ディズニーランド 混雑 予想 2020。 2020年ディズニー8月夏休みの混雑は?イベント日程やお盆休みも!

2020年1月 ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想&待ち時間 Disney Colors|クロロのディズニー混雑予想&ディズニーブログ

ディズニーランド 混雑 予想 2020

【ディズニーイースター】開催時期 まずは、ディズニーランドとディズニーシー、それぞれのイースター開催時期を紹介していきます。 ディズニーランド 実は、来年2020年のディズニーランドでの イースターイベントの開催はないんです! 4月15日に美女と野獣やベイマックスのアトラクションがある新エリアがオープンするので、その関係でイースターは開催しないのでしょう。 もちろんディズニーファンとして、 新エリアのオープンはとても楽しみですが、正直春のメインイベントが開催されないのは かなりショックです。 また、七夕のイベントもなく、ハロウィンイベント 9月11日~11月1日開催 まで大きなイベントは開催されないそうです。 ディズニーシー ディズニーシーは例年通りイースターイベントを開催します。 開催期間は3月27日~6月12日です。 イベント内容は2019年同様、うさぴよが主役になる「Tip-Top イースター」が再演されますが、ディズニーランドでのイースターが開催されないとなるとかなりの混雑が予想されます。 【イースター開催中】各月の混雑予想 では、ディズニーランド・シー、それぞれの混雑はどうなるでしょうか? 天候やイベントを考慮しながら考えていきたいと思います。 4月のディズニーの混雑状況 4月は新学期に入り、環境も変わる時期でもあります。 暖かくはなりますがまだ肌寒く、 例年通りであればあまり混雑しないのですが、どうなるのでしょうか。 ディズニーランド ディズニーランドは 4月15日に新エリアのオープンを予定しており、 15日以降は混雑が予想されます。 イースターイベントは開催されないものの新エリアオープン目当てで来園客が増えることが予想されます。 ディズニーシー ディズニーランドでのイースターイベントが開催されないので、 イベント目当てのゲストはシーに来園しそうです。 2019年のイースターイベント「Tip Top イースター」は子供向けの内容となっており、2020年も同じイベント内容が再演されるので、 子供連れのゲストの多くはシーに集中すると予想されます。 5月のディズニーの混雑状況 5月はGWも多く、 毎年たくさんの方が訪れます。 気温も高くなり、日中は過ごしやすいですが、夜は寒く感じることが多いので、羽織るものを持っていくといいでしょう。 ディズニーランド 4月同様、イベントはありません。 しかし、GWを使って遠方から来園する方の多くは、新エリアのあるディズニーランドの来るのではないでしょうか。 初登場となるベイマックスのアトラクションなど、子どもが楽しめるエリアが多いので、 GW中はかなりの混雑が予想されます。 ディズニーシー 4月から引き続きイースターイベントを開催しています。 ディズニーランド同様GW中はかなりの混雑が予想されますが、 GWを過ぎるとそこまでゲストは多く来園しません。 これはディズニーランド・シー、どちらにも言えることですが、大型連休の直後は駐車場も閑散として、来園客が少なくなるんです。 もちろん待ち時間が全くないというわけではないですが、普段の平日よりは空いているでしょう。 待つのが嫌な方は5月のGW直後に行くことをおススメします。 6月のディズニーの混雑状況 6月は梅雨時期になり、天候が安定しません。 また連休や祝日もなく、ディズニーの閑散時期といっても過言ではありません。 しかし、 絶対空いてると言えないのがディズニーなんですよね… ディズニーランド 引き続きイベントはありませんが、6月4日からベイマックスのグッズや限定メニューが販売されます。 新エリアを記念したベイマックスのグッズが販売されるので、グッズ目当てのファンが多く訪れそうです。 しかし、目立ったイベントがあるわけではないので、 引き続き空いていると予想されます。 ディズニーシー イースターが6月12日まで開催されているので、 多少混雑するでしょう。 イベントの見納めに訪れる方も少なくないと思います。 また、6月4日から「ダッフィーのサニーファン」が始まり、大人気のダッフィーフレンズのグッズが販売されます。 ディズニーランド同様、 グッズを買い求めて来園する方が多そうですね。 2020年春【イースター】ディズニー混雑状況|まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は2020年春【イースター】ディズニーの混雑状況予想をご紹介しました。 来年2020年は例年よりも春のイベントが少なく、がっかりされた方も多いかもしれません。 新エリアオープンに伴い、ディズニーランド・シーそれぞれれの混雑も例年とは異なってくると思います。 こちらの記事を参考にして、来園の春ディズニーを楽しんでいただけたらと思います。 あわせて読みたい:.

次の

【2019

ディズニーランド 混雑 予想 2020

【ディズニーイースター】開催時期 まずは、ディズニーランドとディズニーシー、それぞれのイースター開催時期を紹介していきます。 ディズニーランド 実は、来年2020年のディズニーランドでの イースターイベントの開催はないんです! 4月15日に美女と野獣やベイマックスのアトラクションがある新エリアがオープンするので、その関係でイースターは開催しないのでしょう。 もちろんディズニーファンとして、 新エリアのオープンはとても楽しみですが、正直春のメインイベントが開催されないのは かなりショックです。 また、七夕のイベントもなく、ハロウィンイベント 9月11日~11月1日開催 まで大きなイベントは開催されないそうです。 ディズニーシー ディズニーシーは例年通りイースターイベントを開催します。 開催期間は3月27日~6月12日です。 イベント内容は2019年同様、うさぴよが主役になる「Tip-Top イースター」が再演されますが、ディズニーランドでのイースターが開催されないとなるとかなりの混雑が予想されます。 【イースター開催中】各月の混雑予想 では、ディズニーランド・シー、それぞれの混雑はどうなるでしょうか? 天候やイベントを考慮しながら考えていきたいと思います。 4月のディズニーの混雑状況 4月は新学期に入り、環境も変わる時期でもあります。 暖かくはなりますがまだ肌寒く、 例年通りであればあまり混雑しないのですが、どうなるのでしょうか。 ディズニーランド ディズニーランドは 4月15日に新エリアのオープンを予定しており、 15日以降は混雑が予想されます。 イースターイベントは開催されないものの新エリアオープン目当てで来園客が増えることが予想されます。 ディズニーシー ディズニーランドでのイースターイベントが開催されないので、 イベント目当てのゲストはシーに来園しそうです。 2019年のイースターイベント「Tip Top イースター」は子供向けの内容となっており、2020年も同じイベント内容が再演されるので、 子供連れのゲストの多くはシーに集中すると予想されます。 5月のディズニーの混雑状況 5月はGWも多く、 毎年たくさんの方が訪れます。 気温も高くなり、日中は過ごしやすいですが、夜は寒く感じることが多いので、羽織るものを持っていくといいでしょう。 ディズニーランド 4月同様、イベントはありません。 しかし、GWを使って遠方から来園する方の多くは、新エリアのあるディズニーランドの来るのではないでしょうか。 初登場となるベイマックスのアトラクションなど、子どもが楽しめるエリアが多いので、 GW中はかなりの混雑が予想されます。 ディズニーシー 4月から引き続きイースターイベントを開催しています。 ディズニーランド同様GW中はかなりの混雑が予想されますが、 GWを過ぎるとそこまでゲストは多く来園しません。 これはディズニーランド・シー、どちらにも言えることですが、大型連休の直後は駐車場も閑散として、来園客が少なくなるんです。 もちろん待ち時間が全くないというわけではないですが、普段の平日よりは空いているでしょう。 待つのが嫌な方は5月のGW直後に行くことをおススメします。 6月のディズニーの混雑状況 6月は梅雨時期になり、天候が安定しません。 また連休や祝日もなく、ディズニーの閑散時期といっても過言ではありません。 しかし、 絶対空いてると言えないのがディズニーなんですよね… ディズニーランド 引き続きイベントはありませんが、6月4日からベイマックスのグッズや限定メニューが販売されます。 新エリアを記念したベイマックスのグッズが販売されるので、グッズ目当てのファンが多く訪れそうです。 しかし、目立ったイベントがあるわけではないので、 引き続き空いていると予想されます。 ディズニーシー イースターが6月12日まで開催されているので、 多少混雑するでしょう。 イベントの見納めに訪れる方も少なくないと思います。 また、6月4日から「ダッフィーのサニーファン」が始まり、大人気のダッフィーフレンズのグッズが販売されます。 ディズニーランド同様、 グッズを買い求めて来園する方が多そうですね。 2020年春【イースター】ディズニー混雑状況|まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は2020年春【イースター】ディズニーの混雑状況予想をご紹介しました。 来年2020年は例年よりも春のイベントが少なく、がっかりされた方も多いかもしれません。 新エリアオープンに伴い、ディズニーランド・シーそれぞれれの混雑も例年とは異なってくると思います。 こちらの記事を参考にして、来園の春ディズニーを楽しんでいただけたらと思います。 あわせて読みたい:.

次の

【混雑予想】東京ディズニーランド・ディズニーシー2020年1月

ディズニーランド 混雑 予想 2020

実は、 シーはランドよりキャパシティが小さいため、例年混みやすい傾向にあります。 しかし、2019年に限って言えば、例年以上にシーの方が混みやすい傾向にあると考えています。 これらはゲストが 「ランドかシーか」を選ぶ際の重要な判断条件になると思われます。 特に、パークに頻繁に来れない方にとって、今年はディズニーシーに行きたくなる条件が揃ってるんですよね。 以上のことから僕は、 2019年度はランドよりシーの方が混みやすい傾向にあると予想しています。 もちろん、不確定要素もあるので一概には言えませんが、本記事ではこの傾向を踏まえて各月を予想していこうと思います。 ディズニーランドの上半期は休止アトラクション複数 ディズニーランドでは、 2019年5月7日~9月3日の間、以下のアトラクションが運営休止となります。 2019年5月7日~9月3日の休止アトラクション ・スプラッシュマウンテン ・ウエスタンリバー鉄道 ・蒸気船マークトウェイン号 ・トムソーヤ島いかだ トムソーヤ島 ・ビーバーブラザーズのカヌー探検 4ヶ月の長期に渡るアトラクションの運営休止ってかなり珍しいです。 恐らく、該当アトラクションに隣接する「アメリカ河」の大掛かりなメンテナンスが行われるのだと予想しています。 この期間の混雑を考える上で注目すべきは、 人気アトラクションの1つ 「スプラッシュマウンテン」の長期運営休止です。 上記期間中のディズニーランドは、入場者数自体は減るものの、ゲストが休止アトラクション以外に分散することになるので、 最終的な平均スタンバイ時間は変わらない、または伸びると予想しています。 また、ディズニーシーを優先的に選ぶゲストが増えるため、 上記期間のディズニーシーは混雑する可能性が更に高くなることも注意しましょう。 2年ぶりの新規アトラクションの登場に「とにかく1度は乗っておこう!」という方は多いのではないかと思います。 これらの新要素により、2019年はシーを優先的に選ぶゲストが増え、例年よりも混雑する可能性が高いと言えます。 繁忙期には、狙いを絞ったパーク攻略を余儀なくされることも念頭に置いておきましょう。 ディズニーランドは2020年1月~3月でミニーの新規プログラムを開催! ディズニーランドでは、 2020年1月10日から3月19日までミニーマウスの新規プログラム「 ベリー・ベリー・ミニー!」が開催されます! イベント中はミニーを主役としたパレードや特別ショーが公演され、グッズや特別メニューも販売されるそうです!2018年3月にクローズした人気ショー「ミニー・オー!ミニー」を彷彿とさせる、ミニーちゃん三昧なイベントとなっています。 体力勝負 なお、本サイトの混雑予想は、パークイベントや季節、大型連休などの混雑因子と、我が家の経験則を踏まえて予想を行っておりますが、混雑状況を確約するものではありません。 例えば、大型連休や3連休は否応なしに大混雑しますし、その前後1週間はトリッキーな混雑状況になることも多いです。 また、悪天候や社会情勢の変化などで混雑に波があることも踏まえ、各人でご判断いただき、混雑の目安としてご利用いただきますようお願いいたします。 2019年4月のパーク混雑予想【ランド:B、シー:B】 パーク共通の混雑具合 4月のパークは例年の傾向として「プチ閑散期」だと言えます。 新年度の仕事始めや新生活などで忙しく、社会人・学生共にパークに来にくい状況の方が多いです。 卒業旅行シーズンである春休み 3月 と大型連休のゴールデンウィークに挟まれていることもあり、あえて4月に積極的にパークに来る人は多くはないと考えています。 予定を立てる際は注意が必要です。 4月のGW中の混雑は、以下の記事も参考にしてください。 参考記事: なお、 2019年4月8日~7月12日まで平日ディズニーがお得になる首都圏・静岡ウィークデーパスポートが発売されます。 ディズニーランドと同様で、 通年で見ると比較的空いている時期に該当します。 2019年のディズニーシーでは 「ディズニー・イースター」がイベントテーマを一新して開催されます。 イベントに目新しさがあるため、ランドよりは若干混雑する可能性がありますが、上述した新年度の忙しさもあって急激な混雑は発生しないと予想しています。 とは言うものの、近年は混雑を避けるためにGWのパーク入園をあえて控えるゲストも多く、 12月や3月の超繁忙期と比べると、そこまでの大混雑にはなっていません。 5月後半は混雑も落ち着いてきますが、多くの方が仕事や新生活も一段落し、パークに足を運ぶ余裕が出てくる時期です。 4月よりは平均的に混雑するようになるでしょう。 なお、 2019年5月~7月12日まで平日ディズニーがお得になる首都圏・静岡ウィークデーパスポートが発売されます。 ご注意ください。 ディズニーランドの混雑予想:Aランク 2019年5月のディズニーランドの混雑は 「Aランク」で繁忙期の混み具合になると予想しています。 上述した通り、ゴールデンウィークの影響や新生活の落ち着きもあり、4月より平均的に混雑するようになる見込みです。 2019年は ディズニーランドでの「ディズニー・イースター」が2年ぶりに開催されますが、目新しさよりもお馴染みのイベントという印象が強いです。 突発的な混雑が発生する可能性は少ないと考えています。 ランドと同様、上述したゴールデンウィークの影響や新生活の落ち着きもあり、4月よりも混雑する予想です。 2019年のディズニーシーでは 「ディズニー・イースター」がイベントテーマを一新して開催されています。 パークが空いていると思っていくと痛い目にあうので注意が必要です。 混雑の理由は恐らく、 6月開催の七夕などのイベントに注目が集まっていること、閑散期だと考えたゲストが狙って訪れていること、祝日が無くゲストが分散しにくいこと、などが考えられます。 ゲスト層は天候に運営が左右されにくい「アトラクション勢」が多い印象です。 アトラクションが全体的に混雑しやすくなることを念頭に置いておきましょう。 なお、 2019年6月~7月12日まで平日ディズニーがお得になる首都圏・静岡ウィークデーパスポートが発売されます。 特に6月は平日が空きやすいので狙い目です!利用可能な地域に在住、在学、在勤している方は、ぜひ活用してみてください! 参考記事: ディズニーランドの混雑予想:Aランク 2019年6月のディズニーランドの混雑は 「Aランク」で繁忙期の混み具合になると予想しています。 今年はスプラッシュマウンテンなどの長期休止期間と重なるため、パレードよりもアトラクションが全体的に混みやすくなると考えています。 なお、 2019年は「トイストーリー4」の公開を記念して「 ファンタイム・ウィズ・トイ・ストーリー4」が開催されています。 ディズニーランドでは、新キャラクター「フォーキー」の探索プログラム「 逃げ出したフォーキーを探せ」が開催されますが、直接的な混雑には繋がらないと予想しています。 ディズニーランドよりも混雑しやすい傾向にあると考えています。 2つのイベントの同時開催であり、なおかつディズニーシーで人気のダッフィーの新作夏イベントなので、例年以上のゲストが集まると予想しています。 また、 ランドがスプラッシュマウンテンなどの長期休止期間に入っているため、シーのゲストがさらに増える可能性があります。 なお、ランドと同様に 2019年6月14日から「 ファンタイム・ウィズ・トイ・ストーリー4」が開催されます。 しかし、シーではフォーキー配布と細やかなフォトロケーションのみですので、 混雑にはほぼ影響しないと考えています。 恐らく、テスト期間や部活動の大会前で多くの学生が忙しいこと、夏休み本番の8月以降に予定を立てる人が多いこと、などが原因として考えられます。 また、 7月20日 土 から夏休みに入る学生が多く、8月に近づくにつれて平日・休日問わずに混雑していきます。 それ以外の日にち 特に平日 は混雑しにくいので、 7月は七 夕・夏イベントの両方を楽しむのにおすすめの月でもあります。 参考記事: 参考記事: 参考記事: なお、 2019年7月12日までは平日ディズニーがお得になる首都圏・静岡ウィークデーパスポートが発売されます。 7月9日から夏イベントが開催されるため、一足先に夏ディズニーをお得に楽しみたい方におすすめです!利用可能な地域に在住、在学、在勤している方は、ぜひ活用してみてください! 参考記事: ディズニーランドの混雑予想:Bランク 2019年7月のディズニーランドの混雑は 「Bランク」で標準的な混み具合になると予想しています。 同じ混雑度Bランクである4月と同様、 通年で見ると比較的空いている期間に該当すると考えられます。 今年は夏イベントが新しくなり、 7月9日から「ドナルドのホット・ジャングル・サマー」が開催されます。 シンデレラ城前の特設ステージで開催されるキャッスルショーが6年ぶりに復活することもあって、例年よりショー人気が高くなると予想しています。 以下で説明する通り、2019年7月のディズニーシーは盛りだくさんな月になるので、 変則的な混み具合になると予想しているわけです。 7月下旬の夏休みが始まったころから徐々に混み始め、ディズニーシーについては一時的なMAX繁忙期を迎えるでしょう。 当然のことながら、8月は夏休み期間中なので学生ゲストが多く、 平日・休日を問わず分散して混雑します。 また、 お盆休み期間(8月10~18日)は例年大混雑で、そのまま8月後半になるにつれて、夏休み最後の駆け込み需要などで混雑が大きくなる傾向にあります。 なお、1日の混雑の流れとして、 アトラクションが特に混みやすく、日が長いこともあって朝一から夜遅くまで混雑は解消されにくいです。 今年は 新しい夏イベント「 ドナルドのホット・ジャングル・サマー」が開催されますが、ディズニーシーにも新アトラクション「ソアリン」や新ショー「ソング・オブ・ミラージュ」など新要素が多く、 ディズニーランド単体で見た混雑具合は例年通りになると考えています。 上述の通り、8月はアトラクションが特に混みやすいのですが、 今年はスプラッシュマウンテンの休止期間と重なっています。 他のアトラクションへの皺寄せで、突発的にスタンバイ時間がかなり長くなる可能性もあるので、体調管理には十分注意してください。 言わずもがな、 8月のディズニーシーも平日・休日問わず大混雑するMAX繁忙期です。 7月後半の新アトラクション・ショーのオープンを皮切りにした大混雑が、8月中はそのまま続くことが予想されます。 2019年9月のパーク混雑予想【ランド:A、シー:A】 ディズニーランド・シーの詳細な混雑予想! 8月の混雑が落ち着いたのも束の間、 独特な混み方をするのが9月です。 高校生以下は夏休みが終わり新学期が始まりますが、大学生は9月中も夏休みが続いており、平日も地味に混雑します。 しかし、結果としてゲストが上手い具合に分散されることとなり、 平日・休日共に混み過ぎず空き過ぎないのが9月の混み方です。 ただし、3連休が2週連続となるシルバーウィークについては、 それぞれの3連休の 初日と中日が大混雑し、入園制限がかかる可能性があるので注意してください。 なお、9月から今年もランド・シーの両方でハロウィーンイベントが始まります。 例年大人気のイベントですが、本格的に盛り上がるのは10月です。 少しでも空いているパークが良い方は、9月中の3連休を避けて行くことをおすすめします。 秋らしく過ごしやすい気候なこともあって、 9月よりも多くのゲストがパークに訪れるようになります。 学生も社会人も新しい期が始まって忙しく、多くのゲストが休日にパークに訪れようと考えるため、平日と休日の混雑具合に大きな差が出始めます。 平日は比較的のんびりした混雑具合ですが、 休日はほとんどがAランク以上の混み具合となるため注意が必要です。 唯一の3連休である「体育の日」は、 初日と中日の混雑に注意してください。 また、10月22日 火 の祝日「即位礼正殿の儀」についても、 その前段である 10月19日 土 ~21日 月 に混雑が集中すると思われます。 飛石連休の平日となる10月21日 月 も休日並みの混雑が予想されるので、平日と考えて予定を組まないことをおすすめします。 ちなみに、 ハロウィーン当日である10月31日は、例年そこまで混雑していません。 今年は平日ということもあり、仮装目的のゲストの方以外は、比較的のんびりとパークを楽しめると思います。 今年も同レベルの混雑が見込まれるので、予定を立てている方は注意してください。 寒さが厳しくなるシーズンです。 屋外での長時間スタンバイやショー・パレード待ちはごっそり体力を奪っていきます。 それに加えて、冬休みや年末 大晦日 など、 後半に向かうにつれて大きく混雑すると予想しています。 12月上旬の混雑はそれほど大きくありませんが、中旬になるにつれて徐々に大きく混みだしてきます。 また、今年のクリスマスやクリスマスイブは平日であることもあり、その前後に分散するように混雑が見られると予想しています。 この期間はイベントが何もやっていないため、アトラクションの待ち時間が伸びやすいことにも注意してください。 12月のパークはまさに極寒です。 スタンバイやパレード待ちだけでなく、屋外を移動しているだけでもごっそり体力が奪われてしまいます。 以下の記事も参考に冬のパークの心得を理解し、しっかり準備した上で楽しむようにしてくださいね!.

次の