エウレカ3 演出 示唆。 エウレカ3 エウレカセブン3 ATレベル詳細。ATレベル示唆演出。

エウレカ3 スロット 通常時 ATレベル 周期 解析

エウレカ3 演出 示唆

REGの前半20Gは、5Gずつ合計4人のキャラ紹介が発生。 12個のカテゴリのうち、どのカテゴリ内のキャラが出現するかで設定を示唆する(キャラ紹介自体は全部で55種類)。 「キャラ別の示唆内容」 ゲッコーステイト男性キャラ…奇数設定示唆 ゲッコーステイト女性キャラ…偶数設定示唆 州軍男性キャラ…奇数かつ高設定示唆 州軍女性キャラ…偶数かつ高設定示唆 エウレカ/アネモネ…設定1否定濃厚 ムーンドギー/ギジェット…設定2否定濃厚 タルホ(ショートヘア)…設定3否定濃厚 アゲハ少年隊…設定4否定濃厚 メカ系…高設定示唆 特殊1…設定4以上濃厚 特殊2…設定5以上濃厚 特殊3…設定6濃厚 [ゲッコーステイト男性キャラ] [ゲッコーステイト女性キャラ] ゲッコーステイト系キャラは、ムーンドギーとギジェットが別枠で設定2否定濃厚。 タルホは髪型がロングかショートかで示唆内容が異なるので注意しておこう。 [州軍男性キャラ] [州軍女性キャラ] [エウレカ/アネモネ] [ムーンドギー/ギジェット] [タルホ(ショートヘア)] [アゲハ少年隊] [メカ系] [特殊1] [特殊2] [特殊3] 「最初に狙う絵柄」 左リール枠上〜上段にBARを狙う。 「中段にチェリー停止」 成立役…中段チェリー 中右リールにスイカを狙う(どちらもBAR目安でOK。 スイカ揃いを問わず払い出しは1枚)。 「下段にチェリー停止」 成立役…弱チェリー/強チェリー 中右リールはフリー打ちでOK。 右リール中段にベルが止まれば弱チェリー、それ以外なら強チェリー。 弱チェリーはリプレイ、強チェリーは1枚なので、払い出しでも判別できる。 「下段にBAR停止」 成立役…ハズレ/リプレイ/ベル/チャンス目(下段BAR) 中右リールはフリー打ちでOK。 上段ベルテンパイハズレやボーナス絵柄一直線停止でチャンス目。 「上段にスイカ停止」 成立役…弱スイカ/強スイカ/チャンス目(スイカハズレ) 中右リールにスイカを狙う。 斜め揃いで弱スイカ、平行揃いで強スイカ、スイカハズレでチャンス目。 「中段にスイカ停止」 成立役…強スイカ 中右リールにスイカを狙う。 「レア役の停止形(一例)」 コンパクカウンターの分子を加算し、分母を減算する特化ゾーン。 『パチスロエウレカセブンAO』のクォーツアクティベートチャンスをイメージしたシステムで、成立役に応じて減算や加算されるポイントが決まる。 ヒキ次第ではボーナスやAT、HI-EVOモードを掴み取ることも可能だ。 3 「突入契機」 ・有利区間移行時 ・通常時のレア役(高確中のみハズレでも抽選) 「基本画面」 ハズレとベルでポイントを獲得し、リプレイ成立で終了(開始から数ゲーム間の保証あり)。 レア役成立時は表示された倍率をかけたポイントを獲得し終了するが、再びコンパクカウントチャンスに突入する(ボーナスの前兆中を除く)。 「コンパクカウントチャンスは3種類」 [初回コンパクカウントチャンス] 有利区間移行時に必ず突入。 安定して大きなポイントを獲得しやすい傾向にある。 [通常時コンパクカウントチャンス] 通常時のレア役などで突入。 [紫コンパクカウントチャンス] 通常時コンパクカウントチャンスの一部で突入。 終了時に2倍、3倍、4倍のいずれかを獲得できるので、周期を大きく進められる。 【基本抽選システム】 コンパクカウントチャンスの種類(初回、通常、紫)と、保証の有無(リプレイの欄にSAFEの表示があるかないか)で、ハズレ時の数値を抽選。 ハズレの数値を参照して、ベル揃い時の数値を抽選する。 「初回コンパクカウントチャンス中の抽選」 通常、紫コンパクカウントチャンスに比べ、分子、分母ともに大きな数値が選ばれやすいのが特徴。 通常時のゲーム性の軸となるのが、サブ液晶に表示されたコンパクカウンター。 上段の数字(分子)が下段の数字(分母)を超えると周期到達となり、ボーナスを抽選する。 「基本解説」 [周期数] 最大10周期目で天井到達。 1周期を消化するごとにATレベルのアップ抽選をおこなう。 [分子] おもにハズレ、リプレイ、レア役でポイントを加算。 強レア役成立時は強制的に周期に到達する。 コンパクカウントチャンス(特化ゾーン)突入で大量加算のチャンスだ。 [分母] 有利区間移行時は1000からスタートし、コンパクカウントチャンスで減算する可能性あり。 一度減算された分母はボーナス or AT当選まで引き継ぐので、減算するほど1周期あたりのゲーム数を短縮できる。 「周期ごとの期待度」 周期到達時のボーナス期待度は奇数設定と偶数設定で異なる。 ボーナスに当選した周期にも注目しておくと、設定推測に役立つぞ。 周期到達時は、周期数と設定を参照してボーナスを抽選。 1周期目は高設定優遇、2周期目は偶数設定優遇など、設定ごとに特徴が存在するので設定推測にも活用できる。 「周期ごとの特徴(1〜6周期目まで)」 1周期目…高設定優遇 2周期目…偶数設定優遇 3周期目…奇数設定優遇 4周期目…偶数設定優遇 5周期目…奇数設定優遇(とくに設定5) 6周期目…偶数設定優遇(とくに設定6) 7周期目以降は全設定共通での抽選となる。 上記の抽選に加え、強レア役によるボーナス直撃抽選もおこなうので、普通に周期に到達した場合よりも期待度が高い。 LFOの種類によってATレベルを示唆しているので、レベル2以上示唆のLFOが出た場合はボーナス当選まで打ち続けたい。 「LFO別のATレベル示唆」 ニルヴァーシュ…全レベルの可能性あり デビルフィッシュ…レベル2以上 スピアヘッド…レベル3以上 theEND…レベル4(ボーナス当選でAT当選濃厚) ATレベルはボーナスかコーラリアンモード(AT)に当選するまで下がることはなく、通常時は昇格のみを抽選。 デビルフィッシュ、スピアヘッド、theENDはニルヴァーシュとは少し見た目が異なり、格納庫ステージに滞在する。 「コックピットモード」 ボーナス濃厚の前兆ステージ。 背景(オーラ)色が黄ならBIG以上、赤ならハイパーBIG濃厚だ。 ATレベルの示唆も共通なので、theENDのコックピットならボーナス+ATレベル4濃厚となる。 「カットイン」 レア役を否定したり、初代のカットインならボーナス濃厚。 滞在ステージごとにパターンは異なるが、基本的にアネモネのカットインはアツい。 [初代カットイン] 「擬似連」 ステップ3まで行けば期待度がかなりアップ。 名場面擬似連なら期待度が高いだけでなく、エピソードボーナスにも期待できる。 [名場面擬似連] 「ロゴカットイン」 発生した時点で激アツ。 基本的には次ゲームで連続演出に発展するが、PUSHボタンからボーナスを告知するパターンもある。 「次回予告」 発生した時点で激アツ。 「アネモネ演出」 強チェリー対応の大チャンス演出。 強チェリー否定でボーナス濃厚。 「フットサルミッション」 今回はコンパクカウントチャンス濃厚の連続演出。 「バトル中」 PUSHボタン出現で勝利期待度が大幅にアップ! また、リプレイやレア役は味方攻撃がメイン、ハズレやベルなどは敵攻撃がメインだが、矛盾すれば期待度がアップだ。 「下パネル消灯」 通常時の下パネル消灯は、エピソードボーナス濃厚の激アツ演出! レア役などでエアリアルチャンスに突入させ、コーラリアンを100体撃破すればボーナス。 AT中にボーナスを3回引いて、ストック管理型の上位ATであるSPEC3モードを目指すのが、AT中のおもなゲーム性となる。 「基本性能」 継続ゲーム数…30G 1Gあたりの純増…約1. 8枚 「出撃LFO」 ニルヴァーシュ<デビルフィッシュ<スピアヘッド<theENDの順に、高ATレベルやATの複数ストックに期待できる。 リプレイを除く全役でコーラリアンを撃破し、100体撃破すればボーナス濃厚だ。 100体撃破できなかった場合はATを30Gに再セット、残った分は次のエアリアルチャンスに引き継がれる。 「ファイナルチャンス」 ATの残りが3Gになると移行するエアリアルチャンスの超高確率状態。 全役で抽選をおこなっており、とくにベルでの当選割合がアップしている。 有利区間移行時に決まる4段階のATレベルで、コーラリアンモード(AT)の性能が変化。 通常時に画面を横切ったり、ボーナス開始画面やAT中に出撃するLFOの種類などでレベルを示唆する。 「レベルごとの恩恵」 レベル2以上の場合、必ずセットが継続。 さらに、高レベルほどループ率が高いのでロング継続に期待できる。 レベル4時はボーナス当選=ATも濃厚となるが、レベル3以下は自力でATに当選しないとレベルの恩恵を受けられない。 通常時の演出でレベルを示唆することがあるので、レベル2以上を示唆する演出が発生した場合はボーナス当選まで打つことをオススメしたい。 「通常時・ATレベル昇格抽選」 周期到達でボーナス非当選だった場合に、ATレベルの昇格を抽選する。 そのため、ハマっている台ほど高レベルの可能性が高い。 「天井到達時」 707Gのゲーム数天井到達時は、BIG+ATレベル2以上。 エアリアルチャンスからコーラリアンモードに再突入する際も、高確移行が抽選される。 押し順ベル時に発生した場合、ベルが揃えば完全撃破(押し順ナビ発生 or 自力正解)。 「演出発生タイミング」 第1停止ボタンを押すまで演出が発生しなかった場合、第2停止時にカットイン発生 or 第3停止時に攻撃が発生。 「終了あおり演出」 レバーON時にあおりが発生し、最終的に画面が真っ暗になると終了(リプレイ成立)。 開始から5G間は保証なので、5G以内にあおりが発生すると完全撃破が濃厚となる。 さまざまな状態から突入する可能性がある、本機最強の特化ゾーン。 100G間、超高確率でボーナスに当選する強力なトリガーだ。 ここでしか見ることができない映像なので、ファンならば一度は見ていただきたい。 「HI-EVOモードのエンディング」 一定の枚数を獲得すると、エンディングへ移行する。 AT中のボーナス3回成立後に突入する上位AT。 コーラリアンモードに比べて純増が大幅にアップしているだけでなく、超高確率でストックを獲得できるので、エンディング到達も十分に期待できる。 10セット目開始時におこなわれるDAYS抽選に当選すると、ストックを3個以上獲得。 10セット目以降は、1セットで2個以上のストックを獲得した場合に楽曲が変化する。 「SPEC3モードのエンディング」 獲得枚数が2100枚を超えると、エンディングへ移行する可能性あり。 「継続システム」 SPEC3モードは、ストックレベルと継続モードの2種類で継続を管理している。 ストックレベルは成立役によるストックの獲得率、継続モードはストックなし時の継続率に影響を与える。 「継続モード」 SPEC3モード突入時に、コーラリアンモード(AT)の残りストック数に応じて初期の継続モードを決定。 残りストック数が多いほど上位のモードが選ばれやすいので、どれだけ多くストックした状態でSPEC3モードに突入できるかが重要だ。 「ストックレベル」 SPEC3モードが3セット継続するごとに、ストックレベルを再抽選(レベルは上がることも下がることもある)。 ストックを持っている場合と持っていない場合ではストック獲得率が異なり、1セットで複数ストックを獲得した場合は高レベルに期待できる。 【継続モード】 継続モードは全部で5種類あり、上位モードほどストックなし時の継続率が高い。 SPEC3モード突入時に残っていたコーラリアンモードのストックを参照して初期モードを決定、以降はセットが継続するたびに次のモードを抽選する。 【ストックレベル】 ストックレベルも5種類で、レベルが高いほどストックなし時に継続しやすい。 まれに、レベル5から転落してくることがある。 ストック期待度は低いが、ストックできればチャンスだ。 天国準備的なイメージ。 天国的なイメージ。 下パネルの点滅や消灯は激アツ! タイミングによって恩恵が異なるので、チェックしておこう。 1Gあたりの純増は、チャンスゲーム中が約1. 8枚、JAC中が約4. 5枚だ。 この流れをBIGは2回、ハイパーBIGは3回繰り返す。 チャンスゲームに規定ゲーム数は存在しないので、長引かせる(リプレイを引かない)ほど、出玉増加やSPバトル期待度アップのチャンスだ。 [平均獲得枚数] BIG…約170枚 ハイパーBIG…約255枚 「消化中の抽選」 ハズレ(押し順ハズレもアリ)とレア役成立で、サブ液晶に表示されたSPバトル勝利期待度(ポイント)がアップ。 ボーナス終了までに獲得したポイントでSPバトルに臨み、勝利できればAT突入だ(AT中はEX JACに突入)。 弱レア役時は最低3pt、強レア役時は最低15ptを獲得した後から1ptのループ抽選がおこなわれる。 押し順チャンス目は基本的に強レア役と同様の抽選だが、一気に期待度がMAXになることがあるぞ。 基本は白7カットインだが第1 or 第2停止時に赤7カットインに変われば赤7揃い濃厚だ。 名曲揃いの作品なので、楽曲を楽しめるのもうれしいポイントだ。 【通常時のSPバトル】 ボーナス後に突入する、コーラリアンモード(AT)突入をかけたホランドとアネモネの4G間のバトル。 ボーナス中に獲得したポイントによって、勝利期待度が変化する。 全ゲームにチャンスアップ発生の可能性があり、一度でも発生すればチャンス! 【AT中のSPバトル】 通常時とは異なり、AT中のバトルに勝利するとEX JACを獲得。 ボーナス中のJACと同様に純増約4. 「EX JAC中のレア役」 EX JAC中のレア役はJAC回数の上乗せを抽選している。 上乗せの告知とループ率による継続告知が同一のため、ストックしたかどうかを正確に見分けるのは難しい。 通常パターンでも、第3停止時の勝ち取れ!が赤ければ勝利の期待大。 弱レア役は3pt、強レア役は15ptの保証獲得後からループ抽選がおこなわれる。 ハズレ(押し順含む)は1pt+ループ率50. 「勝利抽選をおこなうタイミング」 最後のJACの最終ゲーム(全リール停止時)に、それまでに獲得した期待度を参照してSPバトルの勝敗を抽選。 終了画面に表示されるNEXT BATTLEの文字色で期待度を示唆する。 20Gの前半パートと、ベルの押し順当て5回の後半パートで構成されている。 「前半パート」 レア役成立時にBIGへの昇格を抽選している。 セブンチャンス成功で昇格! [セブンチャンス] 中押しで7を狙い、止まれば成功。 「後半パート」 6択ベルの押し順を、3回以上当てられればAT突入。 レア役では、ベル間のハマリがリセットされない。 ユーザー口コミ・評価詳細 パチスロ交響詩篇エウレカセブン3 HI-EVOLUTION ZERO•

次の

【周期抽選が設定差大!】パチスロ交響詩篇エウレカセブン3 HI

エウレカ3 演出 示唆

ま、まぁまだ設定4じゃない可能性残ってるし… 新台は挙動とか特徴とかブログネタになるのでキッチリ打ち切ります! お次は6周期目でレギュラーボーナス当選 余裕で設定6は無理だろうなぁという流れ、調べたところによると設定5でも周期ハマりは結構するみたい。 エウレカセブンシリーズ伝統、この辺りにも設定差ありそうですよね。 設定4でもそれなりに優遇されている?? まどマギ3と同じく有利区間終了直後もボーナス当選のチャンスがあるのは嬉しいですね! これが弱スイカからレギュラーボーナスでAT当選は無し。 波に乗るコウチャ!3度目。 赤Vならビッグボーナス以上確定かな?虹Vはどうなんだろ。 3回目までで2回正解からの、ハズレ引いて押し順ナビ4択に緩和 いけるか?! ぐええ そんなこんなで閉店時間も近づいてまいりましたね。 エウレカ3の設定4は悪くない手応えでした。 ここまで打って勝つのか負けるのかの瀬戸際プラマイゼロ付近で済んでるというだけで謎の達成感。 勝たなきゃ意味ないのにw そう、 ただで帰れる。 そんな風に思っていた時期が僕にもありました。 このコーラリアンのポーズ「どしたん?話聞こうか?」のやつにしか見えない件。 ご覧の通りエウレカ3の設定4はかなり荒れるし勝つにはヒキの影響かなり受けると思います。

次の

エウレカ3 スロット 通常時 ATレベル 周期 解析

エウレカ3 演出 示唆

今作は「パチスロ交響詩篇エウレカセブンシリーズ」3作目となり、2017年に登場した『パチスロエウレカエセブンAO』をシリーズに含めると4作目となります。 そんな新作アニメとのタイアップした本機。 原作映画を知らないけれど……という方は多いかもしれません。 けど、そう構える必要はありません。 それは、これまでの作品と登場キャラや世界観などがそれほど変わらないからです。 登場キャラの関係性など一部変更はありますが、敵対関係などストーリーの軸はそのままです。 なので、パチスロ前2作を打った方は違和感なくプレイでき、さらに前作までには語られなかったエピソードなどが搭載されていますのでより今まで以上にエウレカワールドに引き込まれていくはずです。 そんな注目機種の初打ちをアシストすべく、今回の特集では入手したばかりの内部数値やお得な情報をご紹介していきたいと思います。 波ニ乗ッて、乗リに乗ッて、波ヲ超スためにも要チェックです。 ゲームの流れに沿って紹介していく前に、 まずはスペックから見ていきましょう。 1 98. 6 98. 2 100. 5 104. 4 107. 5 111. 出玉率は設定5が107. 1%、設定6で111. 2%と納得の数値。 6 小役確率は設定1の一部でのみ判明。 強レア役の合算確率は464. 8分の1、弱レア役の合算確率は30. 8分の1。 ・強レア役……強スイカ・強チェリー・チャンス目 ・弱レア役……弱スイカ・弱チェリー ・中段チェリー……確定役 通常ゲーム中に「ねだるな勝ち取れ!」が発生しない状況での「リプ・リプ・ベル」は弱レア役扱いとなります。 50枚あたりのゲーム数は設定1で50. 通常ゲーム中は、AT契機となるボーナスをまず目指します。 そのボーナスの契機となるのがレア役と周期抽選で、メインとなるのが周期抽選です。 周期抽選はサブ液晶のコンパクカウンターに注目です。 分母……周期抽選が受けられる値 分子……現在の値 分子の値が分母の値まで貯まれば、周期抽選が受けられる仕組み。 分子の値は、レア役、リプレイ、ハズレなどで獲得できます。 この画像はプレイ開始時の画面で、分子が1000まで貯まれば周期抽選が受けられます。 この周期抽選は、CZ「コンパクカウントチャンス」に突入することで一気に加速します。 CZにはレア役の25%で突入するほか、高確中はハズレでも突入抽選が行なわれます。 ブリッジステージが高確示唆のステージです。 CZ確率は設定1で63. 3分の1。 CZ中はコンパクカウンターの分子を加算し、分母を減算します。 画面中央に表示されているのが獲得できるコンパクカウンターの原資で、毎ゲーム成立役に応じて原資を加算&減算していきます。 ベルやハズレ成立時は次ゲームへ継続し、リプレイやレア役で終了となりその時点での原資をコンパクカウンターに加算&減算して通常ゲームに戻ります。 分子が増えれば周期抽選まで近づくのはもちろんですが、分母を減らすことでも周期抽選に近づきます。 さらに、この分母は減ったらそのままで有利区間をリセットするまでその状態を維持します。 なので、CZに突入するごとに分母も減り、周期到達が早まっていくわけです。 周期というと100G周期だったり規則的に訪れるものという認識かもしれませんが、今回便宜上そう呼んでいる周期抽選はプレイすればするほど早く到達する斬新なシステムとなっています。 このCZ、ただ周期抽選を加速させるだけではありません。 リプレイやレア役で「GET」となり終了となるわけですが、分子が1000以上になった時点でボーナス濃厚になったり、分子が増えるほどレア役時の報酬が変化し「V」に表示が変わったあとにレア役成立ならボーナス濃厚となります。 なので、CZ中はベルやハズレで継続させながらコンパクカウンターを加算&減算しボーナス直撃まで持っていくというのが目標です。 ちなみに、Vはエフェクトが3種類あり、青Vならボーナス確定、赤VはBB確定、虹VはBB+AT確定です。 CZ中は演出にも注目したいところです。 予告音発生時は押し順ベルor共通ベルが濃厚となるため次ゲームへの継続も濃厚です。 エウレカカットイン時に押し順当てに成功するとボーナス濃厚になったり、分子が1000以上になればボーナス濃厚となります。 CZがレア役で終了した場合はCZ再突入も濃厚となり(ボーナス前兆中除く)、中段チェリーなら本機最強の特化ゾーン「HI-EVOモード」に突入となります。 そんなCZ、内部的に3種類存在します。 現在の周期数はサブ液晶に表示されています(分子の左上)。 つまり、10周期到達でボーナス+AT濃厚となり、これが天井の役目も担います。 ゲーム数天井も存在し、まず有利区間移行後303G消化時にボーナス抽選が行なわれ、ここで当選ならBBが確定します。 303Gでの抽選をスルーし707Gに到達するとBBが確定します。 この707Gに到達するとATレベル2以上が確定するためBBからATにつながればAT期待枚数も高まります。 ATレベルについてはまたあとでご紹介します。 さて、周期に到達し、周期抽選を受けると、一部で前兆ステージに移行します。 前兆ステージに移行すればボーナスのチャンスとなります。 前兆ステージは、ATレベルを示唆しています。 ・NVモード……ATレベル1以上 ・303モード……ATレベル2以上 ・SHモード……ATレベル3以上 ・theENDモード……ATレベル4以上 ATレベルはボーナスorATに当選するまでダウンすることはなく、周期抽選をハズすたびに昇格抽選が実施されるため、ハマっているほどATレベルが高い可能性があります。 コックピットモードでのATレベル示唆は、先ほどの前兆ステージと同様です。 前兆ステージ&コックピットステージは、連続演出を経てボーナスの当否を告知します。 以上のような流れを経てボーナス確定となります。 ボーナス契機をおさらいしますと、メインとなるのが周期抽選で、それ以外にCZからの直撃、レア役からの直撃なども存在します。 ここからはボーナスについて説明していきます。 ボーナスは、赤7揃いのBB、白7揃いのBB、RBの3種類。 BBはチャンスゲームとJACゲームの2部構成。 チャンスゲームでリプレイが成立するとJACゲームへ移行し、JACゲームは15G消化するまで継続します。 そのチャンスゲームとJACゲームが1セットとなり、赤7BBは3セット、白7BBは2セット消化すると終了となり、SPバトルに発展します。 チャンスゲームでリプレイを引かずどれだけ伸ばせるかがここでのポイントです。 BB中はレア役やハズレでSPバトルの勝利期待度をアップさせていきます。 押し順チャンス目が出現することもあり、基本的に強レア役と同様の抽選を行ないつつ特殊抽選により勝利期待度をMAXまで到達させることもあります。 BB中のカットインは、7が揃えばATが確定します。 基本は白7を狙えですが、赤7を狙えならその時点で赤7揃いが確定し、白7揃いよりも恩恵が大きくなります。 ちなみに、BB中の1G純増は、チャンスゲームが約1. 8枚、JACゲームが約4. 5枚です。 BB終了後に突入するSPバトル。 BB中に獲得した数値の期待度で勝利抽選を実施し、勝利すればATへと突入します。 SPバトルは4G継続し、チャンスアップが出るほど期待度もアップしていきます。 トータルのAT突入率は約35. 5%(設定1)。 RBは前半パートと後半パートの2部構成。 前半パートは20G継続し、「中押しで白7を狙え!! 」のセブンチャンス成功でBBへ昇格となります。 セブンチャンスの契機はレア役。 後半は押し順当てが5回発生します。 成功回数に応じてAT抽選が行なわれ、3回以上成功はAT確定です。 押し順当て時にナビが発生することもあり、ベル間でハマればハマるほどナビ発生のチャンスとなります。 ATにいく前に、通常ゲーム中のAT直撃契機「ねだるな勝ち取れ!」について触れておきましょう。 「ねだるな勝ち取れ!」は、「リプ・リプ・ベル」の次ゲームに発生する可能性のある押し順当て勝負で、成功すればATに直行します。 成功時はATの複数ストックも確定し、75%で2セット、25%で3セット獲得となります。 「ねだるな勝ち取れ!」の一部でアドロックが登場します。 ここでの成功は本機最強の特化ゾーン「HI-EVOモード」が確定します。 ここからはAT「コーラリアンモード」について解説していきます。 ATは1セット30GのST型。 エアリアルチャンスに突入すれば1G目から再スタートします。 ATとエアリアルチャンスをループさせながらボーナスに3回突入させることができれば上位AT「スペック3モード」へと移行します。 なので、AT中はまずボーナス高確状態のエアリアルチャンスへの突入を目指します。 リプレイ以外でコーラリアンを撃破し、100体撃破すればボーナスが確定します。 演出パターンによって大量撃破の期待度は変化します。 ベル揃いなら10体以上の撃破確定、通常攻撃の場合は強攻撃(赤背景)は20体以上撃破のチャンスとなります。 キャラアップはレア役or完全撃破濃厚、演出なしなら大量撃破or完全撃破濃厚、保証ゲーム内での転落煽りは完全撃破濃厚です。 撃破できなかった場合は、撃破数を次回に持ち越します。 これ、地味に嬉しい機能で、のちのち結構響いてきます。 エアリアルチャンスでの100体撃破、あるいはAT中のレア役などでボーナスへ突入となります。 このAT中ボーナスはBBのみとなり、基本的には通常ゲーム中のBBと仕組みは同じです。 違う点が1点あり、BB終了時のSPバトルに勝利するとループタイプの「EXJAC」に突入となり、以後それが50%でループします。 EXJACが継続を重ね7JACに到達するとATをストックします。 EXJAC中のレア役はJAC上乗せ抽選がありますが、継続告知と同じため見分けにくくなっています。 AT中はLFO(機体)にも注目です。 ATレベルやループ率を示唆しているためです。 ATレベル別機体枚数 ATレベル 期待枚数 1 597. 7 2 826. 5 3 911. 2 4 1115. 8 ATレベル別の期待枚数はこんな感じです。 ATの継続が約束されているATレベル2以上になればATレベル1より期待枚数は200枚以上アップします。 獲得枚数に影響を及ぼすATレベル。 決定タイミングなどは以下のようになっています。 まず、有利区間開始時に初期のATレベルを決定します。 このとき、ATレベル2以上なら、1周期目でのボーナス抽選が大幅に優遇されます。 その後、周期抽選をハズすごとにATレベルの昇格抽選を実施。 707Gの天井到達時はBBが確定し、ATレベル2以上も確定します。 ATレベル4まで昇格しているときにボーナスに当選ならATも確定。 一方、ATレベル2or3のときのボーナスは、ATを勝ち取らないことには現在保有しているATレベルを活かせません。 そして、有利区間終了でATレベルもリセットとなり、有利区間開始時に再度ATレベルを決定する流れとなります。 ちなみに、AT「コーラリアンモード」中のファイナルチャンス終了時にATレベルの転落抽選を実施し、ATレベルが高いほど転落率が低くなります。 ATレベル2以上の場合は残りのATストック数に関係なく強制的にAT継続となるため、ATレベルが高いほどAT継続率が高くなります。 さて、AT中の目標であるボーナス3回を達成すると上位AT「スペック3モード」へ移行します。 スペック3モードは1セット10Gのセット継続型で、毎ゲーム全役でセットストックを抽選し、そのセットストックを用いて継続していきます。 AT「コーラリアンモード」が1G純増約1. 8枚だったのに対し、こちらは1G純増約4. 出玉増加のスピードが大幅にアップします。 これにより、スペック3モード突入時の有利区間リミット到達率は約40%と高くなっています。 スペック3モード中は、それぞれ5段階ある「表ストックレベル」と「裏継続モード」で管理されています。 ・表ストックレベル……目に見えるストック確率に影響 ・裏継続モード……ストックがなくなったときの継続率に影響 スペック3モード突入時に、コーラリアンモードの残りストック数を参照して初期の裏継続モードを抽選します。 ストック数が多いほど上位モードが選択されやすくなっています。 スペック3モード中は、3セット継続するごとに表ストックレベルの昇格&転落抽選を実施。 表ストックレベルは、セットストックを保持しているかどうかでストック確率が変化し、複数ストックした場合は表ストックレベルが高いと判断できます。 BGM変化が発生すれば複数ストック濃厚です(10セット以降で発生のチャンス)。 裏継続モードは、セット継続時に昇格抽選を実施。 金のスペック3による告知発生時は33%でモード昇格となります。 10セット目開始時には特殊抽選があり、これに当選した場合は3セット以上をストックします。 そして、総獲得枚数が2100枚を超えた場合、エンディングへと移行することがあります。 スペック3モードで継続抽選から漏れるとATは終了となり、有利区間をリセットし通常ゲームへと移行します。 これが本機の一連の流れです。 本機最強の特化ゾーン「HI-EVOモード」についても触れておきましょう。 HI-EVOモードは100G固定のボーナス超高確状態。 1G純増は約1. 消化中は約23分の1でBBが当選し、それを繰り返しながら一定枚数獲得でエンディングへと移行します。 エンディング中は1G純増約4. 5枚となり、出玉スピードがアップします。 ここでのボーナスはAT中のボーナスと同じで、BB終了後はSPバトルに発展し勝利すればEXJACへ突入となります。 初回のボーナス時は30Gのオリジナルエピソードが発生。 劇場版ハイエボリューションの前日譚を描くエピソードは全3種類。 このHI-EVOモードには、アドロック出現の「ねだるな勝ち取れ!」成功、CZ終了時の一部(中段チェリーなど)、RB開始時のフリーズなどから突入し、設定1の突入率は34660分の1となっています。 フリーズも搭載しています。 発生条件は、通常ゲーム中の中段チェリーの12分の1。 恩恵は、赤7揃いBB+ATストック5個。 発生率は65536分の1と極めて低いものの、そのぶん大量獲得が期待できます。 以上、ゲームの流れにそって新情報などをご紹介してきました。 最後に狙い目と設定推測ポイントについて。 狙い目 ボーナス終了後やAT終了後、設定変更後などは有利区間がリセットされますが、すぐに有利区間に突入となります。 有利区間開始時にCZへ突入するのは紹介済みですが、高確にも移行します。 高確中はハズレでもCZ抽選がされ、CZに頻繁に突入することで周期抽選の加速や、CZからのボーナス直撃も期待できます。 有利区間開始時に獲得する高確は最大100G。 なので、ボーナス終了後などは即ヤメせずある程度様子を見たほうがいいかもしれません。 周期抽選を進めていった場合、7周期目はボーナスの大チャンスとなり、10周期目はボーナス+ATが濃厚となります。 303G消化で受けられるボーナス抽選、707G消化での天井(ボーナス確定)を考慮しながら押し引きを判断する必要もあります。 周期到達後の前兆ステージも要注目です。 前兆ステージの種類がATレベルを示唆し、さらにこのATレベルはボーナスorATまで下がることはありません。 ATレベル4ならボーナス当選でATも確定し、ATレベル3以下でも周期抽選をハズすごとにATレベル昇格抽選を受けられます。 前兆ステージとATレベルの関係は、 ・NVモード……ATレベル1以上 ・303モード……ATレベル2以上 ・SHモード……ATレベル3以上 ・theENDモード……ATレベル4以上 となっており、theENDモードなら次のボーナスorATまでは続行、SHモードでも次のボーナスorATまで続行したいところです。 通常ゲーム中の一部演出でATレベルを示唆したりもします。 「LFO通過演出」 ・NV通過……全レベルに期待 ・303通過……1周期目に出現でATレベル2以上が確定、2周期目以降はATレベル2以上を示唆 ・SH通過……2周期目までに出現でATレベル3以上が確定、3周期目以降はATレベル3以上を示唆 ・theEND通過……3周期目に出現でATレベル4が確定、4周期目以降はATレベル4を示唆 「会話演出」 ・チャールズ&レイやアネモネ&ドミニクが出てくるとATレベル3or4の可能性アップ(前兆中除く) 設定推測のポイント 「サミートロフィー」 BB終了時にサミートロフィーが出現すれば設定2以上が確定し、色で設定を示唆。 銅は設定2以上、銀は設定3以上、金は設定4以上、キリン柄は設定5以上、虹は設定6確定となります。 プレイ開始後1000Gまでは出現しやすく、5000〜8000G消化時も出やすくなっています。 「BB終了画面」 出現した画面で設定が確定したり示唆を行なっています。 ・エウレカ&レントン……基本パターン ・ホランド&タルホ……奇数設定示唆 ・チャールズ&レイ……偶数設定示唆 ・エウレカ……ほぼ設定1否定 ・ムーンドギー&ギジェット……ほぼ設定2否定 ・ウィル&マーサ……ほぼ設定3否定 ・アゲハ隊……ほぼ設定4否定 ・アクセル……設定4以上濃厚 ・サクヤ……設定6濃厚 これ以外の部分に関しては、現時点では設定6が突出してボーナス初当たり確率が高い=AT出現率が高いという程度しかわかりません。 2周期目から6周期目のヒット率で設定の奇偶を予想しながら、エピソードBBが出現したらしばらく様子見を見るといった感じでしょうか。 昨今の新機種は設定確定要素が出やすくなっていますので、周囲にも目を光らせながら高設定を掴んでもらいたいと思います。 (C)Sammy.

次の