かまってちゃん 高齢者。 [mixi]「かまってちゃん」対策はどうしてますか?

かまってちゃんに共通する3つの心理と対処法

かまってちゃん 高齢者

「老人性うつ」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。 老人性うつとは正式な病名ではありませんが、65歳以上の高齢者がかかるうつ病の呼称です。 うつ病は働き盛りの人がなるイメージが強いかもしれませんが、子どもから高齢者まで幅広い年代でかかる可能性のある病気です。 特に高齢になると、環境の変化、加齢に伴う衰えや病気などが増えるため、うつ病になりやすいと考えられています。 老人性うつは認知症と間違われるなど放置されることも多く、知らないうちに重症化します。 重症化すると最悪の場合、自ら命を絶つケースもあります。 ここでは「認知症だと思っていたらうつだと診断された」と戸惑う方や、「介護している親の様子がおかしい」と思っている方に向けて、「老人性うつ」の特徴や症状、治療法や正しい接し方、予防法について説明します。 老人性うつの特徴 老人性うつは認知症と並んで、高齢者によく見られる病気の一つです。 老人性うつと他の年代のうつ病に本質的な違いはありません。 うつ病になると喜びの喪失、意欲の低下、思考力の低下が現れます。 老人性うつ特有の症状としては 「身体的不調」や「妄想」、「不安・緊張」があります。 老人性うつにかかった方は、若い人のうつ病と比べて、抑うつ気分のような精神症状が目立たず、頭痛、肩こり、吐き気などの 「身体的不調」を訴えることが多いです。 そのため病院に行っても体調不良の原因が特定出来ないことがあるのです。 「妄想」は現実にはないことを現実だと思い込んでしまうことです。 老人性うつの症状として現れる妄想としては、下記のようなものがあります。 ・ 「心気妄想」・・・軽い病気でも「自分は不治の病にかかってしまった」と思いこむ。 ・ 「罪業妄想」・・・罪を犯した、警察に捕まるなどと思いこむ。 ・ 「貧困妄想」・・・お金がない、破産したなどと思いこむ。 老人性うつの方には 「不安・緊張」も現れます。 そわそわと落ち着かなかったりし、抑うつ症状などが目立たず、うつを見落としがちになります。 老人性うつの症状は記憶力の低下など、認知症の症状と重なる部分があります。 そのため認知症と間違われやすいです。 身体的症状・うつ症状を「年だから仕方ない」と本人も家族も放置しがちなのも老人性うつの特徴でしょう。 また高齢者は他の病気も併発しがちです。 認知症や他の疾患の陰に隠れて、うつ症状が気付かれにくいこともあります。 よって、適切な治療が受けられず、重症化するケースも多いのです。 老人性うつは、認知症と違い「治る病気」です。 重症化させないため、完治させるためには、病院へ行き、適切な治療を受けることが大切です。 老人性うつの症状 下記のような症状がある場合、注意が必要です。 ・頭痛・吐き気・めまい・食欲不振・肩こり・耳鳴り・腰痛・しびれなどの「不定愁訴」(特に原因がなく、なんとなく身体の調子が悪いという訴え)が起こる。 ・趣味や娯楽などに興味を示さなくなった。 ・落ち着きがなくなり、不安を訴えることが増えた。 ・出かけるのを嫌がり、引きこもりがちになった。 ・笑うこと、楽しそうにしていることが少なくなった。 ・現実にないこと(妄想)を口にするようになった。 ・眠れなくなった。 不定愁訴のほか、欲求がなくなった、活動的な人が引きこもっているなど態度・活動状況の変化はうつの兆候の可能性があります。 認知症との違いと見分け方 老人性うつと認知症は症状が重なっている部分も多いです。 違いや見分け方を表にしました。 老人性うつ 認知症 初期の症状 身体的不調・抑うつ等 性格の変化・記憶障害等 症状の進行 何らかのきっかけで発症・短期間で激変することがある 進行はゆっくりの場合が多い 気分の落ち込み 多い 少ない もの忘れ・忘れ方 短期記憶に支障がでる・自覚があり忘れやすいと訴える 短期記憶に支障が出る・自覚が少なく、取り繕う傾向がある 攻撃性 なし 出現することもあり 妄想 心気妄想・罪業妄想・貧困妄想など もの盗られ妄想など 日内変動 朝方調子が悪く、夕方になるにつれて良くなる 比較的少ない ただし老人性うつと認知症は併発している可能性があるため、専門家でも見分けるのは難しいです。 服用している薬が抑うつを引き起こしていることや、認知症以外の病気が併発していることもあります。 ご自身やご家族だけで「認知症だ」「うつ病だ」と判断せずに、医療機関に相談してください。 老人性うつの原因 老人性うつは心身の衰えのほか環境の変化が原因でかかることが多いです。 例えば下記のようなことはないでしょうか。 ・退職し、仕事をすることがなくなった。 ・子どもが独立し、一人暮らしになった。 ・配偶者やペットが亡くなった。 ・離婚をした。 ・住み慣れない土地に引っ越した。 ・家族や友人に会う機会がなくなった ・病気にかかり、治らない。 後遺症がある。 ・経済的に困難である ・食生活のバランスが悪い 老人性うつの引き金のキーワードは 「孤独感」と 「喪失感」です。 突然一人暮らしになり、人と会う機会が減った…などという人は要注意の可能性があります。 老人性うつの治療法、家庭で出来る接し方 老人性うつを疑ったら、かかりつけ医に相談、もしくは精神科、心療内科を受診してください。 うつと診断された場合、治療は主に 「薬物療法」「精神療法」「環境調整」の3つが中心になってきます。 「薬物療法」 一般的なうつ病と同様に、抗うつ剤などを使用する薬物療法が基本の治療法となります。 ただし、老人性うつの場合は抗うつ剤の使用が難しい場合があります。 抗うつ剤には「血圧をあげる」「尿が出にくくなる」「頻脈が生じる」などの副作用が生じるものや、高齢者に多い緑内障患者には使えないものがあるからです。 その人の健康状態に合った抗うつ剤を選択する必要があるため、必ず医師に判断してもらってください。 「精神療法」 病院に通い、医師や看護師と話すことで状態が改善することがあります。 構ってもらえることで孤独感の解消につながるからです。 またカウンセリングも有効な手立てになります。 カウンセリングで今後の人生を考えることで、不安だった将来に見通しが立ち、症状の軽減に役立ちます。 家族の接し方としては、本人の訴えに対し「辛いね」「大変だね」などと同意することが重要となります。 共感してもらうことで、不安感が薄れます。 反対に「気のせいだよ」と否定したり「頑張れ」などと励ましたりすると、悲観的になり、病状が悪化する可能性もあるため避けた方が良いでしょう。 具体的な接し方は、本人の性格や病状などによって異なるため、医師に相談してください。 「環境調整」 引っ越し先でくつろげる環境を作ってあげるなど、本人が安心して暮らせるよう環境調整することも効果的です。 老人性うつの原因として 「孤独感」があげられます。 孤独感の解消法として、一人暮らしの場合は家族が頻繁に顔を見せるなど、話し相手がいる状況を作ってあげることも良い方法です。 日々出かけること、体を動かすことで体力も気力も維持できます。 うつになると休養が大切だと思われがちですが、老人性うつに関しては、活動することが大切になってきます。 外出に誘う、地域の活動への参加を勧めるなど、なるべく「一人で何もしない」時間を減らしてあげてください。 そのほかに 、光を照射する「光線療法」や脳に電流を流す「電気けいれん療法」があります。 老人性うつにならないための予防法 「孤独感を解消する」「健康的な心身を保つ」ことが老人性うつの予防につながります。 具体例を紹介します。 適切な運動を行う うつ病は、「セロトニン」という精神を安定させる働きがある神経伝達物質と関係が深いといわれています。 セロトニンは太陽光を浴びたり、運動をしたりすることで分泌されます。 日光を浴びながらのウォーキングや、簡単な体操を行うことを心がけてみてください。 社会とつながる 家に引きこもりがちにならないよう、近所のサークル活動などに参加するのも良い方法です。 友人や趣味ができることで生きがいが生まれます。 「自分は一人ではなく社会の一員なんだ」と自覚することが孤独感の解消にもつながります。 ストレスを発散する ストレスを溜め込まず、健康な心を保つことも大切です。 散歩やスポーツなど、自分なりのリラックス法、リフレッシュ法を見つけてみてください。 また心配ごとがあるときは誰かに相談したりすることも良い方法です。 一人で抱え込まず、人に話すだけで心が楽になることもあります。 バランスの良い食事をとる 一人暮らしの方や、身体的に自炊が難しい方はコンビニ弁当や手軽にとれる炭水化物が中心の食生活になりがちです。 必要なビタミンやミネラルが不足しないように、バランスの良い食事を心がけてください。 自分で用意が難しい場合は、宅配サービスなどを検討するのも良いでしょう。 老人性うつには早めの対処が大切! ここまで老人性うつについて説明してきました。 老人性うつは本人が死に至る可能性があるだけでなく、介護している家族もうつになってしまう可能性がある恐ろしい病気です。 老人性うつは高齢者であれば誰もがかかる可能性がありますが、適切な治療を行えば治り病気です。 身近な高齢者に対し「なんとなく今までと様子が違うな」と感じたときは、ためらわず、早めに医療機関の受診を勧めることが大切です。

次の

依存的な親への対処方法

かまってちゃん 高齢者

タップできる目次• いつも誰かに甘えたい かまってちゃんの心理的特徴の1つは、いつも誰かに甘えたいと思ってることです。 一人で何かに熱中するのはあまり得意ではなく、誰かに甘えておんぶしてもらったり、だっこしてもらったりすることで、自分を安心させようとします。 特に用もないのに頻繁に電話をかけてくる人がいますが、こういう人はまさにかまってちゃんを象徴する存在といっていいでしょう。 とにかく一人では不安で仕方がなく、いつも誰かに甘えたいと思っているかまってちゃんです。 環境の変化に耐えきれない 例えば初めての一人暮らしをするとき、人は環境の変化に耐えきれずに、かまってちゃんになってしまう場合があります。 今までは全く更新しなかったSNSを急に更新しだしたり、友達に頼るようにもなったりします。 環境の変化に適応に対応できる人でも、やはり孤独感に慣れるまでは、若干のかまってちゃんになってしまう傾向が強いでしょう。 さらにやせ我慢している場合は、うつ病などの精神病に陥ってしまうケースもありますので、かまってちゃんになることでそのような病を防ぐことが可能です。 また、恋人と別れた環境に耐えきれない人も、同じような行動パターンに出てしまうという特徴がみられます。 ネガティブな考え方をする これは分かりやすい心理的特徴ですが、かまってちゃんはいつもネガティブな考え方をします。 人生にとても悲観的で、何をやるにも、どこに行くにも、先に消極的な考えが立ってしまいます。 その性格が人への依存や甘えにつながり、それが噴き出す形でかまってちゃんになるのです。 不安が消えないからこそ誰と繋がっていたいと思うのは、人間の自己防衛心理が働いているとも考えられています。 過去のトラウマが克服できていない 例えば愛情不足で育った子供は、自分が原因で愛情をもらえなかったと思い込んでいる可能性が考えられます。 他にも仲間外れにされた原因を自分のせいだと思い込んでいたり、放置していれば再び仲間外れにされてしまう、という恐怖心からかまってちゃんになってしまうことも考えられます。 これらは全て過去のトラウマが原因とされており、トラウマを克服しない限りは、かまってちゃんから脱出することはできません。 依存したがり これも見分けやすい心理的特徴の1つですが、かまってちゃんは誰かに依存したがる傾向があります。 いつも誰かと一緒にいないと落ち着かないとか、何かをやるときも誰かに付き添ってもらわなければできないとか、とにかくあらゆることにおいて他人に依存したがる傾向があります。 その由来は、他人によって自分を確信することだと思われますが、その究極の形がかまってちゃんの依存したがりです。 対象的に、一匹狼で何でも一人でやれる人には、かまってちゃんはほとんど見当たりません。 独占欲が強い 独占欲が強い人ほど、自分のお気に入りのメンバーにはかまってちゃんになってしまい、常に自分に気を向けようとします。

次の

「『ニニ』かまってちゃんの...」静岡県

かまってちゃん 高齢者

スポンサーリンク めんどくさい人の特徴 自分が常に一番でないと気が済まない どんな小さなことでも自分が常に一番でないと気が済まないような人はめんどくさいと感じます。 一番でないことでみんながその人を立てなければいけませんし、気も使います。 こういった人は一番だった時はすごく機嫌がいい時が多く、逆にそうでなかったときは極端に機嫌が悪くなるということも多いです。 ですから、あまりにもなんでも一番という事にこだわりすぎている人はめんどくさい人だと感じます。 譲れるものと譲れないもの、こだわらないものとこだわるものをはっきりとしておいたほうが周りも気を遣わなくて済むのでいいでしょう。 自分の考え以外は受け入れない 人それぞれ考え方の違いというのはありますが、頑固に自分の考え以外は受け入れないという人はめんどくさいです。 意見が違ってもお互い譲りあい、妥協することもできる人は丸く収まることも多いですが、自分の考えだけが正しいのだと思い込み、自分の考え以外は受け入れない姿勢の人は揉め事がさらに大きくなる可能性も高いので面倒です。 柔軟な考え方ができないのは高齢者や、長年ずっと同じ場所でしか暮らしたことがないような人が多いので、いろいろなところで暮らしてきていろいろな考えもできる人からしたらとてもめんどうです。 スポンサーリンク いつまでも根に持つ 終わったことをいつまでも繰り返し責めたり、愚痴をいうのはめんどくさい人だと思われます。 過去のことを何回も繰り返し持ち出すことで、終わった話がまた振り出しに戻ることがありますし、何回も同じ話を聞かされる周囲もうんざりしてしまいます。 いい話は何回持ち出してもかまいませんが、良くないこと、悪いことで終わった話はいつまでも根に持たないようにすることが大事です。 いつまでも根に持ち話を続けることで、対応がめんどうな人だと思われてしまうでしょう。 潔い人が好まれるように、ネチネチといつまでもこだわる人は嫌われるでしょう。 かまってちゃん めんどくさい人の典型的なパターンは、かまってちゃんです。 SNSで意味のないつぶやき、意味のない絡み、意味のない自己アピールなどが当てはまる人は、気を付けましょう。 かなりめんどくさい人だと思われているはずです。 メールでのやりとりでも、何を言いたいのか分からない内容を送ったり、自分の事ばかり話したり、ひとりの時間を楽しめない人は要注意です。 自分の事を中心にあれこれとコミュニケーションを取る癖がある人は案外気付いていないものです。 客観的に自分を見るよう心掛けましょう。 そして、他人にかまってもらう時間は、他人から貴重な時間を奪い取っている時間泥棒だという事に気付きましょう。 スポンサーリンク いちいち相談する 些細な日常の出来事に関する事を、いちいち友人や知り合いに連絡し、相談したり共有したりする人は、かなりめんどくさい人です。 重大な相談なら周りの人たちも親身になって聞いてくれるでしょうが、そんな事でいちいち連絡してくるな!と心の中で思われている可能性大です。 ペットの事、恋人の事、仕事の事など、自分で考え解決すべき問題と、誰かに相談し、解決していく問題の区別をつける事が出来ていますか? 人との境界線をしっかりと線引き出来ていない人は、めんどくさい人だと思われがちな行動に出やすい特徴があります。 他人との関わり方、距離についてしっかりと見つめ直す事が大切です。 素直じゃない 素直に喜べない、素直に従えない、素直に謝れない人。 そんなに言うなら仕方ないな~じゃあそうするよ!と内心ウキウキなのに、渋々OKするフリをする人。 心当たりはありませんか? 他人には案外見透かされていますよ。 この人はいちいち持ち上げないと動かない人だと、めんどくさい人の烙印を押されてしまいます。 自己責任の意識が欠けている証拠です。 何もかも自分で判断するリスクを回避し、他人の意見に従うフリをして、無意識に他人に責任を押し付けているのです。 あなたが言ったからそうしたのよ!と。 自分の言葉、考え、行動、そして人生を請け負う意識と覚悟がない表れです。 他人の人生を背負うほど、人は暇ではありません。 自分の人生は自分で背負いましょう。 スポンサーリンク めんどくさい人への対応やかわし方 会う時は終わりの時間を決めておく めんどくさい人とは、誰だってなるべく会いたくないものです。 しかし、どうしても会わないといけない時は、予め終わりの時間を決めておくとよいでしょう。 「用事があるから3時まで」というように、時間を決めておくことで、その時間になれば を打ち切ることができます。 ほとんどの場合めんどくさい人は、相手の都合を考えずに一方的にしゃべる傾向が強いものですよね。 こちらが相槌をあまりうたなくとも、どうでもよい話を永遠としてきます。 そのどうでもよい話に、ずっと付き合わされるので、めんどくさいと感じるわけです。 ですが聞いている方は、相手の話の腰を折るのも悪いと思い、我慢して聞いてしまいます。 そこで予め時間が決まっていれば、「3時になったから、そろそろ帰るね」と言えるので終了するのが楽なのですね。 しかも、めんどくさい人も用事があるとわかっているので納得してくれるでしょう。 終わりの時間を決めておくと、気分的にも楽なので、おすすめな方法です。 こちらの情報を与えない めんどくさい人は、他人が不快に思うことをやってしまいます。 しかもほとんどの場合、悪気はありません。 なのでめんどくさい人というレッテルを貼られるのです。 その対処法として有効な方法があります。 それは、めんどくさい人に自分の情報を与えないことです。 情報を与えないというかなりシンプルな方法ですが、とても効果があります。 例えば、家族構成や趣味の習い事、住んでいる場所など、自分のあらゆる情報を秘密にするのです。 もちろん、めんどくさい人以外には言ってもOKです。 めんどくさい人は、1つの情報を得ると、それに関わることを根掘り葉掘り聞いてきたり、周りに言いふらしたりします。 ですので、すべて秘密にすることは難しいかもしれませんが、なるべく情報を与えないことで、めんどくさい人との接点を減らしていきましょう。 スポンサーリンク 嫌われず好かれずの関係を保つ めんどくさい人は、相手との関係の距離感を保つのが下手です。 日によって馴れ馴れしかったり、余所余所しかったりするので、めんどくさい印象を相手に与えてしまいます。 こちら側としても、どういった距離感で接すればよいか困惑してしまうのですね。 めんどくさい人に対しては、嫌われすぎても嫌ですし、好かれすぎても何かと困ってしまいます。 そこで、嫌われず好かれずの、丁度よい距離感を保つことが大事です。 具体的には、1対1では遊ばない、LINEはグループチャットのみに抑える方法があります。 1対1で遊ぶと仲良くなりすぎますし、連絡先を知らないのでは、もはや他人に近い部類の知人となってしまいます。 嫌われない好かれない、丁度よい距離を保てれば、嫌な思いをすることはぐっと減るでしょう。 上記の方法は簡単なので、めんどくさい人と関わる時には是非心がけてみてくださいね。 善い人でいようと思わない めんどくさい人と関わると、こちらがイライラしてしまいますよね。 それは、めんどくさい人にも、こちらはきちんと気を使っているからです。 しかし相手はこちらに気を使いません。 そもそもめんどくさい人は、普通の人よりも人に気を使うことが下手です。 人は基本的に善い人でいよう、相手に良く思われようとするので、他人にも気を使います。 それがめんどくさい人に対してでも、同じように親切に接するのです。 ですが、それこそがイライラの原因に繋がってしまいます。 こちらは気を使っているのに、相手はなんなんだとなるわけです。 その対処法としては、めんどくさい人の前では、善い人でいようと思わないことが大事です。 善い人でなければ、相手にそこまで合わせる必要もなく、少しくらいワガママを言ったっていいと思えます。 めんどくさい人に接する時には、普段の自分より、少しワガママなくらいで丁度よいのです。 そうすれば、めんどくさい人へイライラすることもぐっと減るでしょう。 めんどくさい人の取り扱い方法を確立する いかがでしょうか。 めんどくさい人の対応はとても大変ですし、場合によってはストレスがたまってしまうこともあるでしょう。 話を聞くのも対応方法の1つですが、延々と話を続けられるのも考えものですよね。 なので基本的にはそこまで仲良くならないようにしたほうがいいケースも決して少なくありません。 取り扱い方法の基本としてはスルー力が必要なので、スルースキルに長けている人がいれば参考にしてみるのもいいかもしれませんね。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の