パセリ の 保存。 パセリの冷凍保存方法と栄養、簡単レシピ5選!【写真付きで解決!】

【パセリの育て方】栽培のポイントや種まき、収穫、保存方法は?

パセリ の 保存

パセリの保存方法や保存期間は? パセリは 常温では鮮度が落ちやすく 変色しやすいので、実は 常温保存は向いていません。 では、冷蔵庫や冷凍庫ではどのように保存すると長持ちするのでしょう? パセリの冷蔵庫での保存は水に浸けて! パセリは 乾燥に弱いため、乾燥しないように優しくラップで包んだり、ポリ袋に入れて 野菜室で保存しましょう。 その際、コップなどに水を入れ、生け花のように水に挿した状態で保存しておくと長持ちします。 その時にパセリの 根元を少しだけ切ってあげると、水揚げがよくなります。 ただし、 2~3日に一度水は換えてあげましょう。 保存期間は、水に挿さない状態だと 3日程度、水に挿した状態だと 1~2週間程度日持ちしますよ。 パセリは冷凍できる?使い方は? パセリは実は 冷凍保存も可能です。 冷凍の仕方は、パセリを綺麗に洗い水気をしっかりと拭いたら、一番太い中心の茎から葉を摘み、フリーザーバッグに入れて 冷凍庫で保存します。 凍らせたパセリは、解凍すると フニャフニャになってしまうので、付け合せとして使うのには 不向きです。 でも、凍ったパセリは手で簡単に粉々にすることが出来ます。 使い方としては、お肉料理やスープなどにそのままパラパラと振りかけるなど、 仕上げの彩りなどに使うことが出来ます。 凍らせる前に、みじん切りにしておくのもおすすめです。 ちなみにみじん切りを簡単にする方法は、洗ってしっかり水気を切ったパセリの葉をコップなどの少し深めの容器に入れて、台所用のハサミで細かくカットすると簡単にできあがります。 冷凍したパセリの 保存期間は1ヵ月程度です。 パセリは乾燥できる?方法は? パセリは 乾燥させて保存も可能です。 レンジやオーブンで簡単にドライパセリを作れるのでご紹介します。 足りなければ 30秒ずつ追加で加熱してみます。 パセリの量や使うレンジによっては、 焦げてしまう場合もあるので、様子を見ながら加熱してみてくださいね。 大量にパセリがある場合は オーブンの方が良いかもしれませんが、パセリの量や使うオーブンによって加熱時間が変わってくるので、こちらも様子を見ながら行ってください。 乾燥パセリは常温保存も可能ですが、 色合いや風味が落ちやすいのでおすすめしません。 乾燥剤があれば保存容器に入れておくといいですね。 賞味期限は、 冷蔵庫だと2週間程度、冷凍庫だと1~2ヵ月程度です。 この期間を過ぎると風味や色が落ちてきてしまいますが、気にならないのであればもう少し長く保存できます。 乾燥パセリは、冷凍パセリのように お料理の仕上げとして使うことも出来ますし、 パンの生地や揚げ物の衣に混ぜたり、焼く前の 肉や魚にまぶしたり、パセリバターを作ったりして、さまざまなお料理に使えて重宝しますよ。 同じくハーブのバジルの保存法はご存知ですか?バジルも方法によっては日持ちがしますよ。 すぐに消費できない、大量にあるときにはオイル漬けがおすすめです。 オイル漬けの作り方は、煮沸消毒した保存用の瓶に、先ほどの方法で 乾燥させたパセリと、それがかぶるくらいの オリーブオイルを入れるだけです。 お好みで、にんにくや鷹の爪、ピンクペッパーなどを足してもOKです。 パセリはほぐしてもほぐさなくても構いませんが、 ほぐしておいた方が使いやすいです。 パスタや肉、魚、野菜にと何にでもよく合います。 常温でも保存可能ですが、より鮮度を保つために、 冷蔵保存がおすすめです。 保存期間は 半年程度です。 パセリの栄養や効果効能はご存知ですか?食べずらいパセリの茎にも効果はあるんですよ。 パセリの栄養はこちらをご覧ください。 しかし、そのパセリを美味しく食べる方法があるのです。 それは 30秒以上加熱調理するのです。 フライパンで炒っても、鍋で茹でるのも、電子レンジでチンでも構いません。 加熱することによって、パセリの細胞膜が破壊されることで、弾力のあった葉が柔らかくなり、甘みも出てきます。 油との相性も良いので、 炒め物や 揚げ物などの料理法は特におすすめですよ。 まとめ 付け合せや料理の仕上げとして使われがちなパセリ。 食べて損の無い野菜なんです。 加熱することで甘くなり、食べやすくなるので、是非普段の食事にも取り入れることをおすすめします。 余ったパセリは正しい保存方法で、最後まで美味しく食べてくださいね。 スポンサーリンク•

次の

パセリの保存方法は? 冷蔵と冷凍、乾燥させる保存方法も紹介!

パセリ の 保存

スポンサードリンク パセリの保存方法は乾燥と冷凍どちらがオススメ? 独特な苦みと食感を持つ パセリですが、実は世界で最も使用されているハーブの1つだということをご存知でしたか? パセリは 古代ローマ時代の頃より料理の食材として用いられており、地質や気候への適応力も高く、今では世界各国で栽培が行われています。 しかし、そんなパセリですが、唯一乾燥には弱く、日本では葉の縮れた「カーローパセリ」と呼ばれる品種改良によって誕生した品種を栽培しており、自然界では不利な形質と言われています。 パセリの旬は気候によって異なりますが、日本では春か秋頃に種を蒔き、 3月から11月に収穫されています。 そのため、通年を通しておいしいパセリを味わうことができるのですが、最もおいしいと言われる時期は3月から5月、9月から11月であり、この時期に収穫されたパセリは葉が柔らかくて栄養満点です。 そんなパセリですが、家庭菜園の定番野菜の1つとして人気があり、なんと種を蒔いてからおよそ1ヶ月で収穫ができるのです!そのため、パセリを大量に育て、長期保存される方も大勢いらっしゃいます。 しかし、パセリの保存方法ってあまり聞いたことがありませんよね。 そこで、今回はこれからパセリを栽培される方にオススメの保存方法は乾燥と冷凍どちらなのかをご紹介したいと思います。 もしも、長期間保存したいという方は、冷蔵庫ではなく、冷凍庫に保存すると良いでしょう。 このとき、小瓶や密閉容器に保存した日付を記載しておくことをオススメします。 パセリは乾燥保存した場合、常温ならば 最大3日・冷蔵ならば 2週間以内・冷凍ならば 数か月間日持ちさせることができます。 一方、冷凍パセリの場合、最大で 1ヶ月と乾燥保存に比べると短いため、長期保存を目的としている方は乾燥パセリにした後に冷凍保存すると良いでしょう。 美容と健康維持に絶大な効果を持つパセリを是非、この機会に料理のアクセントとして活用されてみてはいかがでしょうか。 スポンサードリンク.

次の

イタリアンパセリの保存は冷凍?乾燥?イタリアンパセリの栄養素を考えた最適な保存方法とは?

パセリ の 保存

製造方法や保存状態によっては、上記の範囲内であってもパセリが腐ってしまうこともあります。 パセリが茶色く変色している場合や、カビが生えている場合は食べないようにしましょう。 生パセリ 生パセリの 賞味期限は、冷蔵庫での保存で約2週間です。 乾燥パセリよりも格段に賞味期限が短いので注意しましょう。 また、たとえ2週間以内であっても、パセリが変色している場合や、水分が出て葉や茎が溶けているような場合、カビが生えている場合は、勿体無いですが食べないようにしてください。 パセリの保存方法 つづいて、パセリの保存方法について説明します。 乾燥パセリと生パセリでは保存方法が異なる部分もあるので、以下についてもこの2種類に分けて説明していきます。 乾燥パセリ 市販の乾燥パセリは、 高温多湿でない常温下で保存します。 乾燥パセリは湿気を嫌うので、しっかりと密閉した状態で保存するのも大切です。 商品に記載されている保存方法が上記と同じでない場合は、商品に記載されている通りに保存してください。 また、手作りの乾燥パセリは、乾燥剤を入れた清潔な瓶に乾燥パセリを入れ、しっかりと密閉して冷蔵庫で保存します。 以上の手順で処理をして、冷蔵庫の野菜室で保存してください。 水は、2~3日に1度交換し、それと同時に茎も少し切ると長持ちしやすくなります。 また、野菜室に高さがない場合は冷蔵室での保存でも構いません。 上記の処理をするのは面倒だという場合は、少し賞味期限が短くなってしまいますが、水で湿らせた新聞でパセリを包んで保存する方法もありますので、自分に合った保存方法を選んでくださいね。 さらにパセリを長期保存したい場合は、乾燥パセリにするのもおすすめです。 乾燥パセリは意外と手軽に作ることができるほか、生パセリよりも香りが柔らかくなって食べやすくなるので、ぜひ試していただきたい保存方法です。 乾燥パセリの作り方• パセリを水で洗い、しっかりと水気をきったら、ハサミで葉の部分だけ切り取る• クッキングシートにパセリの葉の部分を乗せ、600wの電子レンジで3分ほど加熱する• 解凍後は食感が著しく落ちてしまうので、そのまま食べることはあまりおすすめできませんが、加熱調理をすると食感も気にならずに食べることができます。 パセリの冷凍保存の方法 乾燥パセリを冷凍する場合は、 そのままジッパー付き保存袋に入れて冷凍しましょう。 また、生パセリを冷凍する場合は、よく洗ってしっかりと水分を取ったパセリを葉と茎部分に分け、ジッパー付き保存袋に平たくなるように入れて冷凍します。 このとき、水分をしっかりと取っておくことが大切です。 事前にどのような料理に使うか考えた上で冷凍するという方は、パセリを料理に合ったサイズにカットしてから保存するとより便利でしょう。 冷凍パセリをみじん切りのようなサイズに細かくカットしたいという場合は、凍ったパセリをジッパー付き保存袋に入れたまま揉むと、細かいみじん切りパセリができます。 冷凍保存の期間 パセリの 冷凍保存の期間は、約1ヵ月です。 それ以上経っても食べることはできますが、風味が落ちてくるので、できるだけ早めに食べることをおすすめします。 解凍方法 冷凍パセリは、 解凍せずに凍ったまま調理に使ってください。 解凍してしまうと食感が悪くなるので注意しましょう。 パセリの保存方法まとめ パセリの賞味期限や保存方法、冷凍保存に関しては、 要点まとめ• 乾燥パセリの賞味期限は約数ヵ月~2年、生パセリの賞味期限は約2週間• 乾燥パセリは高温多湿を避けた常温で保存• 生パセリは水を入れたコップにパセリを入れ、逆さまにしたポリ袋を被せて輪ゴムで縛り、冷蔵庫の野菜室で保存• 乾燥パセリを冷凍保存する場合は、そのままジッパー付き保存袋に入れて冷凍• 生パセリを冷凍保存する場合は、よく洗ったパセリの水気をしっかりと取り、葉と茎に分けてジッパー付き保存袋に入れて冷凍 以上が大まかなポイントです。 パセリは大量消費しづらく、食べきれないまま捨てられてしまうことの多い食材ですから、以上の方法で上手に保存して、最後までおいしく食べきっていただければと思います。

次の