帝国 ホテル 料理 長。 「料理長スヌーピー」がお出迎え!帝国ホテル 東京に期間限定の宿泊プラン登場♪

京 料 理 伊 勢 長 | 帝国ホテル店

帝国 ホテル 料理 長

2019年4月、日本のホテルのダイニングシーンに大きな動きがありました。 1890年に開業した帝国ホテルの第14代東京料理長に、1980年生まれの杉本雄(すぎもと・ゆう)さんが就任したのです。 帝国ホテルは、井上馨の発案で、新一万円札の「顔」になることで話題の渋沢栄一らが設立に携わり、「日本の迎賓館」の役割を担って開業した、伝統と格式のホテル。 そのフラッグシップである帝国ホテル 東京には、現在約350名の料理人が所属していますが、その調理場を束ねる東京料理長に、38歳の杉本さんが任命されたのです。 そもそも、泣く子も黙る帝国ホテルが新たな東京料理長に選んだ、杉本さんとはいったいどんな人物なのでしょうか。 彼の正体(?)に迫るとともに、フランス料理の楽しみ方についても聞いてみました。 「アレノ氏と、デュカス氏は、料理も考え方も異なる、対極にいるといっていいようなスターシェフです。 その2人のもとで、料理をし、提案もできるというポジションで仕事ができた経験は私の宝です」 そんななか、「二度と敷居は跨げない」と覚悟していた帝国ホテルと再び縁があり、杉本さんは、帰国を決意します。 「帝国ホテルでなければ、(日本に)戻らなかったと思います。 よく自転車に例えるのですが、自転車は、一度、乗り方を身に付ければ、少しブランクがあってもすんなり乗れますよね。 それと同じです。 5年という短い期間でしたが、私の料理人としての原点は帝国ホテルにあります。 「料理人としてどうあるべきか」という基本を帝国ホテルで学んだから、スムーズに戻ることができたのだと思っています。 田中顧問は、サケに例えますけどね(笑)。 川を出て海に行ったサケが、脂が乗った状態で戻ってきた、と」 とはいえ、「フレンチって、やっぱりちょっと敷居が高いんだよね」と思っている読者も多いのではないかと。 そんなわけで、勝手にみなさんを代表し、おフランス帰りの杉本さんにフランス料理の楽しみ方を聞いてみました! 「日本にはたくさんのフランス料理店があります。 ひと口にフランス料理といってもクラシックなものから、モダンなものなど多彩です。 私どものホテルにも、ファインダイニング(「レ セゾン」)に、ブラスリー(「ラ ブラスリー」)、よりカジュアルなダイナー「パークサイドダイナー」)もあります。 とはいっても、ファインダイニングの廉価版がブラスリーというわけではありません。 仲間との会食ではブラスリーでわいわいと、特別な記念日にはファインダイニングを予約してといった具合に、TPOに合わせ、フランス料理を楽しんでいただきたいです。 我々もそれぞれのレストランが持つ特長を生かし、よりその個性を明確にしていきたいと考えています」 1980年11月生まれ。 千葉県銚子市出身。 1999年、「帝国ホテル」に入社し、料理人としてのキャリアをスタート。 「帝国ホテル 東京」のメインダイニング「レ セゾン」の配属となる。 2004年に退社し、渡仏。 フランスではブルターニュのビストロ「ホテル・レクラン」を皮切りに、厨房だけでなくホールの接客サービスも経験した。 2006年にパリのホテル「ル・ムーリス」へ。 「ル・ムーリス」では、ヤニック・アレノ、アラン・デュカスのもとで、シェフとして研鑽を積む。 また、同ホテルのメインダイニング(3つ星)では責任者の役割も担った。 その後、2つのレストランで総料理長を務めた後、日本に帰国。 2017年4月に帝国ホテルに再入社。 調理部宴会料理課支配人を務めた後、2019年4月に、第14代目の「帝国ホテル 東京」料理長に就任する。 ひとひねりあるお店やスポット、時事ネタから、リッチな腕時計、クルマ、ファッションに関する独自の特集がウリ。 イタリアの街々から、自分だけのスタイルを確立したオトコたちの姿をお届け。 ビジネス・デート・遊びなど、状況に応じたコーディネートの参考に。 けれどもただ刺激があればいいというものでもない。 それが男と女の場合ならなおさらだ。 刺激とは心の揺らぎであり、青春であり、浪漫である。 驚き、感動、ドキドキ、ワクワクを女性に提供できるオトコはきっと、モテる。 日本のモータリゼーションの黎明期から、現在まで縦横無尽に語り尽くします。 つまり雨を楽しめれば、人生の3割が楽しくなる!? そんなポジティブな気持ちで自分の周りを見てみると確かにいろいろ楽しいことがありそうだ。 お気に入りの傘を持ち、長靴を履き、雨のためのお洒落をしたら、さあ何をしようか。 それはすでに昭和が「ショーワ」という記号へと変換されていることを意味している。 さて、大半が昭和生まれな大人のオトコはそんな彼女らにどんな「昭和」を提供できるか平成女子に昭和オンナ、どちらも手強そうだけれども。 とはいえ、人気の花火大会に頼っているばかりじゃあデキるオトコとはいえません。 かつて物理学者の寺田寅彦はその備忘録でこう書き残しています。 「線香花火の一本の燃え方には〜詩があり音楽がある」こんなふうに大切なひとと花火を印象深く楽しむ方法があったなら。 いつもの花火の見方が変わる、そんな特集です。 今年こそは最高の夏にしたい、みなさんもその思いは同じでしょう。 にもかかわらず、世界では今日も一本数千万円もするような超高級腕時計が右から左へと売れている。 なぜか。 それは腕時計が世界基準でオトコに許された唯一のアクセサリーであり、富の象徴であり、人類の英知の結晶であるからだ。 知らない、興味がない、で済ますのは簡単だ。 けれど知っている側からあなたがどう見られているかを、あなたは知らない。 時計を見ればオトコがわかるのは、本当だ。 ホテルにはレストランがあり、バーがあり、ブティックがあり、プールがあり、ときにはパーティが開かれ、何より徹底的に管理された安定したクオリティがある。 さらに近年はスモールラグジュアリーホテルやブティックホテルの台頭によりライフスタイルやカルチャーの発信源としての役割さえ担いつつある。 ホテルは大人の遊び場。 遊び上手なオトコの社交場なのです。 そうかもね。 けれど、街には発見があり、出会いがある。 お洒落になりたければ街に出るべし。 素敵な女性と巡り合うのも、お洒落して街へ出なければ始まらないからね。 想像してみてほしい。 自分にとっての最高の酒をやる一瞬というやつを。 古今東西、夏には夏の旨い酒がまだまだたくさんある。 だから酒好きは、この季節にしか味わえない空気、肴、銘酒を求めもっとさすらって欲しい。 酒を呑むにはセンスと知識と、なにより浪漫がなくては。 テクノロジーでもお金でもなくセンスで「涼」を探すことができるか。 デキるオトコは都会の「涼」の提供者でありたいものです。 そしてそんな男たちのフリートークは必ずどこかに発見があるものだ。 そんな男たちとLEON編集長とのフリートーク「INTERVIEW with」。 でも、どんなに高価なお肉より誰とどこでいただくかがやっぱり大切なんじゃないかなあ。 そんなことを踏まえながら、美味しいお肉の特集です。 どれかひとつでも欠けちゃいけない。 そんな最高の時間のための特集です。 けれども、そのイメージは少し古い銀座かも。 週末の18時、銀座では何がおこっているでしょう。 そのサービスを本誌とウェブの両編集長、石井・前田が実際に体験してみました。 前後2編に分けてそのサービスの魅力に迫ります。 広い背中、太い二の腕、割れた腹筋もいいけれど、自分自身の最大パフォーマンスを発揮できるそんなカラダであることこそが基本です。 けれども、なにごとも基本があって応用があるもの。 とくにスーツは、世界の男性の標準服。 世界共通の基準があります。 ましてやそれを「お洒落に見せる」ともなると自己流とか個性だとかでごまかすことはできません。 ここはひとつ、原点に立ち返って基礎知識の予習・復習といきませんか。 だから、優秀なビジネスマンには優秀な秘書がいるし優秀な秘書がいる会社は得てして隙がないものです。 ならば、ちょっとハメを外して百戦錬磨の秘書のみなさんにあれやこれやと難問をぶつけてみたら……全国の秘書さんたちが登録する『こちら秘書室』協力のもとあれやこれやを伺いました。 一説には地球の人口より多くのデニムが流通しているという話もあるほどです。 だのに、お洒落に見える人とそうでない人がいるのはなぜか。 その差は実は知識とテクニック、にありまして。 似合うデニムの選び方、デニムにも旬があること、いまさら聞けないデニムの常識。 そんなことがわかってくるとただのデニムがお洒落デニムに見違えますよ。 だから次々と変化の波がやってきます。 とりわけインターネットによる情報や流通、販売方法などの革命は旧来のファッションビジネスを根幹から変えようとしています。 もちろんそれは我々大人のファッションも然り。 そんなファッション業界の最前線をレポートします。 そこに素敵な女性と美味しいお酒があったなら…。 そんな妄想を抱きながら、否、現実にすべく、秋とお酒とグルメにまつわるお話を。 さて、今宵はどんな夜になるのやら。 しかも、選び方次第であなたのキャラクターまで自在にコントロールできてしまう心強い相棒にもなってくれたりして。 そう、メガネはいまや「アイウェア」。 顔に纏うファッションなのです。 そして鍋というのはひとりよりも、誰かと一緒がやっぱり楽しい。 肩を寄せ合い、額に汗をかいて、ハフハフとやる時間のなんと暖かなことか。 そう、鍋を囲む時間は最高のコミュニケーション。 さて今宵は誰とどんな鍋を囲みましょうか。 街もようやくコートの似合う季節となりました。 さて、ビッグトレンド不在と言われる昨今、それでも街のお洒落なオトコはひと味違う着こなしで街の彩りの一助となっているようです。 「明日は何を着て行こうか」それにはやっぱり街を見るのが得策ですよ。 そう、お洒落の基本はさじ加減にあり。 とくに大人のお洒落は定番9割、旬1割がいい塩梅。 なにごとも基礎があっての応用です。 定番なんて無難でしょ、と言うなかれ、定番なくしてお洒落叶わず、は本当ですよ。 個人はもちろん時代や国や地域や世代によって驚くほどに変化するものですから。 では、美人というのは美の絶対評価ではないかというと、どうやらそうでもないらしく。 主観、客観織り混ぜて、美人をテーマにいろいろ考えてみる一週間。 とはいえ通り一遍のお食事デートを繰り返してばかりいるようでは結局「つまんない人ね」となっちゃったりして。 だからモテるオトコは日帰りデートにも抜かりなし。 あ、もちろんお泊まりに発展すれば言うことなし!ですけどね。 ビジネススーツからデニムまで、流行を意識しながらも、T. に合わせた着こなしを提案します。 人気ブランドの新作も随時ピックアップ。 国内・海外の試乗会による新車のインプレッションはもちろん、開発秘話、最新テクノロジーを随時更新します。 デートに使えるドライブルートまで、クルマのあるモテるライフスタイルを。 高級からB級まで、二人の雰囲気に合わせたランチ、ディナーを。 ですが、オトコの靴は女性に比べてバリエーションはごく僅か。 つまり、基本=定番をしっかり抑えておけば、どんなスタイルにも対応できちゃうわけです。 その圧倒的な認知は決して自然に発生したものではありません。 アルチザンによる伝統的なモノ作りからファッション業界を巻き込んだコト作り。 歴史に根ざした頑なさと未来を見据えた柔軟性。 常に時代の中央に居続ける巨大メゾンの歴史から最新情報までを紐解きます。 でも、大切なのは相手のことを考えて思案しているその時間じゃありませんか! 大切なのはお金じゃなくてセンスです。 センスという名の「愛」ですから。 けれども、ふたりの距離を縮める食事となると案外ハードルは高いものです。 誰もが驚く演出のある個室、会員制の隠れ家の期間限定公開、取材拒否店の初お披露目など、とっておきを一挙公開いたしましょう。 しかも!ふだんは見えない(見せない)からこそ、財布選びでその人のセンスもわかるとか。 実は女性はそんなところをチェックしているようですよ。 上質で暖かな着こなしは大人としては当然ですが、そこに色気とか、艶やかさを加えるとなると、さて。 LEON1月号では、そんな色気のある冬の着こなしを「艶ホカ(艶やかでホッコリの意味ね)」と題して特集。 こちらではその一部を限定公開いたします。 シックなパーティをエレガントにこなすには。 六本木のクラブで一躍目立つには。 LEON1月号ではそんな時のよき相棒となる腕時計を紹介中。 LEON. jp読者にそのさわりをそっとお教えいたします。 みなさま、年末年始の準備はいかがでしょうか。 え? なんの準備かって? 遊びの準備に決まっているじゃありませんか! じつは年末年始はあちらこちらで楽しいイベントが盛りだくさん。 そう表現されるワンコたち。 楽しい時、嬉しい時、辛い時や苦しい時。 傍に寄り添ってその時間を全力で共有してくれる、そんな彼ら彼女らのために僕たちがしてあげられること。 そのほんの一部を特集します。 余裕ある大人のオトコにとってはまさにファッションがもっとも楽しい季節の到来です。 こと海外に目を向けるとその傾向はさらに如実。 そんな彼らの着こなしをちょっと参考にしてみましょうか。 こと大人のオトコの冬の装いは、上質なウールからワイルドなレザーまで、防寒以上にそのイメージを決定づけるアイテムばかり。 クラシックスタイルをいかに艶っぽく遊べるか。 カジュアルスタイルを小僧にならずキメられるか。 そのあたりを考察する特集です。 ならば、一本くらいは思い切り遊びませんか!というのがレオンの考え方。 今回はアナタの個性をパリッとキメてくれる、そんなメガネの特集です。 あらためて手帳に注目してみると、確かに魅力的な新作があちこちから…。 でも、だからこそちょっと気を遣ってみるだけでと〜ってもお洒落に見えちゃうもの。 本特集では進化したお洒落トートの最新情報をお届け。 ですが、いまや無骨なだけじゃない逸品も数多く登場しているわけで、そんなアウトドアウェアなら、もっと気軽にさらりと街着として活用するのが、大人の賢い選択では?と、LEONは思うわけです。 夜景にグルメ、お酒に音楽、暖かくて、ロマンチックで、極上のサービスを提供してくれる一流のホテルは最上の選択。 そう、冬こそホテルは大人の遊び場、なのですね。 そんな冬のホテル事情をお届けします。 そこには時代や歴史や流行や、そして未知の体験があるのですから。 今宵の素敵な時間のために、お酒にまつわるアレやコレを集めてみました。 大人なふたりのほろ酔いのひとときを、どうぞ。 が、もう一つ付け加えるなら、テクニック。 同じようなアイテムを着ているのに、なんだか洒落て見える、という人は必ずちょっとしたワザを効かせているものです。 というわけで、着こなしをアップデイトする基本と応用を集めてみました。 機能はもちろん、品格、トレンドなども加味しつつ、人とは違う個性を、なんてついつい欲張ってしまいがちだから。 でもシーンや、装いによってバッグを替えてみると、選択肢はぐっと広がるわけで。 ときにはライトプライスなバッグもハズしで使う、なんて軽やかさが、案外大人のオトコには必要なのでは? と思う次第。 その舞台選びもいわばセンスの見せどころ。 極上の料理やお酒、ロマンティックな雰囲気に上質なサービスは当然ですが、いつも直球勝負というのも、ねえ。 ですが、トレンドを使いこなす柔軟さも欲しいところ。 というわけで、いまさら聞けない着こなしの基礎知識から、体型別のお悩み、さらにはトレンドの上手な取り入れ方まで、ずばりお答えいたします。 当時を知ってる大人のオトコとしては、気になりつつもいまいち距離感がつかめないのも事実。 というわけで、大人がいま履くべきスニーカーと、そのこなしのアレやコレを考えてみました。 欲しくなるのは身体もココロもほっこりと温まる、ホカホカおでんや人肌のぬる燗、そしてノスタルジックなこたつや炎が幻想的な暖炉・・・ふたりを温めてくれる「ほっこり」なアレやコレ、集めました。 着心地だけでなく、端から見ても大人の余裕を感じさせますよね。 というわけでオーダー出来るモノを探してみたら、結構いろいろありました。 え? こんなものまで? なオーダー特集です。 そんなときに一枚手にして出かけたいのが春アウターです。 中でもレザーブルゾン、ジージャン、フーデットコートは、今季注目。 ひところは使える時期が短いとも言われましたが、素材やシルエットの進化にともない使用期間はもちろん、汎用性の高いアイテムとなっています。 大人にふさわしい春アウターを考察してみました。 フォー ロンハーマン(Meatpacking D. これ、実は恋愛に限らずあらゆる人間関係で必要かつ重要なことですよね。 そのためには、振舞いや言葉遣いから着こなし、みだしなみ、持ち物に至るまで、幅広い知識と洗練が必要なわけでして。 これらを得るために、どんな男磨きが必要か、考えてみる1週間です。 インテリジェントビルが目立つようになった今も、本来の雑多な魅力はむしろ増すばかりです。 とはいえ、ただネクタイを外しただけの姿でクールビズ、なんていうのも野暮。 では、いまの時代に適したビジネススタイルとは、なんなのか? ちょっとまじめに考えてみました。 でも、自分が今眺めている桜についてこうして桜を楽しむ文化について知っておくだけでお酒もお花見も、味わい深くなるはず。 そんな特集です。 いまや、甘党男子が堂々とスイーツ店に行列する時代です。 春の桜餅に生菓子、大福・・・目にもおいしい和菓子の最旬ネタを集めました。 まさに花より団子で、ニッポンの甘~い春を存分にお愉しみあれ。 けれども「今度ホテルに美味しい焼きそば、食べに行かない?」というのはどうでしょう? 実はこれ、デート上手なオトコの誘い文句。 その真髄をそっと特集いたします。 なんて、ことに気づいたこともあるのでは? そう、ビジネスにおいてはちょっとした小物がじつはとっても大事だったり。 そんなわけで、今週はデキるビズ小物の特集です。 今回の特集はそんなデキるオトコのスーツ選びに迫ります。 スーツを「仕事着」としか見れないようではまだまだ、ですよ。 厚手のコートやジャケットを脱いで、もっと軽やかにファッションが楽しめる季節が到来。 とはいえ、日中と日の沈んだ夜では温度差があり、軽めのアウターやジャケットが手放せない、そんな肌寒い日もあります。 そこで、徐々に春めいていく海外の大人たちの着こなしを参考にしてみましょう。 エンジンのパワー、走行性能、快適性、そしてデザイン。 ですが、いまやクルマの性能はほぼ横並び、どんなクルマを選んでも快適で速い時代です。 だからこそ、いまあえて「美」という基準でクルマを見直してみたい。 そんな特集です。 ですが、ちょっとしたお出かけにも気を抜かないのが、モテる大人のたしなみでしょう。 というわけで、今回はあらゆるシーンを想定しながら、使える街スタイルを考えてみました。 この表面的ながらもどこか捉えどころのない抽象表現を、なるだけ言語化してみようと試みた、特集「美人について」。 個人の主観、時代の要請、異論反論を織り交ぜながら、それでも美人について語ってしまうのは男の性か、それとも大いなる探究心か。 今回も多角的に「美人について」考えます。 その着こなしが旅の演出のひとつという意識を持つだけで、お出かけスタイルはぐっと知的なものになるのです。 それは、確かに。 ただスーツは、曲線で色気を、直線では男らしさを演出してくれるよう考えられた最高の洋服でもあります。 そのあたりを念頭に、あらためてスーツの「曲線」について考える。 そんな特集になってます。 スーツも裏地なしのものを選んだり、シャツ一枚で過ごす日もあるでしょう。 となると少々物足りなく感じるのが腕元や襟元。 そんな時に効果を発揮するのが、ジュエリーやアクセなのです。 ほんのひとつプラスするだけで、不思議とリッチさと貫禄が生まれ、大人の余裕が醸し出せるのです。 おかずがきれいに詰められた弁当箱はまさに美食の小宇宙。 自分や、家族のために「作るお弁当」、手軽にプロの味を堪能する「買うお弁当」、そして「食べるお弁当」の極意を伝授、いたします。 別注にはかくもオトコを惹きつけてやまない魅力があるわけで。 昨日の常識が今日の非常識という話も、決して珍しくはありません。 もしやあなたが信じて実践しているアレやコレも本当は間違っていたりして…。 高級ホテルから海まで、幅広〜い遊びのフィールドをカバーできる装いの最前線です。 ところがここ数年、感度の高い大人たちがそんな渋谷に戻ってきつつあるらしい。 さて、あらためて渋谷を探索してみると確かに新しい渋谷が見え隠れしている。 ですが、意外に忘れがちなのは定番と言われるスタイルがじつは進化しているということ。 一方、バッグは高機能かつ手ぶらになれるものが断然スマート。 いま注目のバッグと財布を集めました。 ただし、光らせたいのはリングではなくセンスゆえ、過剰なギラつきは逆効果。 でも、メガネもファッションアイテムですから、シーズンごとの掛け替えをオススメする次第。 で、この夏の注目といえば何と言ってもメタル素材! 夏の日差しを受けて光るサマはとってもリッチですし、加工技術の向上によってこれまでにないデザインが続々登場しているのです。 今や時代は「軽やか」こそがキーワード。 本特集は、そんな時代に適合した素材で作られたアイテムの中でもパンツにフォーカスしてみました。 デニムはストレッチが当たり前、スラックスも腰元がゆったり、大人も穿ける上品ジャージも。 SNSの浸透で、国境を超え日本のみならず世界中でこの傾向は加速しています。 リアルなスナップのなかにこそ、着こなしのアイデアが詰まっているのです。 季節は夏目前。 スーツやジャケット、シャツ、ジーンズという男の定番アイテムは、着こなししだいで大きく印象が変わります。 だれもが持っているそんなアイテムを、お洒落に着こなすコツをご紹介します。 芝生や波の上、高層ビルのテラス、ビーチサイドでのグランピング。 初夏のさわやかな風を感じながら、飲み、食べ、話すひとときは最高! 真夏のチョイ前、いまだけのお愉しみを存分に。 (=ジュネーブサロン)とW. 、3月のバーゼルワールドで新作の高級機械式時計の数々が発表され、高性能な機構や先端素材・技術の採用に目を見張りました。 また、個性あふれるモデルが多く見られたのも今年の特徴。 ですが、時間を知るだけであればスマホで十二分にこと足りるわけで。 でも、ですが、やっぱり腕時計はオトコにとって欠かせないアイテム。 その理由はいろいろあれど、とどのつまり、腕時計にはオトコの浪漫が詰まっているんです。 経験値の高い、余裕のある大人こそ、燃えるような素敵な恋をすべきであるというのが我々のスタンス。 大人の恋のあり様はその国の文化・教養レベルの指標でもあるのです。 というわけで、いまどきの時勢を鑑みつつ、目指すべき恋の形とその作法について考えてみました。 そこで欠かせないのが、身につけている本人が快適なだけでなく、周囲の人まで涼やかにするアイテムです。 これさえ揃えておけば大丈夫。 トレンド意識しながらも、上品かつスマートにスニーカーを合わせたいもの。 川辺で風に吹かれるのもよし、熱気の残る街角で語らうもよし。 近頃はホテルやクラブでも夜を楽しむための仕掛けが盛況の様子です。 うだるような暑い太陽が沈んだら、さあ、今宵の一杯はどこから始めましょうか。 スポーティでカジュアルの代名詞ともいえるTシャツですが、最近は大人が似合うシックでリッチなTシャツも増え、じわじわと市民権を得つつあります。 とはいえカジュアルなアイテムですから、大人にふさわしい選びと着こなし方を知っておいて損はありません。 また、Tシャツと並んで夏の2トップといえばポロシャツ。 最近は職場環境の変化もあり、ポロシャツ出勤する方も増えているようですが、軽装だからこそハズしたくないもの。 週末も通勤もただのおじさんに見えないポロシャツをご紹介します。 だって一枚着ているだけで「きちんと感」があって「体型補正」もできて「リッチな感じ」で「色気」も漂うのですから。 街にも海にもTシャツが溢れる夏に纏えば、その効果は絶大です。 ロケーションもビーチ、無人島、銀座の老舗バー、テラス、屋上など各種揃ってます。 仕事終わりに大至急どうぞ。 足元をさらすと体感気温が1度下がると言われるように、実際すこぶる快適。 しかも、足元が開放的だと装い全体が俄然軽やかで色っぽく見えるのです。 だから、ただ海の側で本を読むだけで、散歩をするだけで、ちょっと素敵な時間になる。 そのちょっと素敵な時間を、さらに素敵な時間にできるのが大人というもの。 本特集はそんな海の楽しみ方を知っているあなたのための海情報です。 そこで役立つのが「モテるビズ小物」です。 自分という個性のプレゼンや会話のきっかけにもなる気の利いたアイテムがあればコミュニケーションも円滑、かつ遊び心までアピールできるため、デキるうえにセンス溢れる働き方を魅せつけられる、というワケです。 あのLVがカニエ・ウエスト人脈のデザイナーを起用し、キム・ジョーンズがディオール・オムのデザイナーになるなど、もはやストリート=ティーンという図式は成立しません。 では、大人はどうストリートと付き合えばいいのか? を考えました。 今年は例年よりも、一服の清涼剤を求めて冷たいものについ手が伸びがち。 とはいえ、大人のオトコとしては女性をおもてなしする立場で、美味しいヒンヤリめしを選びたいものです。 ラグジュアリーホテルの豪華すぎる中華冷麺、リキュール入りかき氷、サプライズのある冷製フードまで。 とはいえ、そんなこといまさら聞けない…って気持ちもわかります。 そこで、大人ならば知っておきたいアレやコレを学ぶ、LEON. JP流「大人養成講座」を開講。 知的で紳士な大人のファッション通を目指してこっそり読んでくださいませ。 目や耳に比して鼻から得る情報量は意外にも多く、かつ長く残るのだそうです。 アナタをあざやかに印象づける香り、忘れ去りたい体臭・口臭など、香りと匂いにまつわるアレコレ。 各ブランドも「小さい鞄&財布」の新作を続々リリースしております。 よく考えてみるとこれってとっても凄いこと。 その人の着こなしや立ち居振る舞いなどが印象的で、見た人の記憶にしっかり刻まれているってことですから。 とりわけ旧暦8月15日の月は「十五夜」とも「中秋の名月」とも呼ばれ、古来、人びとに愛されてきました。 一方で、満月には人の心を惑わす不思議な力があるという話も。 さて、今年の十五夜は9月24日です。 必ずしもカチッとしたスーツでなくても通勤できる会社が増えています。 カジュルスタイルでも仕事できる環境だからこそ、大人は何を着ていけばいいのか? そんな読者のための新しい通勤服やビズ小物を提案します。 といっても特別な話ではありません。 ゴアテックスに3Dストレッチなどなど、いまや、ほとんどのアイテムに高機能な生地や、技術が駆使されているんです。 そんなテックなアイテムのあれやこれをお届けいたします。 ファッション好きの皆さんにとっては、秋アウターを購入する季節がやっときてくれたって感じでしょう。 では、今季はどんなアウターを選んだらよいのか。 昨今のトレンドや気分を踏まえて、LEON. じゃ、その魅力の核心は何かと改めて考えてみると、ともに男の色っぽさを引き出してくれるところじゃないかと。 スーツが艶のある色っぽさを薫り立たせるのに対しデニムが醸し出すのは男らしい色っぽさ。 で、その両方を時代の空気や演出したい効果に応じて巧妙かつ意図的に使い分けることこそが、モテる装いを生む普遍の法則だと思うのですよ。 それでもデジタル一眼や、ミラーレス一眼の新型は登場し、はてはかつて一世を風靡した「写ルンです」の人気が再燃するなど、カメラを取り巻く状況は変わりつつあります。 というわけで、今週はそんな写真についてを特集します。 これを記念して各界で活躍する皆さんに「アナタにとってLEONってなんですか?」を尋ねてみました。 クラシックな薄型もありだし、スマートウォッチも気になるし。 でもやっぱり本命はラグジュアリーなスポーツウォッチでしょう。 スーツからカジュアルまでオールマイティに使える大人にとっては便利この上ない存在。 それにプラスして遊び感覚のスポーツウォッチを持っていれば完璧。 そんな軸を太く、円滑に、さらに充実させるアシストとなるのが、スーツやビジネス小物です。 ひとからの印象を決定づけるのはもちろん、自分の気分を変えたいときに、そんなアイテムを新調するかたも多いでしょう。 気分は行動を変えるきっかけになります。 2018年を駆け抜ける読者の皆様に、そんなきっかけとなる、いまどきのビジネスアイテムをご紹介。 ようやく朝晩が肌寒くなりタイドアップしてスーツを着ることも楽しめるようになりました。 この機会にぜひ。 ドローンやカメラ、さらにはバイクやクルマまで、世界を旅する桐島さんならではの切り口で生活を変えていく(ハックする)ネタをお届けします。 街を見渡せば、いろいろな美味しいカレーの店が立ち並ぶココ、日本。 とはいえ、大人がむやみに流行りのまんまアウトドアとスポーツを取り入れれると、子供っぽくなってしまったり、流行に迎合したイタいおじさんになってしまうことも。 トレンドだからこそ、注意しなくてはならないポイントがあるのです。 ビジネスの席ではもちろん、プライベートな場面でも、清潔感があってお洒落でいるだけで大人の見た目は加算されるもの。 服装は容姿を簡単にアップデートするのに絶好なのです。 そんな使えるファッションテクをご紹介いたします。 ようやく肌寒くなり、秋冬の着こなしが楽しめる季節。 この秋冬の新定番から、ミリタリーやダウンなど絶対定番まで、最新のこなしとアイテムをどっさりお届けします。 ちなみに写真は1976年のポール・ニューマン。 ラーメン、カレー、ハンバーガーなど、みんな大好きB級グルメですが、LEON. JPの読者たるもの最高のクオリティとエモーショナルな経験を求めたい、とあえて「AとBの間」に。 平成最後の日本上陸グルメやあの取材拒否店のラーメンも初登場。 とはいえ大人世代には、タフな男らしさだけでなくエレガンスも併せもつアイテムこそ理想的です。 そこで、本誌LEONが今をときめく11ブランドと組み、ワガママ別注しました。 ですが、寒さが増した冬になってからは、ブーツ人気も一気に加速しているようです。 いつもと同じ時間に起き、同じ服を着て、同じ仕事をして、同じルートで帰路につく。 ルーチンな生活は思考を停止し、いつしか変化することを拒むようになる。 そうならないためには刺激のある生活が必要。 感動やサプライズを女性に感じてもらえる男は、文句なしにモテるのだから。 この10年、東南アジアを中心に周る中で得た、投資の知識や処世術、そして関わるひととの熱いドラマを展開します。 創刊当時から15年以上続いている、編集部員がこれぞ!と思うモノコトをリコメンドする大人気企画。 そのLEON. ファッションアイテムを中心に、ウェブならではの視点でいま気になるモノコトを、読み応えのあるボリュームでたっぷりとお届けいたします。 気持ちのいい温泉と高いホスピタリティも大切です。 さらに設えや歴史などその宿ならではの個性的な魅力があれば、旅はきっと素晴らしい思い出になるはず。 乗りこなせれば(その魅力をうまく使えれば)すごいスピードが出て(めちゃモテて)楽しいけど、乗りこなせないと事故起こしちゃう。 一体、世の美人さんたちは自分の高スペックとどう付き合っているのか? すごくモテてるのか、事故ってるのか? 「ワイングラスのむこう側」 cakes で人気の林伸次さんが奥渋谷にある自らの店「BAR BOSSA」にさまざまな職業の美人さんを招いて、その真相を探ってみる連載です。 プレイボーイを自認する梅沢さんは今どきのオトコどもの恋愛作法にも一家言あるようで……。 梅沢流の粋な男の遊び方をズバズバ語っていただく連載です。 JP食いしん坊担当が、読者のみなさまに自身のネタ帖をそっと公開。 話題のニューオープン、旬の食材、気になっていた名店を丁寧にご紹介します。 当方、酒がかなりイケる口、東京の右側在住なので、そっち系がやや多め、かもしれません。 氏が考える、真にスマートで男女問わずに愛されるワインライフとは。 ゆえ、大切なデートの第一印象もアウターいかんで決まるというもの。 となれば、気になる女性にアピールできる機会が増えるというもの。 そんな時にジュエリーやアクセ使いで普段の自分とは違った面を出すのも手。 ジュエリーが嫌いな女性はほとんどいませんし、デートの口実にもなるというもの。 いずれにしてもジュエリーネタを仕込んでおくことが、この冬モテるチャンスが高いのです。 5月1日に元号が変わり、数十年に一度の新時代が到来する年は、風水学的に大きなチャンスをモノにしやすいと、第一人者のDr. コパ氏は言います。 開運のための大波に乗るにはどうすれば良いか!? 新年に向けて新調したいのは鞄と財布ですよね。 皆さまはいかがお過ごしでしょう? 今回は暦の巡りもよく、長いお休みを取れる人が多いよう。 さて、その休みに何をする? もちろん旅行に出るのもよいですが、自宅中心の年末年始を楽しむかたも多いはず。 そこで、せっかくのお休みを無駄にせず、モテにさらなる磨きをかけるべく、有効な時間活用のお役に立てていただきたい情報をまとめてみました。 こんな季節こそ余裕ある大人は暖を確保しつつ、冬の着こなしを楽しみたいもの。 新しい年を迎え、読者の皆様のお手元には定番の冬アイテムが揃っているかと。 では、それをどう着たらいまっぽく見えるか? そんなお悩みにお答えする冬の着こなし最終案内。 世界の大人たちのファッションスナップを主軸に、冬アイテムとその着こなし方をご紹介します。 皆様の着こなしにも使えるネタばかりなので、ぜひご笑覧くださいませ。 「方丈記」から800年超、数々の流行が浮かんでは消えていきましたっけ。 本特集では平成の、主にここ数年で流行った食トレンドを総括します。 つまり、熟成肉やクラフトビール、ハイボールや予約のとれないアノ鍋などなど…あ、でも一番のトレンドは「SNS」や「インスタ映え」。 いまや「食べる前に撮る」は常識なわけで、「見た目」は味や香りと同じく重要な要素ですね。 でも、結局我々は知っています。 誰にでも通用するモテマニュアルなんて世の中にはないのだということを。 そう、必要なのはマニュアルではなくノウハウなのです。 ノウハウとは、コトの本質を理解して対処法を考え、そこで得られる知識の集成です。 対するマニュアルは、指示書にすぎません。 そこには自分で考える作業が含まれない。 つまり、モテるために必要な知識とは、深い人間観察力に支えられるものなのですね。 それは、高級ホテルで食べられる麺だったり、下町の小洒落たフレンチレストランだったり。 行楽に行くなら、クルマよりもグルメ列車のほうが非日常感を味わえるでしょう。 上下黒で統一してしまえば、細かいことは考えなくてもクールに決まる、そんなイメージでしょうか。 ですが、そんなイージー黒スタイル、実は思ったよりキマってないことが多いんです。 一口に黒といっても、生地感、トーンなど千差万別。 例えば、スーツを着ているだけでしっかり見える。 逆にいうと、着るモノがあなたの印象をがらりと変えてくれるのです。 とはいえ、何をどう着たらいいかよくわからないという方も多いかと。 実は簡単な着こなしのルールを覚えておけば、悩むことなく簡単にコーディネートがキマって見えるのです。 そんなイロハをご教授します。 ぜひご笑覧くださいませ。 ……、いまやスポーティな要素は、大人カジュアルに欠かすことができません。 それは、局地的な流行ではなく、世界的な潮流となっています。 オフはもちろん、ウィークデイも軽快に着られる機能的な街着として、活用できるものが増えているんです。 朝は寒いのに昼間はぐっと気温が上がってきたり。 だから羽織りのチョイスは難しく、なんなら冬物でいいじゃないか、なんて日もあったり。 でも、変わりゆく季節をしっかり感じながら装いを考えることこそ、大人の醍醐味であり浪漫なんでは?と思う次第。 今シーズンも大人の物欲を刺激する、別注&コラボアイテムが数多くラインナップ。 もっというと、どっかがデコラティブなパンツなのです。 裏を返せば、デコパン姿の男は楽しませ上手なモテるオヤジに見えるということ。 ドレスコードがユルくなり、カジュアル化が進んでいる左証でしょう。 だからこそ、ここぞの時はキチンとスーツを着用できることが大人の振る舞いと考えます。 普段はラクチンな格好でも、クライアントや重要な商談の席では、サイズにあったスーツを着ている、タイがきちんと結べる……これだけで不思議と堂々としていられる。 それがスーツの効能です。 ぜひご笑覧ください。 こちらおなじみLEONの掲げる標語でございます。 これ、つまり高級品の素晴らしさを知っているのは勿論のこと、プライスだけでモノの価値を計るべからず、という意味もありまして。 今回は敢えてハイ&ローの逸品を並列でご紹介する次第。 つまり、モテるオトコに必要なのは、どちらもさらりと選べる審美眼、というわけなのです。 最新テクノロジーを備えたハイテク、90年代の復刻、トレンドを踏襲したビッグメゾンの新作、老舗シューメーカーのエレガントな定番etc. テイストは違えど、誰もがいま、足元に快適さを求めているのは間違いないようです。 さて、そんな状況下で、大人はどんな一足を選ぶべきでしょうか? 実年齢とシーン、そして目的にマッチしたスニーカー選びのコツを考えてみました。 そうだ、今年も春の京都へ行こう。 いつまでも「モテる」男でいたければ、最新の恋愛事情を知り、恋愛常識を更新したうえでお相手と接することが肝要。 オヤジだからと言って旧態依然とした認識でよいはずはありません。 絶妙なテーパードが利いていれば、脚長効果が期待できますし、時代性を大きく反映するのも、パンツに依る部分が大きいかと。 いまどきはあまりカジュアルすぎずキレイに見えるパンツが全盛ですが、その実、素材のストレッチはもちろん、ウエスト周りも伸びるタイプが話題。 また足元といえばスニーカーが根強く大人にも人気ですが、レザー靴含めて、とてもアイコニック。 けれども、それがアナタにとってリアルな目標に変わっていくのがこの連載です。 まずその第一歩は「1億円稼ぐ考え方」を身に着けること。 考え方が変われば仕事に対するスタンスが変わり、見えてくる世界が変わります。 作業をお金に変える普通の働き方ではなく、能力や才能をお金に変える、まったく新しい働き方を、アナタも始めてみませんか。 今回のテーマは「男の生き方、身の処し方」。 飲んだ後「ちょっと一杯寄ってかない?」、「今度一緒にアレ作らない?」「週末ホムパしようよ」などなど、さまざまな口実に使える簡単レシピを人気料理研究家がお教えします。 それに合わせて装いも新調したいところです。 でも、自分はもちろん連れの気分までも上がる着こなしって案外難しいんですよね。 2019年、日本のゴールデンウィークは、改元と重なったことで超大型連休となりました。 ところで、そんなオフの日、大人はどんなスタイルをすべきだと思いますか? もちろんウィークデイよりも開放感を楽しみたい気持ちもわかりますが、脱力しすぎるのはいかがなものかと……。 シーンを考慮しながら、実際にどんな服、靴、バッグetc. を選ぶべきか? 今年はいい機会ですから、真面目に考えてみました。 ファッション業界でも、最新素材を使ったウエアや高機能のバッグなど、驚くようなお役立ちアイテムが数多く展開されています。 そんなお仕事スタイルを軸に、気軽に簡単にいまどきにアップデートできる小ワザをご紹介します。 ドレスコードが大きく変わりつつあるいま、スーツやジャケットも進化中なのです。 初夏の陽気にぴったりなネタを取り揃えてみました。 ぜひご笑覧くださいませ。 気温や湿度が日に日に上がる鬱陶しい季節は、通気性や動きやすさを求めるのは当然です。 ですが、それに終始してしまっては他者からの好感度は下がります。 逆に、この時期をスマートな装いで乗り切れる大人は、他者から好意的に見られる=モテるのです。 そのための物選びやテクニックを考えてみました。 そして今週の特集は、そんなビズスタイルをさらに格上げできる小物をリコメンド。 軽装になれば目立つのは腕元の時計やアクセ。 付けている時計やアクセで、その人の趣味趣向が透けて見えるというのは事実です。 極端な話、腕元を見ればどんなオトコかわかるんです。 それくらい大人のオトコにとって、気の抜けないアイテム。 では、どんな選びがいいのか? その答えを一緒に探っていきましょう。 といっても、実は夏編はなかったんですよね。 よくよく考えてみると、夏こそ定番使いのうまさで差がつく季節。 シンプルな着こなしをアップデイトする定番の選びから使いこなしまで、たっぷりお届けいたします。 解釈は様々ありますが、末端までを気を使える者はスマートであると。 では、靴のほかに、他者から見られているものを考えてみると……、日々使う財布もその一つ。 世界がキャッシュレス時代に猛進しているいま、財布はより多様化しています。 ですから、シーンにマッチした財布選びは、よりセンスが問われるのです。 そんな視点で、スマートな大人の装いを考えてみました。 クルマや不動産など、大きな買い物の時にはなおさらでしょう。 秋には消費税がアップするという話しもあるくらいですから、ここらで気になっていた商品・物件を改めてチェックしておくのもいいタイミングではないかと。 必ずしも贅沢=高級ということではありませんが、一つの指標としてリッチな商材を取材してみました。 そんな最新ツールを使いこなしてこそ、本当のデキる男と言えるだろう。 そこでLEON. 例えば無地の白Tシャツ1枚の着こなしが、そのままでイケてるなんてことは大人にはそうそうありません。 リッチな腕時計や、リングなどの「盛り」があってはじめて大人の装いとして成立するんです。 美人だってときには恋に傷つくこともあるだろうという推論のもと、美人が出会った最低男を裏テーマに、彼女たちの恋愛体験 主に失敗 談と本音の恋愛観に迫ります。 もちろん仕事は一生懸命こなしつつ、一方で人生、それだけじゃないよ、と「モテ」を楽しむ余裕こそが大人のオトコには必要であるとLEONは思うのです。 だからこそ、我々はいつでも「モテ」を意識し、「モテ」る術を追求し、「モテ」の意味を探ってきました。 しかし、その「モテ」が独りよがりになってはいけない。 そこでより広い見地から現代における「モテ」について考察し、改めてこれを再定義すべく、「モテ」に一家言ある世の著名人、知識人の皆さまに幅広く意見を求めようという連載です。 辞書によれば「Smart」とは「賢明な」「キビキビとした」「洗練された」といった意味。 また最近ではスマートフォンを筆頭に、「コンピューティングと結びついた」といったニュアンスも含まれます。 つまり、現代のモテる大人は「テクノロジーに強い」ことも必須なわけで。 ということで本連載では、そんなスマートな大人になるための様々なガジェット・アイテムをご紹介。 時代にふさわしい「E(エレクトロニクス)」の「イイ〜モン」をぜひご覧ください。 どちらもカジュアル度の高いものですから、大人の選びには、ちょっとしたテクが入ります。 素材、シルエット、色、サイジングはもちろん、合わせも、若かりし頃のそれとはちょっと違う視点が必要。 そこで今日から使える着こなしスナップを集めて見ました。 ファッションにあまり関心がないという方でも、ちょっとしたコツで見映えがガラッっと変わります。 必ずしもトレンドではない、街の大人のリアルな着こなしをぜひご参考にしてください。 それが満点の星空であれ、一面の花畑であれ、人は美しいと思ったものに目を留め、心動かされるものです。 まして実在の女性の美しさは何物にも代えがたい輝きで我々男性を魅了します。 美人を眺め、美人を想い、美人の本音を知ることは我々にとって生きる価値そのものなのです。 海に山にレジャーを楽しむ季節です。 そんなときこそ、モテる大人は腕の見せ所。 毎年同じスイムウェアに、ビーサン? それじゃ自分も相手もアガらないですよね。 そんな夏を楽しむ皆さんのために「大人のための夏バッグ」を集めてみました。 そうなると、いよいよ大人の本領発揮です。 PM6:00を過ぎたあたりから大人の活躍の場は広がっているのです。 それら準備怠らなければ、夜は何倍も楽しくなるはずです。 当然、まだまだシャツやカットソーで過ごすことに。 そんなラフで気軽な着こなしでも大人っぽさを感じせるなら、やはり時計が必須。 仕事以外の旅先で使うことも多い季節ですから、いつもより実用性とポップさが好まれるのが夏の時計です。 日常を盛り上げてくれる時計を厳選してご紹介します。 さり気なく腕元で主張くださいませ。 さらに、デジタル機器の発達により、音楽の楽しみ方も広がってきています。 ますますカジュル化しているとも言えますが、タイドアップして臨むのも自由ということ。 この辺りのメリハリを効かせられるかどうかが、いまどきの大人のセンスと言えそうです。 そこで、無理なくオンオフ兼用できるアイテムから、オン・オフそれぞれに特化したアイテムまで、大人の秋の準備に必要なものを揃えました。 しかし、タフさが魅力のミリタリーは、アイテム選びや着こなし次第では野暮ったく見えてしまう嫌いも。 そこで、大人に似合うスタイリッシュなミリタリーを徹底究明。 もちろん英国、フレンチってのもハズせないんですが、現在の大きなトレンドに影響を与えている二大要素といえば、やっぱコレに集約されるのかと。 でも、いま着るのは気恥ずかしい……そんな人も多いでしょう。 いえいえ、大人だって有効活用する方法はあるんです。 ちょっとのコツが必要ですが。 というわけで、大人だからこそ活かせるストリートエッセンスのあれこれをピックアップしてみました。 それはただただ女性に「スーツ姿のあなたが素敵」と言われたいから。 これ、本音ですよね。 一方で、それは女性にとってもある意味本音。 実際、男の人はスーツ姿が一番! という女性は圧倒的に多いのです。 だったら、それを追求しない手はありませんよね。 ということで、今回は基本も応用もトレンドも選びもこなしもさばき方も、すべてをゼロベースに戻し、改めてモテるスーツってなんだろう? を本音で検証いたしました。 なので、読めば誰でもスーツ姿の素敵なオヤジになれる仕掛けとなっています。 スニーカー、スウェット、ナイロンジャケット、バックパックetc. ……、かつては限られた若い世代だけが楽しむものだと思われていたものの数々は、ときを経てスマートかつアクティブな大人のライフスタイルにも欠かせないものとなっています。 とはいえ、無策のまま取り入れれば、イタイ思いをすることに。 そこで、そうならないための選びの視点や効果的な活用法を、いま一度考えてみました。 そんな世間さまに向かって、ぜひ言いたいのがコレ「大人ってやっぱりシゲキ的で楽しい!」というメッセージです。 そう、LEONが言わずして誰が言う。 というわけで、大人だからこそできる、大人だからこそ見つけられる、その価値がわかる、そんなシゲキ的な愉しみの数々を紹介する特集です。 本格的な冬到来に向けてそろそろアウターの準備が必要かと。 とはいえ、何を選んだらよいのかわからない人のために、LEON. JPが「大人のための冬アウター」をたっぷりとご用意いたしました。 もちろんシーンに合わせて、安心感のあるブリーフケース、遊びを利かせたボディバッグ、とびっきりラグジュアリーなボストン、といった具合にそのセレクトは変わります。 そこでスマートな大人は、用途とコーディネイトを考慮してミスマッチにならないものをさりげなく使い分けるものです。 ハードボイルドな著作が多い樋口さんですが、意外やアタリは柔らかく優しきフェミニスト風 笑。 難攻不落の美女たちの心にスルリと入り込んで意外な本音を引き出します。 でも、腕時計はスタイルの印象を左右する要。 着こなしを格上げすることも、イマドキにブラッシュアップすることも可能なのです。 さらに、冬は年初にSIHHやバーゼルで発表されたモデルが店頭に揃うため、選択肢も豊富! ココゾの腕時計選びの参考に、ぜひご一読あれ。 ですが、顔の作りのことを言っているのではありません。 顔はその人を内面を映し出す鏡のようなもの。 味のある顔も品格のある顔も、貴方のライフスタイル次第。 といってもモテるオトコの貴方なら、単なる防寒具という意味では無いこともおわかりかと。 そう、冬こそホットに盛り上がるにはぴったりな季節。 そのために必要な小道具のアレヤコレを集めてみました。 ミニウォレットの人気はそれを象徴するひとつの現象でしょう。 手帖もやはりデジタルに置き換わりつつあります。 とはいえ、丹念に作り上げられた財布や手帖が持っているプロダクトの魅力はデジタルには変換できないわけで。 そこいらのバランス感覚を持つことが、いま大人には必須かと。 これってつまり、デジタルとアナログどちらか一方だけに偏らない視座が、いまと〜っても大事ってお話だったりするのかなぁと思う次第。 オリンピックイヤーの2020年は、日本に住む我々にとって大転換期。 世界中から続々と人が集まる時こそ、大きなチャンスがやってくると風水学的に考えるからです。 好運の流れを確実に掴み取るにはどうするべきか!? では、それをどう着たら今っぽく見えるか? あるいはお洒落に見えるのか? そんな潜在的なお悩みに答える冬の着こなしの最終案内。 世界の洒落者を撮影したスナップを主軸に、秋冬の定番アイテムとその着こなし方をご紹介します。 お洒落はちょっとしたコツで見違えりますよ。 今日からのコーディネートの参考にしていただけたら幸いです。 (MINOTAUR INST. え、12月23日、休日じゃないの? となにか最後に損したような気もしますが、皆さまにとってはどんな1年だったでしょう。 この特集ではLEON. JPで特に盛り上がった今年のトレンド&トピックをジャンルごとに5選でまとめてみました。 モテる男には和のたしなみも大切だと、最近ひしひし感じることが多いという小誌・石井編集長(46歳)が、最高峰の和文化体験を提供する「和塾」田中代表のもと、モテる旦那を目指す連載 です。

次の

帝国ホテル 総料理長 田中健一郎氏

帝国 ホテル 料理 長

21 帝国ホテル従業員組合発足 初代委員長河西静夫 7. 1 給与制度を改定、「ノー・チップ制」を導入し、月給制度に一本化: 1947年 昭和22年 3. 1 日本ホテル協会発足 5. 3 日本国憲法施行: 1948年 昭和23年 7. 5 上高地帝国ホテル、接収解除され営業再開 帝国ホテルは5日から2月28日まで、上高地帝国ホテル(松本市)の開業85周年を記念したフェアを帝国ホテル東京(東京・千代田)で開催する。 上高地帝国ホテルの歴代の料理長が考案した料理などを提供し、山岳 株式会社帝国ホテル所蔵. 初代料理長 吉川兼吉氏のレシピ. 株式会社帝国ホテル所蔵. 東京逓信管理局員招待慰労会(1912年、帝国ホテルにて) 渋沢史料館所蔵. 早川雪洲夫妻、堀越善重郎招待(1922年、帝国ホテルにて) 渋沢史料館所蔵. 渋沢栄一の米寿祝賀... 帝国ホテルの初代料理長を務められた吉川兼吉(Kanekichi Yoshikawa)は1853年(嘉永6年)生まれ。 日本のフランス料理の草分け的存在の一つである「横浜グランドホテル」で西洋料理を学び、 1890年に開業した「帝国ホテル」の初代料理長を務めた吉川兼吉(よしかわ・かねきち、1853-1935)が遺した料理書を基に、シェフの能勢洋(のせ・ひろし)さんが明治期の料理を再現し、現代の味覚に合うようにアレンジしている。 ホテルグランドパレスは東京の中心にあり、皇居の緑を望む恵まれた環境の中、 1972年東京・九段に開業。 現在に至るまで、ホテルグランドパレスは美食を抜きにしては語られず、 美食を語るには、初代総料理長 故堤野末継を抜きにしては語れない。 昭和・平成を料理で振り返る年頭企画. 元 帝国ホテル総料理長 村上信夫の功績を伝える各種企画を実施 ・記念展示「村上信夫 史料や写真で綴る『人生はフルコース』」 帝国ホテルは、昭和・平成を料理で振り返る年頭企画・ 元 帝国ホテル総料理長 村上信夫の功績を伝える各種企画を実施する。 ・記念展示「村上信夫 史料や写真で綴る『人生はフルコース』」 ・インペリアルバイキング サール「村上信夫とバイキング... 「グルメの偉人」に思いを巡らせた時、優れた仕事を成し遂げたことに加えて、多くの人から尊敬もされるということも考慮すれば、私は真っ先に帝国ホテルで第11代料理長および初代総料理長を務めた村上信夫氏を挙げます。 村上氏は日本のフランス料理... 西洋料理人列伝. 内海 藤太郎(1874~1946) 帝国ホテル、横浜ホテルニューグランド、大阪ホテル、神戸オリエンタルホテルと、東西の主要ホテルの料理長を歴任し、日本のフランス料理界の礎を築いた伝説の料理人。 帝国ホテルの第14代東京料理長に杉本 雄氏が就任した。 外国から訪れる要人をもてなすため、国を代表する施設として1890年に開業した帝国ホテル 東京。 建物やサービスのみならず、日本の西洋料理の歴史も作ってきた。 この由緒あるホテルで、2019年4月1日から東京料理長に就いた若きシェフ、杉本 雄を紹介。 その後、帝国ホテルに入りフランスのホテル・リッツなどヨーロッパ修行へ。 帰国後は修行で得た料理の知識を使い、自由な発想で新たなスタイルを次々と考案。 さらに東京オリンピック選手村の料理長を経て1969年には帝国ホテルの初代総料理長に就任。 第一部は、「幻のレシピ再現披露会」と題し、劇中に登場する豪華な料理の数々、そして映画のカギを握る"大日本帝国食菜全席"と同時期に、帝国ホテルの初代料理長を務めた吉川兼吉氏が作成した"吉川兼吉レシピ"を、現総料理長の田中健一郎さんが再現。 1890年に開業した伝統と格式のある帝国ホテルで大きな動きがありました。 1980年生まれの杉本雄(すぎもとゆう)氏が2019年4月1日から帝国ホテル 東京料理長に就任したのです。 皆さん、こんばんは。 今日8月7日放送の「笑ってコラえて!」では、帝国ホテル東京料理長でもある杉本雄(すぎもと ゆう)さんが出演されます。 帝国ホテルと言えば日本の最高峰のホテルとして知られていますが 帝国ホテルはホスピタリティもさること... 帝国ホテル 大阪は1996(平成8)年3月に大阪・桜之宮の地に開業して以来、3人の料理長が歴史と伝統を受け継いでまいりました。 そして本年、2017(平成29)年4月1日付で人事異動を行い、第4代 大阪料理長に大浦栄一が就任いたしました。 帝国ホテル初代料理長の吉川兼吉氏が残した当時のレシピを、帝国ホテル東京料理長・杉本雄氏(東京発着)、帝国ホテル大阪料理長・大浦栄一氏(大阪発着)が一部再現しつつ、「帝国ホテル130年の伝統と革新」をテーマにフランス料理フルコースに... 『帝国ホテル フランス料理の源流紀行』吉川兼吉初代料理長から田中健一郎へ甦る正統派フランス料理の世界ゴールデンウイーク前夜に由美ママは親しくさせていただいてい… 帝国ホテルの初代総料理長村上信夫シエフが手作り!豪華白木三段重。 ,「あなたの暮らしはもっと楽しくなる」、時代が過ぎても古びることのない衣、食、住、働く、育てる、身につける、学ぶ、遊ぶ、という、、日々の暮らしを楽しく豊かにしていくため... 今回再現されたのは、約100年前に帝国ホテル初代料理長・吉川兼吉が息子とともに書き上げた286種類の「吉川兼吉レシピ」の中の料理。 吉川は作中の料理人・山形と同時期に朝鮮李王朝の料理人を務めており、同書は2009年に帝国ホテルに寄贈されたという。 初代料理長は、フランス料理の吉川兼吉。 横浜グランドホテル、鹿鳴館を経て、37歳の時、開業と同時に帝国ホテルの料理長に就任した。 小島政二郎の小説『風清ク月白シ』では、「帝国ホテルが鹿鳴館の隣に建った。 8月7日放送の『笑ってコラえて』に帝国ホテルの新料理長となった杉本雄さんが出演します。 杉本雄さんはパリの三ツ星レストランで働いた経験を持ち、2019年4月からは帝国ホテルで400人の一流料理人のトップとなるという素晴らしい経歴をお持ちの方。 ・・・初代料理長は、フランス料理の吉川兼吉。 ・・・2009年、家族が所有していた吉川の料理書が同ホテルに寄贈され、オードブルからデザートまで、当時の貴重なレシピ286種類が明らかになった。 1964年 - 東京オリンピック女子選手村食堂『富士食堂』料理長。 1969年 - 再度パリのホテル・リッツへ。 帰国後、第11代帝国ホテル料理長に就任。 1970年 - 同ホテル取締役料理長。 1982年 - 同ホテル常務取締役料理長。 1984年 - 黄綬褒章受章。 帝国ホテル総料理長の田中健一郎シェフがごごナマに出演されます!気になる経歴や受賞した賞について、レシピなど調べ... 帝国ホテル大阪 レセゾンのシェフが新しく就任されたとホームページで拝見しました。 交代される前のシェフはホテル内のどちらかのレストランにいらっしゃるのでしょうか?... 前総料理長... 帝国ホテル新館料理長だった村上信夫氏は、64年東京五輪の選手村に設置された「富士食堂」の料理長を務めた。 同食堂は日本、アジア、中東の選手団向けだった。 日本エスコフィエ協会では初代会長ムッシュ小野こと故・小野正吉ホテルオークラ東京初代総料理長、二代目会長ムッシュ村上こと故・村上信夫元帝国ホテル第11代料理長、名誉理事福島正八元ホテルニューオータニ総料理長 現・武蔵野調理師専門学校校長... 帝国ホテルの初代料理長、吉川謙吉氏が約100年前に書き残したレシピブック。 その志と技術を受け継ぐ現在の総料理長、田中健一郎氏が創業当時に思いを馳せ、レシピ本の料理を再現する。 2007年(平成19年)6月に帝国ホテル総料理長やシェフの監修によるレシピを収録した「dsお料理ナビ まるごと帝国ホテル」がコーエーより発売された。 三代目の料理長は、大正15年帝国ホテル、東京銀座の風月堂で修行したのち、昭和8年4月初代料理長の紹介で、ガスビル食堂にやってきました。 昭和32年三代目料理長に就任し、戦後のガスビル食堂発展に力を尽くしました。 帝国ホテルにて長年培った技術で、 伝統の味を新たな形でご家庭にお届けします。 経歴 1958年 東京都に生まれる 1978年 帝国ホテル入社 レストラン部勤務 1979年 帝国ホテル 調理部勤務 1983年 帝国ホテル レ セゾン勤務 1989年 帝国ホテル フォンテンブロー勤務... 東京・日比谷の帝国ホテル東京に1冊の本が持ち込まれた。 明治時代に初代料理長を務めた吉川兼吉が残した、フランス料理の秘伝のレシピだった。 1890年に日本初の西洋式高級ホテルとして開業して128年。 今も 2010年、120周年を迎えた帝国ホテル。 それまでは名前さえ定かではなかった初代料理長の子孫の方から「帝国ホテル初代料理長、吉川兼吉」が作り上げた料理書の原稿が届けられたのである。 それを手にした田中ムッシュは 2019年4月、38歳の若さで名門『帝国ホテル』の第14代東京料理長に抜擢され、大きな話題を呼んだ杉本雄氏。 本場フランスで培った経験と輝かしい実績を礎に『帝国ホテル』で働く約350名の料理人を率いることになった杉本料理長に、複数の飲食部門を設ける... 2018年12月17日 17時13分 公開|グルメプレス編集部 帝国ホテルの初代料理長、吉川兼吉氏が約100年前に書き残したレシピブック。 その志と技術を受け継ぐ現在の総料理長、田中健一郎氏が創業当時に思いを馳せ、レシピ本の料理を再現する。 38歳で400名の一流料理人トップ東京料理長に就任した杉本氏は何者なのか?シェフとは料理人のトップの人で正式にはシェフ・ド・キュイジーヌと言います。 ホテル料理長や総料理長は調理技術と創造性が優れてい 事は当然ですがそれ以外に大きな組織... 2010年、帝国ホテルは創立120周年を迎えた。 そして今まで名前も定かでなかった、初代料理長の子孫の方から、 「帝国ホテル初代料理長、吉川兼吉」が創り上げたフランス料理書の原書が届けられたのである。 帝国ホテルのフランス料理. 吉川兼吉(1853-1935)は、横浜グランドホテルのベギューの下で学んだ後、鹿鳴館を経て、明治23(1890)年帝国ホテル開業にあたり初代料理長となった。 「上高地帝国ホテル開業85周年記念フェア」は、上高地の歴代料理長が考案したオリジナルメニューの中から、選りすぐりの料理を提供! ちなみに、上高地の歴代料理長は、現在の肩書きをうかがうと「おお!」と思う方たちが名を連ねています。 高知県出身 2013年 愛知県優秀技能者表彰 (あいちの名工) 名古屋なだ万入社後、名駅なだ万茶寮オープンの調理長、日本橋なだ万オープンの調理長、名古屋なだ万調理長を経て、2019年執行役員 副総料理長に就任、現在に至る。 帝国ホテルの年収や20~65歳の年収推移・役職者【主任・係長・課長・部長】の推定年収や・総合職・一般職・技術職の年収・給料など役立つ多くの情報をまとめた年収ポータルサイトです。 「平均年収. jp」 帝国 ホテル 初代 料理 長 more 帝国ホテルの初代料理長、吉川謙吉氏が約100年前に書き残したレシピブック。 その志と技術を受け継ぐ現在の総料理長、田中健一郎氏が創業当時に思いを馳せ、レシピ本の料理を再現する。 2007年(平成19年)6月に帝国ホテル総料理長やシェフの監修によるレシピを収録した「dsお料理ナビ まるごと帝国ホテル」がコーエーより発売された。 21 帝国ホテル従業員組合発足 初代委員長河西静夫 7. 1 給与制度を改定、「ノー・チップ制」を導入し、月給制度に一本化: 1947年 昭和22年 3. 1 日本ホテル協会発足 5. 3 日本国憲法施行: 1948年 昭和23年 7. 5 上高地帝国ホテル、接収解除され営業再開 東京・日比谷の帝国ホテル東京に1冊の本が持ち込まれた。 明治時代に初代料理長を務めた吉川兼吉が残した、フランス料理の秘伝のレシピだった。 1890年に日本初の西洋式高級ホテルとして開業して128年。 帝国ホテル 大阪は1996(平成8)年3月に大阪・桜之宮の地に開業して以来、3人の料理長が歴史と伝統を受け継いでまいりました。 そして本年、2017(平成29)年4月1日付で人事異動を行い、第4代 大阪料理長に大浦栄一が就任いたしました。 帝国ホテルの初代料理長を務められた吉川兼吉(Kanekichi Yoshikawa)は1853年(嘉永6年)生まれ。 日本のフランス料理の草分け的存在の一つである「横浜グランドホテル」で西洋料理を学び、 「上高地帝国ホテル開業85周年記念フェア」は、上高地の歴代料理長が考案したオリジナルメニューの中から、選りすぐりの料理を提供! ちなみに、上高地の歴代料理長は、現在の肩書きをうかがうと「おお!」と思う方たちが名を連ねています。 1964年 - 東京オリンピック女子選手村食堂『富士食堂』料理長。 1969年 - 再度パリのホテル・リッツへ。 帰国後、第11代帝国ホテル料理長に就任。 1970年 - 同ホテル取締役料理長。 1982年 - 同ホテル常務取締役料理長。 1984年 - 黄綬褒章受章。 「グルメの偉人」に思いを巡らせた時、優れた仕事を成し遂げたことに加えて、多くの人から尊敬もされるということも考慮すれば、私は真っ先に帝国ホテルで第11代料理長および初代総料理長を務めた村上信夫氏を挙げます。 村上氏は日本のフランス料理. 1890年に開業した伝統と格式のある帝国ホテルで大きな動きがありました。 1980年生まれの杉本雄(すぎもとゆう)氏が2019年4月1日から帝国ホテル 東京料理長に就任したのです。 2010年、帝国ホテルは創立120周年を迎えた。 そして今まで名前も定かでなかった、初代料理長の子孫の方から、 「帝国ホテル初代料理長、吉川兼吉」が創り上げたフランス料理書の原書が届けられたのである。

次の

38歳で帝国ホテルの料理人350人の頂点に立った新シェフ、杉本 雄さんってどんな人?

帝国 ホテル 料理 長

2019年4月、「帝国ホテル」の第14代東京料理長に就任した杉本雄氏。 当時38歳という若さでの抜擢は、ホテルやフランス料理界でも大きなニュースとなりました。 「レ セゾン」や「ラ ブラスリー」といった、「帝国ホテル」が誇る名店を統括する立場にある杉本氏。 comレストランがプロデュースするプレミアム美食メディア「KIWAMINO」では、杉本氏が考えるフランス料理の楽しみ方や、目指すホスピタリティをめぐって話を聞いてきました。 「帝国ホテル」との直接の接点は、父の友人の結婚式に参加したことです。 まだ小学生のころで、赤いふかふかした絨毯を踏んだ記憶が残っています。 幼いながらも強く惹かれるものがありましたね。 もともと、料理を作ることが好きな子供でしたから、初めて食べた「帝国ホテル」のフランス料理に強い感動を覚えました。 もう、ここで料理人になるんだって思いが芽生えました。 それで高校生の時、進路を決める時期になって直接「帝国ホテル」に電話をしました。 どうしたら採用してくれますかって、人事の方に直接尋ねました。 通っていた学校が進学校でしたから、専門学校に進む生徒が少なく、料理人になる方法というのがよく分からなかったのでしょう。 ただ、当時はちょうど就職氷河期だったこともあり、大卒ですらほとんど採用していませんでした。 でも、対応してくれた方が優しく「傾向として、武蔵野調理師専門学校から来ている料理人が多いかもしれない」と教えてくれたのです。 それで武蔵野調理師専門学校に進んで、卒業後に「帝国ホテル 東京」の本館17階にある「レインボーラウンジ」で、サービスのアルバイトをすることになりました。 そこで1年くらい勤めてから、「レ セゾン」に配属されました。 「帝国ホテル」では、外国催事という海外の一流シェフを招聘するイベントがあるのですが、その時にフランスの料理人の繊細さと、スピードを目の当たりにして、頭を金槌で叩かれたようなショックを受けました。 1999年に「帝国ホテル」に入ってから4年が経ち、曲がりなりにも「レ セゾン」で働いていましたが、ショックが強すぎて「ああ、これはやっぱりフランスに行かなくてはいけない」と思うに至ったわけです。 具体的な言葉では表現しにくい部分が多いのですが、現地でのフランス料理に対する考え方が身についたことでしょうか。 日本におけるフランス料理というのは、やっぱり誰かが伝えたものであって、それを原点に引き継がれたもの。 現地のフランス料理とは、どうしても差異があると感じています。 調理や素材に対する考え方だけでなく、ソース一つとってみても、フランスで修業したからこそ身についたことは確かにありました。 フランス料理の根幹というべき部分ですね。 そこは意識していなかったですね。 シェフの考え方や料理についてしっかり理解するまでは、修業を続けるべきだという考えでやっていました。 一通り理解するには、やはり時間を要します。 アラン・デュカスやヤニック・アレノという名シェフのもと、「ホテル・ル ムーリス」には8年在籍しましたが、シェフの技術や考え方、料理について満遍なく理解するためには必要不可欠な歳月でした。 パラス級のホテルにある星付きのレストランでしたので、世界の名だたるVIPを相手に料理を作っていました。 自分の中にある、フランス料理に対するゆるぎない思いは、あの時の一つひとつの経験が礎になっているという実感があります。 フランス料理の楽しみ方や、各レストランの個性についてお聞かせください。 お客様には、TPOや楽しむ雰囲気によって、レストランを使い分けていただきたいと思います。 そのためにも、私たち料理人がお店ごとの個性をしっかり理解し、提案できるようにしておかなくてはなりません。 例えば、地下1階にある「ラ ブラスリー」。 フランス語の「ブラスリー」は、本来、地ビールを楽しむ酒場を指します。 だから私たちも、本来の意味を体現するお店作りをして、お客様に楽しんでいただかなくてはいけません。 一方で、ファインダイニングとしてのイメージが定着している「レ セゾン」については、ガストロノミーを追求する存在としての役割があります。 どちらが上とか下とかいうのではなく、お客様がシーンによって使い分けられるよう、お店の個性を磨くことが大切なのです。 「レ セゾン」は「ラ ブラスリー」の役割を担えず、その逆もしかりです。 今日、どこのお店に行くかというのは、お客様次第だと思います。 フォーマルな会食・接待で「レ セゾン」を使われるお客様が、プライベートで「ラ ブラスリー」を訪れるということも十分考えられますから。 気を付けたいことは、フランス人シェフがいるのは「レ セゾン」で、日本人シェフがいるのは「ラ ブラスリー」という固定観念をお客様に与えてしまうことです。 そうしないためにも、各レストランの「らしさ」や「良さ」が出たメニューやサービス、設えを実現することを念頭に、各店舗のシェフとコミュニケーションを取っています。 東京料理長という統括する立場では、お店同士の横のつながりを深めることも大切な仕事です。 例えば、秋の食材として栗が好まれますが、各レストランでメニューが被ってはお客様の選択肢を狭めてしまいます。 そうならないよう、同一の食材でも提供するメニューを変えるなど、工夫しているのです。 宴会は、「帝国ホテル」が誇るホスピタリティにも関わる部分だと思います。 日本のホテルにおいて宴会の重要度はとても高く、フランスをはじめヨーロッパにおける宴会の位置づけとは全く違います。 料理長に求められる役割も異なります。 フランスだと料理長はそのホテルの顔となって、メインダイニングを仕切ることが求められます。 バンケット(宴会)は二の次ですが、アメリカや日本の料理長は統括する立場という位置づけ。 どうしても、宴会に重きを置くことが求められるのです。 宴会では、主催者がホテルや料理を決定します。 来場するお客様に、選択の余地はほとんどないと言っていいでしょう。 つまり、宴会で料理を提供するお客様というのは、直接契約を結んだ方ではありません。 そのような関係性の中で、どれだけ満足していただける料理、サービスをお客様に提供できるかということが、宴会の難しさであり、面白さでもあります。 規模感は異なりますが、直接契約を結ばないお客様を満足させる点では、宴会と会食・接待は重なる部分がありますね。 そうかもしれません。 統括する立場として、そのような状況の中でお客様に満足していただくためには、「ホスピタリティ」がとても大切な要素だと考えています。 一例ですが、大規模なウエディングでは1人目のお客様と200人目のお客様に料理を供する時間に差が出る場合があります。 でも、供する料理の温度が違えば、200人目のお客様の満足度が下がってしまいますよね。 そういうことがあってはいけないと私は考えています。 また、ウエディングに限らず宴会や会食では、その会がスムーズに進行するのはとても大切なことです。 進行を妨げないためにも、お客様のモチベーションを理解した上で、「ここまでしてくれるのか」と、良い意味でお客様の想像を超えるホスピタリティを提供しなければなりません。 帝国ホテルであったことではなく、私個人の体験に基づく事例なんですが……。 フランス料理店では、テーブルでお客様がワインをこぼされたら、白いナプキンを敷いて粗相が目立たないようにする場合があります。 もし、テーブルクロスの色が白ではなかったらどうでしょうか。 お客様に気持ちよく食事を続けてほしいのなら、ナプキンもテーブルクロスと同色のほうがベストだと思いませんか。 ただ美味しい料理を作ることだけが、私に課せられた「東京料理長」の仕事ではありません。 一皿一皿が、どのようにお客様に届くのかという部分にまでこだわり抜くことが、自分の仕事だと考えています。 利用シーンを細かく検討して「こういうサービスをしてくれたら気持ちいいだろうな」とお客様の視点に立って、よりよい「ホスピタリティ」を追求し続けていきたいですね。 レストランに飾られたお花や、食事の際に用いるカトラリーなど、それを見て使ったお客様がどういう思いを抱くのかまで、しっかりと責任を持ち続けていきたいですね。 *********************************** 杉本雄(すぎもと ゆう) プロフィール 1999年、株式会社帝国ホテル入社。 「レ セゾン」などを経て、2004年に渡仏。 「ホテル・ル・ムーリス」では、ヤニック・アレノ、アラン・デュカスのもとでシェフを務め、同ホテルのメインダイニング 3 つ星 にて責任者の役割を担う。 その後、「レストラン レスペランス」や「レストラン スクエア(ロンドン)」で総料理長として活躍。 2017年に、帝国ホテルに再入社。 2019年4月に、帝国ホテル東京料理長就任。 編集後記 インタビュー中、常にお客様を主役に発言されていることが印象的だった今回。 「一皿一皿が、どのようにお客様に届くのか」、第14代東京料理長が目指す新しい「帝国ホテル」から目が離せません。

次の