楽天でんき looopでんき。 [ 2020 ] 楽天でんきとLooopでんきの比較はココに注目せよ!

Looopでんきは一人暮らしでも電気代は安いの?体験談・評判から徹底解説

楽天でんき looopでんき

02円 使えば使うだけ料金が高くなるということです(泣) と同様に は 料金一律なので沢山使えば使うほどお得というプランになっています 楽天でんきとLooopでんきの従量料金比較 電力エリア Loopでんき従量料金 楽天でんき従量料金 北海道 29円 kWh 29. 50円 kWh 東北 26. 00円 kWh 26. 00円 kWh 東京 26. 00円 kWh 26. 00円 kWh 中部 26. 00円 kWh 26. 00円 kWh 北陸 21円 kWh 21. 50円 kWh 関西 22. 00円 kWh 22. 00円 kWh 中国 24. 00円 kWh 24. 00円 kWh 四国 24. 00円 kWh 24. 00円 kWh 九州 23. 00円 kWh 23. 00円 kWh 沖縄 提供なし 26. 50円 kWh こちらの料金比較を見てみると、住む地域によっては 楽天でんきのほうが高いので楽天でんきよりLooopでんきのほうがお得になる場合があるので注意が必要です また契約アンペアで料金が変わらないので ブレーカー落ちの心配がありません ブレーカーを気にする必要なく全力で電化製品を使いまくれるようになるのでこれは私にとって非常に大きなメリットでした! 3. 従来の電力会社を使っている方• 楽天をよく使う方• 内容を比較して問題がなければ、Looopでんきからの乗り換える!! 楽天でんき、11月1日開始 基本料金タダに: 日本経済新聞 — the TazaKing. 楽天ポイントがたまる&使える分だけ楽天でんきがお得。 ポイントで電気代払えるのがメリット大きいですね。 基本料無料の「楽天でんき」が開始へ。 楽天スーパーポイントも使える ニュースの森 — kmswk kmswk1 まとめ は基本的にはLooopでんきと同じ料金形態で基本料金ゼロ!

次の

楽天でんきよりLooopでんきが安い!ポイントや料金,キャンペーンを比較!

楽天でんき looopでんき

Looopでんきと楽天でんきの特徴&メリット 「Looopでんき」と「楽天でんき」それぞれの特徴を見ていくぞ。 Looopでんきの特徴&メリット Looopでんきは電力自由化がスタートした2016年4月、 「基本料金0円」「従量料一律単価」という、当時かなり斬新なプランを打ち出した新電力じゃ。 これまで当たり前に加算されていた基本料金が0円というプランは、かなり話題にのぼったものじゃ。 2018年12月の時点で150,000以上の契約を獲得しているのも納得じゃのう。 今となっては「基本料金0円」のプランを出している新電力は複数ありますけどね。 そうじゃ。 その先駆者がLooopでんきなんじゃ。 ポイント付与やセット割引といった付帯サービスがなく、 シンプルに電気料金が安くなるというのは、電気料金に疎い人にもかなり支持されたんじゃよ。 確かに、電気料金って複雑ですから、ほとんどの人は仕組みがよくわかってないんじゃないですかね。 電力自由化によって電気料金の仕組みを理解しはじめた人も多いようじゃが、まだわかっていない人のほうが多そうじゃの。 Looopでんきは 環境にも配慮していて、太陽光や風力といった自然エネルギーのスタンダード化を目指しているわけじゃ。 楽天でんきの特徴&メリット 楽天でんきはショッピングサイトで有名な楽天の提供する新電力じゃな。 もともと「まちでんき」という名前で2016年に電力供給を開始したんじゃが、2018年10月に「楽天でんき」へとサービス名を変更したんじゃ。 あの楽天も新電力に参入してるんですね! そんな楽天でんきの強みと言えば、やはり 「楽天スーパーポイント」がもらえるところじゃの。 電気料金200円につき1ポイント、さらに楽天カードで支払えば追加で100円毎に1ポイントもらえるんじゃ! え?それって二重でポイントをゲットできるってことですか? そういうことじゃの。 楽天カードの支払いなら貰えるポイントが単純に3倍じゃ!もちろん 貯まったポイントは電気代の支払いにも利用できるぞ。 実質、電気代がお得になるようなものですね。 またLooopでんきと同じく 「基本料金0円」「従量料一律単価」を採用しておるため、電気代を計算しやすいぞ。 複雑な電気料金にはこりごり、といった人にもおすすめじゃ。 楽天でんきとLooopでんきの比較 「Looopでんき」と「楽天でんき」。 それぞれにメリットがあって、どちらと契約するか迷ってしまうのう。 ここからは両者の料金プランやキャンペーンなどを比較していくから、契約する会社を選ぶ参考にしてほしいのう。 電気料金プランを比較!安いのはどっち? Looopでんきも楽天でんきも、一般家庭向けのプランは基本料金0円の従量料一律単価じゃな。 エリアごとの電気料金単価はそれぞれ以下のようになっておるぞ。 電力エリア Looopでんき 楽天でんき 北海道電力 29. 最低でも0. 1円以上はLooopでんきの方が安いぞ。 家族4人で1ヶ月に500kWhの電気を使うなら、Looopでんきの方が50円以上は安いってことですね。 北陸電力エリアなら1kWhあたり0. 7円も差があるから・・・500kWhだと350円もの差になりますね! ただ楽天でんきは200円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが付与されるんじゃ。 200円につき1ポイントということは、0. 5%のポイントが付与されるわけじゃから、関西電力の22. 5円が実質22. 3875円に、東京電力の26. 5円が実質26. 3675円になるぞ。 ず、ずいぶん細かい数字だなぁ。 だけど・・・あれ?ってことは・・・ポイントのことも考えれば楽天でんきの方が安かったりします? 単価に0. 1円を超える差がついておる 北海道電力と北陸電力エリアを除けば実質的には楽天でんきの方が安いことになるのう。 楽天カードでの支払いなら追加ポイントもつくし、楽天に登録している人なら楽天でんきの方がいいのかもしれん。 付帯サービスの違い!便利なのはどっち? Looopでんきには「かけつけるーぷ」という、電気トラブルに24時間365日対応してくれる付帯サービスがあるぞ。 残念ながら東京電力エリア限定なのじゃが、Looopでんきの加入者なら、通常9000~1万3000円かかる作業費が0円になるんじゃ(作業内容により別途費用がかかる場合もあり)。 東京電力エリア限定なのは残念ですけど、悪くなさそうなサービスですね。 楽天でんきの付帯サービスは、電気料金200円につき1ポイント、楽天カードでの支払いならさらに100円ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まるものじゃな。 電気料金が1万円なら50ポイント。 楽天カードの支払いなら追加で100ポイントの合計150ポイントも貰えるぞ! 1ヶ月150ポイントなら1年で1800ポイントにもなりますね。 かなりお得かも! 解約金・違約金の違い!手軽なのはどっち? Looopでんき、楽天でんき、 共に解約金・違約金は発生しないぞ。 この点で言えば条件はイーブンじゃな。 そもそも解約金とか違約金がかかることってあるんですか? 一部の電力会社は早期の解約で違約金をとったりするんじゃよ。 その点、Looopでんきと楽天でんきは気軽に解約できそうじゃ。 もし契約した後に合わないと感じても安心じゃな。 キャンペーンの違い!お得なのはどっち? Looopでんきのキャンペーンについて調べてみたんじゃが、残念ながら現在(2019年10月)は特に開催していないようじゃ。 あらら。 楽天でんきの方はどうなんですか? 一方、楽天でんきは定期的に「2000ポイントプレゼント」などのキャンペーンを実施しておるぞ。 条件が変わる場合もあるんじゃが、基本的には新規契約をした人にポイントを付与するといったキャンペーンじゃの。 それはありがたいですね。 加入のきっかけのひとつになりそうだ。 しかも付与されるのは期間限定ポイントではなく、通常ポイントのようじゃ。 これなら焦ってポイント消費する必要もなさそうじゃのう。 いいですねぇ。 ちなみに Looopでんきの方も過去にはいろいろなキャンペーンを実施していたんじゃ。 お正月や新生活スタートなど、定期的にキャンペーンを打ち出してるようじゃから、定期的にチェックしておくといいかもしれんぞ。 環境・エコの違い!環境に優しいのはどっち? Looopでんきはきちんと電源構成を発表しており、2018年4月~2019年3月末までの実績で、 約25. 8%が再生可能エネルギーだと分かっておる。 楽天でんきの方はどうなんですか? 楽天でんきは残念ながら電源構成を発表していないんじゃ。 電源構成が発表されていないからエコじゃない・・・とは言わないが、再生可能エネルギーの割合に自信があるなら、Looopでんきのように電源構成を発表してもよさそうな気がするのう。 公表がない以上は憶測でしか言えませんけど、 Looopでんきの方が環境にやさしい可能性は高いってことですね。 Looopでんき・楽天でんきより「あしたでんき」がお得! こうしてみると「Looopでんき」も「楽天でんき」もそう変わらんのう。 パッと見では「Looopでんき」の方が安価に感じるものの、楽天スーパーポイントの付与を考えれば少しだけ「楽天でんき」の方がお得じゃ。 とはいえ、その差は本当に微々たるものじゃ。 それならば、「Looopでんき」「楽天でんき」にこだわらず、もっとお得な新電力会社をチョイスしてみてはどうじゃろうか。 たとえば、 「あしたでんき」はこれら2社よりも電気料金が安価なことで知られておる。 残念ながら提供エリアが少しだけ狭くなってしまうんじゃが、「あしたでんき」の提供エリア内に住んでる人ならば、かなり電気代を節約できるはずじゃぞ。 ぜひとも「あしたでんき」の公式サイトなどで、一度、料金シミュレーションを試してほしいのう。

次の

Looopでんきは安いの?使って分かった評判や口コミの真相とは?楽天エナジーとの料金比較で感じたデメリット!

楽天でんき looopでんき

電力エリア Looopでんき おうちぷらん 楽天でんき プランS あしたでんき 標準プラン 北海道電力エリア 29. 5円 30. 0円 提供なし 東北電力エリア 26. 4円 26. 5円 26. 0円 東京電力エリア 26. 4円 ガスとセットだと26. 0円 26. 5円 26. 0円 中部電力エリア 26. 4円 26. 5円 26. 0円 北陸電力エリア 21. 3円 22. 0円 提供なし 関西電力エリア 22. 4円 22. 5円 22. 0円 中国電力エリア 24. 4円 24. 5円 24. 0円 四国電力エリア 24. 4円 24. 5円 提供なし 九州電力エリア 23. 4円 23. 5円 23. 0円 沖縄電力エリア 提供なし 27. 0円 提供なし 黄色で塗られているところが最安値です。 もし、東京エリアでガスも変更できるならLooopでんきがお得! 電気だけでなく、ガスもセットで切り替えられる東京エリアの方はLooopでんきがお得です。 Looopでんきでは 東京ガスの一部のエリアでガスも供給しています。 「Looopでんき+ガス」として電気とガスをセットで契約するとセット割が適用されます。 0円になります。 4円割引されます。 その結果、0. 4円差だったLooopでんきとあしたでんきの単価の差は 同じになります。 東京エリアでガスの切り替えもやってもいいかなと思っている人は是非お試し下さい。 東京都 : 東京23区・八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・日野市・東村山市・国分寺市・国立市・狛江市・東大和市・清瀬市・東久留米市・多摩市・稲城市・西東京市・武蔵村山市 神奈川県 : 横浜市・川崎市・横須賀市・平塚市・鎌倉市・藤沢市・茅ヶ崎市・逗子市・相模原市・三浦市・大和市・海老名市・座間市・綾瀬市・葉山町・寒川町・大磯町・中井町・開成町・南足柄市 千葉県 : 千葉市・木更津市・八千代市・君津市・富津市・四街道市・袖ヶ浦市・八街市・佐倉市・印西市・白井市・成田市・富里市・酒々井町・芝山町・多古町・栄町 埼玉県 : さいたま市・川口市・所沢市・上尾市・草加市・蕨市・戸田市・朝霞市・和光市・新座市・久喜市・八潮市・三郷市・蓮田市・伊奈町・白岡市・熊谷市・行田市・深谷市・鴻巣市・羽生市 茨城県 :竜ヶ崎市・牛久市・つくば市・取手市・つくばみらい市・稲敷市・利根町・阿見町・美浦村 栃木県 : 宇都宮市・真岡市・上三川町・芳賀町・高根沢町・壬生町 群馬県 : 千代田町・邑楽町・明和町 楽天でんきの電気料金が高い理由はポイント還元しているから! 電力の料金表をみてみると、楽天でんきは、Looopでんきやあしたでんきに比べて正直めちゃくちゃ高いと感じると思います。 それには理由があるんです。 実は、楽天でんきでは、 電気の支払いで楽天ポイントが付与される仕組みになっています。 ・電気代200円につき1ポイント ・楽天カード(クレジットカード)で支払うと100円ごとに1ポイント ではこれらの楽天ポイント還元を踏まえて電気料金がどれだけ安くなるか少し比較してみましょう。 東京電力エリア 一人暮らしを想定 154wHhの場合 東京電力エリア Looopでんき おうちぷらん 楽天でんき プランS あしたでんき 標準プラン 電気料金 4,065. 60円 4,081. 00円 4,004. 00円 ポイント還元 なし 61. 22円分のポイント なし 電気料金合計 4,065. 60円 4019. 79円 4,004. 00円 東京電力エリア 一般家庭を想定 400wHhの場合 東京電力エリア Looopでんき おうちぷらん 楽天でんき プランS あしたでんき 標準プラン 電気料金 10,560円 10,600円 10,400円 ポイント還元 なし 159円分のポイント なし 電気料金合計 10,560円 10,441円 10,400円 一人暮らしの場合や家庭で使う場合どちらも想定してみましたが 全てポイント還元をしてみても、やっぱり安かったのは 「あしたでんき 標準プラン」でした。 ただし、Looopでんきと楽天でんきで比べると楽天でんきのほうがお得になります。 楽天でよくお買い物をする方は、是非参考にしてみてください。 あしたでんきのメリット・デメリットは? 電気料金と見てみるとあしたでんきが他の2社と比べて圧倒的に安いことがわかったと思います。 では、ここで気になるのがあしたでんきのデメリットかなと思います!!! あしたでんきのデメリットとしては大きく2つあります。 1つ目は、 全国展開展開してないということです。 北海道・沖縄・四国・北陸では、まだ使うことができません。 順次対応できるように進めているようですが2020年時点ではまだのようです。 続いてもう1つ。 後で比較で紹介しますが 支払い方法がクレジットカードのみです。 クレジットカードを持ってない方は用意する必要があります。 これは支払い方法を1つにすることで手続きを簡略化させ、効率を上げています。 電気料金を安くしている会社の多くは支払い方法を限定していることがあるので正直そこまでデメリットにはならないかもしれません。 ただ、クレジットカードを持ってない方にとっては十分デメリットになるかなと思い記載しました。 Looopでんきやあしたでんきは期間限定でやっていることがあります。 私がLooopでんきに申し込んだときは5,000円分ギフトカードが100名様に当たるときに新規申し込みました。 結局当たりませんでしたが(笑) 気になる方は一度公式サイトでチェックしてみるのが良いでしょう。 Looopでんき・楽天でんき・あしたでんきのトラブル対応カスタマーサポートを比較 めったに起こることがないですが、万が一、なにかしら電気に関するトラブルが合った時どうするか。 カスタマーサポートについて確認してみましょう。 Looopでんきは365日対応に対して、楽天でんき あしたでんきは年末年始のみ)となっておりました。 さらに、Looopでんきには東京電力管轄エリアなら停電やブレーカーの故障など、電気のトラブルに無料で対応してくれる駆けつけサービス「かけつけるーぷ」を利用できます。 電気がつかない、停電、コンセントが焦げ臭いなどのトラブルに24時間365日駆けつけてくれます。 通常は自分で業者を探し、平日なら9,000円、土日なら13,000円程度の費用がかかりますが、Looopでんき利用者は24時間無料で対応してもらえます。 まとめ Looopでんきと楽天でんきとあしたでんきを比較してきました。 あなたの住んでいるエリアによってお得な電力会社が異なりますが、一つ言えることは、 これまで一度も電力会社を変えてない人は絶対に電気代が安く可能性があります! 一人暮らしの方だと1年で平均で4,000~6,000円、家族の方だと更に安く10,000円~20,000円ほど電気料金を節約する事ができます。 私は東京電力エリアでこれまで何度か電力会社を切り替えて来ました。 Looopでんきと楽天でんきとあしたでんき全て契約しています。 最終的に行き着いたのはあしたでんきですが、正直どれもお得です! 電気会社を変更するのってホント簡単だし、毎月かかる費用を抑えることができたらあなたのお財布にもゆとりができます! ぜひ電気料金を節約したい方は参考にしてみてください。

次の