福島 県 ニュース。 福島県

福島県

福島 県 ニュース

東京電力は10日、福島第1原発2号機の使用済み核燃料プールからの燃料の取り出しに向け、事故後初めて内部を調査した。 遠隔操作の水中ロボットを使ってカメラでプール… (2020年06月10日 21:51)• 福島県南相馬市立原町第二中学校の生徒約220人が9日昼、校庭に「ニコニコ」の笑顔マークの人文字をつくった。 同じ頃、上空を飛行してス… (2020年06月10日 15:34)• 新型コロナウイルス感染拡大の影響で観光や外食産業が落ち込む中、福島牛の価格が大幅に下落し、生産農家たちが苦境に立たされている。 東京電力福島第1原発事故による風… (2020年06月10日 15:33)• 南相馬市立原町第二中学校の生徒約220人が9日昼、校庭に「ニコニコ」の笑顔マークの人文字をつくった。 同じ頃、上空を飛行してスモーク… (2020年06月10日 11:30)• 新型コロナウイルス感染拡大の影響で観光や外食産業が落ち込む中、福島牛の価格が大幅に下落し、生産農家たちが苦境に立たされている。 東京電力福島第1原発事故による風… (2020年06月10日 11:30)• 福島北署は9日、岩手県盛岡市の派遣社員、越後久容疑者(64)を業務上横領容疑で逮捕した。 逮捕容疑は2013年9月~16年3月、当時勤務していた会社名義の口座か… (2020年6月10日 11:30)• 県は9日、今月1日に開始した県民を対象にした宿泊割引制度について、5万泊分を追加し、10日から順次販売すると発表した。 新型コロナウイルス感染拡大で大きな影響を… (2020年6月10日 11:30)• 県は9日、総額335億900万円の2020年度一般会計補正予算案を発表した。 医療支援や経済対策などの新型コロナウイルス感染症関連費と、昨年の台風被害の復旧・改… (2020年6月10日 11:30)• <1日>東京電力は、福島第1原発3号機使用済み燃料プールからの19回目の燃料取り出しを終了。 20回目の燃料取り出しに着手した。 <1日>東電は、第1原発護岸の… (2020年6月9日 11:22).

次の

福島県内の新型コロナウイルス発生状況

福島 県 ニュース

8 2 北北東 0 0 20時 29. 1 2 西 0 0 19時 30. 2 2 西北西 0 0 18時 30. 8 4 西北西 0 29 17時 32. 3 5 北西 0 31 16時 33. 3 3 北西 0 56 15時 34. 1 4 北西 0 60 14時 35 4 北西 0 39 13時 33. 8 2 北北東 0 23 12時 32. 8 2 東 0 18 11時 33. 6 1 南 0 55 10時 31. 4 2 西南西 0 60 09時 31. 3 2 西 0 60 08時 29. 7 1 南南東 0 60 07時 27. 4 1 北 0 60 06時 25. 5 2 南東 0 38 05時 25. 6 1 南南東 0 0 04時 26. 5 1 西 0 0 03時 26. 5 - -- 0 0 02時 26. 4 - -- 0 0 01時 26. 8 1 南南西 0 0 24時 27. 4 1 西 0 0 23時 27. 9 1 西南西 0 0.

次の

【一番当たる】福島県広野町の最新天気(1時間・今日明日・週間)

福島 県 ニュース

東洋経済オンラインは6月25日に「Jヴィレッジ除染めぐる東電と福島県の隠し事」と題した記事を配信した。 その中で、サッカーナショナルトレーニング施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町および広野町)の原状回復工事に関して、福島県に情報公開請求をしたフリージャーナリスト・おしどりマコ氏の氏名を、東京電力が社内文書に記録していた事実について報じた。 この問題に関して福島県は、情報公開請求者の氏名を第三者である東電に伝えていた事実は確認されなかったとする回答文書をまとめ、おしどり氏宛てに送付。 福島県知事名の文書がおしどり氏の代理人弁護士に7月17日付で届いた。 東洋経済が入手した東電の社内記録(5月13日付、原子力・立地本部広報グループ)には、福島県職員からの情報提供の内容が次のように記されていた。 「Jヴィレッジの原状回復工事に関して、東洋経済岡田記者が福島県に問い合わせを入れたとのこと。 岡田氏は事実関係の確認に加えて、福島県に当社の公表を止めているのではないかといった質問を当ててきたようで、福島県としても、早期の公表に向けて県庁内で調整を行いたいとの話が〈当社の〉立地地域部にあった」(編集部注:〈 〉は説明のために加筆、以下同) 県の個人情報提供を物語る東電社内記録 東洋経済はこの社内記録が作成された直前に、福島県エネルギー課にJヴィレッジの原状回復工事で発生した廃棄物の保管状況について電話で問い合わせていた。 上記の内容は、その直後にエネルギー課から東電に取材内容に関する情報提供があった事実を物語っている。 同じ日の東電の社内記録には、次のような記述もあった。 「本日〈5月13日〉夕方、福島県の担当課長と話し合いを行うことになっているが、福島県としては、おしどり〈マコ〉氏から5月14日期限で情報公開請求を受けており、5月14日に公表の調整となる見通し」 おしどり氏は、原発事故が発生して以降、2018年6月まで東電が事故収束作業の拠点として使用していたJヴィレッジの原状回復工事に際して発生した汚染土壌の処分や放射性物質を含んだ廃棄物の管理の実態について取材を続けていた。 東電の社内記録の日付から、Jヴィレッジを所管する福島県エネルギー課が当時、東電との間で2〜3日に1度の頻度で情報のやりとりを続けていたこともわかった。

次の