ミズノプロ 120 アイアン。 ミズノプロ 120/520/920 アイアン|養老メイドはやさしき最高品質(2/2)|ゴルフサプリ

ギア : ミズノの『Mizuno Pro 120 アイアン』ってどんなクラブ?

ミズノプロ 120 アイアン

【飛距離】7. 0 7番で34度のノーマルロフトの飛距離。 狙い通りの距離が打ちやすい。 やっぱり飛ばすクラブじゃないですね。 【弾道の高さ】9. 0 ロフトが寝てるから弾道は高い。 ソール幅が薄いのによく拾ってくれます。 意外に上がりやすいアイアンですよ。 【つかまり】9. 5 フェースが自然にターンして、よくつかまります。 【操作性】10. 0 操作しやすい。 いつでもつかまえられるし、いつでも高い球も低い球も打てる。 ラインが出しやすくてビトウィーンの距離が打ちやすい。 打ち込んだときの抜けの良さが向上している。 【打感】10. 0 柔らかくてズシリとくる分厚さもある。 インパクト時にボールが長い時間接触してるように感じます。 フェースのどこでヒットしてどんな回転が掛かったのか、あらゆる情報が手に伝わってくる。 最高に気持ちいい打感です。 【やさしさ】7. 5 外観は難しそうなマッスルだけど、レベルブローに振ってもよく拾ってくれます。 でもこのアイアンの魅力を引き出すにな打ち込んだ方がベターです。 重たいシャフトでガツンとぶつけてやると、よくつかまって最高の打感になります。 いつもよりも5〜10gぐらい重たいシャフトの方がダウンブローに入りやすい感じがする。 打ち込んだときの抜けがいいから、フェース面がブレないし操作しやすくて距離が合わせやすい。 そこには球を操る喜びがあります。 でも、マッスルバックアイアンなので、ミスに寛容なクラブじゃない。 フォームの安定感が必要です。 縦の距離が合わせやすいから、上級者にはやさしくピンが狙えるアイアンです。 この打感と操作性を手に入れるにはオフセンターでのロスは仕方ないと納得させられてしまいます。 シャフトは カスタムオーダー専用モデル。 様々なシャフトが用意されています。 5 USGA 現在 1. 競技と仕事を両立しながらのゴルフ漬け。 シニアになってパワーが落ちてきましたが愛犬に付き合ってもらいながら体力作りも頑張っています。 ゴルフ歴34年、飛距離とスコアのアップを目指して、あらゆるギアの研究を重ねています。 スコアは負けても、専門的な知識は負けません。。。 アーカイブ アーカイブ.

次の

「120」「520」「920」どれがいい? Mizuno Proアイアン3モデルを比較試打

ミズノプロ 120 アイアン

軟鉄鍛造でこの形状 軟鉄鍛造。 プロが使うアイアンといえば、ほとんどがこの製法で作られ、誰もが憧れるアイアンと言っても過言ではないだろう。 打感がよくて、一度でも芯を食った当たりが出せれば、 軟らかい感覚が手に耳に残り、ゴルファーを虜にしてしまう。 しかしながら、鉄がぎっしりと詰まったアイアンヘッドは自然とコンパクトな形状となり、操作性は高いものの、難しくなってしまう……。 さらにはアイアンにもやってきた飛距離ブームにもより、複雑なヘッド形状を作りにくい鍛造製法は、重心位置の自由設計度が低く、ストロングロフト化に合わない……。 そんな軟鉄鍛造アイアンのイメージを払拭し、新しい時代のフォージドとして誕生したのが「ミズノプロ920」だ。 素材には強度が高い「軟鉄ボロン鋼」を採用。 「デュアルT-スロット加工」と呼ばれる最新の鍛造製法でキャビティの内部を極限まで広くし、なんと前モデルの「ミズノプロ918」の2倍近い余剰重量を生み出した。 写真上からミズノプロ920、520、120 さて、新しい時代の鍛造アイアンの実力はどんなものなのか? 「920」に加え、キャビティ部分にチタンが複合されたチタンマッスルの「520」と、手嶋多一をはじめとした契約男子プロが好成績を収めている当たり前「120」を藤原慶昌プロにテストしてもらった。 【試打/藤原慶昌プロ】シンプルで明快な理論でジュニアを中心にレッスン活動。 クラブにも造詣が深い。 パーフェクトゴルフアカデミー所属 「『920』はやさしくて飛びます。 ヘッドの作り方はさすがミズノで、つかまりやすいのにつかまりすぎず、ストレートに構えやすい形状 をしています。 『120』は美しい仕上げで、ドロー、フェードが打ち分けやすいですね」(藤原プロ) 920のここがいい!

次の

ミズノからMP

ミズノプロ 120 アイアン

【飛距離】8. 5 7番で32度のノーマルロフトの標準的な飛び。 オフセンターのロスがさらに軽減されている。 【弾道の高さ】8. 5 ロフトなりの高さが出しやすい。 薄めにヒットしてもよく持ち上がります。 低重心化された感じがする。 【つかまり】9. 0 フェースが自然にターンして、つかまり過ぎない程度によくつかまります。 【操作性】9. 5 フェードもドローも打ちやすい。 安心して操作できます。 【打感】10. 0 柔らかくて心地いい感触。 ズシンとくる分厚さはないがソフトで最高に気持ちいい打感です。 【やさしさ】9. 0 このシリーズにはバックフェースにチタンが埋め込まれている。 その効果でスイートエリアが広くミスに強い。 が素晴らしかったが、さらにオフセンターのロスが軽減されている。 トップ気味にミスしてもピンまでしっかり届いてくれそうなやさしさがあります。 フェースローテーションを意識しなくてもつかまってくれるし、振り遅れてもプッシュせず持ちこたえてくれる。 引っ掛かりのミスも軽減されている。 狙いやすさに磨きがかかった素晴らしいアイアンです。 打感は今さら細かく言うまでもない、ミズノらしい素晴らしい感触。 バックフェースのデザインがすっきりしたので、外観のかっこよさが買い替えを迷った時に背中を押してくれそう。 本当に素晴らしい! ツアープロの使用者が増えそうな予感がします。 シャフトは カスタムオーダー専用モデル。 様々なシャフトが用意されています。

次の