大根 酢 サラダ。 大根サラダは冷凍保存可能か?長く美味しく楽しむ方法

切り干し大根のサラダの人気レシピ15選!ツナやポン酢を使った作り置き用も紹介

大根 酢 サラダ

大根が好きという人は多いと思う。 煮物や漬物を中心にどんな料理にも合うが、中には「生が一番」と言う人もいるかもしれない。 そんな大根好きにぜひ味わってほしいのがサラダ大根だ。 「初めて作る時、中も赤だと思って楽しみにしていたのに出来上がったら白かった。 ちょっとがっかりしました」。 鶴岡市の百万石の里「しゃきっと」でサラダ大根を販売している佐藤ひろ子さん=茨新田=が苦笑した。 サラダ大根は赤い。 しかし、真っ赤ではなく、赤カブを思わせる紫色に近い赤。 色は3段階に分かれている。 上の方が赤紫で真ん中部分はやや薄い紫、そして先っぽは青首大根のように白い。 「光の関係でしょうか。 地中に近くなると白くなっていきます」。 種屋さんのすすめで栽培を始めて4年目。 「最初は売れなくて苦労しました」と言うが、買い物客へ徐々に浸透し、今年は連日完売するほどまで人気が定着した。 料理法は名前の通り生食が一番。 「大根は皮付きのままついて千切りにしただけです。 この自家製ドレッシングがわたしは好きなの」と、サラダ大根にハムをからめたサラダをごちそうになった。 皮の赤紫色がアクセントになっている。 ちょっと酸っぱいドレッシングがみずみずしい大根とよく合う。 「朝作ったものですが、サクサクしてるでしょう。 青首大根ならしなっとなっていると思います」と佐藤さん。 確かに歯触りがよい。 適当な表現か分からないがきれがある。 大根なのに辛くない。 「辛くない大根なんて…」という人は物足りないかもしれないが…。 もう一品いただいたのがニンジンとのあっさり漬け。 これもみずみずしくておいしかった。 青首大根より水分含有比率が高いのではないかとも思った。 葉の部分は食べられないのだろうか。 疑問を口にすると、「出始めはうちでも食べていました。 今は硬くなったので茎は皮をむいて、葉はちぎってけんちんなどにしてください」。 漬物にするなら葉より茎の方がいいそうだ。 「友人にあげたら、煮物もよかったと言っていました。 色がなくなるけど、煮るときは皮をむいてくださいね」。 青首大根も栽培している佐藤さんは、サラダ大根は生食、青首大根は煮物と使い分けているそうだ。 いただいたサラダ大根をふろふきにしてみた。 火が通るのが早い。 「もたっ」としたところがない。 どちらかというと「もちっ」とした食感で心地よい。 皮付きのまま大根おろしにしてみたら、大黒様の時に食べる黒豆なますのようなワインカラーになった。 牛スジ肉と炊き合わせのようにしてみたが、これもおいしかった。 茎は太かったので使わず、葉をちぎって湯に通し、塩でもんでおにぎりにした。 素朴な味に大満足。 大根の味を堪能させてもらった。 生はもちろん、サラダ大根は煮ても焼いてもおいしいというのが今回の結論だ。 佐藤さんのサラダ大根はサイズによって100~120円。 来週末ぐらいまで鶴岡市覚岸寺のしゃきっと=電0235(29)9963=で販売している。

次の

大根サラダのレシピ/作り方:白ごはん.com

大根 酢 サラダ

茹でる工程がないから簡単に作れますね。 マヨネーズが合います。 切り干し大根は、15分以上水に浸さないのがポイント。 ぬるま湯なら5分。 バターで切り干し大根とにんじんを炒めて、調味料を入れ、コーンを加えて煮て完成。 つくれぽ200以上です。 こちらのレシピのポイントは、切り干し大根は1分だけ茹でること。 水けをしっかりと切るのがポイント。 さっぱりポリポリ。 クックパッドのレシピ本「節約レシピ」に掲載。 レシピ動画あり。 【つくれぽ145】煮物より簡単。 まとめ クックパッドで人気のある切り干し大根を使ったレシピをご紹介しました。 安くて保存がきく乾物の切干大根は家にストックがあると、あと1品作りたいときにも便利ですよね。 食物繊維やカルシウムが豊富なので栄養面でも注目な食材です^^.

次の

切り干し大根のサラダの人気レシピ15選!ツナやポン酢を使った作り置き用も紹介

大根 酢 サラダ

新鮮なサラダは全部食べきってしまうのがベストなのだが、なかなかそう上手くいかないことの方が多い。 そんなときのために大根サラダの正しい保存方法を覚えておくと安心だ。 大根サラダに使用する大根は、千切りにすることがほとんどだろう。 大根は空気に触れてしまうと変色してしまうので、なるべく空気に長時間触れないようにすることが正しい保存方法のポイントだ。 大根サラダなどの野菜はそのまま保存容器に入れるのではなく、水にさらして保存しておくのが正しい保存方法だ。 再び食べる際は、水を切って好みのドレッシングをかけるだけでOK。 2日以内には食べきりたい。 もし、2日で食べきるのが難しそうなら、砂糖と白出汁を加えた酢の中に漬け、なますふうにアレンジしてみてはいかがだろうか。 続いて、冷蔵保存で作り置き可能な大根サラダをご紹介しよう。 まずはナムル風大根サラダ。 大根と小松菜を塩もみしてさっとお湯をかけ、カニカマとごま、ごま油、鶏ガラスープの素、しょうゆ、塩、すりおろしにんにくと和えるだけ。 カニカマの旨味がたっぷりと味わえる。 続いてご紹介するのは大根にめんつゆをもみこむ一風変わった大根サラダだ。 千切りにした大根とめんつゆをポリ袋に入れてよくもみこみ、口をしっかり縛って10分。 そこへすりごま、マヨネーズ、ツナ缶を油ごと投入。 よく混ぜ合わせたら塩コショウで味をととのえて完成。 こちらも2~3日冷蔵保存可能なサラダだ。 マヨネーズが苦手な人やカロリーが気になる人はオリーブオイル+酢で代用してもよいだろう。 冷蔵保存可能な大根サラダのレシピを覚えておけば、さまざまなバリエーションの味付けが楽しめるのでおすすめだ。 大根サラダでついつい千切り大根を作り過ぎた、大根サラダの大根の分量が多すぎた... という場合、果たして冷凍保存は可能だろうか?結論からいえば、答えは「YES」。 大根は冷凍保存可能なのである。 今回は、大根サラダで使用される千切り大根の冷凍保存の方法をご紹介しよう。 千切り大根は、まずしっかりと水気を切ること。 キッチンペーパーで丁寧に水気を拭きとり、ジッパー付きの保存袋や保存容器に入れて冷凍庫へ。 1ヶ月ほど保存が可能だ。 ちなみに、大根サラダに半分ほど使用したが、残りは使う機会が当分なさそうだ... という大根も冷凍保存がおすすめ。 3~4cmの厚さに輪切りにして、厚めに皮をむく。 ひとつずつラップで包んだら、保存袋や保存容器に入れて冷凍庫に。 野菜室に長期間入れておくと大根にスが入ってしまうことがあるが、冷凍保存しておけばその心配はなくなる。 ちなみに、大根おろしも冷凍保存可能だと覚えておくと便利だろう。

次の