コロナ バイオ ハザード。 コロナウイルスはバイオテロ?中国人の戦略?陰謀論?日本人は滅亡?|ラヂカセトレンド

新型コロナウイルス 「研究所から流出」説の真偽を追う

コロナ バイオ ハザード

Fouchierは、Zakiから送信されたサンプルからウイルスをシーケンスしました。 Fouchierは、広範囲の「パンコロナウイルス」リアルタイムポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)メソッドを使用して、ヒトに感染することが知られている多くの既知のコロナウイルスの特徴を区別するためのテストを行いました。 この 、カナダの国立微生物学研究所(NML)の科学ディレクターであるフランク・プラマー博士がウィキペグで直接Fouchierから取得し、ザキから受け取ったものです。 このウイルスはと伝えられています。 カナダの研究室 、オランダの研究所から2013年5月4日にに。 カナダの研究所はウイルスの株を育て、カナダで使用されている診断テストを評価するためにそれを使用しました。 ウィニペグの科学者は、どの動物種がこの新しいウイルスに感染する可能性があるかを調査しました。 研究は、カナダ食品検査局の国立研究所、国立微生物学研究所と同じ複合施設内にある国立外国動物疾病センターと共同で行われました。 NMLには、コロナウイルスの包括的なテストサービスを提供してきたあります。 2004年にSARSコロナウイルスの最初のゲノム配列を分離して提供し、別のコロナウイルスNL63を特定しました。 このウィニペグに拠点を置く 、 と呼ばれる可能性のある。 中国の生物スパイ 2019年3月、不思議な出来事で、 の非常に毒性の高い出荷が。 この事件は、 理由を疑問視するバイオ戦争の専門家による大きなスキャンダルを引き起こしました。 NMLの科学者は、非常に致死的なウイルスは潜在的な生物兵器であると述べました。 調査後、この事件はているます。 4か月後の2019年7月、 グループが (NML)。 NMLは、カナダで唯一のレベル4の施設であり、エボラ、SARS、コロナウイルスなど、世界で最も致命的な疾患に対処できる北米で数少ない施設の1つです。 —中国のバイオ戦争エージェント 彼女の夫、別の生物学者、および彼女の研究チームのメンバーと一緒にカナダの研究室から付き添われたNMLの科学者は、中国の生物兵器エージェントXiangguo Qiuであると考えられています。 Qiuは、カナダのNMLの特別病原体プログラムのワクチン開発および抗ウイルス療法セクションの責任者でした。 Xiangguo Qiuは天津で生まれた優秀な中国人科学者です。 彼女は主に1985年に中国の河北医科大学で医師の学位を取得し、1996年にカナダに大学院留学のために来ました。 その後、彼女は細胞生物学研究所とマニトバ大学小児小児科に所属しました。 、ウィニペグ、病原体の研究に従事していない。 、カナダの国立微生物学研究所で働く中国生物兵器エージェント しかし、何らかの形でシフトが行われました。 2006年以来、彼女はカナダのNMLでをています。 たとえば 、2014年にた(ウイルスMachupo、Junin、Rift Valley Fever、Crimean-Congo Hemorrhagic FeverおよびHendraとともに)。 カナダのラボに潜入する は、別の中国の科学者と結婚しています。 KedingCheng博士は、NML、特に「科学技術コア」と提携しています。 チェン博士は、主にウイルス学に移行した細菌学者です。 このカップルは、 に直接関係する科学施設の学生であるカナダのNMLに多くの中国のエージェントを浸透させる責任があります。 長春軍医科学院、軍獣医院• 成都軍事地域疾病管理予防センター• 湖北省中国科学アカデミー武漢ウイルス学研究所• 北京中国科学院微生物学研究所 と彼女の夫のKeding Chengは、2019年7月5日にウィニペグのNational Microbiology Labから護衛されたという。 それ以来、マニトバ大学は任命を終了し、大学院生を再配置し、スタッフ、学生、教員に中国への旅行について警告しました。 上記の4つの施設はすべて、エボラウイルスとの関連でと協力し、軍事獣医学研究所もリフトバレー熱ウイルスの研究に参加し、微生物学研究所はマールブルグウイルスの研究に参加しました。 注目すべきことに、後者の研究で使用された薬物-ファビピラビル-は、エボラ出血熱および追加のウイルスに対して、JK-05(元は2006年に中国で登録された日本の特許)の名称で中国軍医科学院により早期に成功裏にテストされました。 しかし、Qiu博士の研究は、コロナウイルス、エボラ、ニパ、マールブルグ、またはリフトバレー熱ウイルスが含まれる場合、 開発にとってかなり進歩的であり、明らかに重要です。 は進行中であり、 2006年から2018年にかけて、他のウイルスまたはその他の重要な準備品の中国への以前の出荷が何らかの形で行われたかどうかは疑問のまま です。 は2018年にメリーランド州感染症研究所の3人の科学者と協力して、サルの2つのエボラウイルスとマールブルグウイルスの暴露後免疫療法を研究しました。 米国国防脅威削減局の支援を受けた調査。 武漢コロナウイルス は、2017年から18年にかけて、上記の中国科学院の武漢国家生物安全研究所に少なくとも5回旅行し、2017年1月にBSL4の認定を受けました。 さらに、2017年8月に、国民健康委員会中国の武漢施設で、エボラ、ニパ、クリミアコンゴ出血熱ウイルスに関する研究活動を承認しました。 偶然にも、武漢国立生物安全研究所は、武漢コロナウイルスと呼ばれるコロナウイルスの発生の震源地である華南シーフード市場からわずか20マイルの距離に位置しています。 武漢国家安全研究所は、 リンクされて武漢ウイルス学研究所に収容されてい。 これは、バイオセーフティレベル4(BSL-4)の基準を満たす最高のバイオハザードレベルを満たすように設計された国内初のラボでした。 つまり、最も危険な病原体を処理する資格があります。 2018年1月、ラボは「BSL-4病原体のグローバルな実験のために」稼働していました、とGuizhen WuはジャーナルBiosafety and Healthに書きました。 「2004年のSARSの実験室漏洩事故の後、旧中国保健省はSARS、コロナウイルス、パンデミックインフルエンザウイルスなどの高レベル病原体の保存研究所の建設を開始しました」とGuizhen Wuは書きました。 コロナウイルス生物兵器 武漢研究所は過去に、重症急性呼吸器症候群、またはSARS、H5N1インフルエンザウイルス、日本脳炎、デング熱を引き起こす株を含むコロナウイルスを研究しました。 研究所の研究者は、かつてロシアで開発された生物因子である炭thr菌を引き起こす細菌についても研究しました。 「コロナウイルス(特にSARS)は研究所で研究されており、おそらくそこに保持されている」 、 を研究した元イスラエル軍情報部のダニー・ショーハムは。 彼は言った。 「SARSは、 に広く含まれており、いくつかの関連施設で対処されています。 」 ジョージタウン大学の神経学教授であり、米国特殊作戦司令部の生物戦争の上級研究員であるジェームス・ジョルダーノは、中国の生物科学への投資の増加、遺伝子編集やその他の最先端技術に関する緩やかな倫理、政府と学界の統合を促進すると述べたそのような病原体が兵器化されているという幽霊。 それは攻撃的なエージェント、またはプロキシによって解放された修正された細菌を意味する可能性があり、そのために中国だけが治療またはワクチンを持っています。 「これは戦争そのものではない」と彼は言った。 「しかし、それがしていることは、グローバルな救世主として行動する能力を活用することであり、それはさまざまなレベルのマクロおよびミクロの経済的およびバイオパワー依存性を生み出します。 」 中国の生物戦争プログラム 2015年の学術論文の中で、Bar-IlanのBegin-Sadat戦略研究センターのShohamは、40を超える中国の施設が生物兵器の生産に関与していると主張しています。 中国の軍事医学科学アカデミーは実際にJK-05と呼ばれるエボラ薬を開発しましたが、それやウイルスの防衛施設の所有についてはほとんど明かされておらず、エボラ細胞が兵器兵器一部でと推測されていますナショナルポスト。 エボラは、米国疾病対策予防センターによって「カテゴリA」バイオテロリズムエージェントとして分類されています。 つまり、人から人へ簡単に感染し、死亡率が高くなり、「パニックを引き起こす可能性がある」ということです。 カテゴリーC物質、大量普及のために設計できる致命的に出現する病原体。 は、研究開発、生産、兵器化の能力を含む高度な段階にあると考えられています。 現在の在庫には、大砲ロケット、空中爆弾、噴霧器、短距離弾道ミサイルなど、多種多様な送達システムを備えた従来の化学薬品および生物薬品がすべて含まれていると考えられています。 武器バイオテクノロジー 中国の軍事と市民の融合という国家戦略は、生物学を優先事項として強調しており、人民解放軍はこの知識の拡大と活用の最前線に立つことができます。 人民解放軍はへの追求し、脳科学、スーパーコンピューティング、人工知能を含む他の分野との有望な交差点を検討しています。 2016年以来、中央軍事委員会は、軍事脳科学、高度な生体模倣システム、生体および生体模倣材料、人間の能力強化、および「新しい概念」バイオテクノロジーに関するプロジェクトに資金を提供してきました。 2016年、AMMSの博士研究員が論文「人間のパフォーマンス向上技術の評価に関する研究」を発表し、軍隊の戦闘の有効性を高める3つの主要な技術の1つとしてCRISPR-Casを特徴づけました。 裏付けとなる研究では、認知機能の強化に応用できる薬物モダフィニルの有効性に注目しました。 また、脳刺激の一種である経頭蓋磁気刺激において、CRISPR-Casの「大きな可能性」は、中国が開発の「イニシアチブをつかむ」べき「軍事抑止技術」であると主張しています。 2016年、遺伝情報の潜在的戦略的価値により、中国政府はNational Genebankを立ち上げました。 NationalGenebankは、そのようなデータの世界最大のリポジトリになることを目指しています。 で、「中国の貴重な遺伝資源の開発と利用、バイオインフォマティクスにおける国家安全保障の保護、戦略的指揮の高さを掌握する中国の能力の強化」を目指しています。 戦争の新たな領域としての生物学に対する中国軍の関心は、潜在的な「遺伝兵器」と「無血の勝利」の可能性について話す戦略家によって導かれています。 なにやら、映画の「二十世紀少年」を彷彿させるストーリーである。 今までその通りに事が動いてきたよげんの書には、人類が滅亡する日にちまで記されていました。 その日とは2000年の12月1日です。 今まで「ともだち」を止めるべく密かに動いてきたケンヂ達は、確実に「ともだち」がその日に何かを仕掛けてくると踏み密かに準備をしていました。 そしてその運命の日、何と突如として東京に巨大なロボットが現れたのです。 原始の力で動くそのロボットは、東京の街を次々と破壊していきます。 そして更に、 細菌を辺りにばらまいていきました。 破壊の影響に加え細菌兵器まで投入された東京は、未曾有のパニックに陥ります。 事態を予期していたケンヂ達でしたが、そのあまりに強大な力を前に為す術もありません。 テロリストとして追われる立場であるケンヂ達は派手な動きも出来ず、破壊の限りを尽くされる東京の街をただ見ているしかありませんでした。 よげんの書のとおり、本当に人間はこの日に最期を迎えてしまうのでしょうか。 物語は第2作目へと続きます。

次の

新型コロナ巡る2つの陰謀説を徹底検証する 米中によるバイオテロはあり得るか、北朝鮮は?(1/7)

コロナ バイオ ハザード

しかし、コロナショック後は関連ニュースも増え、活性化しています。 確かに、一部の銘柄は大きな値動きを繰り返しています。 一方で、技術力が高く、海外のビッグファーマとの提携も進んでいるような銘柄は、軒並み株価を下げています。 こうした銘柄には機関投資家の資金が流入しており、コロナショックによる相場の急落でロスカットのルールが適用され、株が売られたためです。 そもそも、創薬バイオベンチャーには、新型コロナウイルス関連の銘柄はあまり多くありません。 報道でよく目にするのはアンジェスですね。 アンジェスは大阪大学と共同で、新型コロナウイルス向けのDNAワクチンの開発に取り組んでいます。 動物への投与を行う試験を始めており、4月1日にこのワクチンの特許を出願したと発表しました。 このワクチンを製造するのがタカラバイオです。 タカラバイオは他に、今ではすっかり有名になったPCR検査の試薬も作っています。 PCRとは「Polymerase Chain Reaction(ポリメラーゼ連鎖反応)」の略で、少量のDNAサンプルを特定の研究・検査に必要な量まで増幅させる技術のことを指します。 この分野ではロシュが有名ですが、タカラバイオもこの試薬の製造・供給を行っており、アジア圏では高いシェアを持っています。 創薬ベンチャーではありませんが、業績への影響が大きいと思われるのが、プレシジョン・システム・サイエンスです。 遺伝子検査の際には、細胞を粉砕して調べたい遺伝子を取り出す必要があります。 従来は手作業で行われており、大量の検査にはとても対応できませんでした。 そこで、これを1台の機械で可能にしたのが同社のDNA自動抽出装置です。

次の

新型コロナウイルスはバイオハザードのTウイルス並に脅威ですか?

コロナ バイオ ハザード

中国初のBLS4実験室を擁する。 その安全管理の厳格さは想像を超えるレベルだというが…(写真は同施設の公式HPより) 連日新型コロナウイルスの話題が後を絶たない。 全世界での感染者は7万人を超え、死者は約2000人となった(2月19日現在)。 中国・武漢市に世界トップレベルのウイルス研究所「中国科学院武漢病毒(ウイルス)研究所」がある。 この研究所が備える最新鋭の設備の1つが、BSL4(バイオセーフティーレベル4)実験室だ。 実験室では、SARSやエボラ出血熱のような、感染力が強くて危険なウイルスのコントロールも可能で、洪水の被害が及ばない場所に設置され、マグニチュード7の揺れにも耐えうるという。 しかしいま、この研究所から新型コロナウイルスが流出したのではないかという疑惑が持ち上がっている。 1月末、インド・デリー大学とインド理工学院に所属する研究者たちがまとめた「新型コロナウイルスにエイズウイルスと不自然な類似点がある」とする論文が物議をかもした。 さらにこの研究者たちは「このウイルスが自然発生することは考えられない」とした。 この論文は大バッシングののちに撤回されたが、一部のネットユーザーの間で内容が拡散。 「新型コロナウイルスはSARSウイルスとエイズウイルスを武漢ウイルス研究所が人工的に合成したものでは」という憶測も飛び交い、不安が高まったのだ。 さらに1月28日、ハーバード大学公衆衛生学教授のエリック・ファイグルーディン博士は自身のツイッターで「武漢市の海鮮市場はウイルスの発生源ではない」と発信。 たちまち世界中のメディアで取り上げられた。 中国メディア『大紀元』は、2月6日、オンラインゲーム開発会社の会長が自身のSNSで「武漢の研究所が新型コロナウイルスの発生源」と発言したと報じている。 この人物は、かつて中国の生物学者が動物実験で使った牛や豚を食肉業者などに転売していた事件があったことから、新型コロナウイルスに感染した動物が市場で売られたのではないかと疑っているという。 現在、中国版Googleともいわれる検索サイト「百度」で「武漢病毒研究所」と検索すると、検索候補に「泄露(漏洩)」という文字が。 疑惑は広まる一方のようだ。 2004年、北京にあるBSL3の要件を満たす実験室から、SARSウイルスが流出する事件が発生し、責任者が処罰されている。 中国メディアの報道などによると、研究員がBSL3実験室からSARSウイルスを持ち出し、一般の実験室で研究をしたことで感染が広まった。 感染した研究者の1人は、症状が出たあと自力で病院に移動。 看護師に感染させ、鉄道で実家に向かったことが確認されている。 さらに、この研究者を看病した母親が感染、死亡している。 元産経新聞北京特派員の福島香織さんが言う。 「この頃、研究所からのウイルス流出や実験動物のずさんな管理が何度か問題になっていました。 例えば、動物実験ではウイルスを動物に感染させたりするのですが、実験が終わったらウイルスを不活化、つまり無害化させる処理をしなければいけない。 「世界有数のウイルス研究所を擁するフランスの技術協力を得て完成しました。 SARS事件があったのと同じ2004年頃から研究所を整備する計画が始まり、北京五輪やチベット問題などの紆余曲折があった末、2015年に竣工し、2018年から稼働しています」(福島さん) 今回疑惑を向けられている武漢ウイルス研究所のBSL4実験室の評価は高かった。 中国メディア『財新』は、この実験室のチームが2017年に、複数のコウモリを起源とするSARS型コロナウイルスが変異したものがSARSウイルスであることを突き止めたと報じた。 チームリーダーでBSL4実験室副主任の女性研究者は「コウモリ女傑」とも呼ばれ、コウモリの研究で政府から表彰されたこともあった。 そのコウモリの実験で発生したウイルスが華南海鮮市場に流出した可能性はあるのだろうか。 しかし、先の女性研究者は、SNSで一連の疑惑を真っ向から否定。 「新型コロナウイルスと研究所は無関係であることを私は命をかけて保証する」という内容の投稿をした。 中国メディア『財経』も、仮に実験室から流出したとしたら研究スタッフが真っ先に感染しているはずだが、そうではなかったと疑惑を打ち消す報道をしている。 しかし今度は香港メディアが華南海鮮市場から300mほどの場所にある実験室「武漢疾病予防管理センター」からウイルスが流出したという内容の論文(のちに削除)の存在を報じるなど、依然ウイルスの出所には疑惑がつきまとう。 発生源は華南海鮮市場ではないのだろうか。 「医学誌『ランセット』に中国の医師たちが寄稿した分析によると、新型コロナウイルスの患者41人を調べたところ、発生源とされる華南海鮮市場に関係しているのは27人。 さらに最も早い昨年12月1日に入院した初期患者4人のうち、3人が市場とは無関係でした」(福島さん) 中国事情に詳しいジャーナリストの富坂聰さんは「そもそも野生動物の市場取引は中国でも違法」と話す。 「中国当局もSARSの経験を教訓に厳しく取り締まってきましたが、時間と共にそれが緩くなり、武漢では堂々とヤミ市場が開かれていました。 違法だからこそ希少価値が出て、野生動物の値段が上がってしまう。 中国に限ったことではありませんが、お金さえもらえればなんでもする人はたくさんいます。 いまも違法な野生動物のヤミ市場は開かれているでしょう。 「香港大学医学院は1月27日に、新型コロナウイルスの感染者は約1週間ごとに倍増しており、4~5月頃にピークを迎え、夏頃までに減退していくと発表しました」(福島さん) ただ、ひと段落着いたとしても安心はできない。 7月24日から東京五輪が始まり、今年だけで世界中から3600万人もの人が訪日すると予想されている。 一旦収束したように見えても群衆の中で知らぬ間に感染し、それをまた本国に持ち帰る人がいてもおかしくない。 本当のパンデミックは夏以降にやってくるかもしれないのだ。 昭和大学医学部内科学講座臨床感染症学部門主任教授の二木芳人さんが言う。 「ウイルスは宿主に感染を繰り返すことによって更に変化が生じます。 インフルエンザウイルスのように変異し、またタイプの異なるコロナウイルスが大流行を引き起こす恐れもあります」 今回、武漢の研究所から流出したわけではなかったとしても、今後流出が起こらないとは限らない。 ある感染症の専門医は言う。 「SARSウイルスと同様、新型コロナウイルスも再発防止のため、すでにどこかの研究所に保管され、研究が進められているはず。

次の