ジャイ 子 名前。 人名(西アフリカ)

「ジャイってなんジャイー!」と荒ぶるあっちゃんと怯えるT

ジャイ 子 名前

ジャイ子とは、「」のである。 は「クリスチーネ剛田」。 本名は不明(後述)。 ~ のは。 概要 ことので、体形の。 初期は木の枝に引っかかったを見て 「だ、ガハハ」と笑うなど性悪な性格だったが、次第に穏やかな性格へと変化し、後期はを夢見る純なという設定へと変わった。 実はをしていたが、を経て路線の作に転向している。 「でトレ」を機にクリスチーネ剛田名義での活動を開始。 「どれもこれも、のまねじゃないの。 」とを出すことに苦心しながらも、「 シモ」を雑誌「」に。 惜しくも入賞は逃したもののをうならせた。 「のビオレッタ」では初めてのを自費出版。 その後は茂手もて男というも見つけ、彼の編集するに寄稿するなど着実にとしての活動の場を広げつつある。 は本来とするはずだったが、が来たことでとするへと変わった。 そう考えれば、何気に本作設定の根幹に関わる重要なである。 本名 有名な話だが、ジャイ子は 本名ではなくあだ名。 の「ジャイ子」呼びも称である。 死没当初は「そのうち書くつもりだったが(死去で)書かれなかっただけ」といわれていた。 だが没後10年に、「本名を表すると、同じ名前のがでられるかもしれない」という子の配慮で開されなかったことを関係者が明かした。 は特殊な庭事情がない限り、同様「」と思われる。 関連動画 関連静画 関連商品 関連項目•

次の

ドラえもんの「ジャイ子」だけ本名(名前)が明かされていない驚愕の理由とは!?|都市伝説

ジャイ 子 名前

子がつく名前の由来ですが、女の子に「子」がつく名前を使い始めたのは、なんと平安時代からです。 約1200年も前から使われているなんて驚きですよね。 使い始めは、嵯峨天皇が初めだそうです。 嵯峨天皇が自分の娘達に「子」がつく名前を付け始め現代の女性皇族の方々まで「子」を使われ続けています。 大昔は高貴な方々のみが「子」を使い平民達は恐れ多くて使えなかったそうですが、時代と共に一般女性にも「子」がつく名前が使われるようになり現代は今風の名前の一部として使われています。 由来を知ると「子」に対するイメージや意味の持たせ方も変わってきますよね。 また、「子」の意味としてはじめから(一から)おわりまで(了まで)という意味もあるそうです。 名前に「子」がつくのは一般的に女の子に多いのですが、男の子の名前にも使われます。 名前の最後に「子」がつく場合は少ないですが、読みを「こ」ではなく「し」で使う場合が多いようです。 例えば、けんしろう「賢子朗」やこうしろう「光子郎」で三文字の間に「子」を挟むパターンや、しおん「子温」やしげん「子玄」といった最初に「子」を持ってくる二文字パターンがあります。 最後に「子」がつくような場合も「し」と読んで、しんじ「真人」やたいし「太子」といった名前もあります。 あげさせてもらった名前だけでも今風のものが多いですよね。 男の子に「子」がつく場合は、意味として女の子と同様に子を成せるようにといった意味も感じます。 また、「し」と読むと男子の敬称という意味もあります。 別途、「子」の意味としてはじめから(一から)おわりまで(了まで)という意味もあるので、光子郎君と名付けた場合は、はじめからさいごまで光輝くようにといった意味を読み取れますよね。 男の子の名前に子を使っても素敵ですよね。 今風の名前をア行から順に一覧でご紹介します。 響きが良い名前が多く二文字・三文字・四文字関係なくかわいいです。 意味を持たせ充て字を使うケースも多いです。 あこ(亜子) あおこ(青子・碧子) あみこ(亜美子・亜実子) うたこ(詩子・宇多子) おうこ(央子・桜子) かおるこ(薫子・香子) かこ(佳子・香子) かのこ(香乃子・佳乃子) かやこ(佳也子・佳矢子・香弥子) きこ(希子・紀子) きいこ(希衣子・喜以子) きさこ(妃佐子・喜佐子) きょうこ(杏子) こうこ(虹子・幸子) ことこ(琴子) さあこ(沙亜子) さえこ(冴子・紗子・小枝子・紗栄子) さくらこ(桜子) さやこ(彩也子・佐弥子・小夜子) しいこ(椎子) しきこ(詩季子) しなこ(詩菜子) たまこ(珠子・多摩子) つきこ(月子・津喜子・津紀子) とうこ(塔子・冬子) とわこ(十和子・永久子・登和子) ななこ(奈々子・奈那子・菜々子) ののこ(野々子・野乃子) ひなこ(日名子・妃奈子・日南子・日向子) ほのこ(穂乃子・歩乃子) まあこ(真亜子) まいこ(舞子・麻衣子・舞衣子) まほこ(真帆子・真穂子) まやこ(麻弥子・摩耶子・真耶子) まりこ(麻里子・鞠子) みいこ(美位子・美伊子・美衣子) みおこ(未央子・末央子・澪子・美央子) みやこ(都・美也子・美弥子) みわこ(実和子・巳和子) めいこ(芽衣子・明子・芽依子) もえこ(萌子・もえ子) ややこ(也哉子) ゆいこ(唯子・由比子・由依子) ゆめこ(夢子・弓芽子) りえこ(莉恵子・梨恵子) りほこ(里穂子・理穂子・莉穂子) りよこ(利代子・理代子・里代子) りりこ(凛々子・梨々子・理々子・莉々子・里利子) りんこ(凛子・りん子) るいこ(留衣子・瑠衣子・留以子・類子) 定番の名前をア行から順に一覧でご紹介します。 定番だと二文字・三文字の名前が多く四文字はほとんど無いです。 また、お家の由来を感じるような名前もあります。 あいこ(愛子・藍子) あみこ(亜美子・亜実子) あやこ(綾子・亜矢子・彩子・絢子・史子) あゆこ(亜由子・亜佑子・亜優子) いくこ(郁子・育子・生子) うたこ(歌子・唄子・詩子) うみこ(海子) えりこ(恵理子・絵里子・江里子・絵理子) かえこ(加枝子・佳恵子) かおるこ(薫子・香子) かなこ(可奈子・加奈子・可南子) かほこ(香保子・佳保子・佳穂子) かやこ(佳也子・佳矢子・香弥子) きさこ(妃佐子・喜佐子) きしこ(貴志子・喜志子) こうこ(虹子・幸子) さえこ(冴子・紗子・小枝子・紗栄子) さとこ(聡子・智子・里子) さやこ(彩也子・佐弥子・小夜子) さよこ(小夜子・佐代子・佐世子) さわこ(佐和子・左和子・沙和子) しきこ(志貴子・式子) しづこ(志津子・志都子) そのこ(園子・苑子) たまこ(珠子・多摩子) ちさこ(千佐子・智佐子・千砂子) ちほこ(千穂子・千保子・千帆子) つきこ(月子・津喜子・津紀子) とうこ(塔子・冬子) とわこ(十和子・永久子・登和子) 定番の名前、ナ行から続きます。 ななこ(奈々子・奈那子・菜々子) ののこ(野々子・野乃子) ひなこ(日名子・妃奈子・日南子・日向子) まいこ(舞子・麻衣子・舞衣子) まやこ(麻弥子・摩耶子・真也子・真弥子・真耶子) みいこ(美位子・美伊子・美衣子) みおこ(未央子・末央子・澪子・美央子) みかこ(美香子・美佳子・美加子・実日子・未華子) みやこ(都・美也子・美弥子) みわこ(美和子・実和子) めいこ(芽衣子・明子・芽依子) ももこ(桃子・百々子) ゆいこ(唯子・由比子・由依子) ゆりこ(由里子・百合子・由利子・友里子) りかこ(里佳子・梨香子・理香子・利佳子) りさこ(莉莎子・吏佐子・理佐子) りほこ(里穂子・理穂子・利穂子) りよこ(利代子・理代子・里代子) りりこ(凛々子・梨々子・理々子・莉々子・里利子) るりこ(瑠璃子・瑠利子・瑠理子) 三文字の名前をア行から順に一覧でご紹介します。 三文字の名前は今風というより親しみのあるかわいい名前が多く由来のある人物の名前も多いです。 あいこ(愛子・藍子) あみこ(亜美子・亜実子) あやこ(綾子・亜矢子・彩子・絢子・史子) うたこ(歌子・唄子・詩子) かえこ(加枝子・佳恵子) かほこ(香保子・佳保子・佳穂子) かやこ(佳也子・佳矢子・香弥子) きさこ(妃佐子・喜佐子) きしこ(貴志子・喜志子) こうこ(虹子・幸子) さえこ(冴子・紗子・小枝子・紗栄子) さとこ(聡子・智子・里子) さやこ(彩也子・佐弥子・小夜子) さよこ(小夜子・佐代子・佐世子) さわこ(佐和子・左和子・沙和子) しきこ(志貴子・式子) そのこ(園子・苑子) ちさこ(千佐子・智佐子・千砂子) ちほこ(千穂子・千保子・千帆子) つきこ(月子・津喜子・津紀子) とうこ(塔子・冬子) ときこ(登紀子・時子・登喜子) とわこ(十和子・永久子・登和子) 三文字の名前、ナ行から続きます。 なつこ(奈津子・夏子・那津子) ななこ(奈々子・奈那子・菜々子) なほこ(菜穂子・奈保子・七穂子) ののこ(野々子・野乃子) ひなこ(日名子・妃奈子・日南子・日向子) ふゆこ(芙由子・冬子・布由子) ほのこ(保野子) まあこ(真亜子) まいこ(舞子・麻衣子・舞衣子) まほこ(真帆子・真穂子) まやこ(麻弥子・摩耶子・真也子・真弥子・真耶子) みいこ(美位子・美伊子・美衣子) みおこ(未央子・末央子・澪子・美央子) みかこ(美香子・美佳子・美加子・実日子・未華子) みやこ(都・美也子・美弥子) みわこ(美和子・実和子) めいこ(芽衣子・明子・芽依子) もえこ(萌子・もえ子) ももこ(桃子・百々子) もよこ(茂代子・もよ子) ややこ(也哉子) りかこ(里佳子・梨香子・理香子・利佳子) りさこ(莉莎子・吏佐子・理佐子) りほこ(里穂子・理穂子・利穂子) りよこ(利代子・理代子・里代子) りりこ(凛々子・梨々子・理々子・莉々子・里利子) りんこ(凛子・りん子) 音が重なる名前をア行から順に一覧でご紹介します。 音が重なると今風に感じるのはもちろん、呼んだ時の名前の響きが素敵でかわいいです。 ささこ(沙ヶ子) ささこ(紗佐子) ささこ(砂佐子) ささこ(紗ヶ子) ななこ(奈々子) ななこ(菜々子) ななこ(奈那子) ななこ(七虹子) ねねこ(寧々子) ねねこ(寧音子) ねねこ(音々子) ねねこ(祢音子) ののこ(野乃子) ののこ(埜々子) ののこ(乃ノ子) ののこ(のの子) みみこ(美海子) みみこ(美々子) みみこ(未々子) みみこ(実々子) ももこ(桃子) ももこ(百々子) ももこ(モモ子) ももこ(萌々子) ゆゆこ(由之子) ゆゆこ(優々子) ゆゆこ(結々子) ゆゆこ(唯々子) ららこ(羅々子) ららこ(來々子) ららこ(礼々子) ららこ(ララ子) りりこ(凛々子) りりこ(里利子) りりこ(莉々子) りりこ(凜々子) るるこ(瑠々子) るるこ(琉々子) るるこ(流々子) るるこ(るる子) 男の子の名前に子が入る名前を一覧でご紹介します。 男の子の場合、三文字や五文字が多く四文字が少ないのが特徴です。 男の子の名前に「子」が入っていると名前の意味や由来を考えてしまいますね。 けんしろう(謙子郎) けんしろう(健子郎) けんしろう(剣子郎) けんしろう(研子郎) けんしろう(賢子郎) けんしろう(憲子郎) けんしろう(顕子郎) けんしろう(堅子郎) こうしろう(高子郎) こうしろう(幸子郎) こうしろう(孝子郎) こうしろう(航子郎) こうしろう(倖子郎) こうしろう(恍子郎) こうしろう(耕子郎) こうしろう(功子郎) きょうしろう(杏子郎) きょうしろう(匡子郎) きょうしろう(京子郎) きょうしろう(享子郎) きょうしろう(恭子郎) たいし(太子) たいし(泰子) しおん(子音) しおん(子薗) 子を「こ」以外の読み方で使う名前を一覧でご紹介します。 「こ」と読まず、他の読みとして子を使う場合は、子という漢字に深い意味を持たせているように感じます。 子を「し」と読む名前 つくし(都玖子) しき(子稀) しま(子麻) かしい(華子依) つしま(津子麻) としみ(杜子美) にしき(仁子希) ほし(星子) みしま(美子麻) よしみ(世子美) 子を「す」と読む名前 あすみ(阿子実) あすみ(亜子美) あすみ(愛子美) かすみ(香子美) かすみ(花子美) かすみ(佳子美) かすみ(加子実) はすみ(波子美) はすみ(葉子美) はすみ(羽子美) 子を「ね」と読む名前 ことね(琴子) ことね(琥杜子) ことね(小杜子) ことね(子翔音) おとね(音子) おとね(緒都子) おとね(乙子) おとね(緒翔子) ねねみ(音子美) ねねみ(寧子美).

次の

【一生】名前の『子』の由来と込められた意味

ジャイ 子 名前

ジャイアンの妹ジャイ子は漫画家を目指す女の子です。 ジャイ子にはその呼び名とは別に本名があるものの、どんな名前なのかは不明。 ただ、ファンの間でいくつかの名前の候補が出ています。 ファンに本名と考えられている名前はなんでしょうか? 今回は、 「ドラえもん」に登場するジャイ子の本名候補と、本名が明かされない理由6つについてご紹介していきます。 1.「ドラえもん」に登場するジャイ子の本名候補4つ のび太やしずかちゃんなど他の子どもキャラはフルネームがきちんと設定されているのに対し、ジャイ子の本名は明らかになっていません。 ですが「ドラえもん」の根強いファンの分析により、いくつかの名前が本名の候補として挙げられています。 一体どんな名前なのでしょうか? それでは、 「ドラえもん」に登場するジャイ子の本名候補についてご紹介していきます。 そのスケッチブックに 「剛田香」と書かれていたとの証言がネット上で多くみられます。 スポンサーリンク 「かおる」や「かおり」といった読み方がありますが、この説を支持するファンの間では「かおり」で定着しています。 今では「ジャイ子の本名は香」と認識しているファンも多く、この名前はジャイ子の本名としてかなりの有力候補です。 しかしきちんとした証拠が見つかっていないのも事実。 よって噂の域を出ていません。 なお、藤子・F・不二雄先生の別作品「キテレツ大百科」のブタゴリラの本名は 熊田薫 かおる です。 ジャイアンポジションの彼の本名が、その女性的な響きからジャイ子の本名としてファンに記憶されてしまった可能性も否めません。 どこから「愛子」という名前が出てきたかは不明ですが、ジャイ子の執筆した漫画の1つに 「愛フォルテシモ」という作品があったので、そこから「愛子」説が生まれた可能性があります。 「ドラえもん」ファンでない人にも「モタ子」説を信じている人がいることから、決してマイナーな本名候補でないことがわかります。 これは「ドラえもん」単行本第3巻の「ああ、好き、好き、好き!」に登場した女の子、 ボタ子の名前が元となっています。 ボタ子はジャイ子と瓜二つのおかっぱ頭の女の子。 やや乱暴な言動が目立つボタ子ですが、ジャイ子本人も連載初期は男勝りでしたね。 よってボタ子とジャイ子が同一人物と考えるファンもいます。 「モタ子」説から派生したものでしょうか? ジャイ子は漫画を描くのが好きなですから、絵とつなげて画家の モネからとった可能性もありますね。 「ドラえもん」のジャイ子の本名が明かされない理由2つ のび太だけでなく、スネ夫やしずかちゃんもフルネームが明かされています。 ジャイ子の兄ジャイアンもです。 ではどうしてジャイ子の本名は作中で明かされていないのでしょうか? それでは、 「ドラえもん」のジャイ子の本名が明かされない理由についてご紹介していきます。 決していい加減な説ではなく、このようなことが根拠として挙げられます。 のび太たちだけでなく家族も「ジャイ子」と呼んでいる• 病院のベッドのネームプレートに「剛田ジャイ子」と書かれていた• 兄ジャイアンのあだ名が「 ジャイ子の あん 兄 ちゃん」からきているという説がある 兄のジャイアンや母親ですら、彼女を呼ぶ時はいつも「ジャイ子」と呼んでいます。 その上入院した時病院のベッドにも「ジャイ子」と記入されたとなると、「本名ジャイ子説」は濃厚に見えます。 これは藤子先生の死から10年後に放送されたドキュメンタリー番組「ドラえもん誕生物語 ~藤子・F・不二雄からの手紙〜」で明かされたことです。 似たような例で「DEATH NOTE」原作者の大場つぐみさんも、「同じ名前の人がいじめられないように」と、主人公に夜神月 ライト という風変わりな名前をつけたというエピソードがありますね。 ジャイ子は外見があまり可愛くないのに加え、いじめっ子の妹というポジションなので読者に良い印象を与えにくい立場のキャラクターです。 まして連載初期は兄同様粗暴な性格でしたから、なおさらですね。 スポンサーリンク 兄ジャイアンと同じ名前の子もいじめられそうですが、ジャイ子の場合は女の子ということもあって「いじめられないように」との配慮がなされた可能性が高いです。 こうした配慮をしていた一方で、生前周囲に「そのうち作中でジャイ子の本名を出す」と話していた藤子先生。 結局ジャイ子の本当の名前は明かされないまま、藤子先生はこの世を去ってしまいました。 まとめ いかがでしたか? 今回は 「ドラえもん」に登場するジャイ子の本名候補と、本名が明かされない理由6つについてご紹介しました。 本名は「香」というのがメジャーな説でしたが、他にも候補があったのですね。 残念ながら、いずれもファンの間で語られる都市伝説に過ぎません。 藤子先生の「いつか作中でジャイ子の本名を出す」という発言から、本名自体は存在しているのは確かです。 しかし藤子先生が亡くなってしまった今、それは永遠の謎となってしまいました。 ちなみにフランス語翻訳版の「ドラえもん」では、ジャイ子は 「Giannette」 ジャネット という名前で登場します。 この名前は「Jeannette」と書くのが一般的ですが、ジャイアンのフランス名「Giant」 ジャン と名前を似せることで、兄妹関係にあることをわかりやすくしています。

次の