レイド ジャパン ロッド。 レイドジャパンのロッドが折れる原因のパターンと凄い補償

レイドジャパンのロッドが折れる原因のパターンと凄い補償

レイド ジャパン ロッド

レイドジャパン ロッドの 製造元 OEM先についてブラックバス釣りをする人の中では賛否両論があるようですが、少し物申してみたいと思う。 OEMと聞いてどういったイメージがあるでしょうか。 一昔前であれば、釣り部メーカーに限らず私たちの身の回りの製品のほとんどで名前が変わっただけで商品プロダクトはまったく同じといった事がありました。 しかし、今現在のOEMというものは求める機能性を追求するカスタム性が再現でき、実に理にかなっているプロダクトとなっています。 逆にOEM製造先がなければ私たちが楽しんでいる釣りも、どこも似通っている釣法しか世に出てこなく今の様な釣りにエンターテインメント性が出てくることがなくなってくるということもまた事実です。 レイドジャパンロッドの製造元OEM先プロダクト レイドジャパンロッドの製造元OEM先は外注請負であることは知られておりますが、それを一言に「OEMだ」と片付けてしまう前にこの事実はご存知でしょうか。 ブラックバス釣りをする人以外での認知度がとても高いダイワやシマノという有名メーカーであっても、一部の製品に自社製造ではなくOEM採用をしていることもあります。 分かりやすく例えると「OEMロッド=すべて同じロッド」というわけではなく、ベースはこの型でもう少しこの機能を強化したいといった具合にOEM設計でどんどんカスタマイズをしていくことが可能です。 つまり、ベースの型は元の基本形ではなりまがその機能性や求めらるスペックや使いやすさというものがまるで別製品とも言えるほど違ってきます。 そのため、「OEM=良くない」という固定概念は少し矛盾点が出てきてしまいます。 確かに、全く同スペック同型でロゴ以外が全て同じで価格だけが異なるOEMプロダクトは良くないですよね。 意外に知られていないことですが、海外の世界的に名の知れたファッションブランドではその同型同製法で名前だけが違うプロダクトが見受けられます。 いわゆるブランド名のライセンス販売をしているブランドがそれにあたります。 ライセンス販売とは本家ブランド名の使用権を買うことで、既存製品のOEMとしてブランド名だけを入れて販売するという具合です。 このようなOEM商品の作り方であれば、真実を知ったときの心へのダメージは大きいですよね。 しかし、レイドジャパンを見るとそれとは別であり、OEMといえどもしっかりとオリジナル設計をしています。 レイドジャパンロッドの製造元は外注でもOEMコンセプトが異なる 今の世の中、すべての工程を100%自社サービスで完結させるということは、不可能に近いです。 それはレイドジャパン製品に限らず、そして釣り業界に限らず全ての業界においてもそう言えるのですが、レイドジャパンの製造元は外注であっても、OEMコンセプトが素晴らしいです。 レイドジャパンのロッドは、プロ向けの高機能ロッドからスタートしてOEMリリースされました。 そして、ブラックバス釣りをしている中からヒントを得て、それの問題解決となるポイントをレイドジャパンのOEMロッドに反映させているプロダクトとなっています。 さらに、レイドジャパンのプロ向けロッドがリリースされてからは、確かに一部の人から「使いにくいクセのあるロッド」という声も出て来ました。 もちろん、その当時のレイドジャパンロッドはバス釣りをやり込んだ人向けのロッドです。 そのため、当時の設計というものはブラックバス釣りをする万人向けのロッドではなく、ある程度の経験を積んだ人がようやく使いこなせるロッドというものになっています。 それから、レイドジャパンの大切にしているコンセプトのひとつとして「誰でも簡単に最高のパフォーマンスを引き出せる釣具」というものが感じられます。 やっぱりレイドジャパンは次のロッド製造で という、従来のグラディエーターとは真反対の性能を持ち合わせた「誰でも簡単に最高のパフォーマンスを引き出せるロッド」をOEM設計しています。 このように自由な視点で、釣り人の悩みにフォーカスしそれを解決できる製品造りができるレイドジャパン製品の秘密にこのOEMというものがあります。 すべての工程そして全てのパーツなどを100%自社完結していたら、このような理想形の製品はレイドジャパンに限らず実現するのは不可能に近いです。 現に、ダイワやシマノでさえ、必要な部分はその得意分野に位置する企業が製造元となりOEM先を自社ではなく外注という形をとっています。 つまり、アレンジを加えて世にまだ無い機能性を搭載し、カスタマイズを施しているOEMプロダクトというものは、私たちにとっても便利でより快適に使用できる商品となるわけです。

次の

【野池でインプレ】レイドジャパン マキシマム「ザ・マックス」を使い込んでみた感想、評価。グラディエーターの最高級ベイトロッド。

レイド ジャパン ロッド

レビュー すり抜け効果 究極のすり抜け効と、ウェイト毎の役割を考慮した対カバーヘッドになっています。 引用 5g,7gはヘッド部分のサイド部分が削れています。 上側の肉を下側に持っていくことで低重心使用となっています。 スイム姿勢の安定とアクションを追求したウェイトバランスを追求しています。 また、ヘッド部分にウェイト表示の刻印がされているので一目で確認することができる点はかなり便利ですね。 印字されていた場合、使用するにつれて消えてしまいますからね。 ワームのズレを防ぐフックキーパー スイミングジグやスピナーベイトなどトレーラーワームを装着していると、ワームのズレが発生するとがよくありますがワームのズレを防ぐ為に考えられています。 インプレ 使用したウェイトは、9gにを装着してみました。 勿論、も装着することができます。 ロッドは、ミディアムヘビークラスからヘビーロッドがおすすめです。 ラインは14lbのフロロを使用しました。 使用してみた印象としては、 使用頻度としては高くなるかなと思っています。 その理由としては、 カバーをガンガン攻めることができることです。 ほんとに、すり抜け効果が高くて引っ掛かることがなかったですね。 また、を使用することで、飛距離もでますしアクションも巻くだけで初心者にも使いやすいルアーだなと思いました。 使い方 基本的にはただ巻きでOK。 ヘッドスライド自体、早く巻いても浮き上がらないようになっているので巻き調整でレンジを調整しながらバスを探ります。 また、カバーに対してガンガン攻めることができるので立木や、リップラップ、障害物に当てながら使ったりしてリアクションバイトを誘います。 フルスイングの特徴である、 すり抜けた後にまた姿勢をすぐに戻すのでそこから速巻きをしても姿勢を崩すことがありません。 まとめ レイドジャパン初のスイミングジグの【ヘッドスライド】 ただのスイミングジグではなく、ウェイトによってヘッド形状も違いすり抜け効果が絶大な作り込まれたスイミングジグになっています。 初心者でも簡単に使え、おすすめできるヘッドスライドをこの機会に購入してみてはいかがですか?.

次の

【レイドジャパン ロッド特集】新作の人気バスロッド3選!人気の理由もご紹介!

レイド ジャパン ロッド

そもそもベイトフィネスが何なのかという方もいるかと思います。 簡単に言うとスピニングでの繊細なバスゲームとベイトでの豪快かつパワフルなバスゲームの間を取ったものと考えていいでしょう。 このパワーベイトフィネスというものは、レイドジャパンが早くから提唱していたバスゲームで、ベイトゲームとベイトフィネスのさらに間を取ったような釣りのことを指します。 このモデルは、そんなパワーベイトフィネスに特化したロッドと考えてもらって問題ないでしょう。 他のモデルとは違って、なかなか尖った性能をしているロッドですが、レイドジャパンのロッドの中でも評価が高いモデルです。 パワーバイトフィネスに挑戦してみようという中級者あたりにつよくおすすめできます。 正直、グラディエーターアンチは他社のロッドより値段が高いというのが一般的に思われていることです。 ですが、それはグラディエーターアンチのみならず、レイドジャパンが製造元となっているロッドは、自社生産を行っているわけではなく、外注、つまりは外部の業者に注文し、製造してもらうシステムを取っているため、自社生産できる業者よりもコストがかかってしまうのは仕方のないことです。 なら安いコストで作ることができるメーカーのほうがいいじゃないかと誰もが思うと思いますが、一概にそうとは言い切れません。 メーカーによって、ロッドによっても人の個性に合わせたものが多数作られています。 それは、グラディエーターアンチも同様で、特にこのシリーズは岸釣りを得意とするブランドで、商品によってさらなる細かな強みを発揮できます。 多少価格帯は高いですが、驚きのパフォーマンス力を発揮してくれるいいブランドですので、高いという理由で諦めるのは勿体無いです。 特にグラディエーターアンチディフェンダーは初めの1本としてもふさわしい一級品なので、しっかり見定めたうえで購入を考えるのがいいでしょう。 グラディエーターアンチを使用した人のなかには製造元であるレイドジャパンをもっと知りたいなんて人もいるかと思います。 そんな人たちや元々レイドジャパンが好き、金森隆志が好きなんて人たちをはじめ、イベントや新作の情報をいち早く知りたいなんて人にブログを紹介します。 レイドジャパンのブログは計4つ存在し、代表の金森隆志氏、バスプロである岡友成氏、吉田遊氏の3つのほかにスタッフによるルアーの紹介などを中心とした記事が載せられているブログで構成されています。 バスプロたちのブログでは、ロケをはじめとしたバス釣りのレポートやバスプロたちのイベントの宣伝などが中心となっています。 バスプロの話を聞ける機会というのもそこまで多いわけではないのでブログで情報を仕入れ、イベントに出向いてみるのもいいのではないでしょうか。

次の