あらまほしい。 いいぞいいぞ!あらまほしいマッチョリズムが健在する『クルマプレイボーイ』

Weblio和英辞書

あらまほしい

よく使われる言い回しですね。 「何事にもその道の先生や指導者はいてほしいものである。 」という意味です。 出典は「徒然草 五十二段:仁和寺にある法師 」です。 仁和寺の法師が老いの一念発起で岩清水を参拝しにいき、極楽寺や高良をみて満足して帰り、同僚の法師に参拝の感想を話した。 その時、参拝した人たちが山の上へと向かっていったが、私は参拝に来たのであって物見遊山ではないので登らなかったと山に登る不信心者をたしなめる話をしたとか。 岩清水八幡宮が山上にあると知っている吉田兼好は「少しのことにも、先達はあらまほしき事なり。 」とこの段を結び、その面白さから徒然草を代表する有名な段として取り上げられています。 貴賎を問わず先達 専門家 には敬意を表し、したり顔の高慢家には容赦しない兼好法師の人柄がうかがえる段でもありますね。 聞くは一時の恥、知らぬは一生の恥と言いますが、それを地でいって笑いものになった法師に、普通なら「知らないなら知ってる人に事前に聞いてから行けよ。 有名なのに知らないと思われることが恥ずかしくて聞けなかったんだろう。 また、現地でも分からないことがあったら遠慮せずに聞けばいいだろう。 見知らぬ参拝者同士でも心を許しあって世間話にも花が咲くってもんだが、俺は偉い坊主だと鼻にかけているから人と隔たりを作って誰とも話さずにいたんだろう。 ちょっと聞くだけのことなのに、くそ坊主、ザマァ!」と苛立ち馬鹿者とののしるところです。 しかし、兼好法師は「少しのことにも、先達はあらまほしき事なり。 」とたった一言で感想を述べただけでした。 だからこそ、奥深い意味を持ち印象に残る一文ともなるのですが、ちょっとしたことでも、知っている人がいるなら、聞くことで過ちは犯さずに済む。 だからこそ「何事にも教えてくれる人はいて欲しいものだ」という現代的な意味へとつながり人口に膾炙したわけです。

次の

Weblio和英辞書

あらまほしい

「あらまほし」の読み方…そのまま「「あらまほし」とお読みください。 《解説》 平仮名が使われ始めた平安時代初期では、「は・ひ・ふ・へ・ほ」は、どの位置に現れても「ファ・フィ・フ・フェ・フォ」と発音されていました。 11世紀ごろになると、「ハ行転呼(てんこ)」と呼ばれる現象が起こって、文節の頭以外の位置に現れる「は・ひ・ふ・へ・ほ」は、「ワ・ヰ wi ・ウ・ヱ we ・ヲ wo 」と、ワ行音で発音されるようになります。 さらに後にはワ行音自体が変化して「ワ・イ・ウ・エ・オ」と発音されるようになります。 このような日本語の変化にそって、「あはれ」が「アワレ」と読まれ、「たまひ」が「タマイ」、「あふ」が「アウ」、「うへ」が「ウエ」、「かほ」が「カオ」と読まれることになったわけです。 ならば、希望の助動詞「まほし」も「マオシ」になってようさそうなものですが、そうはなりません。 室町時代の末期から江戸時代初期にかけて日本で活動したキリスト教のポルトガル人宣教師たちが日本語について書きしるした文献を「キリシタン資料」と呼んでいますが、そのキリシタン資料の一つである、ロドリゲスの『日本大文典』には、ローマ字表記で、 aramafoxij あらまほしい とでてきます。 「ほ」に当たる部分が「fo(フォ)」と書かれていて、ハ行転呼を起こしていません。 なぜ、助動詞「まほし」がハ行転呼を起こさなかったかについての説明もやっかいです。 助動詞「まほし」は、「まく欲し」から変化したものだと言われます。 「あらまほし」を例にとりましょう。 あら…ラ変動詞「あり」未然形。 ま…推量の助動詞「む」の古い未然形 く…上をひっくるめて体言化する接尾語(準体助詞とする考えもあります) 欲し…形容詞 つまり、「あらまく欲し」は、「あるだろうことが、欲しい」という意味です。 この「まく欲し」の部分が変化して希望の助動詞「まほし」が生まれたわけです。 その一方で、「まほし」の「ほし」は、形容詞の「欲し」であるという語源意識も残っていて、「ほ」は文節の頭と意識されていたようです。 さきほどのロドリゲス『日本大文典』も、mimafoxij(見まほしい)と並べてmimacufoxij(見まくほしい)をあげています。 助動詞「まほし」が、なぜ「マオシ」にならないか。 それはひと言でいえば、「まほし」の「ほし」が形容詞で、「ほ」は文節の頭と意識されていたため、ハ行転呼が起こらなかったということになります。

次の

「何事にも先達はあらまほしきもの」とはどう言う意味ですか?...

あらまほしい

よく使われる言い回しですね。 「何事にもその道の先生や指導者はいてほしいものである。 」という意味です。 出典は「徒然草 五十二段:仁和寺にある法師 」です。 仁和寺の法師が老いの一念発起で岩清水を参拝しにいき、極楽寺や高良をみて満足して帰り、同僚の法師に参拝の感想を話した。 その時、参拝した人たちが山の上へと向かっていったが、私は参拝に来たのであって物見遊山ではないので登らなかったと山に登る不信心者をたしなめる話をしたとか。 岩清水八幡宮が山上にあると知っている吉田兼好は「少しのことにも、先達はあらまほしき事なり。 」とこの段を結び、その面白さから徒然草を代表する有名な段として取り上げられています。 貴賎を問わず先達 専門家 には敬意を表し、したり顔の高慢家には容赦しない兼好法師の人柄がうかがえる段でもありますね。 聞くは一時の恥、知らぬは一生の恥と言いますが、それを地でいって笑いものになった法師に、普通なら「知らないなら知ってる人に事前に聞いてから行けよ。 有名なのに知らないと思われることが恥ずかしくて聞けなかったんだろう。 また、現地でも分からないことがあったら遠慮せずに聞けばいいだろう。 見知らぬ参拝者同士でも心を許しあって世間話にも花が咲くってもんだが、俺は偉い坊主だと鼻にかけているから人と隔たりを作って誰とも話さずにいたんだろう。 ちょっと聞くだけのことなのに、くそ坊主、ザマァ!」と苛立ち馬鹿者とののしるところです。 しかし、兼好法師は「少しのことにも、先達はあらまほしき事なり。 」とたった一言で感想を述べただけでした。 だからこそ、奥深い意味を持ち印象に残る一文ともなるのですが、ちょっとしたことでも、知っている人がいるなら、聞くことで過ちは犯さずに済む。 だからこそ「何事にも教えてくれる人はいて欲しいものだ」という現代的な意味へとつながり人口に膾炙したわけです。

次の