第5人格 ポイント稼ぎ。 第五人格 受難なしだけどなんか言いたいことある?

【第5人格】「囚人」の立ち回りと人格を徹底解説!

第5人格 ポイント稼ぎ

外在特質 効果 扉の鍵 祭司は神聖なる扉の鍵をいつも身に持っている。 使用ボタンをタップすると選択した位置に直線の通路が生成され、長押しすると祭司は数秒の間仲間を呼ぶことができる。 呼び声に反応した仲間がいると、祭司は一定時間後に二人の位置をつなぐ通路を開く。 この通路は汚染された土地やエリアで開くことはできず、ハンターはそれを破壊することもできる。 通路は入って数秒で向こう側へ辿り着くことができるが、他のサバイバーが通ると入り口に一時存在する残像を残す。 通路が長いほど、残影の持続時間は長くなる。 ハンターは残影を攻撃でき、受けたダメージや特殊効果はサバイバーの本体に伝達する。 虚弱 体が弱く、体力が持たない。 板・窓の操作速度が20%低下する。 神の保護 敬虔な祈りで保護を求める。 祭司の立ち回り方 タイトル 目標 1.家族 【基礎】扉の鍵を2回使用 【LvUP】扉の鍵を3回使用 【LvUP】扉の鍵を4回使用 2.別れ 【基礎】仲間1人と出会う 【LvUP】仲間2人と出会う 【LvUP】仲間3人と出会う 3.理性 【基礎】暗号機解読の進捗80パーセント 【LvUP】暗号機解読の進捗160パーセント 【LvUP】暗号機解読の進捗240パーセント 4.フェナキストスコープ 【基礎】扉の鍵でハンターの追撃から1回逃走 【LvUP】扉の鍵でハンターの追撃から2回逃走 【LvUP】扉の鍵でハンターの追撃から2回逃走 5.遠方 【基礎】ロケットチェアから1人を救助 【LvUP】ロケットチェアから2人を救助 【LvUP】ロケットチェアから3人を救助 6.信仰 【基礎】自分で脱出ゲートを1回開ける 【LvUP】自分で脱出ゲートを1回開ける 【LvUP】自分で脱出ゲートを1回開ける 7.罪悪感 【基礎】地下室からの脱出に成功 【LvUP】地下室からの脱出に成功 【LvUP】地下室からの脱出に成功 8.探索 【基礎】扉の鍵でロケットチェアから1回仲間を救出 【LvUP】扉の鍵でロケットチェアから2回仲間を救出 【LvUP】扉の鍵でロケットチェアから2回仲間を救出 9.救済 【基礎】ハンターを1回気絶させる 【LvUP】ハンターを1回気絶させる 【LvUP】ハンターを1回気絶させる 10.遺伝 【基礎】ハンターに60秒間追撃される 【LvUP】ハンターに90秒間追撃される 【LvUP】ハンターに120秒間追撃される 11.世界の真相 【基礎】扉の鍵で救出した仲間を守って1回逃走 【LvUP】扉の鍵で救出した仲間を守って2回逃走 【LvUP】扉の鍵で救出した仲間を守って2回逃走.

次の

ポイントサイトおすすめ10選と稼げる9つの方法【2020年最新版】

第5人格 ポイント稼ぎ

Contents• あくまで参考程度にして頂ければ幸いですが、良くあるパターンとしては以下のようなものがあげられます。 しかし、どのパターンも必ず時間稼ぎ役と解読役がしっかり分かれて状況に応じた行動をしています。 もちろん1段階目でサバイバーがなかなか見つかることなく解読が進んだり、もっとチェイス時間が長かったりすることもあります。 救助されたサバイバーが生き残ったり、ハンターが解読役に向かっていったりと、色々なことが起きますが、その都度解読役を交代しながら立ち回れると良いですね。 負けパターンは1人目のチェイス役にかかっている 負けるパターンとしては、1人目のサバイバーが即捕まることです。 どれだけ時間稼ぎ役や解読役を分けて、分担作業をしっかりこなせたとしても、1人目が30~40秒程で捕まってしまうと引き分けor負けが濃厚です。 前述の解読の段階より、時間稼ぎ役の段階がかなり前倒しで行われてしまいます。 そのため、いずれは解読役だけが残ったり、負傷状態のサバイバーが3人残ったりするような事態になります。 この時点で既にハンターの存在感は最大まで上がっていると思われるので、チェイスによる時間稼ぎはかなり厳しいでしょう。 そのため、上手く事が運んでも引き分け、通常は負けることが多いです。 なので、試合展開において最も重要なのは「1人目のサバイバーがいかに時間を稼ぐか」です。 残り暗号機を1部分に固めない 暗号を進めて残り1,2台になったとき、暗号機の場所が3,4個とも同じような場所に固まっている状態にならないようにしましょう。 例として挙げますが、他にもあるので参考程度に留めてください。 軍需工場のマップ中央• 聖心病院の小屋側ではないゲート付近• 湖景村の海辺付近• 赤の教会の壊せる壁がある付近• そのため、解読役はハンターの位置や様子を見て、固まっている暗号機のどれか1台でも良いので終わらせることを意識した方が良いです。 そのため、解読役が3人以上いたり、逆に時間稼ぎ役が3人以上いるようなメンバーではなかなか勝利するのは厳しいでしょう。 サバイバーには大きく分けて3つのタイプがいます。 解読特化型• バランス型• 時間稼ぎ特化型 この3つのタイプがバランス良く構成されていると理想的です。 以下はその例です。 解読-1人、バランス-2人、時間稼ぎ-1人• 解読-2人、バランス-1人、時間稼ぎ-1人• 解読-2人、時間稼ぎ-2人 バランスタイプのサバイバーでもキャラによってはバランス3人、時間稼ぎ1人といった構成もありですが、やはり勝つメンバーとしては上記から外れてこないことが多いです。 マッチング画面で即準備完了して自分のキャラを固定する方が多いですが、上記のバランスから明らかに外れているようであれば、それに合わせてキャラを変更する必要があります。 そのため、マッチングしたら待機時間の間に他の方が使うキャラを見つつ、バランスを考えてキャラ選択してみましょう。 メンバー選択の際の参考にして頂ければ幸いです。 解読役• 機械技師• 踊り子は…ちょっとまだ分かりませんw バランス役• マジシャン• 調香師 バランス役としては最もデメリットが無い泥棒も視野に入りますが、懐中電灯の汎用性の低さからこれも記載していません。 箱を開ければ良いという意見もあるかと思いますが、その時間があるなら始めから優秀なアイテムを持った調香師やマジシャンを選んで解読した方が良いです。 時間稼ぎ• オフェンス• 空軍 時間稼ぎ役としては傭兵も強いかと思っていますが、オフェンスや空軍ほど救助能力は無いので記載していません。 ここで紹介していないサバイバーでも、医師や庭師は上手い人が使えば非常に強力ですが、中々出会うことがないので割愛しますw サバイバー選びで重要なことは、「時間稼ぎ役以外は解読速度にマイナス効果が無いこと」です。 そのため、いかに自分がやりたいからとは言え、ランク戦という勝ちにこだわる場面で祭司やカウボーイは中々おすすめできないサバイバーとなってきます。 知っている方も多くいると思いますが、基本的には右下or右左と覚えて貰えれば大丈夫です。 解読特化型である心眼や機械技師を使わないのであれば、基本的にこの人格構成がおすすめです。 膝蓋腱反射や割れ窓理論が無いので、チェイス中は気を付けて下さい。 他にも、まだ割れ窓理論と膝蓋腱反射を利用しないと中々チェイスできない、という方がバランス役で付けることもあります。 人格の必須項目 人格の割り振りには必須となる項目があります。 中治り• 起死回生 特に中治りと受難はどのサバイバーも付けているという前提で動いていることが多いです。 最早常識であってマナー違反とまで言う方も見たことがありますw それくらい重要な2つなので、人格構成を考える時はまずこの2つはつけましょう。 中治りはゲート解読可能になると即座に回復して移動速度が上がる、というものです。 ダウンしていても起き上がってかなり高速で走り出すことができます。 受難はチェアに座らされている間、サバイバーの位置が互いに分かる能力です。 これで助けに行くべきプレイヤーが誰か分かります。 起死回生は他の2つほど必須では無いですが、やはり優先的に付けておいた方が良い人格の1つです。 ここではほんの一部分ですがその内容を紹介します。 定型文のメッセージは常に送る サバイバーはマッチ中に「解読に集中して!」や「ハンターが近くにいる!」といった定型文のメッセージが送れます。 これはどんどん使いましょう。 メッセージを送ると画面の左上に自分がいる方向を他サバイバーに伝えることができます。 慣れてくるとこれだけで大体の位置が把握できるようになります。 自分がどこでハンターに追われているのか、どこで解読しているのかを常に仲間に知らせることで、他の仲間も動きやすくなります。 逆に仲間のメッセージで自分がどこを解読するべきなのかが分かります。 唯一の連絡手段なので連携プレイでは必須となります。 しっかり活用しましょう! 暗黙の了解!中治りを意識した解読 全員仲直りはつけるべきであると前述しましたが、これによって以下のような行動が可能となります。 残り暗号機1台を解読しきる寸前で止める• 1人は救助、1人はゲート、1人は暗号機で待機• 救助役が捕まっている仲間を救出する• ハンターがどちらかを攻撃して硬直したタイミングで暗号機を解読しきる• ゲート役は即座にゲートの解読を始める• 暗号待機役がゲートに到着• 救助した人or捕まっていた人のどちらかがゲートに到着して3人確実に逃げ切る 救助役が危機一髪を持っていると尚良いですね。 場合に応じて逆側のゲートを開けたりするような駆け引きがありますが、無理救助であってもハンターから逃げることができるのでこの連携が決まるとかなり強力です。 ランク戦では鹿まででは中々浸透していないことが多いですが、マンモスを越えてくるとパーティでは無くても当たり前のように行われる連携です。 ちなみにこの時も、やはり連携の起点となるのは定型文のメッセージです。 暗号機は別々で行う 暗号機の解読は1人1台が基本です。 複数人で解読をするのは残り暗号機が2台以下の状況からです。 そのため、マッチ開始直後に良くあることですが、自分が解読している場所に解読役が来た場合は、場所を移動しましょう。 逆に解読役は素早く他のプレイヤーが解読していない暗号機を見つけることが重要です。 この時に意識するべきなのは、前述したようにまずは定型文で自分を位置を教えることです。 次に、解読特化型はマップの端の方の見つかりにくい場所を、バランス型は暗号機が固まった密集地のどこかを解読できると理想です。 キャンプ中のハンターからの救助で無駄に迷わない チェアからの救助に行くのは必ず危険が伴います。 ましてやチェア付近で待機 キャンプ しているハンターからの救助はこちらもダメージ覚悟です。 だからといって、救助に行ったものの、チェアの周りをうろうろするだけで中々救助しないのは問題外であって時間の無駄も甚だしいです。 当然ハンターに攻撃を振らせたり、何かのアクションを避ける最低限の駆け引きは必要ですが、基本的には素早く救出することを心がけましょう。 救出時は、自分が一度攻撃を受けるか、チェアに座っているサバイバーに攻撃が当たった場合に攻撃硬直を利用して救助します。 とは言いつつも、ほとんどチェアのサバイバーに攻撃を当ててくれることは無いので、自分が攻撃を受けることが当たり前だと思って救助しましょう。 チェアに座らされているサバイバーのアイコンが半分を超える前に救助することが最低限求められます。 半分を超えると次に捕まった時に即脱落してしまうので要注意です。

次の

【第五人格】閲歴点の稼ぎ方を紹介!【IdentityV】

第5人格 ポイント稼ぎ

第5人格でエコーとは? エコーとは課金アイテムの事です。 エコーを使うことで第5人格を効率よく攻略できるようになったり、時間短縮に繋がります。 いわば、万能アイテムみたいなイメージとなります。 エコーの入手方法とは? エコーは課金アイテムとなっていて、他のスマホゲームのようにゲーム内での入手ができないようになっています。 そのため、エコーを入手するには課金しかないのです。 ちなみに、課金をする場合は購入金額に注意が必要です。 エコーの値段に注意 購入金額 個数 1個あたりの値段 120円 60個 2円 360円 180個 2円 600円 300個 2円 1200円 680個 1. 76円 3600円 1980個 1. 81円 6000円 3280個 1. 829円 11800円 6480個 1. そのため、課金をする場合は面倒ですが1200円を複数回買うほうがお得になります。 「お金は使いたくない!」、その気持ものすごくわかります。 無料でエコーが入手できる方法があるので活用するのも良いですよ。 ダイス購入• 衣装購入• キャラ購入• ペット購入• サウンド購入• 霊魂を購入 こういった第5人格を楽しむために必要なアイテムの購入に使うことができます。 ちなみにキャラは手がかりをつかっても入手できる場合があるので、必ずしもエコーが必要とは限りません。 ただ、手がかりを集めるのが大変な場合はエコーをつかって時間短縮ができることをお忘れなく。 エコーは完全課金アイテムだった! スマホゲームでは課金アイテムがログインボーナスなどで入手できますが、第5人格ではエコーは課金でしか入手できません。 スマホゲームに課金をすることに抵抗がある人が多いと思います。 そんなときは 無料でエコーが入手できる得ワザを活用するのも良いかもしれませんね。

次の