ポケカ リミックス バウト カード リスト。 リミックスバウト 収録カードリスト評価と最安通販情報まとめ【SM11a】

「リミックスバウト」SM11a 最新情報・収録カードリスト

ポケカ リミックス バウト カード リスト

強化拡張パック「リミックスバウト」最安通販情報 9月9日時点、駿河屋が新品3680円、中古3580円で最安となってます。 相手のベンチポケモンを1匹選び、バトルポケモンと入れ替える。 追加でエネルギーが2個ついているなら、自分のポケモン全員のHPを、すべて回復する。 [ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。 ][対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。 特性「かがやくつる」は草エネルギーをこのポケモンにつけるだけで相手のベンチポケモンをバトル場に呼び出すことができる強力な効果。 強力な特性を持つ分、他のTAGTEAMAよりはワザのダメージが控えめとなっている。 そして山札を切る。 追加でエネルギーが1個ついているなら、相手のポケモンを「やけど」と「こんらん」にする。 [対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。 ] 炎タイプ たねポケモン HP270 弱点:水 抵抗:なし 逃げエネ3 たねのポケモンGXを倒すことも可能な180ダメージを与えながら、好きなカード3枚サーチという優秀なワザ「シャイニーフレア」を持つ。 エネルギー加速ができるGXワザ「ぐれんのひばしらGX」も非常に便利。 追加で水エネルギーが3個ついているなら、150ダメージ追加。 [対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。 エネルギー加速は手札からなので、水エネルギーをサーチする手段が別途必要となる。 ワザ 悪無無 ツメできりさく 120 GXワザ 悪無無 ストーククローGX 相手のポケモンポケモン1匹に、120ダメージ。 このワザのダメージは、弱点・抵抗力とダメージを受けるポケモンにかかっている効果を計算しない。 悪タイプ 1進化 HP200 弱点:闘 抵抗:超 逃げエネ2 特性「ドヤがお」は「TAGTEAM」「ウルトラビースト」「特殊エネルギー付きのポケモン」からワザのダメージや効果を受けない強力なメタ効果。 大変厄介な特性なので、この特性を止めるために「無人発電所」採用のデッキが増えるかもしれませんね。 URのみの収録。 そして山札を切る。 様々なタイプを採用したデッキで便利なポケモンサーチサポート。 《ウツギ博士のレクチャー》と違い、HPに条件はなく、TAGTEAMやポケモンGXもサーチできる。 その後、山札を2枚引く。 トラッシュしたカードがエネルギーなら、さらに2枚引く。 相手のベンチの「ポケモンGX・EX」を1匹選び、バトルポケモンと入れ替える。 対「ポケモンGX・EX」専用のキャッチャー。 手札2枚消費だが、確定でベンチから呼び出すことができる。 このカードを手札からポケモンにつけたとき、自分の山札を1枚引く。 おじょうさまTR 効果 自分の山札にある基本エネルギーを4枚まで、相手に見せてから、手札に加える。 そして山札を切る。 溶接工TR 効果 自分の手札にある炎エネルギーを2枚まで、自分のポケモン1匹につける。 その後、自分の山札を3枚引く。 ダートじてんしゃTR 効果 自分の山札を上から2枚見て、どちらか1枚を手札に加える。 残りのカードはトラッシュする。 エスケープボードTR 効果 このカードをつけているポケモンは、にげるためのエネルギーが1個ぶん少なくなり、ねむりまたはマヒでも、にげられる。 メブキジカ 特性 きせつのめぐみ 自分の番に1回使える。 自分の山札を1枚引く。 ワザ 草無 とびはねる 60 草タイプ 1進化 HP100 弱点:炎 抵抗:なし 逃げエネ2 《アローラサンドパン》と同じ毎ターン1ドロー特性が草タイプでも登場。 ビクティニ 特性 ビクトリーヒール 自分の番に1回使える。 自分のベンチポケモン1匹のHPを「20」回復する。 ワザ 炎無 かえん 30 炎タイプ たねポケモン HP70 弱点:水 抵抗:なし 逃げエネ1 エンブオー 特性 ばくねつえんぶ 自分の番に、このカードを手札から出して進化させたとき、1回使える。 自分の山札を上から8枚見て、その中にある基本エネルギーを好きなだけ、自分のポケモンに好きなようにつける。 残りのカードは山札にもどして切る。 ワザ 炎無無無 ヒートブラスト 160 炎タイプ 2進化 HP170 弱点:水 抵抗:なし 逃げエネ4 ケケンカニ 特性 かたいこうら このポケモンが受けるワザのダメージは「-30」される。 闘タイプ 1進化 HP140 弱点:超 抵抗:なし 逃げエネ4 トロピウス ワザ 無 こうごうせい 自分の山札にある草エネルギーを1枚、自分のポケモンにつける。 そして山札を切る。 ワザ 草無 リーフドレイン 50 このポケモンのHPを「30」回復する。 草タイプ たねポケモン HP120 弱点:炎 抵抗:なし 逃げエネ2 山札からの草エネルギー加速ワザを持っている、シールド戦では貴重なポケモン。 グラードン ワザ 無 ひでり 自分の手札にある闘エネルギーを2枚まで、自分のポケモン1匹につける。 ワザ 闘闘無 ふるえるだいち 130 次の自分の番、このポケモンは「ふるえるだいち」が使えない。 闘タイプ たねポケモン HP130 弱点:草 抵抗:なし 逃げエネ3 昔登場した《グラードン》のリメイク? サンムーンレギュでは貴重な闘エネルギー加速ができるワザを持つ。 マーシャドー ワザ 超無無 かげまね 相手のバトルポケモンが持っているワザ GXワザをのぞく を1つ選び、このワザとして使う。 超タイプ たねポケモン HP60 弱点:悪 抵抗:闘 逃げエネ1 《ミミッキュ》のワザ「まねっこ」より1エネ重いが、使うワザが選択できるようになっている。 ヨマワル 特性 ひとだましんか 自分の番に1回使える。 自分の手札を3枚トラッシュする。 その後、このポケモンから進化するカードを、自分の山札から1枚選び、このポケモンにのせて進化させる。 そして山札を切る。 ワザ 超 ふきつなめ 相手のポケモン1匹に、ダメカンを2個のせる。 超タイプ たねポケモン HP40 弱点:悪 抵抗:闘 逃げエネ1 特性「ひとだましんか」を使えば自力で進化可能。 ただし、条件となる手札3枚トラッシュがちょっと辛い。 サマヨール ワザ 超 かなしばり 20 相手のバトルポケモンが持っているワザを1つ選ぶ。 次の相手の番、このワザを受けたポケモンは、選ばれたワザを使えない。 超タイプ 1進化 HP90 弱点:悪 抵抗:闘 逃げエネ3 ズガドーン ワザ 超無 デプスボム ダメカン4個を、相手のポケモンに好きなようにのせる。 相手のサイドの残り枚数が3枚なら、のせるダメカンの数は12個になる。 超タイプ たねポケモン HP110 弱点:悪 抵抗:闘 逃げエネ2 相手のサイドが3枚の時、ダメカン12個ばら撒ける強力なワザを持つ。 《カラマネロ》を軸としたデッキや《カウンターエネルギー》、《レインボーエネルギー》を採用したデッキなどで攻撃の幅を広げることができる。 ワザ 炎炎無 ほのおのたてがみ 100 炎タイプ たねポケモン HP130 弱点:水 抵抗:なし 逃げエネ2 ワザ「まきかえす」は条件を満たせば2エネ120ダメージというなかなかの性能。 《カウンターエネルギー》や《溶接工》などを採用しているデッキでの活躍が期待できる。 ヨノワール 特性 しのこくいん このポケモンが、バトル場で相手のポケモンからワザのダメージを受けてきぜつしたとき、ダメカン4個を、相手のポケモンに好きなようにのせる。 超タイプ 2進化 HP160 弱点:悪 抵抗:闘 逃げエネ3 アクジキング ワザ 悪 やまかじり 相手の山札を上から1枚トラッシュする。 ワザ 悪悪無無 レッドバイキング 120 このワザのダメージで、相手のポケモンがきぜつしたなら、サイドを1枚多くとる。 悪タイプ たねポケモン HP150 弱点:闘 抵抗:超 逃げエネ4 ワザ「レッドバイキング」は相手のポケモンをきぜつさせれば、サイド1枚余分にとれるという強力な効果を持つ。 キテルグマ 特性 キャリーラン このポケモンがベンチにいるかぎり、自分のバトルポケモンのにげるためのエネルギーは、2個ぶん少なくなる。 ワザ 無無無 ラリアット 120 コインを1回投げウラなら、このワザは失敗。 無色タイプ 1進化 HP120 弱点:闘 抵抗:なし 逃げエネ2 特性「キャリーラン」は逃げエネを2個分減らす効果。 逃げるを補助するカードが少ないシールド戦では貴重。 バトル場にいる時は効果がないので注意。 フィオネ 特性 ひきよせのうず このポケモンがベンチにいるなら、自分の番に1回使える。 相手のバトルポケモンをベンチポケモンと入れ替える バトル場に出すポケモンは 相手が選ぶ。 その後、このポケモンについているカードをすべてトラッシュし、このポケモンを山札の下にもどす。 ワザ 水 みずかけ 10 水タイプ たねポケモン HP70 弱点:草 抵抗:なし 逃げエネ1 実質《むしよけスプレー》を何回でも使い回せる特性を持つ。 ベンチポケモンを動かすカードが乏しいシールド戦では重要なカードとなりそうだ。 カイオーガ ワザ 無 みちしお 自分のトラッシュにある水エネルギーを2枚、自分のポケモン1匹につける。 ワザ 水水無無 うずまくなみ 130 このポケモンについているエネルギーを、1個トラッシュする。 草タイプ たねポケモン HP130 弱点:炎 抵抗:なし 逃げエネ3 ポニータ ワザ 無 ちいさなおつかい 自分の山札にある基本エネルギーを2枚まで、相手に見せてから、手札に加える。 そして山札を切る。 ワザ 炎 ほのお 10 炎タイプ たねポケモン HP70 弱点:水 抵抗:なし 逃げエネ1 基本エネルギーを2枚サーチできるので、シールド戦だと無難に活躍できるポケモン。 エネルギーつけかえ 効果 自分の場のポケモンについている基本エネルギーを1個、自分の別のポケモンにつけ替える。 エネルギー回収 効果 自分のトラッシュにある基本エネルギーを2枚、相手に見せてから、手札に加える。 ポケモンいれかえ 効果 自分のバトルポケモンをベンチポケモンと入れ替える。 ポケモン通信 効果 自分の手札にあるポケモンを1枚、相手に見せてから、山札にもどす。 その後、自分の山札にあるポケモンを1枚、相手に見せてから、手札に加える。 そして山札を切る。 アンズ 効果 自分の山札を上から4枚見て、その中にあるカードを2枚、手札に加える。 残りのカードは山札にもどして切る。 ジャッジマン 効果 おたがいのプレイヤーは、それぞれ手札をすべて山札にもどして切る。 その後、それぞれ山札を4枚引く。 ウィークガードエネルギー 効果 このカードは無色エネルギー1個ぶんとしてはたらく。 このカードをつけているポケモンの弱点は、すべてなくなる。 その他の「リミックスバウト」収録カード モンジャラ ワザ 草 どくどく 相手のバトルポケモンをどくにする。 このどくでのせるダメカンの数は2個になる。 草タイプ 1進化 HP140 弱点:炎 抵抗:なし 逃げエネ3 シキジカ ワザ 草 たいあたり 20 草タイプ たねポケモン HP60 弱点:炎 抵抗:なし 逃げエネ1 ギャロップ ワザ 炎 かけるける 30 相手のベンチポケモン1匹にも、30ダメージ。 [ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。 ] ワザ 炎無 ほのおのしっぽ 60 炎タイプ 1進化 HP100 弱点:水 抵抗:なし 逃げエネ1 《ポニータ》のワザでエネルギーサーチができ、この《ギャロップ》が逃げエネ0なので、シールド戦で優秀なサブポケモン。 ポカブ ワザ 炎 ひだね 10 ワザ 炎無無 ころがる 40 炎タイプ たねポケモン HP80 弱点:水 抵抗:なし 逃げエネ2 チャオブー ワザ 炎無 たいあたり 30 ワザ 炎無無 ヒートスタンプ 60 炎タイプ 1進化 HP110 弱点:水 抵抗:なし 逃げエネ4 コダック ワザ 無 ひっかく 10 ワザ 水無 へんなねんぱ 20 おたがいのバトルポケモンを、それぞれこんらんにする。 水タイプ たねポケモン HP60 弱点:草 抵抗:なし 逃げエネ1 ゴルダック ワザ 無 ひっかく 30 ワザ 水無 エネループ 80 このポケモンについているエネルギーを、1個手札にもどす。 水タイプ 1進化 HP110 弱点:草 抵抗:なし 逃げエネ1 ホエルコ ワザ 無無 スプラッシュ 30 水タイプ たねポケモン HP120 弱点:草 抵抗:なし 逃げエネ3 ホエルオー ワザ 水無無 ヘビーインパクト 90 ワザ 水水無無 ハイドロスプラッシュ 140 水タイプ 1進化 HP200 弱点:草 抵抗:なし 逃げエネ4 ロトム ワザ 無 サイクルドロー 自分の手札を1枚トラッシュする。 その後、山札を2枚引く。 ワザ 超 エネアシスト 自分のトラッシュにある基本エネルギーを2枚、自分のベンチポケモンに好きなようにつける。 超タイプ たねポケモン HP70 弱点:悪 抵抗:闘 逃げエネ1 ワザで手札1枚捨て2ドローorトラッシュからの基本エネ2枚加速ができる。 ボクレー ワザ 無 つぶやく 10 ワザ 超無 ホロウショット 20 超タイプ たねポケモン HP60 弱点:悪 抵抗:闘 逃げエネ1 オーロット ワザ 無 まどわすもり 20 のぞむなら、相手のバトルポケモンをベンチポケモンと入れ替える。 [バトル場に出すポケモンは相手が選ぶ。 ] ワザ 超無無 シャドーインパクト 120 自分のポケモン1匹に、ダメカンを4個のせる。 超タイプ 1進化 HP120 弱点:悪 抵抗:闘 逃げエネ2 シールド戦で使うパックということを考えてもワザ「シャドーインパクト」にデメリット効果はいらなかった。 ダダリン ワザ モズクでひろう 自分のトラッシュにあるトレーナーズを1枚、相手に見せてから、手札に加える。 ワザ 超超無 バスタースイング 100 このワザのダメージは抵抗力を計算しない。 闘タイプ たねポケモン HP120 弱点:超 抵抗:なし 逃げエネ2 2エネ120ダメージを出せる闘ポケモン。 条件もベンチポケモンにダメカンがのっているだけなので満たしやすい。 ヤンチャム ワザ 無 パンチ 10 闘タイプ たねポケモン HP70 弱点:超 抵抗:なし 逃げエネ2 ゴロンダ ワザ 無 なぐる 40 ワザ 無無無 マグナムパンチ 90 闘タイプ 1進化 HP130 弱点:超 抵抗:なし 逃げエネ2 進化ラインどのワザも無色エネルギーで使える。 シールド戦でエネの種類を増やしたくない場合は候補。 マケンカニ ワザ 無 ジャブ 10 ワザ 闘無 がちんこ 30 闘タイプ たねポケモン HP80 弱点:超 抵抗:なし 逃げエネ2 ナゲツケサル ワザ 闘 スパイクドロー 自分の山札を2枚引く。 ワザ 闘無無 ちきゅうなげ 70 闘タイプ たねポケモン HP110 弱点:超 抵抗:なし 逃げエネ2 アローラニャース ワザ 悪 いばる コインを1回投げオモテなら、相手のバトルポケモンについているエネルギーを、1個トラッシュする。 ワザ 無無 ひっかける 20 悪タイプ たねポケモン HP70 弱点:闘 抵抗:超 逃げエネ1 アローラベトベター ワザ 無 とかす 10 ワザ 悪無 ベトベト 20 コインを1回投げオモテなら、相手のバトルポケモンをマヒにする。 悪タイプ たねポケモン HP80 弱点:闘 抵抗:超 逃げエネ2 アローラベトベトン ワザ 悪無 パニックどく 20 相手のバトルポケモンをどくとやけどとこんらんにする。 ワザ 悪悪無 ヘドロばくだん 110 悪タイプ 1進化 HP140 弱点:闘 抵抗:超 逃げエネ4 アブソル ワザ 無 ふきつなしらせ 相手の場のポケモンについている特殊エネルギーを、1個トラッシュする。 ワザ 悪無 ダーティスロー 70 自分の手札を1枚トラッシュする。 トラッシュできないなら、このワザは失敗。 悪タイプ たねポケモン HP100 弱点:闘 抵抗:超 逃げエネ1 コマタナ ワザ 無 ふくろぎり 相手の手札を見て、その中にあるグッズを、1枚トラッシュする。 ワザ 悪無 チクチクさす 20 悪タイプ たねポケモン HP60 弱点:闘 抵抗:超 逃げエネ1 キリキザン ワザ 無 おいつめる 30 次の相手の番、このワザを受けたポケモンは、にげられない。 ワザ 悪無 スラッシュダウン 80 次の自分の番、このポケモンは「スラッシュダウン」が使えない。 無色タイプ たねポケモン HP100 弱点:闘 抵抗:なし 逃げエネ1 ワザ「ざんこくなやいば」で倒しきれなかったポケモンへとどめを刺すことができる。 無色エネルギーで動けるので、シールド戦で非常に使いやすいポケモン。

次の

「リミックスバウト」SM11a 最新情報・収録カードリスト

ポケカ リミックス バウト カード リスト

《モンジャラ》ー《モジャンボ》 《モンジャラ》はHP70。 既存の《モンジャラ》が全てHP80で、逃げエネも2個なのであえてこちらの《モンジャラ》を使う意義は薄いと思います。 ただしシールド戦では《モジャンボ》を使うなら必須。 《モジャンボ》は相手の逃げエネを参照してダメージが増える『くさむすび』が特徴。 HPも140あるので、同じ弾に収録されている 《カイオーガ》や《グラードン》にワンパンされず、逆にこちらはワンパン出来る性能が魅力。 シールド戦ではご一考。 《ヘラクロス》 あれ?前の弾にもいた気が・・・ 無色3つで使え、相手の場に「TAGTEAM」がいると120ダメージを与えられる『なにくそホーン』が特徴。 大体のたねポケモンをワンパンする火力になりますが、相手のデッキに「TAGTEAM」がいなければ話にならないので運次第という所は気を付けましょう! 《トロピウス》 シールド戦においては序盤に『こうごうせい』を使うことで場を整えることが出来ます。 HPも120とまずまずの数値なので、草主体ならピックしてみたい所。 《シキジカ》ー《メブキジカ》 SM環境初参戦。 《シキジカ》は《ウツギ博士のレクチャー》対応。 逃げエネも1つと扱いやすいです。 《メブキジカ》は存在するだけで毎ターンドローできる、いわゆる置きドローポケモン。 ワザもベンチに行くことに特化したものとなっています。 シールド戦においてはドローソースとして優秀な働きをしてくれそうです。 《オーキド博士のセッティング》という新カードもあるのでタッチ採用もあり。 最大の難点は 《メブキジカ》のレアリティがRであることですか・・・ 炎タイプ 《リザードン&テールナーGX》 下準備はいるものの爆発的なエネルギー加速ができるGXワザと、状況に合わせた動きをもたらす通常ワザが強力。 最序盤にどうぞ。 《ギャロップ》は低燃費・低火力なワザを持ちますが、 今回のパックで唯一の逃げエネ0ポケモン。 シールで戦ではこの点が意外と強力に働くかも。 《エンテイ》 前の番にポケモンがきぜつしていたら120ダメージになる『まきかえす』が特徴のポケモン。 もうひとつのワザも単純に100ダメを与えられるのでシールド戦においては火力はいい方だと思います。 また、たねポケモンであることも強みなのでサブアタッカーとして採用するのがいいでしょう。 《ビクティニ》 特性によって、毎ターンベンチにいるポケモン1体のHPを20回復できます。 バトル場も回復出来たら優秀でしたが・・・ かわいいですが、やや扱いが難しそうな1枚かなぁと思いました。 《ポカブ》ー《チャオブー》ー《エンブオー》 SM環境初参戦。 《ポカブ》はHPが80あり、2進化ラインのたねポケとしてはかなり高めの数値になっています。 《チャオブー》は普通の1進化といった感じですね。 《エンブオー》は炎版のでかい《サメハダー》といった感じです。 山札を見る枚数は多いですが、2進化なので準備に時間がかかる事とやっぱり運ゲーなのが痛いです。 しかし、高い耐久力と高火力のワザは持っており、ギャンブラーなら採用の余地あり。 《コダック》ー《ゴルダック》 HP60で《ウツギ博士のレクチャー》に対応しつつも逃げエネが1個の《コダック》。 上記2つの性能を持つ《コダック》は、今までデッキかプロモでしかなかったので待望の収録。 《ゴルダック》は低コストで中火力を出せるワザ『エネループ』が魅力。 進化可能なたねポケモンの多くをワンパン出来ます。 シールド戦では《フィオネ》等をうまく絡ませて、たねポケモンを引きずり出したいですね。 《ホエルコ》ー《ホエルオー》 相変わらずの重量級の進化ライン。 ただし今回は両者ともエネルギー要求が優しくなっています。 《カメックス&ポッチャマGX》の存在もあり、壁としてもアタッカーとしても優秀な役割が期待出来そうです。 《カイオーガ》 HP130のたねポケモン。 上技はトラッシュからのエネルギー加速が可能です。 序盤には使いづらいものの、うまく水エネルギーを捨てられれば大きなアドバンテージを取ることが出来そうです。 下ワザは重めのエネルギー要求ですが、130ダメージと非常に優秀なダメージを出すことが出来ます。 シールド戦ではサブアタッカーとして使えそう。 《フィオネ》 相手のポケモンを入れ替えさせる特性を持っています。 そういえばついているカードはトラッシュにいくので、エネルギーをトラッシュに送る手段としては意外と使えそうですね。 詳しくは《カメックス&ポッチャマGX》の項目にある記事を参照。 超タイプ 《ヨマワル》ー《サマヨール》ー《ヨノワール》 《ヨマワル》は手札を3枚捨てることで《サマヨール》に即進化をすることが出来ます。 トラッシュを頻繁に利用するデッキなら強力かも。 《サマヨール》は普通の1進化ですが、ワザのロック効果が「TAGTEAM」に刺さるかもしれないです。 上ワザは《ゾロアークGX》の特性『とりひき』と同じ効果で、手札を1枚トラッシュしてから2ドロー。 下ワザを使うには超エネルギーが必要なのがやや不安定さを生むかもしれないです。 《ボクレー》ー《オーロット》 《ボクレー》は《ウツギ博士のレクチャー》対応。 《オーロット》は高火力な『シャドーインパクト』が特徴。 いつものごとくデメリットはありますが、シールド戦ではかなり強いと思います。 《ダダリン》 HP130と高めの数値と、抵抗力に捉われない中火力ワザが強力。 超タイプを軸にシールド戦に挑むならアタッカーとして働いてくれそうです。 《マーシャドー》 超エネルギー1つ、無色エネルギー2つで相手のバトルポケモンのワザを使えるようになるポケモン。 《カイオーガ》や《グラードン》などの、自身のHPと同じ火力のワザを持つポケモン相手や、強力な追加効果をもつ《リザードン&テールナーGX》などに対してはかなり強力に働くことが出来そうです。 《ズガドーン》 ご機嫌な31アイスクリーム。 相手のサイドが3枚なら、好きなところにダメカンを12個もばら撒けるようになるワザ『デプスボム』が強力。 デプスボムもカクテルにあります。 ダメカンばら撒きデッキに重宝しそうな1枚。 特に【ギラティナデスカーン】とか。

次の

【ポケモンカード】 強化拡張パック「リミックスバウト」考察・解説

ポケカ リミックス バウト カード リスト

「リミックスバウト」に収録されるTAG TEAMの考察。 大会に出る時は俺のレシリザでやってるのにか!? いい加減に炎が頂点に居続けられると草や鋼が困るので。 「リミックスバウト」では草と水のTAG TEAMが収録されるので3くすみになりそうです。 購入したパックだけでデッキを組むシールド戦ではタイプ相性も重要だ。 だがシールド戦であんなに自己完結したカードも珍しい。 追加で水エネルギーが3個ついているなら、150ダメージ追加。 [対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。 その分、つけたエネルギーに応じて回復できるから耐久戦もできるよ。 公式ホームページでは「ダッシュポーチ」と組み合わせるのがオススメされていたな。 後は スプラッシュメーカーで回復しながら交互に前に出るだけです。 ワンパンしたり にげるのを封じたり出来ないとループからは抜け出せないよ!? 炎タイプなら逆にワンパンされるし流行りのルガゾロやネクロズマはワンパンできる火力はない... だけどGXワザで足止めできるからまずは3エネつければなんとかなりそう。 マヒさせることで次の相手の番の行動は鈍るかもしれない。 追加で3エネつけば相手をワンパンできるラインにまで到達するのでそちらを狙ってもよさそうです! 使い分ければ強力なGXワザだと思うよ。 「リミックスバウト」にはエネルギーを加速させる手段に「カイオーガ」がある。 カイオーガ たねポケモン HP130 水タイプ みちしお 無 自分のトラッシュにある水エネルギーを2枚、自分のポケモン1匹につける。 うずまくなみ 水水無無 130 このポケモンについているエネルギーを、1個トラッシュする。 相手バトルポケモンをベンチポケモンと入れ替える バトル場に出すポケモンは相手が選ぶ。 その後、このポケモンについているカードをすべてトラッシュし、このポケモンを山札の下にもどす。 せせらぎの丘があれば何度も使えるからシールド戦以外でも見かけるカードになると思うぞ!! グズマが使えないシールド戦ではベンチのポケモンを呼び出す手段は貴重になるから水デッキ以外でも使っていきたいね。 TAG TEAMでは珍しい特性持ちのポケモンです。 相手のベンチポケモンを1匹選び、バトルポケモンと入れ替える。 追加でエネルギーが2個ついているなら、自分のポケモン全員のHPを、すべて回復する。 [対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。 ワザは普通な感じがするが特性メインのポケモンか? いや、無色エネルギー要求が多いからダブル無色エネルギーでワザが使える利点があるよ!! しかし草エネルギー以外のエネルギーだと特性と噛み合わない点は注意です。 シールド戦だと2タイプデッキになることもあるからエネルギーを複数入れないといけないこともあるだろうね。 何らかのエネルギー加速手段を用意するのはよさそうですが、草エネルギー関連は2進化ポケモンが多いのでモクナシを入れたくなります。 他の草TAG TEAMと組み合わせたデッキにしてTAG TEAM用の支援カードを共有してもいいかも。 同じフシギバナタッグのセレバナとならダブル無色エネルギーや耐久戦用のカードとも共存させやすいかもしれません。 特性と組み合わせて にげるエネルギーが多いポケモンを引きずり出して、 ベンチで弱ったポケモンを倒せばバトル場を固定させてからサイドをとることもできますよ。 シールド戦以外でも3くすみの環境になってほしいな。 新弾の水ポケモンはかなり強いから炎が減って水が増えると時代がくるかも? せっかく新しいカードが出たのでどれも活躍してほしいですね。 「リミックスバウト」は強力なカードがたくさん収録されそうだから環境が大きく変わるかもしれない!! 全カードリスト公開が楽しみだよ。 収録カードが判明したらまた構築をしていきますが今回はここまで。 お相手は おそざき りんごと、 おそざき らいちと、 おそざき ぶどうがお送りしました。 次回の記事もよろしくお願いします!! スポンサーリンク Amazon osozakiraichiblog 個人情報の保護について 「」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。 個人情報の収集について 利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。 お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。 しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。 広告の配信について 当サイトはGoogle、Amazon、A8net及びGoogle、Amazon、A8net、駿河屋のパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。 その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、Google、Amazon、A8netやGoogle、Amazon、A8net、駿河屋のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。 また にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Google、Amazon、A8net、駿河屋の広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、をご覧ください。 ウェブサーバの記録 当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。 利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。 免責事項 利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。 また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。 初出掲載:2018年5月19日.

次の