靴下 で マスク の 作り方。 顔の大きな人でも大丈夫!ハサミだけで靴下をマスクにする方法

靴下マスクの作り方が簡単すぎる!新品の靴下とキッチンペーパーだけ

靴下 で マスク の 作り方

もくじ• マスクの作り方いろいろ こちらでは、縫わないものから立体やTシャツを活用したものまで、7種類のマスクの作り方を動画でご紹介しています。 きっとお気に入りのマスクが見つかると思いますのでぜひご覧ください。 シルクマスクのつけ心地 使い捨てマスクの不織布という素材はあまり気持ちのいいものではないですね。 痒くなったり、蒸れたり、臭いがこもったり。 それでなんとかもう少し快適にならないかと、 シルクの裏布の 立体マスクを作ってみました!なんとゴージャス! シルクの立体マスクの作り方 マスクの型紙とか売ってもいますが、私はうちにある使い捨てマスクを型紙にしました。 口に当ててみて顔に合うように大きくしたりカーブを変えたりより使いやすいようにしてみてくださいね。 使い捨てマスクの形を写します。 縫いやすいように、また顔に合わせて修正を加えます。 縫い代は写真の通り 布を2枚重ねて型紙を写して切り抜きます。 こちらは絹の反物!ネットオークションで購入しました。 青い線を縫います。 縫ったところがきれいに表返るように、縫い代に細かく切り込みをいれます。 この時絶対ミシン目まで切らないようにしてくださいね。 縫い代1cmなので0. 8cmくらいでとめてください。 裏地も同じように切り込み。 縫い代を開いてアイロンで押さえます。 2枚の布を中表に重ねてマチ針を打ち、青い線のところを縫います。 縫い代にまた切り込みをいれます。 表返す前に縫い線の1mm内側をアイロンで折っておくと裏返した後でやりやすいです。 この写真の向きでもいいですが、どちらかといえば表になる方を上にして絹を被せるように折り曲げた方がきれいにできます。 逆向きに折ってしまいました。 表返してもう一度アイロンをかけたら、縁にステッチをかけます。 左右の端を三つ折りして縫います。 ゴムを通したら完成です。 ただ 花粉をどこまで防げるかはわかりません。 見た目絹はかなり目が細かいので不織布よりよほど防げそうな気はしますけどね。 鼻にワイヤーを入れるとかなり顔にフィットすると思います。 絹の力 さて、シルクのマスクを使ってみた感想はと言いますと、 それはそれは快適です! 軽くてとても優しいつけ心地。 肌がカサカサせず反対にベタベタもしません。 耳のゴムさえ痛くないようにつければずっとつけていられます。 なんと嫌な臭いもありません。 本当にオススメのマスクです。 最後に絹について、少しその良さを書いておこうと思います。 絹が体に良いというのは良く知られています。 私が一番身近に知っているのは 靴下の重ねばき! 肌に接する一番下にシルク、次に綿、次にシルク、次に綿かウール、というように天然素材のものを絹と交互に重ねることで、 毒を吸い出し、さらに保温効果があると言われています。 私はあまり真面目じゃなくて履いたり履かなかったりなので劇的な効果は感じられないのですが、確かに温かいです。 そしてこれを履くようになって冷え性が治った、生理痛が治ったなど体の変化を感じる方の話もよく聞きます。 そして憧れの シルクパンティも私の愛用品の1つ。 ふんどしパンツを手作りして履いていますが、ガーゼ素材とシルク素材両方使っています。 他にも シルクのタンパク質は人間の皮膚の組織ととても近い成分でできているので、他の素材に比べて肌になじみます。 摩擦を起こさず潤いもあるので、それが肌に良いと言われる所以でしょう。 などなど改めてシルクの良さを見直した出来事でした。

次の

手作りマスク|縫わない・超簡単!キッチンペーパー、靴下も代用!?作り方まとめ

靴下 で マスク の 作り方

靴下でマスクを手作り 作り方動画 靴下でマスクを手作りする海外の動画です。 「世界一簡単な布マスクの作り方動画」 最初から最後まで、たった2分で手作りマスク完成です。 ゴム紐も不要で、これなら耳あたりが柔らかで耳が痛くなりにくそうなのがいいなと思いました。 しかも!中にフィルター(動画ではペーパータオルのようです)も入れることができます。 端は切りっぱなしなので、 切った端ができるだけボロボロにほつれにくいような小さい編み目 というのかな? の靴下を使う方がいいですかね。 How to make a mask from socks! — Jayendra JayendrasPOV 靴下でマスクを作るって、動画を見ていかに簡単なのかはわかるのですが、実際やってみるまでには少し勇気がいるかもしれません。 靴下をちょん切るわけですから…。 でも、さっそく実際に靴下マスクを作ってらっしゃる方もみえます。 出来上がったのはなんと可愛い靴下マスク! 靴下の柄によっては、すごくキュートなマスクを作ることができますね。 作ってみました! 大人用には30cm以上の足の大きさ用のがいいと思います。 それ以下だと幅も長さも厳しそうです。 というツイートもありました。 マスクとして靴下を切る時、かかととつま先の部分は切り落とすので、そこを落とした状態での 幅と高さをカバーするためには、大きい靴下がいいようです。 靴下の素材や、顔の大きさによっても差はあるかと思います。 当り前すぎですが、靴下を一度切ってしまったら取り返しがつかないので、幅(長さ)は顔にあててしっかりチェックしてから切りましょう。 短く切り直すことはできるので、 長めに切っておくといいと思います。 新しい靴下で手作りする前に、家にある履き古した靴下で試して作ってみるのもおすすめです。 また、こちらの方はさらなる提案をしてくださっています。 動画ではマスクの材料に新品の靴下が使われていますが、要らないカットソーの袖やレギンスなど「筒状になっていてほつれづらく伸縮性のあるもの」であればハサミを入れるだけでマスクが作れるので、まずはおうちにあるもので試してみてください。 何かしらあるはずですからね、筒状になっている布。 — ちらいむ chilime なるほど~ですね。 カットソーなどはわりとほつれにくいように感じるので、長袖のカットソーを探してみようかな…と思います。 そして、素材にある程度の伸縮性が必要なので、レギンスはぴったりかもしれませんね。 靴下の手作りマスクを実際に作ってみました 実際に靴下マスクを作ってみることに。 まずは履き古した靴下で手作りすることにしました。 つけてみると、意外とサイズもぴったりでフィット感があります。 ペーパータオルも入れてみましたが、呼吸は別に苦しくないです。 特にいいのは耳にかける部分の当たりが柔らかくて、痛くなりにくそうなところ。 細くても丈夫です。 作って着けてみて、靴下マスクは使い心地的には満足です。 もしよかったら、まずはお家にある靴下で作ってみてください。 手作りマスクは必要だけど不器用で縫えない人、作る時間のない人や男性でも簡単にマスクを作ることができる、このアイデアは本当に素晴らしいです。 こんな風に、みんなで知恵を出し合って乗り越えていくのですね。 靴下の手作りマスクについて調べている時に、新しい靴下を無残にちょん切ることに抵抗を感じる、靴下にすまない気持ちになる…といったような言葉を目にしました。 物を大切に思う優しい気持ちを感じ、ちょっと涙目になってしまいました。 靴下に感謝してハサミを入れたい….

次の

簡単なマスクの作り方、手作りマスクは靴下を4回切るだけ!苦手な人でも簡単にできる靴下マスクを作ってみよう

靴下 で マスク の 作り方

【Tiktok】靴下マスクの作り方は?バズった動画は? tiktokで靴下マスクが流行中です! そこで今回は! 【Tiktok】靴下マスクの作り方は?バズった動画は?についてみていきます。 【Tiktok】靴下マスクの作り方は? tiktokで靴下マスクがバズっていました。 果たしてその作り方はどうなっているのでしょう。 調べてみたところ、靴下をハサミで四回切るだけで作れるそうです。 参考記事はこちら 【Tiktok】靴下マスクのバズった動画は? tiktokではやったにはやはり靴下マスクを作った動画がバズったということですね。 その動画のリンクはどこにあるのでしょう。 調べてみたところ、以下の動画のようです。 とても綺麗に作られています… 白靴下や黒靴下だと洗い流せる薄い布マスクですので、これは重宝しそうです。 それよりは、残りが隙間とかの掃除に使えて良かったです ====================。。。 :GUとユニクロから靴下無くなる ==================== やなぎ:すごいと思うけど靴下って縫い目荒いイメージだけど感染予防に役立つの? ==================== みつ:マスクの効果ある?ってひとめっちゃおるけど、コロナ対策としては自分の飛沫を人に浴びせてしまうのを防ぐのと、自分の汚い手で目とか鼻とか直接触らないためだよ?😳 ==================== Kan:マスクは、飛沫感染さえ防げればいいって言う話であって、なんかコロナウイルスを勘違いしてる人多すぎて草しか生えん ==================== maw🚺:マスクないから作ろうと思ったけど、靴下あまり持ってなさすぎて全部なくなって、しまいには裸足生活になります私でございますが、、www ==================== 【Tiktok】靴下マスクの作り方は?バズった動画は? まとめ いかがだったでしょうか! 今回は【Tiktok】靴下マスクの作り方は?バズった動画は?について記事を書きました。 それではまた別の記事でお会いしましょう。

次の