この コンテンツ は あなた の 国 では ご 利用 いただけ ませ ん。 iTunes & App Store を開いたら「アイテムを利用できません」と言われた時の対処方法

Amazonプライムミュージックのよくある質問まとめ

この コンテンツ は あなた の 国 では ご 利用 いただけ ませ ん

YouTubeで「この動画は再生できません」「この動画はご利用いただけません」と表示された際や動画のバッファリングが終了しないなどの症状が出た場合以下の対処法をお試し下さい。 ブラウザのキャッシュとCookieの消去• デフォルトのブラウザを開き、メニューを開く• プライバシーとセキュリティをタップ• キャッシュを消去をタップしてOKをタップ• Cookieを全て消去をタップしてOKをタップ• 別のブラウザを利用 デフォルトのブラウザで動画が再生できない場合Google Chromeなどのほかの携帯端末用ブラウザをダウンロードする。 Wi-Fiネットワークで動画を再生できるのに、ワイヤレスネットワークで再生できない場合は、お使いのワイヤレスプロバイダに問い合わせて、お住まいの地域サービスに問題がないかどうかをご確認ください。 最新のシステムアップデートのチェック 最新のシステムアップデートを適用する事で改善しYouTubeを視聴できる可能性があります。 ChromeやスマホアプリでYouTubeを見る時に「この動画は再生できません」「この動画はご利用頂けません」と表示されて視聴できない理由は大きく分けて2つあります。 YouTube側がブロック 初めに考えられる理由として、YouTube側が特定のコンテンツをその地域でブロックしているためです。 YouTubeのガイドラインには、居住している地域で動画再生できない理由について次のように説明しております。 以下抜粋 一部のYouTube動画は、次の理由によりお客様の居住国ではご利用できない場合があります。 動画の所有者が特定の国でのみコンテンツを利用できるように選択している。 (通常はライセンスや権利が原因)• 各地域の法律に準拠する為YouTube側で特定のコンテンツをブロックしている可能性がある。 法律に関して、各国で異なる為、自国で問題のない内容でも、他国で違法な内容として扱われることがあります。 その際YouTube側にブロックし閲覧できないようにしているようです。 投稿者が地域制限を設定 ガイドラインにも記述されておりますが動画投稿者が権利などの問題で、他国に動画を見る事ができないように設定している可能性もあります。 動画投稿者が地域制限を設定している場合が多いのは、音楽やアニメなど権利のハードルが高いジャンルになります。 音楽PVを視聴しようとした際に見ることができない場合、ブロックされている可能性があります。 地域制限のブロックを回避して動画を視聴する方法 【この動画は、お住まいの国では公開されていません。 】と表示された場合は Proxyを利用して動画を視聴すればブロックを回避できます。 地域制限はIPアドレスで判断されておりIPアドレスが日本のものではなく、その国のIPアドレスで利用すればYouTubeで視聴する事は可能となります。 ですが、あまり実用的ではありません。 YouTubeで「この動画は再生できません」「この動画はご利用いただけません」と表示された際やYouTubeをはじめとした動画共有サイトで動画を見る事ができない場合は回線が原因である可能性が考えられます。 回線がつながっていても、スマホの回線の速度によってYouTube動画を読み込むことができない場合があります。 もちろんインターネットでYouTube動画を見る場合は回線が唾がっている必要があります。 iPhoneの回線は大体3GまたはLTEです。 3GよりもLTEの方が高速度になっていますので、YouTube動画を見るのに適しています。 しかし、LTEは高速度ですが動画の種類によってはスピードが追いつかず読み込めない事もあります。 スマホでYoutube動画を安定してみる場合はWi-Fiを利用するのが最善と言えます。

次の

「利用国」に関連した英語例文の一覧と使い方

この コンテンツ は あなた の 国 では ご 利用 いただけ ませ ん

なぜ地域によって視聴制限があるのか? そもそも冒頭で上げたようなメッセージが表示される理由は、Youtubeや中国のYokuなどの動画サイトでは日本(もしくは、自分の端末がある国)でその動画コンテンツを見ることが許可されていないからです。 ライセンスの権利の問題であったり、その国の法律によって制限されている場合もあります。 特に法律は、国によって異なるため、ある国では許可されているコンテンツがある国では許可されないと言ったことが起こります。 また、国の宗教観と一致しないコンテンツや、政府に対抗するようなコンテンツが流れる可能性があるサイトもブロックされることがあります。 中国国内からYoutubeやGoogleのサービスが使えないのもそのせいです。 視聴制限を回避する2つの方法 私たちが配信先のサーバにアクセスする時には、自分のPCのIPアドレスが先方にもわかっています。 地域による制限は、コンテンツを配信している側が、このIPアドレスを元に 「どこの国からアクセスされているのか?」を見て判断しています。 例えば、アメリカでサービス提供を行っている会社が、アメリカ以外からの視聴をブロックしたいとします。 この場合、私がサーバにアクセスすると、IPアドレスから日本だということが分かるので、上記のような、視聴制限のメッセージを表示するのです。 ということは、私がアメリカに行って、ホテルから見れば、アメリカのIPアドレスになりますので、視聴制限はかからないということですよね。 実際にそのためだけにアメリカに行くのは大変ですが、 仮想的にそのようなことをするのは簡単です。 そのためには• Proxyの串を通す• VPNサービスを使う という方法が一般的です。 それぞれについて説明します。 Proxyサーバを経由する 串を通す Proxy(プロキシ)を使うと、Proxyサーバを経由して動画などのコンテンツを見ることができます。 例えばProxyサーバがアメリカにある場合、コンテンツを配信している側からは、アメリカからアクセスしているように見えるので、地域制限がかからないということになります。 VPNサービスを使う VPNはVirtualPrivateNetworkの略で、仮想的なネットワークを意味します。 例えばアメリカにVPNサーバがある場合、日本からそのVPNに参加すれば、あたかもアメリカのネットワーク(おうちや会社のLAN等)に自分のPCが存在しているかのように見えます。 コンテンツを配信している側からも、アメリカからアクセスしているように見えます。 どちらの方法を選ぶべきか どちらの方法も 「そのサーバが置かれている国からアクセスしているように見える」という意味では一緒ですが、 安全性を考えると、VPNを使うべきです。 Proxyを使った方法の問題点 Proxyを使った方法は、たいてい無料で利用できます。 ただ、無料だと、匿名のProxyサーバを経由することになりますが、そのサーバを誰が運用しているかなんて分かりません。 サーバを経由した場合、どこからどこにアクセスしたかはそのProxyサーバのログに残ります。 どこの誰が運用してているか分からないサーバを経由すると、 最悪の場合、IDやパスワードが漏れる可能性も否定できません。 セキュリティ上は望ましくないと言えます。 一方、VPNは、たくさんの会社がサービスを提供していて、月数百円から利用できる上、匿名のサーバではないので、安全性は高いです。 サービスを提供している会社の中には 「ノーログ・ポリシー」をうたっているところもあり、そういう会社では、「どこからアクセスして、どこにアクセスしたのか」というログも一切残していません。 そういう会社のサービスを使うことで、安全性と匿名性はさらに高まります。 そのため、「ノーログ・ポリシー」をうたっているVPNサービスを使っていろいろな国のコンテンツを見ることをお勧めします。 (VPNサービスを提供している会社は全世界にサーバを持っています。 見たい動画やコンテンツによって接続する国を変えると、世界中のほとんどの動画を見ることができます。 ) おすすめのVPNサービス 数多くのVPNサービスがありますが、その中から私がおすすめのところを2つご紹介します。 No1. NordVPN 一つ目はです。 世界中にサーバを用意しており、使いやすさ、速度ともに最高ランクです。 値段が安いところも良いですね。 (このページから申し込むと、 ひと月当たり300円くらいになります。 ) コスパを考えると、最良な選択肢になるでしょう。 30日間の返金保証もあるので、気軽に試せます。

次の

Youtubeで地域限定の動画をブロック回避して見る方法!

この コンテンツ は あなた の 国 では ご 利用 いただけ ませ ん

地域制限のブロックを掛けられている理由 ChromeやスマホアプリでYouTubeを見ている時に「この動画は、お住まいの国では公開されていません。 」と表示されてしまう理由は大きく2つあります。 【1】YouTube側がブロック 最初に考えられる理由は、YouTube側が特定のコンテンツをその地域でブロックしているからです。 YouTubeのガイドラインには、居住している地域で動画を再生出来ない理由について次のように説明しております。 一部の YouTube 動画は、次の理由によりお客様の居住国ではご利用できない場合があります。 動画の所有者が特定の国でのみコンテンツを利用できるように選択している(通常はライセンスや権利が原因)。 各地域の法律に準拠するために、YouTube 側で特定のコンテンツをブロックしている可能性がある。 簡単に言ってしまうと、ライセンス権利の問題や、その国の法律に違反する可能性があるからブロックしている、と言うことになります。 法律に関しては各国で異なるため、その国で問題ないコンテンツでも、他国では違法なコンテンツと扱われる事があります。 その時にYouTube側にブロックをしているようです。 【2】投稿者が地域制限を設定している 先程のガイドラインにもありましたが、投稿者側がライセンス権利等の問題で、自国以外は動画を見せないように設定している可能性もあります。 特に投稿者が地域制限を設定しているケースが多いのは、音楽やアニメ関連のジャンルです。 音楽に関しては特に厳しく、PVを視聴しようとすると、結構な確率でブロックされていることがあります。 地域制限のブロックを回避して動画を視聴する方法 「この動画は、お住まいの国では公開されていません。 」が表示されたら泣き寝入りしなければならないと思われがちですが、串 Proxy をさして動画を視聴すればブロックを回避できます。 地域制限は「IPアドレス」を見て判断しているので、IPアドレスが日本のものではなく、その国IPアドレスに偽装すれば理論上は視聴可能になります。 Proxfreeの使い方 まずは、します。 このサイトはYouTube専用のProxy設定サイトとなっているので、他の動画サイトでは利用することができません。 まずは、視聴したい動画ページのURLをコピーします。 そしてProxfreeに戻り、上記画像の入力窓に先程のURLをペーストして「PROXFREE」をクリックします。 すると、別窓が立ち上がりYouTubeの動画ページに移動します。 大抵はこれで視聴できるようになります。 しかし、特定の国を複数指定している場合、偽装しても見られないことがあります。 そこで画面上部の「IP Address Location」タブをクリックし、偽装したい国のIPアドレスを選択し、再度「PROXFREE」をクリックしてください。 これを繰り返すことで、視聴可能なIPアドレスを発見することができますので、根気よく試してみて下さい。 YouTubeの地域制限ブロック/まとめ 以上、「この動画は、お住まいの国では公開されていません。 」が表示される理由と対処方法についての紹介でした。 串をさせば動画を視聴できる可能性もありますので、今回ご紹介した方法を参考に試してみて下さい。

次の