レクサス lc500 中古。 【レクサス新型LC500 / LC500h 最新情報】カーオブザイヤーエモーショナル部門賞受賞!試乗レビューや納期など

話題沸騰の高級クーペ「レクサス LC500/LC500h」を日本の公道で試す!

レクサス lc500 中古

価格にはオプション価格は含まれません。 北海道地区の価格には寒冷地仕様の価格が別途加算されます。 価格はレクサス販売店が独自に定めていますので、詳しくはレクサス販売店におたずねください。 4 8. 4 8. 4 5. 0 4. 6 8. 9 8. 0 11. 2 10. 6 ー エンジン 種類 V型6気筒 V型8気筒 総排気量 L 3. 456 4. 356 36. お客さまの使用環境 気象、渋滞等 や運転方法 急発進、エアコン使用等 に応じて燃料消費率は異なります。 「グロス」はエンジン単体で測定したものであり、「ネット」とはエンジンを車両に搭載した状態とほぼ同条件で測定したものです。

次の

レクサス・LC

レクサス lc500 中古

価格にはオプション価格は含まれません。 北海道地区の価格には寒冷地仕様の価格が別途加算されます。 価格はレクサス販売店が独自に定めていますので、詳しくはレクサス販売店におたずねください。 4 8. 4 8. 4 5. 0 4. 6 8. 9 8. 0 11. 2 10. 6 ー エンジン 種類 V型6気筒 V型8気筒 総排気量 L 3. 456 4. 356 36. お客さまの使用環境 気象、渋滞等 や運転方法 急発進、エアコン使用等 に応じて燃料消費率は異なります。 「グロス」はエンジン単体で測定したものであり、「ネット」とはエンジンを車両に搭載した状態とほぼ同条件で測定したものです。

次の

【みつかる!96台】LC(レクサス)

レクサス lc500 中古

レクサス新型「LC500」「LC500h」発売開始! 2017年3月16日より発売開始 レクサス新型「LC500」と「LC500h」が2017年3月16日ついに発売開始となりました。 レクサス「LC500」はレクサスのフラッグシップであり、「LC500h」はそのモデルです。 今回のモデルチェンジでレクサス新型「LC500」と「LC500h」は何が変わったのでしょうか? 本記事ではレクサス新型「LC500」と「LC500h」の外装・内装デザイン、性能、価格などの詳細情報をご紹介していきます。 その1台「BLITZ LC500」は、レクサス LC500をベースとしたBLITZのブランドプロモーションカーです。 レクサス新型LC500が2017-2018日本カーオブザイヤー エモーショナル部門賞受賞! レクサス LC500h 出典:レクサス 12月11日、日本カー・オブ・ザイヤー 2017-2018ノミネート車全31台の中からレクサス LCがエモーショナル部門賞(秀でたデザイン、ドライブフィールなどを持つクルマに与えられる賞)を受賞しました。 前回の日本カーオブザイヤーではレスポンスやステアフィールの滑らかさから「駆け抜ける歓び」を評価されたBMW M2が受賞しています。 イヤーカーには選ばれなかったものの、レクサス LCはまた日本カーオブザイヤーに選出されていました。 日本カー・オブ・ザイヤー 2017-2018についてはこちら レクサスの歴史についてはこちら レクサス新型「LC500」のデザイン レクサス新型「LC500」の外装デザイン 艶やかな曲面とフロントからリヤへと流れるラインを受け、リヤ中央部にスピンドル形状のテーマを採用。 テールランプ外側から伸びたターンシグナルランプと合わせ、際立ったLEXUSの個性を表現している。 デザイン性に留まらず、リヤに配置されたマフラーディフューザーやスポイラーは走行中の空気の流れを制御し、走行性能を向上させている。 出典: レクサスLC500には全面的にアルミ素材が採用されています。 またルーフ、ラゲージドア、サイドドア内側にCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を採用しています。 高剛性ボディながら軽量なサイズとなり、精巧な設計は世界に誇る匠の技術が結集しているといえるでしょう。 レクサス新型「LC500」の内装デザイン ドライバーとクルマの一体感を醸成するドライビングポジションを実現するため、ペダル配置やステアリング傾角、シートのホールド性など、細部にまでこだわりぬいた。 のスポーティな走りをサポートする快適なレイアウトとなっている。 出典: レザーやアルカンターラを使った内装は、後部座席を備える4人乗り(2+2シーター)となっています。 ドア・バネルやセンター・コンソール、ダッシュパッドなど、まさに日本の最先端技術と、匠の拘りによって仕上げられているといえます。 8 エンジン 種類 V型8気筒 総排気量L 4. 540 55. 0リッターの「2UR-GSE」を搭載しています。 そのパワーユニットにレクサス初となる10速ATを搭載。 切れ味のよい変速を実現しています。 -ft. の高出力を実現している。 出典: 安全性能も充実 「ブリクラッシュセーフティ」と呼ばれる、ミリ波レーダーとカメラによって前方の車両や歩行者、障害物を検知し、さらに危険だと判断するとが作動するシステムや、「レーンキーピング」と呼ばれる車線維持をサポートするシステムが搭載されます。 またヘッドライトのロービーム、ハイビームを自動切り替えする「オートマチックハイビーム」も装備されます。 さらに先行車と一定の車間距離を保ちながら追走する「レーダークルーズコントロール」も装備。 プラットフォームも一新 レクサスLC500、LC500hはこれまでのレクサスが持っていた「上品で仕上がりのいい車」といったイメージではなく、車本来の走りの楽しさを追求した車をイメージして作られたとのこと。 そのため歴代のレクサスとは一風違った攻めたパフォーマンスとエモーショナルなデザインが特徴的です。 そういった走りにこだわった設計は新開発されたからも分かります。 重心を低く中心に集める設計やエンジンをできるだけ後部に配置するなどのこだわりによって、スムーズなステアリングを実現することができたと言われています。 8 エンジン 種類 V型6気筒D 総排気量L 3. 356 36. 6 駆動装置 駆動方式 後輪駆動 トランスミッション マルチステージ トランスミッション 電気式無段変速機 燃費は15. プラットフォームを一新 ボディサイズは「LC500」と同じです。 も、レクサスLCと同じ「グローバル・アーキテクチャー・フォー・ラグジュアリ・ヴィークル(GA-L)」と呼ばれるものへ改良。 これまでのレクサスとは違った全く新しいを採用しています。 マルチステージハイブリッドシステムを新たに搭載! 新型プリウスにも使われたエンジンに、新たにギアを追加したことで、よりパワフルな走行性能を持つことができました。 さらに、エンジンの燃費を有効活用できるようにもなりました。 その結果、環境に優しいエンジンを実現させることに成功しました。 高性能ラグジュアリー世界最高クラスの燃費性能も期待できるでしょう。 エンジンの構造はさらに複雑になりましたが、その複雑さを超える高性能モーターで完全制御しています。 静かでスムーズな走行性能と、エンジンを効率的に使った走行を駆使して、レクサスしかできない走りを実現していきます。 「レクサス LC500h」の標準装着タイヤ ブリヂストン製ランフラットタイヤがLC500hの標準で装備されるタイヤになりました。 今回、LC500hに採用されるブリヂストンのタイヤ、「POTENZA S001L RFT」は、従来のモデルである「POTENZA S001 RFT」に改良を重ねて、新しく開発されたタイヤです。 ランフラットタイヤとは、空気圧がゼロになっても決まったスピードで一定した距離を走行することができるタイヤです。 タイヤが急にパンクを起こしても、一定の距離は走行できるため、事故の心配はせずに安全な場所まで移動することが可能です。 また、スペアタイヤ(応急用タイヤ)もいらないので、車体の重量を軽くすることにも繋がるタイヤであると言えます。 ランフラットタイヤがどんどん普及することになれば、近年、スペアタイヤの代わりに装備されることが多かったパンク修理キットと電動の空気ポンプが必要なくなる可能性も多くなりそうですね。 そのためタイヤに対するパンクの応急処置という行動もとらなくてすみかもしれません。 エレクトリックスーパーチャージャーとは、既存のスーパーチャージャーを電力で補助して速度をブーストする新技術です。 トヨタは未だに公式発表を行っていませんが、このエレクトリックスーパーチャージャーはレクサスLC以外にもスープラにも採用されるのではないでしょうか? トヨタ新型スープラに関連する最新のおすすめ記事はこちら! レクサス新型「LC500」「LC500h」の試乗レビュー LC500の試乗レビュー LC500試乗してきました。 めちゃくちゃ乗りやすい車ですね。 さらっと街乗りできるスポーツカーでした。 5ヶ月程度の期間を頂戴しております」とアナウンスされています。 11月2日現在で注文を受けた車は2月上旬頃に工場出荷の予定とのことで、整備やデリバリーの日にちも含めると余裕を持った注文をしたほうがよさそうです。 また、希望バージョンやオプションによっては納期が早まったり遅くなったりする場合がありますので、販売店に確認してみてください。 レクサスのフラッグシップである「LC500」と「LC500h」は、世界中が注目されているモデルです。 レクサス「LC500」と「LC500h」の今後に期待しましょう。 注目のレクサスの新型車についてはこちら レクサスに関するおすすめ情報はこちらの記事.

次の