セクハラ 教師。 千葉わいせつセクハラ教師裁判のPTSD小学生が受けた変態行為、小学校や先生の名前は?

みなさん 助けて!!! セクハラ教師から どうやって逃げたらいいの

セクハラ 教師

池谷孝司『スクールセクハラ なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるのか』(幻冬舎) 勤務する小学校の男子生徒を裸にし、カメラで撮影していたとして東京都三鷹市の男性教諭が逮捕された。 この男はそれ以前にも女子児童を膝の上に座らせたことで教育委員会を巻き込んだ騒動を起こすなど、わいせつ行為の常習犯であったようだ。 このような教職員による生徒へのわいせつ行為(スクールセクハラ)が後を絶たない。 「産経新聞」2015年11月25日朝刊では、〈平成25年度にこうした行為で懲戒や訓告などの処分を受けた公立学校の教員は205人(前年度186人)に上り、昭和52年度の調査開始以来最多になった。 過去10年間ほどは年間150人程度で推移していたが、初めて200人を超えた〉と驚くような結果が報道されている。 また、そのわいせつ行為の内訳を見ると、より強い衝撃を受けずにはいられない。 前掲の「産経新聞」によると、「体に触る」が56人、「盗撮・のぞき」が37人、「性交」が30人、「接吻」が23人であると伝えられている。 連日のようにスクールセクハラに関する報道が出ているにも関わらず、なぜスクールセクハラはなくなるどころか増え続けているのか? そこには、「教師と生徒」の関係に「権力」が生まれる構図に対し教師自身が無自覚であったり、周囲の大人たちの理解欠如があったり、学校や教育委員会が教師のわいせつ事件を「なかったこと」にしようとする体質をもっていることだったりと、複雑かつ重層的な問題が存在する。 当サイトでは以前、スクールセクハラがなくならない原因について考察した記事を掲載したことがある。 ここに再録するので、是非とも読んでみて欲しい。 (編集部) ******************** 近年、教師によるわいせつ事件が世間を騒がせている。 9月下旬には、宮崎県でともに教師である夫婦が公園へ行き、遊んでいた女児の前で妻が下半身を露出し、夫がその一部始終をビデオ撮影するというおぞましい事件が発生した。 同じく9月には、部活動中の女生徒にわいせつな行為をしたとして、茨城県の公立中学に勤める男性教諭が逮捕された。 この教師は過去3度も同様の事件で逮捕されており、公判中だったという。

次の

セクシュアルハラスメント(セクハラ)とは結局どこから?行為事例と対策|労働問題弁護士ナビ

セクハラ 教師

教職員と幼児・児童・生徒,保護者との間におけるセクシュアルハラスメント防止についての指針 I基本的な考え方 1基本的な心構え• 1 教職員と幼児・児童・生徒(以下「児童生徒」という。 )との間におけるセクシュアルハラスメント(以下「セクハラ」という。 )については、大人と子ども、指導する側とされる側という関係のもと、児童生徒は拒否しがたく、逃れられない状況の下で発生することが多く、児童生徒の心に深い傷を与え、その後の成長に大きな影響を与えることになり、個人としての尊厳や人権を侵害するものである。 2 教職員と児童生徒との間におけるセクハラは、教職員の児童生徒に対する人権意識が不十分なことや、性別により役割を分担すべきであるという固定的な意識を背景として起こる場合が多い。 3 自らの言動がセクハラであることに気付いていない場合が多い。 4 性に関する言動に対する受け止め方には、個人や性別で差があり、セクハラにあたるか否かについては、相手の受け止め方が重要である。 5 教職員と保護者との間においては、学校内ばかりでなく、学校外や勤務時間外での接触の中で、子どもの成績や進路をめぐってセクハラと訴えられる場合もある。 2具体的事例 教職員と児童生徒及び保護者等との間のセクハラ防止のために、具体的事例を通して実践的な研修を重ねることが重要である。 <性的な内容の発言に関する事例>• 宿泊を伴う学校行事等の際、児童生徒を教員の部屋に呼んで、性的な質問をする。 掃除を怠けていた女子生徒に対して「女の子のくせにきちんとしなさい。 」と叱る。 泣いている男子児童に「そんなに泣いていると女々しいぞ。 」と叱る。 教職員が保護者にスリーサイズなどを聞く。 <性的な行動に関する事例>• 指導の際、必要がないのに肩や背中に触れ、児童生徒に不快感を与える。 女子であることで、お茶くみや掃除をさせたり雑用を強要する。 部活動の指導の際、部員に対してマッサージと称して身体を触る。 PTA総会後、校外での懇親会で、ダンスを保護者(母親)に強要したり、拒否されるとその保護者の子どもの成績を下げる。 保護者(父親)が、担任の女性教諭をデートにしつこく誘う。 II教職員と児童生徒、保護者との間のセクハラ防止 1教職員と児童生徒との間のセクハラ防止 1 基本的視点• ア「親しさの表現」、「励まし」等が動機であっても、相手を不快にさせる場合があることを理解する。 イ児童生徒が教職員の言動を不快に感じた場合でも、明確な意思表示がされない場合も多いことを理解する。 ウ児童生徒の行動の変化を的確に把握することにより、内面の状況を理解するように努める。 エ日常生活のあらゆる場面において、児童生徒を一人の人格を持つ個人として対応しているか、性別による固定的な役割分担意識がないかどうか、自ら点検する。 オ日ごろから児童生徒との信頼関係の醸成に努め、児童生徒が相談しやすい環境の整備に努める。 2 防止のための具体的方策 ア校内体制の整備• ア セクハラ防止に向けて、学校全体の取組を推進する校内組織を整備し、児童生徒や保護者からの苦情・相談に対応するための相談窓口を設ける。 イ 設置した校内組織において、教職員研修計画及び指導計画を立案し、研修及び指導を行う。 ウ 日ごろから児童生徒と教職員との健全な人間関係を形成するように心がけるとともに、相談窓口を児童生徒や保護者に周知する。 児童生徒の相談員としては、校長、教頭、教育相談担当者又は養護教諭を充てる。 そのうち少なくとも1名以上を女性とすることが望ましい。 イ教職員研修• ア 具体的事例を分析し、教職員がセクハラについて共通理解を深める。 イ 日々の教育活動を点検し、教職員自らの意識や行動の問題点に気付くことができる研修を行う。 ウ児童生徒に対する指導 学級活動やロングホームルームなどの時間を活用して、ロールプレイ、ディベート等の手法を取り入れ、人権侵害を許さない態度を養う。 2児童生徒間のセクハラ防止 児童生徒間のセクハラについても、学級活動やロングホームルーム等を活用して、具体的な事例を通して、セクハラの概念や人権に対する意識の高揚に努めるとともに、嫌なことは相手に対して明確に意思表示する態度を育成する。 3教職員と保護者との間のセクハラ防止 セクハラ防止についての学校の取組について文書等で周知するとともに、保護者が教職員からセクハラ被害を受けた場合の相談窓口が、校長、教頭及び指定した職員等であることを文書で連絡し、周知を図る。 IIIセクハラが起こった場合 1教職員と児童生徒との間でセクハラが起こった場合の対応 1 被害を訴えた児童生徒に対しての対応• ア児童生徒から相談を受ける際には、原則として複数の相談員で対応する。 イ児童生徒から相談を受けた相談員は、相談した児童生徒の人権を十分に尊重し、最も適切な解決方法を早期に見い出そうとする姿勢を保持する。 ウ被害を訴えた児童生徒の立場を理解し、事実関係を的確に把握し、その内容を当該児童生徒に確認するとともに、正確に記録する(幼児・児童が訴えた場合、保護者を同席させる等の配慮をすること)。 エ被害を訴えた児童生徒の救済と心のケアを最優先に対応し、必要に応じて専門機関との連携を図る。 オ児童生徒の成長に深刻な影響を及ぼさないよう、継続的な支援活動を行う。 2 セクハラ行為を行ったと訴えられた教職員への対応• ア校長はセクハラ行為を行ったと訴えられた教職員から事情を確認するとともに、必要に応じて第三者からも情報を収集するなど、事実関係の客観的な把握に努める。 イセクハラ行為を行ったと訴えられた教職員から事情を確認するときには、十分な弁明の機会を与えるとともに、その人権にも十分配慮する。 ウ事実関係の要因や背景を分析するとともに、学校の課題を明らかにし、再発防止のために校内研修等を実施するとともに、セクハラの内容が深刻で、信用失墜行為や全体の奉仕者としてふさわしくない非行に該当する場合は、校長は速やかに教育委員会に報告する。 2児童生徒間でセクハラが起こった場合 児童生徒間のセクハラについては、児童生徒の心身の発達段階等を考慮に入れ、実情に応じた適切な指導を行い、必要かつ適切な教育活動が行われるように配慮する。 1 被害を訴えた児童生徒に対しての対応• ア児童生徒から相談を受ける際には、原則として複数の相談員で対応する。 イ児童生徒から相談を受けた相談員は、相談した児童生徒の人権を十分に尊重し、最も適切な解決方法を早期に見い出そうとする姿勢を保持する。 ウ被害を訴えた児童生徒の立場を理解し、事実関係を的確に把握し、その内容を当該児童生徒に確認するとともに、正確に記録する(幼児・児童が訴えた場合、保護者を同席させる等の配慮をすること)。 エ被害を訴えた児童生徒の救済と心のケアを最優先に対応し、必要に応じて専門機関との連携を図る。 オ児童生徒の成長に深刻な影響を及ぼさないよう、継続的な支援活動を行う。 2 セクハラ行為を行ったと訴えられた児童生徒への対応• ア相談員はセクハラ行為を行ったと訴えられた児童生徒から事情を確認するとともに、必要に応じて第三者からも情報を収集するなど、事実関係の客観的な把握に努める。 イセクハラ行為を行ったと訴えられた児童生徒から事情を確認するときには、十分な弁明の機会を与えるとともに、その人権にも十分配慮する。 (幼児・児童の場合、保護者を同席させる等の配慮をすること。 ウ事実関係の要因や背景を分析するとともに、再発防止のために学級活動やロングホームルーム等の時間を活用して、セクハラの再発を防止する。 3教職員と保護者との間でセクハラが起こった場合 1 教職員がセクハラ行為を行ったとして訴えられた場合• ア校長はセクハラ行為を行ったと訴えられた教職員から事情を確認するとともに、必要に応じて第三者からも情報を収集するなど、事実関係の客観的な把握に努める。 イセクハラ行為を行ったと訴えられた教職員から事情を確認するときには、十分な弁明の機会を与えるとともに、その人権にも十分配慮する。 ウ事実関係の要因や背景を分析するとともに、学校の課題を明らかにし、再発防止のために校内研修等を実施するとともに、セクハラの内容が深刻で、信用失墜行為や全体の奉仕者としてふさわしくない非行に該当する場合は、校長は速やかに教育委員会に報告する。 2 保護者がセクハラ行為を行ったとして訴えられた場合 教職員が保護者からセクハラの被害を受けた場合には、校長は事実関係を確認し、セクハラ行為を行ったと訴えられた保護者からも事情を確認しながら、解決に向けて必要に応じて関係機関と連絡をとり、迅速かつ適切に対応する。

次の

セクハラ教師も3年で復帰? ハラスメント大国・日本の教育現場にはびこる問題とは

セクハラ 教師

「教育長になる前から、児童生徒に対するわいせつ・セクハラの処分が、時として甘いな、と感じていました。 私自身が女性,母親ということもありまして、 我が子であれば、我が事であればという風に思えば、絶対に許せないという思いから、就任直後からこのことについて課題提起し、教育委員会の中で議論し、調整してきたんです」 なぜこのような宣言が必要なのか? 重い処分を下しにくいのか、それには公務員である教師が守られている法律があるからだ。 「地方公務員法により、公務員は処分された方が訴えることができます。 処分が他の同様の事例より「逸脱している」と判断されれば、処分権者が裁量権を逸脱・濫用しているとして、裁判に負けることもあるのです。 そこで「懲戒処分の指針」の「基本事項」に「わいせつ・セクハラはより厳しい姿勢で臨む」と、強くメッセージとして発し、広島県では、学校でのわいせつ・セクハラは絶対ダメ!ということを、内外に明確に打ち出したのです。 一体なぜなのか? なぜ、わいせつ、セクハラ事件で処分された教師が教壇に立ち続けることができるのだろうか? 抜け道はあるのだ。 「懲戒免職」になれば免許失効となる。 しかし懲戒免職になる前に自ら辞めて、他県で新たに採用されることもある。 わいせつ事案で必ずアウトという運用になっていないのだ。 また 免許失効になっても、大学で学んだ教職の単位は取り消しにならない。 なんと3年で教員免許の再交付申請ができる。 これで学校に戻った人もいるのだろう。 罪を償えばいいという考え方もあるが、わいせつ行為はさすがに復職しては困るだろう。 子どものそばにいる仕事に就く人には、もっと厳格なスクリーニングがあってほしい。 「まずフィンランドで教師になるためには、前科がないか事前にチェックされます。 ここで性的虐待などの犯罪歴があることが判明すれば、その者は教師にはなれません(ただし犯歴は20年経つと消えてしまいます)。 性的虐待に関しては、被害者が16歳以下であれば処罰はより重いものになります。 ケースバイケースですが、数ヶ月から数年の刑期、賠償金です」 厳罰だけでなく、教育現場での自主的な取り組みもある。 「教育現場では、性的虐待を起こしそうな教師を防ぐためのキャンペーン(教師と保護者の緊密なネットワーク)が行われていたり、 子供が虐待を受けた場合は親や教師に話すよう奨励されています。 子供たちへの性的虐待に関する教育がきちんとなされています」 日本ではどうなっているのだろうか? 文科省に問い合わせてみた。 「文科省から通知を出しているので、わいせつにかかる懲戒処分は厳しくなってきている。 また教員免許状を全国で一元的に管理する教員免許管理システムについて、来年度から2年かけて刷新する予算を要求している」とのことだ。 処分の厳しさは処分される教師の数に表れている。 「1990年度にわいせつ行為で懲戒免職になった公立小中学校の教師はわずか3人」だった。 しかし2012年度には40倍の119人。 (『スクールセクハラ』池谷孝司より)によれば2016年度には全国で226人。 「急に教師の質が落ちるはずはなく、見過ごされてきたのが厳しく処分されるようになっただけだ」(『スクールセクハラ』) 本書には16才当時性的虐待を受けた女性が30代になってから、加害者の教師と対決する場面がでてくる。 「魂の殺人」と言われる性的虐待を、父親ほどの年齢の教師から受けた彼女は、拒食症になり、自己評価が極端に低くなり、「まともな恋愛はしていない」という。 その間、教師はずっと教壇に立ち続けている。 「お互いに楽しんだ」「女性としてみていた」と言い訳し、対面に立ち会った記者は「まだやっている」と直感する。 処分は増えていても、このような教師が長年教壇に断っていることを思えば、氷山の一角なのだ。 免許失効でも返納しない、偽造などの手口もあるという。 そのようなことを防ぐために、個人名で検索したら、その人がどの教員免許を持っている状態なのか知ることができる。 それが今回の管理システム刷新なのだ。 「そこに犯罪履歴、懲戒処分などの情報を入れることはできないのですか?」と聞いたところ、「わいせつ事案については 遡って記録があるようにしたほうがいいのではという議論はある」ということだったが、まだ実現の段階ではないようだ。 池谷孝司記者は「第三者委員会」による調査で、調査のシロウトである校長に事実確認がゆだねられている状態を改善するべきと本にも書いている。 ぜひ、スクールセクハラに関して「有識者による検討会」を開いてほしい。 フィンランドのように「親も子どももセクハラを防ぐために、きちんと被害を訴えることができる教育」が必要だ。 フランスの友人に聞いたら 「フランスの場合、日本と一番大きく違うのは「身体の尊厳への認識」ではないかなと感じます。 身体というのはかけがえのない大切なものだから、容易に触らせてはいけない」 フランスでは8才から性教育をする。 (「フランス人の性」(より)「親や教師は性教育には不向き」として、専門の団体「プランニング・ファミリアル」から専門家が派遣される授業があるのだ。 授業は「性」だけではなく「愛情」とセットで教えられる。 生理やおしべとめしべでは、愛情とセックスの関係は教えられないので、これは衝撃だった。 授業名は「愛情生活と性に関する授業」だ。 愛情とセックスや、最低限の性のNG事項、「未成年者とのセックス」や「同意のないセックス」などについて、日本は誰がきちんと教えているだろうか? まずは教師に対する教育から入る必要がありそうだ。 真面目に頑張っている先生が多いことはよく知っている。 しかし、一部には教育が必要な教師もいるのだ。 *2018年10月4日付 Japan Times 掲載の「」を翻訳、転載。

次の