パワサカ かい おう ざん cf。 【パワサカ】天空中央高校(てんくうちゅうおう)のイベントと攻略【パワフルサッカー】

【パワサカ】海皇山高校(かいおうざん)のイベント攻略【パワフルサッカー】

パワサカ かい おう ざん cf

ウイングハート獲得時、その獲得できるコツがLv5もしくは 獲得済みの場合別の金特コツ入手• デートで増加するハートの種類が 「前のターン」の行動に依存するように変更• エンジェルたちに別の練習の応援を頼むイベントが発生。 一定期間その練習にはエンジェルが登場しなくなる。 経験点ハートを獲得した際、やる気・練習人数によりさらに多くの経験点を獲得• 経験点ハートを獲得した際、経験点に関わるイベキャラボーナスによる補正追加• 彼女評価UP効果でエンジェルとの交渉進捗値がUP• PSRLv41以上の高見・鳳・鳩ヶ谷は練習後の勧誘率UP• エピローグに金特追加 彼女が1人以下の場合のみ• バレ高見・南原の告白を断るとエピで経験点獲得• エンジェル11人かつデッキに所属キャラ3人以上で12月に経験点獲得・チームメイト強化• スピード上限105まで開放• タッグの経験点を増加させる。 ハートの詳細• 放出されるハートはキャラ毎に設定• ハートは 5ターン練習を選択するまで保持• ハートが大きいほど効果が高い 5段階• デートするとハートの種類が増加 6種まで• 4人以上エンジェルが揃うとハート大量放出(エンジェルフラッシュ ハート経験点はキャラのボーナス補正アリ 経験点ハート獲得時に入手できる経験点は、その練習にいるイベキャラの経験点に関わる タッグ以外の経験点ボーナスの影響を受ける。 高い練習効果UPを持つキャラ例 銀崎ゆうる 野宮すずめ 藍原結奈 樹鳥紗世奈 アリシア 静森彩華 花散院エル 瀬和矢希 御凪莉那 碓氷ゆきの 龍宮真凛 奥園彩結 菊場鈴 天宮牡丹 小守蘭世 識布 練習後イベントを発生させる 天空中央所属の選手キャラ・鳴金・日美乃・矢部坂と一緒に練習すると、ランダムでエンジェル発掘イベントが発生。 エンジェルの発掘、または交渉を行ってくれる。 デッキに天空キャラが入っているとレアリティ・レベルに応じた発生率・進捗ボーナスが加算される。 矢部坂はデッキに入れてもボーナスなし 彼女キャラはエンジェルになる 彼女候補キャラと一部スタッフをデッキに入れておくとエンジェルコマンド開放時点でエンジェルになってくれる。 選手兼彼女もエンジェルになるが、練習に参加している場合、ハートを放出することはない。 DMF育成で鳳からスタメンを奪うとパス勘のコツが入手できる。 ハートポット満タンで金特コツ ハートを集めてポットを澑める ハートを入手していくことでハートポットが溜まっていき、満タンの状態で練習すると「ウイングハート」が放出、獲得することで金特コツが入手できる。 どの金特コツになるかは「放出時に選んだ練習」に依存。 コツLv5もしくはすでに修得している場合は2種目を獲得することが可能。 デートでもポットは溜まる 彼女キャラとデートをすることでもハートポットは溜まっていく。 ウイングハート発生時の金特コツ オフェンス 【取得済みの場合】 or ディフェンス 【取得済みの場合】 フィジカル or 【取得済みの場合】 or スピード 【取得済みの場合】 or テクニック or 【取得済みの場合】 or メンタル 【取得済みの場合】 2種目まで獲得している場合、コツなしのウイングハートが生成されるので注意。 彼女キャラの告白を断ると・・・? 彼女キャラの告白で「彼女にしない選択肢」を選ぶと、 獲得できる金特の上限数が1増加し、ハートポットが小さくなって満タンになりやすくなる。 上限3回 そのかわり、ハートポットが小さくなる毎に金特のコツLvが1ずつ減少 初期Lv4 していくが、これを利用すれば PR以下の彼女キャラでも擬似的に金特を獲得できる。 南原・バレ高見の片方を彼女にした場合 エピローグでは「彼女にしていない側」のイベントが優先的に発生する。 経験点はデッキの平均Lv依存の可能性が高い 南原・バレ高見の両方を振った場合 エピローグ時点で評価が高い方のイベントが発生。 ただし内容は片方がデッキに入っている時と同じ 金特コツLv1 になる。

次の

【パワサカ】鹿石真奈(しかいしまな)の評価とイベント【パワフルサッカー】

パワサカ かい おう ざん cf

おすすめ 哲学選択 おすすめ バッジ 金特: レスキューパッチ 闇の眷属 CFに必要なのはとにかく筋力pt。 桜羽が中心となるため「勇敢」を選びオフェンスの複数タッグで筋力ptを稼ごう。 理想は闇の眷属を使ったパワー106。 手持ちにいないならフレンドに借りてでも桜羽をデッキに入れておこう。 彼女はユニあゆがオススメ 海皇山高校の育成では哲学マップの進みが加速できるラブパワー発動が重要になる。 イベントや七夕で特定条件を満たすとラブパワーが発動する奥園がオススメ。 ポイント オフェンス固めが有効 筋力ptを大量に稼ぐには勇敢を選択した上でのオフェンス固めが有効。 フィジカルキャラを採用してもよいが、技術ptが結局必要になるためテクニックキャラとの併用が必要になる。 メンタルキャラを入れる タッグ練習で哲学マップが加速するため、体力消費せずタッグ練習できるメンタルキャラを必ずデッキに1キャラ採用したい。 得意練習率UP持ちを入れる タッグによる移動距離増加も哲学全員一致に重要な要素になる。 得意練習出現頻度UPを持つキャラでデッキを固めるとよい。 海皇山高校育成時の立ち回り 序盤は彼女の評価上げ 初めの3週はひたすら彼女の評価上げでOK 4週目は体力回復。 2月1週からは哲学マップを考慮した練習になるため、彼女キャラを追いかけにくくなる。 コツがある特殊能力は取得してOK ライバル対決時に少しでも選手能力を上げるため、必要経験点が多い特能 シュート力・シュートレンジ等 でもコツLv3で取得してOK。 コツを入手する機会が少ないので、積極的にコツ潰しを行ってよい。 CF時は筋力ptを重視 CF時はパワーを上げるための筋力ptが不足する場合が多い。 練習の際は必要な筋力ptを常に意識して稼ぐようにしておこう。 郷田との対決前に金特はすべて取得 郷田とのライバル対決で、いかに早く撃破できるかが大きなポイント。 取得できる金特はすべて取得し、撃破ターンを短縮しよう。 得意練習率UPはないが筋力ボーナスがあり、桜羽と完全に得意練習が一致している点がよい。 オフェンス 金特の査定が高く、筋力ボーナス持ち。 SR35では得意練習率UPがない点に注意。 オフェンス 高い得意練習率UPを持ちタッグで筋力を稼げる。 試合ではボンバーヘッドとファンタジスタが競合しやすい点に注意。 採用する場合は後イベにネドヴェドや鷹匠を採用してフィジカル複数タッグも狙いたい。 筋力ptを稼ぎやすい点がメリット。 筋力ptを稼ぎやすい点がメリット。 オフェンス ユニフォームverの奥園なら併用ができる。 ボーナスが精神なので他のキャラで筋力ptを補おう。 オフェンス PSR上限開放で得意練習率アップが付く。 金特も高査定・下位コツ不要とシナリオにバッチリ噛み合っている。 CFなら桜羽との金特被りを回避できる。 コツイベで対エースコツが入手できるのもよい。 ケガしにくさのコツをシモンや太刀川と併用してで入手したい。 所持コツがFW向けで優秀だが得意練習率アップはなし。 キャノンシュートがスタジアムで強力。 フィジカル イベント完走で重戦車確定が強力。 カルロスとスビード複数タッグが発生するのもよい。 彼女 練習体力ダウン持ち。 必殺シュートを確定入手できる。 デートの回復量も多め。 後イベ キャラ名 得意練習 解説 オフェンス 金特は不確定になるが、高い筋力ボーナスはタキ峰にはない利点。 常駐キャラの中でも一際強さが光る。 オフェンス 期間限定排出のレアキャラ。 イベント完走で金特確定の筋力ボーナス持ち。 下位コツ不要の取得がオススメ。 イベント完走で必殺シュート確定なのもよい。 オフェンス 開放ができれば凄まじい性能を持つ。 金特がエリア発動型なのでグリーズマンとの被りに注意。 オフェンス 高査定の金特が優秀。 非常にバランスの取れたオフェンスキャラ。 オフェンス 金特の必要経験点は多いが効果は強力。 上限解放して得意練習率UPがついた状態で使いたい。 金特がグリーズマンと競合するので注意。 金特2種取りができれば査定も十分高い。 オフェンス 高い得意練習率UPもさることながら、金特がサクセスに有用。 体力の自然回復量が増加するため、コツ入手後は即獲得すると効果が高い。 フィジカルキャラ複数体での運用を心がけよう。 フィジカルキャラを採用した編成で有用。 リスクもあるが使えないわけではない。 テクニック 金特2種取り時の査定が高く、 テクニック練習で大量の敏捷ptを稼げるのがメリット。 フィジカルキャラ入り編成で採用するとよい。 ルカクと併用して敏捷pt稼ぎもできるようにするのがオススメ。

次の

【パワサカ】鵜飼珠宇(うかいしゅう)の評価とイベント

パワサカ かい おう ざん cf

おすすめ 哲学選択 おすすめ バッジ 金特: レスキューパッチ 闇の眷属 CFに必要なのはとにかく筋力pt。 桜羽が中心となるため「勇敢」を選びオフェンスの複数タッグで筋力ptを稼ごう。 理想は闇の眷属を使ったパワー106。 手持ちにいないならフレンドに借りてでも桜羽をデッキに入れておこう。 彼女はユニあゆがオススメ 海皇山高校の育成では哲学マップの進みが加速できるラブパワー発動が重要になる。 イベントや七夕で特定条件を満たすとラブパワーが発動する奥園がオススメ。 ポイント オフェンス固めが有効 筋力ptを大量に稼ぐには勇敢を選択した上でのオフェンス固めが有効。 フィジカルキャラを採用してもよいが、技術ptが結局必要になるためテクニックキャラとの併用が必要になる。 メンタルキャラを入れる タッグ練習で哲学マップが加速するため、体力消費せずタッグ練習できるメンタルキャラを必ずデッキに1キャラ採用したい。 得意練習率UP持ちを入れる タッグによる移動距離増加も哲学全員一致に重要な要素になる。 得意練習出現頻度UPを持つキャラでデッキを固めるとよい。 海皇山高校育成時の立ち回り 序盤は彼女の評価上げ 初めの3週はひたすら彼女の評価上げでOK 4週目は体力回復。 2月1週からは哲学マップを考慮した練習になるため、彼女キャラを追いかけにくくなる。 コツがある特殊能力は取得してOK ライバル対決時に少しでも選手能力を上げるため、必要経験点が多い特能 シュート力・シュートレンジ等 でもコツLv3で取得してOK。 コツを入手する機会が少ないので、積極的にコツ潰しを行ってよい。 CF時は筋力ptを重視 CF時はパワーを上げるための筋力ptが不足する場合が多い。 練習の際は必要な筋力ptを常に意識して稼ぐようにしておこう。 郷田との対決前に金特はすべて取得 郷田とのライバル対決で、いかに早く撃破できるかが大きなポイント。 取得できる金特はすべて取得し、撃破ターンを短縮しよう。 得意練習率UPはないが筋力ボーナスがあり、桜羽と完全に得意練習が一致している点がよい。 オフェンス 金特の査定が高く、筋力ボーナス持ち。 SR35では得意練習率UPがない点に注意。 オフェンス 高い得意練習率UPを持ちタッグで筋力を稼げる。 試合ではボンバーヘッドとファンタジスタが競合しやすい点に注意。 採用する場合は後イベにネドヴェドや鷹匠を採用してフィジカル複数タッグも狙いたい。 筋力ptを稼ぎやすい点がメリット。 筋力ptを稼ぎやすい点がメリット。 オフェンス ユニフォームverの奥園なら併用ができる。 ボーナスが精神なので他のキャラで筋力ptを補おう。 オフェンス PSR上限開放で得意練習率アップが付く。 金特も高査定・下位コツ不要とシナリオにバッチリ噛み合っている。 CFなら桜羽との金特被りを回避できる。 コツイベで対エースコツが入手できるのもよい。 ケガしにくさのコツをシモンや太刀川と併用してで入手したい。 所持コツがFW向けで優秀だが得意練習率アップはなし。 キャノンシュートがスタジアムで強力。 フィジカル イベント完走で重戦車確定が強力。 カルロスとスビード複数タッグが発生するのもよい。 彼女 練習体力ダウン持ち。 必殺シュートを確定入手できる。 デートの回復量も多め。 後イベ キャラ名 得意練習 解説 オフェンス 金特は不確定になるが、高い筋力ボーナスはタキ峰にはない利点。 常駐キャラの中でも一際強さが光る。 オフェンス 期間限定排出のレアキャラ。 イベント完走で金特確定の筋力ボーナス持ち。 下位コツ不要の取得がオススメ。 イベント完走で必殺シュート確定なのもよい。 オフェンス 開放ができれば凄まじい性能を持つ。 金特がエリア発動型なのでグリーズマンとの被りに注意。 オフェンス 高査定の金特が優秀。 非常にバランスの取れたオフェンスキャラ。 オフェンス 金特の必要経験点は多いが効果は強力。 上限解放して得意練習率UPがついた状態で使いたい。 金特がグリーズマンと競合するので注意。 金特2種取りができれば査定も十分高い。 オフェンス 高い得意練習率UPもさることながら、金特がサクセスに有用。 体力の自然回復量が増加するため、コツ入手後は即獲得すると効果が高い。 フィジカルキャラ複数体での運用を心がけよう。 フィジカルキャラを採用した編成で有用。 リスクもあるが使えないわけではない。 テクニック 金特2種取り時の査定が高く、 テクニック練習で大量の敏捷ptを稼げるのがメリット。 フィジカルキャラ入り編成で採用するとよい。 ルカクと併用して敏捷pt稼ぎもできるようにするのがオススメ。

次の