色気のある人。 「色気がある女性」9つの共通点|ニフティニュース

「色気がある女性」9つの共通点|ニフティニュース

色気のある人

女性の場合、色気には様々な種類があることをご存知でしょうか。 今回ご紹介したいのは、異性からはもちろん、同性からも好かれるタイプの色気です。 ただ単に女性の体や猫撫で声を武器にしている場合、残念ながら同性から後ろ指をさされてしまっている可能性が十分にあります。 また、そのような色気は異性から見ても「大人としての色気とは違う」などと思われている可能性が高いのです。 では、同性からも好かれる色気とはどのような色気なのでしょうか。 一言で言えば「爽やかな色気」です。 具体的に申し上げますと、露出も少なく媚びている印象もないのに色気を醸し出している女性っていますよね。 そのような女性は決まって清潔感があり、落ち着いた印象を周囲に与えているのです。 また不要な動作はせず、目的に向かって真っすぐ行動している姿は大人の女性の鏡であり、どこか上品さも感じられます。 これらが好かれる色気の大まかなポイントとなるのです。 【男性編】清潔感があり同性からも好かれている 爽やかな色気が良いとされている女性と比べ、男性はどのような色気が好まれるのでしょうか。 男性の場合、女性ほど色気の出し方に種類がないため、女性に比べて「この色気の出し方は嫌われる」というものは少ないと言えるでしょう。 しかし、「ワイルドで男らしい男性は色気がある」と勘違いをしてしまい、露出度高めな服装を好んで着るのは良くありません。 大人の男の色気というのは、女性から見て余裕があり包容力があるというポイントが大きいです。 したがって、露出の多い服を着てしまうと、ワイルドさは出るものの包容力に欠けてしまい、マイナスとなってしまうのです。 また好まれる男性の色気には、女性と同じように清潔感が求められます。 毎日しっかりと見た目を整えて出勤している男性は、そうでない男性に比べると「余裕がある」と周囲から認識されるものです。 そしてこのような男性は、同性からも好かれていたり頼られていることが多いため、必然的に異性である女性の注目も集めるのです。 色気がある人とない人の違い 上記でどのような色気を持つ人が魅力的な印象を与えやすいのかという説明を簡単に致しました。 しかし、上記の説明だけではいまいちピンとこない、という方も少なくないでしょう。 そこで男女共に共通する「色気がある人の特徴」を具体的にどのようなポイントがあるのか、今回は5つに分けて見ていきましょう。 色気がある人の特徴1. 動作や話し方がゆったりしている まず色気がある人のポイントでもお話しした通り、「落ち着いている」「余裕がある」という印象を与える人は、色気があると周囲から認識されやすい傾向にあります。 そのため、色気がある人の言動を見ていると、焦った言動をする姿をあまり見かけることがないのです。 色気がある魅力的な人の多くは、ゆったりと余裕を持った話し方をしています。 話している時に、終始早口で話している人は、どことなく忙しなく余裕が無い印象を与えてしまうため、話している相手はその人に対し、色気を感じることがありません。 最初にもご紹介しましたが、「色気がある人=露出度が高い人」ではありません。 たしかに、露出度が高い人は男女問わずセクシーな印象は持つかもしれません。 しかし、セクシーと色気は100%イコールではないのです。 セクシーというのは多くの場合、見た目のことを指します。 したがって、露出度の高い服装は色気ではなくセクシーに入るのです。 したがって、露出度が高めの服装はセクシーさは感じられるものの、内面的な魅力は関係がないため、色気を感じることはないのです。 むしろ、人によっては「下品だ」などとネガティブなイメージを持ってしまう可能性さえあります。 上記でも挙げた通り、色気には上品さという言葉が似合います。 そのため色気がある人の服装は、上品な大人を感じさせるような清楚感漂う服装が圧倒的に多いです。 しかし「本当に清楚な服装で色気が出るの?」と思う方もいるかもしれません。 そこで色気がある人の特徴として、清楚な服装と合わせて知っておきたい特徴を次でご紹介します。 色気がある人の特徴3. 性別ごとのボディライン 先ほど色気がある人は、上品さが感じられる清楚な服装を着ていることが多いというお話をいたしました。 しかし、色気が感じられるのは、服装が清楚だからではありません。 男性、女性共に、その性別に合った魅力的なボディラインというものがあります。 例えば男性ならば肩幅が広く、手元が女性よりも角ばっている等です。 また女性ならば、バストとヒップラインに程よく肉が付き、ウエストラインは絞られているというボディラインが魅力的です。 ボディラインはしっかり女性らしさ、男性らしさが出ていながら、服装は上記で挙げたような上品さや清楚感を感じさせるものを身に着けているという2つのコンビネーションが良いのです。 そうすることによって、女性ならば女性的な魅力を感じさせつつ、清楚で上品な内面的な魅力を印象付けることができます。 また男性ならば包容力のある男らしさを感じさせつつ、爽やかで大人の男性をアピールすることができるのです。 色気がある人の特徴4. 自分のことを話し過ぎない 男女問わず、人と話すことが好きという人は多いでしょう。 よく言われている話に「聞き上手はモテる」というものがあります。 この説は特に男性側に言われることが多いです。 それは、女性が本来、話すことが好きな生き物のため、自分の話を「うんうん」としっかりと聞いてくれる人に対して、好感を持つからなのです。 では、「自分のことを話し過ぎない」という特徴が色気がある人に当てはまるというのはどういうことなのでしょう。 これは、一言で表すと「ミステリアス」という印象がポイントです。 みんなの会話の中にいるけれど、いつも他人の話を聞いてばかりで自分の話はあまりしない人、あなたの周りにもいませんか? 口下手なだけかもしれませんが、どことなくミステリアスさを感じるという人も少なくないはずです。 なぜならば、この「ミステリアスさ」というのは、他人に「もっとこの人のことを知りたい」という感情を湧き起こさせる、一種のスパイスのような役割を担っているからです。 色気がある人の特徴5. 言葉遣いが上品 特徴2でもお話しした通り、色気というのは内面から出てくるものです。 色気と切ることのできない「上品」というポイントを挙げるならば、上品さがよく反映されているのはマナーや言葉遣いではないでしょうか。 やはりどれだけ外見が美しく、性格が良い人であっても、言葉遣いが汚ければ途端に色気は失われてしまいますよね。 「友達としては良いけど、異性としての魅力が感じられない」と思われてしまいます。 特に言葉遣いというのは日常の生活習慣や今までの育ちなどが大きく関係してくるところですから、男女問わず多くの人が意外と気にしているところでもあります。 最近使われがちな「まじ」「やばい」などの言葉も上品さに欠けてしまいますので、なるべく使用するのは控えるようにしましょう。 ここまで様々な「色気がある人の特徴」をご紹介してまいりました。 最後にそんな色気がある人になるための簡単なコツを男女別に3つずつご紹介します。 明日から実践してみてくださいね! 【女性編】色気を出すコツ 1. 微笑みながらゆったりと話す 落ち着いた調子で話すことで、上品さを感じさせ色気が出ているという話をした通り、まずは話すスピードから変えていくのが良いでしょう。 話すスピードであれば、自分でコントロールすることは簡単です。 いつもは何も考えず、自分のペースで話しているところに、「落ち着いてゆったりと話そう」と少し意識するだけでも大きく変わるものです。 また、そうした話し方をしていると、自分の伝えたいことをより論理立てて話すことができるため、大人の話し方としても最適です。 そして相手と話すときに忘れてはいけないのが笑顔です。 満面の笑みでなくてもよいので、微笑む程度に笑みを見せながら話すことで、「余裕のある大人」の雰囲気を出すことができます。 相手の目をしっかり見る そして話しをする際、なるべく相手の目をしっかり見るということも忘れてはいけません。 きょろきょろしながら話していたり、相手の目を見ずに話していると、自信の無い人という印象が付いてしまいます。 自信の無い人というのは色気がある大人の女性とは、かけ離れたイメージになってしまいますので避けたいですよね。 また、自分から話をするときだけでなく、相手が話している時もしっかりと目を見るようにしましょう。 しっかり目を見ることで、「この人はちゃんと私の話を聞いてくれている」と感じてもらうことができます。 したがって、他人の話をちゃんと聞く余裕があるという印象に繋がり、色気を感じさせることができるのです。 化粧は艶感を出す そして明日にでもできる女性の色気を出すコツ3つ目は化粧です。 「外見はあまり関係ないのでは?」と思う方もいるでしょうが、艶感のある清潔な肌を演出することは効果的なのです。 いつも下地を作る時、適当に行っていませんか?実は女性の化粧の完成度は、下地やファンデーションで決まるとも言われているのです。 艶感のある肌の作り方は、厚塗りしすぎず下地をしっかり作るというところがポイントです。 そうすることで厚化粧のような鬱陶しさを出さず、清潔な艶肌を作り出すことができるのです。 基本的に洗顔後の保湿をしっかりと行い、ベースメイクを丁寧に仕上げ、その後クッションファンデーション等で軽くポンポンと乗せる程度にすると丁度良い艶感が出ますのでお試しください。 【男性編】色気を出すコツ 1. 清潔感を出す 意外と気を使っていない男性が多いポイントが清潔感です。 仕事などで忙しく疲れてしまうと、そこまで気が回らなくなってしまうことも多いですよね。 しかし、ここで周りと差をつけることによって、周囲の女性から「色気のある男性」として認識される可能性が高まりますので頑張ってみましょう! まずは髪型から気を付けてみましょう。 いつも寝起きのまま外出してしまっている方は、ワックスなどの整髪料で整えてから、シャキッとした面持ちで出勤するだけでも大きく変わります。 また男性の中には靴や洋服の汚れや皺シワを気にしない方も少なくありません。 しかし、女性はそのような細かい所もしっかり見ていますので、見られているかもという意識を持ち、手入れやアイロンがけをしっかりするよう努力しましょう。 ストレス社会と言われている現代において、心にゆとりを持つことは簡単ではありません。 しかし、思い浮かべてみてください。 心にゆとりがあり、いつも笑顔で周囲を気遣っている同僚や上司、あるいは友人はいませんか? そのような人々は、どんな人からも信頼され注目の的になっているはずです。 なぜならば、今の現代社会において、ゆとりを持てている人が少ないため、そのような人がより格好良く見え、色気が出ているように感じられるからです。 ゆとりがない人の特徴を見てみると、何事も頑張らなくてはいけないと許容範囲を超えた状態で頑張ってしまっていたり、自分に自信が持てないなどが挙げられます。 もちろん頑張ることはとても素晴らしいことですが、頑張りすぎると空回りしてしまい、余計にゆとりを持つことができなくなってしまいます。 まずは今、自分はどのような状態なのか、素直に客観的に見てみてはいかがでしょう。 そうした上で、もう少し楽観的に、自分の感情に素直になることを大切にしてください。 当たり前の事のようですが、現代においてこれをできている人が少なくなってしまっているのです。 始めに自分を認めてあげるという基本的なところから始めてみましょう。 自分のことを周囲に話しすぎない こちらは「色気がある人の特徴」でもご紹介しましたが、ミステリアスな印象を与え色気を出す方法です。 自分のことを聞かれてもいないのに話してしまっているという人は、少し抑え気味にしてみてはいかがでしょう。 もちろん、まったく自分のことを話さないというのは、今まで話すのが大好きだった男性にとって、ストレスになってしまいます。 そのため、今までたくさん話してきた人であれば、「自分から自分の話をするのは減らす」という程度の努力で十分です。 そこから徐々に減らしていくと良いでしょう。 そうすることで、女性は「そういえばあの人のプライベート、あまり知らないかも」「聞いてみよう」という感情が湧いてきます。 聞かれた際には、ゆったりと落ち着いた口調で話しましょう! あくまで自然に!.

次の

同性目線では分からない!「色気がある」ってどういう女性なの?

色気のある人

【目次】 ・ ・ ・ 色気があるってどういうこと? 人を惹きつける魅力がある 「色気がある」とは簡単にいうと、「人を惹きつける魅力がある」ということ。 グラマラスでセクシーな外見の人を「色気がある」、というイメージが強いかもしれませんが、単に外見のセクシーさだけではなく、しぐさや雰囲気、人を惹きつける内面から湧き出るような魅力のある人こそ「色気がある人」と言えます。 色気がある人の特徴って? おっとりしたしぐさと話し方 思わず「時間が止まっているのではないか?」という錯覚に陥るような、おっとりとした女性は、なんとも言えない大人の色香を感じさせます。 時間に余裕がなく、相手に忙しない印象を与えてしまう余裕のない女性に、魅力は感じられません。 余裕のある女になるには、「動く前に深呼吸して〝少しだけゆっくり〟を心がける」こと。 動作ひとつひとつ何をする場合でも、できるだけ音を立てないように。 声のトーンは意識的にやや低く、会話もできるだけゆっくりを心がけて。 「焦らず」「慌てず」「騒がず」が大切。 さらに「モテのしぐさ」を取り入れれば、誰でもすぐに女性らしく見えます。 男性が思わずハッとするこのクロスの法則は、体全体や手、脚をクロスさせることで、女性らしい体の曲線が際立つ即効性のあるしぐさです。 ただし、腕を組んだり仕事シーンでの過剰な乱用、同性の多い場所、単なるマナー違反になる動作は控えて。 TPOをわきまえて取り入れてこそ、色気のある女になれるのです。 自分を持っている 万人に好かれようとすることはやめる、合わない相手に媚びない、無理矢理自分を曲げない、自分らしいスタイルを貫くことが大事。 もちろん、素の自分=気を抜く、我を通す、という意味ではありません。 気配りや空気を読む力は必要不可欠です。 唇が艶っぽい 強い色の主張はなく艶やかでぽってりした唇は、上品な色気が。 ラメやパール感が強いもの、グロスでツヤを作るのではなく、元々の唇の上でとろけるような質感の口紅を選んでみて。 あくまでも「ナチュラル」な艶が大事。 メイクに黒がない 上品な色気を纏うには、メイクに黒を取り入れないこと。 黒は引き締め効果が高いので、どうしてもきつい印象に。 マスカラもアイラインも「ブラウン」にこだわってみて。 また顔に合わないボリュームまつげやはね上げラインは男性のウケはイマイチ。 まつげはボリュームではなく〝長さ〟を出すことで、程よい〝憂い〟が出ます。 その憂いある目元を引き立てるのがブラウン。 あくまで全体のバランスの良いメイクが大切なのです。 自分らしい香りを纏っている 香水をつけるなら、自分のイメージに合った背伸びのしない、心地の良い香りを纏うこと。 また、誰かと同じ香りになってしまわないように手首には、清潔感のあるもう一種類の香りを重ね付けるのがおすすめ。 さらに足首にも別の香りをレイヤード。 この部分につける香りは少しセクシーなものを選んでみて。 自分と距離が近い人にだけわかるようにほんの少量だけ。 香りは五感の中でもより感情的な反応を引き起こすと言われています。 自己演出のために香りを取り入れるのは理にかなっているのです。 靴をキレイにしている 女性にとって靴は服よりも大事。 ヒールのすり減り、汚れのケア…。 靴はその女性の生活や生活態度がそのまま現れます。 一流と言われる男性ほど女性が履いている、または脱いだ靴をチェックしているもの。 まずは自分にベストな靴のブランドを徹底的に探して、日々のマメなメンテナンスを大事にしてみて。 服ではなく下着にお金をかける 服はお手頃なものでも、自分の素肌に直接つけるランジェリーは、上下セット、さらには自分の今の体を一番美しく見せてくれるデザインやカラーのものを選ぶこと。 お気に入りの下着は、身に着けるだけで気分が上がって女性としての自信も出ます。 ほつれや色あせのある年季の入ったランジェリーは、マイナスでしかありません。 パッと見ちょい地味でも、どことなくこなれ感がある自己主張のない服装。 どうしても色が欲しいときは、小物やアクセサリーでプラスしてあげて。 さらにベーシックなひざ下丈のタイトスカートは、程よい女性らしさがあり下品さや嫌らしさがないのでおすすめ。 女らしいのに過剰な色気がなく、ナチュラルなのに清潔感と程よいセンスがある…。 これが男性を引きつける服装のさじ加減。 髪型にはこだわらない 色気や品を表現する上でこだわるべきは、髪型やメイクではなく、髪や肌の〝質感〟。 ある程度年齢を重ねると、髪や肌にさまざまな悩みが。 お金をかけるべきはヘアケアやスキンケア。 できるだけ毎日丁寧にケアすることが大切です。 毎日の15分の積み重ねが、半年後や一年後、三年後の自分に必ず返ってきます。 女として、妻として、母として、毎日忙しいワーママが、ファッション・美容・ライフスタイル・・・、今より楽しくなれる!元気になれる!気持ちよくなれる!こと限定でお届けするWebメディアです。 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

色気のある人はなぜ色っぽいの?色気がある5個の理由

色気のある人

色気のある人になってモテたい! そう思っている皆さん、一時的な対策やコツ的なものを安易に追いかけていませんか? 上目遣いでイージーにモテるなら、毎日異性にガン飛ばすレベルの勢いでバシバシ使っちゃうんですが、そう簡単じゃないのが現状です。 なので、簡単には手に入らない。 それは、男性の本能を刺激するからです。 人間も動物ですから。 特に男性は、本能に従順に生きている人が多いように思います。 食べ物で例えてみると分かりやすいかもしれません。 もぎたてのフルーツってみずみずしくてかぶりつきたくなりますよね。 それと似たイメージで、みずみずしく艶のある肌は生命力に溢れていて、男性が求めてしまうのだと私は考えます。 したがって、 色気とは容姿や言動、全てから溢れ出す「艶っぽさ」だといえるのではないでしょうか。 色気は繊細なもの。 焦りや切迫感といった印象を与えない人からのみ感じることができるのかなと思います。 うーん難しい……。 自分をよく分かっていて、受け入れている人が多いと思います。 必要以上に人と比べず妬まず自分を理解し、努力もでき、努力をしたぶん満足して自分を褒めてあげられる。 「もし私が〜だったら……」と考え出したら止まらないし、人をうらやむとキリがありません。 それよりは、自分なりにちゃんと生きようって思う方がすてきですよね。 内面の優雅さや可憐さが、外ににじみ出るのではないでしょうか。 素直に人の話を聞ける人は強いです。 誰だって「でも〜」「だって〜」より、「そうなの!」「確かに!」と肯定的な相づちをもらう方が気持ちいいです。 そして、客観的な意見を取り入れることで、常にレベルアップしていけるのですね。 優雅さや可憐さから女らしさが伝わります。 例えば、 次の動作に移る前に一呼吸おく。 歩く時は上半身をなるべく動かさない。 何をするにしても大きな音を立てないなど。 意識して周りを見渡してみると、意外と良いお手本が見つかるかもしれません。 面白くないことがあってもポジティブな意見を心掛けたり、イライラしている時でも他人にそう感じさせたりはしません。 感情を一定に保つことが上手なのです。 普段は明るくてみんなの輪の中心で笑いを取っている人なのに、二人で飲んでみたら女性らしい一面が垣間見えたなど、そんなギャップに色気を感じてしまう人も多いです。 常に色気を出さずとも、色気の出し時とその使い方を知ってるのです。 自分の体のことをよく知っているなと感じます。 回転寿司で誰にも取ってもらえない干からびたマグロと高級寿司店で出てくる艶々のマグロを比べてみてください。 何てラクちんなコスメでしょう。 使わない手はありません。 まずは、香水屋さんに行って片っ端から試しましょう! 店員さんに聞いてみるのもいいでしょう。 ちなみに私は、伊〇丹で「モテる香水と仕事でつける香水を探しています」と照れもせずに伝えた結果、モテる私と仕事できる風の私が爆誕しました。 ちなみに私事ですが、「ゆみさんの香り、良い匂いですよねー。 みたいな状態だと 色気がマッハで逃げていくのでお気を付けを。 したがって、不健康そうに見える体には色気を感じないのです。 痩せ過ぎでも、太り過ぎでも良くありません。 特に最近では、服装で色気を隠してしまっている人も多いと感じます。 あなたの健康的な体のラインを隠すようなことはしないでください。 背中が丸まっているのも、前かがみになっているのも、脚を開いて座っているのも、脚を引きずって歩いているのも、おじいちゃん、おばあちゃんのようですよね。 男女関係なく、人は老いを感じさせる人を率先して選びません。 色気うんぬん以前の問題です。 姿勢が悪い人は、今日から改善していきましょう。 正しい姿勢ってキツイんですけど、モテたいならば必須です。 どういうメイクで、どういう表情で、どういう言葉で、どういう声の出し方で、どう見えるのかを研究し尽くしています。 そして、あのキャピキャピした演技と瞬間的に見せる誘惑するような表情のギャップにやられる男性多数。 自分をどう見せるかを知っている人と知らない人とでは雲泥の差があります。 鏡を片手に研究してみてください。 必ず発見があります。 どちらも男性は大好物なのでモテること間違いなしです。 表現は不適切かもしれませんが、女性として「おいしそう」を追求すると彼女に行き着きます。 あの表情、女性でも色気を感じざるを得ません。 元祖癒し系の彼女ですが、今なお大人の女性としての色気を倍増させています。 周りの空気まで美しく見える気がするので、すごいとしか言いようがありません。 大人の艶や色気のお手本なら、間違いなく彼女です。 今すぐ色気を身にまとう方法と、習慣付けると一生ものの色気が手に入る方法をそれぞれお伝えします。 キャバ嬢時代の私が(自分至上 一番きれいだったのは、「常に誰かに見られていたから」だと今でも確信しています。 「常に吉沢亮が私を見ている」と思ったら、女性として恥ずかしいことはできないはずです。 意識付けだけで済むコスパが良すぎる方法なので、今日からでも始めましょう。 加えて、自分の長所はどこで隠した方がいいのはどこか、手を加えれば武器になるところはどこかも考えてみてください。 少しの努力で改善されるところはたくさんあるのです。 お茶はこう飲むときれいなんだ、座り方はこうすると美しいな……と、行動一つ一つに注目してみるといいでしょう。 大事なのは、 あなたの理想をリアルにイメージできることです。 女性らしい体つきになってくるとそれを見せたくなるし、自信もつきます。 週5で飲み散らかしていても「明日ジムだから飲まないでおこっかな。 そうだ、夜ご飯は蒸し野菜にしよう? 」などと、自分を褒めちぎりたくなるような行動もできるようになります。 性格、言動の傾向、顔の特徴、良いところ、悪いところ……。 欠点は、直すか補うか隠すかどうするのか考える。 そして良いところは伸ばして活かし尽くす。 一朝一夕でなりたい自分になるのは難しいですが、何事も一歩から。 今すぐ始めてみましょう! 色気は一夜にしてならず。 急がば回れで色気を理解し日々鍛錬! なんて、結構長い道のりでつらいですよね(笑)。 でも、明日といわず今日からできることもたくさんあるので、少しずつ始めてみてください。 特に艶出しとファッションはすぐに効果が出るものです。

次の