017年12月22日閲覧。 総務省. 2017年12月22日閲覧。 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、、1991年再版、P877• 『新宿区町名誌』、東京都新宿区教育委員会、S52年再版、P172• 『新修 新宿区町名誌 -地名の由来と変遷-』、(財)新宿区生涯学習財団 新宿歴史博物館、H22年、P161-163• 新宿区 2017年9月19日. 2017年12月22日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の