山梨 キャンプ場 行方意不明。 【霊視】美咲ちゃんは川下に居る!?ツイッターで霊視(透視)を行う人が女児不明事件に言及【道志村キャンプ場女児不明】

【霊視】美咲ちゃんは川下に居る!?ツイッターで霊視(透視)を行う人が女児不明事件に言及【道志村キャンプ場女児不明】

山梨 キャンプ場 行方意不明

千葉県成田市の小学1年、小倉美咲さん(7)が行方不明になった山梨県道志村のキャンプ場が、台風19号で壊滅的被害を受けた。 現場周辺にとどまっていた美咲さんの母、とも子さん(36)は山を下りて同市に帰った。 とも子さんは18日、産経新聞の取材に応じ、「美咲は山にいると信じていたが、惨状を見たら、いてほしくないと思った」とジレンマを語った。 (渡辺浩) 美咲さんが行方不明になった「椿荘オートキャンプ場」は、12日の豪雨でキャンプ場内を流れる椿沢が氾濫。 斜面の崩落も起き、大量の岩や土砂、倒木などが流れ込んだ。 18日に記者が取材に向かったところ、国道413号から最短距離でキャンプ場につながる林道は舗装がめくれ上がり、通れなかった。 別ルートでたどり着いたが、キャンプ場は大きく姿を変えていた。 同日午後3時40分ごろ、小川へ先に遊びに行った子供たちを1人で追い掛けた後、行方が分からなくなった。 とも子さんら家族はそれから1週間ほど、テントを張ったまま美咲さんを捜し、その後は近くの旅館に滞在して捜索活動を見守ってきた。 県警などは今月6日、大規模な捜索を打ち切り、ボランティアが捜し続けてきた。 台風19号の接近でいったん成田に帰っていたとも子さんは、14日朝に現場に戻って、あまりの被害の大きさに驚いた。

次の

山梨女児不明事件に新証言「キャンプ場に小倉美咲ちゃんはいなかった」と事情通が書き込み

山梨 キャンプ場 行方意不明

小倉美咲ちゃんの母親が顔出しで取材に応じるも、父親は顔出しNGかとネットで話題に 9月30日、山梨県道志村のキャンプ場で行方不明となった小倉美咲ちゃんの両親が報道陣の前で、取材に答えています。 報道陣のカメラの前で、用意した文章を読み上げたのは美咲ちゃんの母親、とも子さんです。 一方、美咲ちゃんの父親も取材には応じていますが、顔を出すことはありませんでした。 ネットでは両親が別々、片方のみが顔出しで取材に応じるという、この形に疑問の声が出ています。 ただ、父親も名前を小倉雅さんと公開していますので、完全に素性を隠しているというわけではありません。 母親はインスタなどでも活動 小倉美咲ちゃんの母親、とも子さんは千葉県でトリマーをしていて、トリミングしたペットなどの写真をインスタグラムで公開しています。 とも子さんはインスタグラムで、既に顔や実名を出していたので、テレビに出演するのにあまり抵抗がなかった可能性がありますね。 父親の雅さんについては、SNSが確認できていません。 顔を出せない理由は発表されていませんが、人前で話すことなどが、不得手ということも考えられます。 小倉美咲ちゃんのお母さんの悲痛な叫び 9月30日、主に母親のとも子さんによって話された記者会見内容では、美咲ちゃんを一人で行かせてしまったことについての後悔が非常に印象的でした。 「悔やんでも、悔やんでも、悔やんでも悔やみきれないほど後悔」していると、「悔やむ」という単語を繰り返したことから、本当に思いが伝わってきます。 また、会見の中では、当初美咲ちゃんの写真が出ていなかった理由や、捜索隊への感謝の気持ちも述べられました。 美咲ちゃんが迷子になった直後から大人数で探しているため、 警察はこの行方不明を「事件性が薄い」と判断し、最初は写真非公開での捜査となったということです。 小倉美咲ちゃんの両親が記した記者会見向け文章の原本、ボランティアの公式ツイッターでも公開 小倉美咲ちゃんの両親が記者会見向けに用意していた文章は、「DoshiSousaku ボランティア旧本部 後方支援(公式)」のボランティア公式ツイッターでも公開されています。 本日9月30日 月 午後4時過ぎに、美咲ちゃんのご両親から報道各社宛に次のようなお話をされています。 原本をご両親からお借りしましたので、添付させていただきます。 (全3枚) — DoshiSousaku ボランティア旧本部 後方支援(公式) DoshiSousaku 全文が公開されているこの文章は、小倉雅さん・とも子さん両親の連名で出されました。 行方不明後に、母親のとも子さんがインスタグラムへの投稿していたことについても、軽く触れられています。 心配してくれる方、応援してくれる方への感謝の気持ちで投稿したと説明し、この行動で不快な思いをさせてしまっている方がいたら謝罪させて頂きたいと述べました。 多くの方が気になっている、キャンプ当日のいきさつについては、公開捜査の情報提供のため、後日改めて話したいと綴られています。 記者会見の形をとるかは不明ですが、もう一度、両親から何らかの形でお話がある可能性が高いですね。 文章の最後は、皆さんの協力への感謝を示し、「 皆様にも美咲の無事を祈っていて頂けるとありがたいです」という一文で締めくくられました。 小倉美咲ちゃん行方不明から10日、現在も捜索は継続し情報提供を呼びかけ 小倉美咲ちゃんが行方不明になってから10日が経過していますが、残念なことにまだ発見の吉報がもたらされていません。 ご両親の同意を得て美咲ちゃんの顔写真も提供され、公開捜査に切り替わっている現在、広く情報提供が呼びかけられています。 少しでも有力な情報が集まり、美咲ちゃんの発見につながることを祈りましょう。 小倉美咲ちゃん大規模捜査打ち切りに 美咲ちゃんの新しい動画も公開 美咲ちゃんが行方不明になって16日目となる6日(日)に、警察が大規模捜査を打ち切るという発表をしました。 母親のとも子さんが会見をし、警察や消防団などの捜索隊への感謝の気持ちを述べました。 親としては諦めずに捜索を続けること、また協力できる人は引き続き捜索をお願いしたいと頭を下げました。 また、捜索打ち切りを期に、新たな動画が家族から公開されました。 知人にプレゼントを貰った時に撮影したものだそうで、美咲ちゃんの音声も入っています。 優しい口調で懸命に敬語話し、気が使える女の子です。 発見に繋がる有力情報は引き続き必要になります。 美咲ちゃんが早く笑顔を取り戻せる日が来ることを願います。

次の

山梨女児不明事件に新証言「キャンプ場に小倉美咲ちゃんはいなかった」と事情通が書き込み

山梨 キャンプ場 行方意不明

小倉美咲ちゃんが行方不明になった椿荘オートキャンプ場の地図と地形 小倉美咲ちゃんが行方不明になったオートキャンプ場は、山梨県道志村の「椿荘オートキャンプ場」。 地図を見ると、道志村でも東側、神奈川県相模原市側に近い場所のキャンプ場です。 出典: 道志村を東西に流れる道志川から枝分かれした、細い小川のそばにキャンプ場はあります。 道志川の方向に歩いていけば、キャンプ場と同じ管理者の民宿施設、椿荘など、建物・施設も複数あり、人が全くいないエリアということはありません。 また、キャンプ場付近には車が走れるような整備された道もあり、整備された道を歩いている限りは、山の奥深くに迷い込んでしまう可能性は低い場所と言えます。 出典: 小倉美咲ちゃん捜索は難航、人員を増やすも立ち入れない建物も 行方不明から1週間近く経過していますが、捜索は非常に行き詰まっていて、手がかりとなりうる所持品や衣服、靴といったものも発見されていません。 当初70人ほどの体制で捜索していたチームも、現在は200人以上に増員し、懸命の捜索活動が続けられています。 山の中はもちろん、捜索隊は近隣の建物も捜索範囲に加えています。 しかし、別荘や空き家など、普段人が立ち入らない建物にはオーナーの了解をとり、カギをもらうなどしなければ入ることができません。 そうした事情もあり、まだ捜索隊もすべての建物を確認できていない状況です。 小倉美咲ちゃん捜索難航の理由の1つは「子供の意外な行動」 小倉美咲ちゃんの捜索が難航している理由の1つについて、専門家は子どもがとりうる「意外な行動」を指摘しています。 子どもは視野が狭く、開かれた道があれば、思い込みで真っすぐどんどん進んで行ってしまう可能性があります。 大人の捜索隊が考える方向と別の方向に進んでいたり、想定外の長距離を移動していたりという可能性もあり、捜索は難航している状態です。 北海道の行方不明男児も捜索範囲外で発見 今回の山梨県道志村の、小倉美咲ちゃん行方不明事件で、多くの方が思い出すのが、北海道で2016年に小学生の男の子が行方不明となった事件です。 この時も、多くの警察や消防、ボランティアの方達が必死で捜査し、行方不明になった場所から約4キロ離れた隊員用宿舎で、自衛隊が男の子を発見しました。 実際には、男の子は捜索隊が想定した距離の倍ほど、徒歩で移動していたことが驚きをもって報じられました。 去年山口県で2歳の男の子が行方不明となり、その後無事発見された事件も同様です。 捜索隊の予想は外れ、子どもは坂を下るのではなく、登った場所の沢で水を飲んでいました。 こういった事例を見ると、子どもの行動は、山に詳しい専門家などでも予想を外してしまうことがあり、捜査が難しいことがわかりますね。

次の