いつの間に か 隙間 空い た 心 が 満た され てく 歌詞。 【MAD】からかい上手の高木さん 明日への扉 short ver 歌詞あり

中森明菜の歌詞一覧リスト

いつの間に か 隙間 空い た 心 が 満た され てく 歌詞

スマホで手軽に音楽が聴けるようになり、昔以上に音楽を聴くことが、日常の仕草に溶け込むようになった。 通勤の合間、昼休み、休日の散歩、ちょっとした時間の隙間で、音楽の世界に浸ることができる。 音楽には感情も乗せやすい。 あの日聴いた曲、あの人が好きだった曲。 音楽を聴くこと。 それはまさにタイムカプセルなのだ。 メールではなく「LINE」「スタンプ」というところが今の時代を感じさせる。 好きな人と一緒にいれば、眠気なんて気にならない。 1分1秒でも一緒にいたくて、次の日はつい寝不足になったり、恋人のことばかり考えたりするものだろう。 2人が過ごした時間は、どこにでもある平凡なカップルそのものだ。 そんな何気ない日常が愛おしく、堪らなく大切なものであったことに、失ってから気づくのが切ない。 しかし、たしかにあの日、あの瞬間、2人は愛し合っていたのだと、今さらながら思い出すのだ。 ずっと忘れていた愛しい人との思い出が、匂いが、3分30秒の曲を聴いただけで鮮やかに甦る。 胸の奥に閉じ込めていた記憶が、曲によって呼び起こされるところが感慨深い。 部屋着で会いに行けるほど気楽な関係で、でも会いに行かずにはいられないほどに惹かれ合っていた。 恋人同士なら、電話で話すことも多いだろう。 でもその電話を切れなくて、互いに押し付け合う。 これもまた、2人仲のよさを表している。 いつまでも声を聴いていたいからこそ、自分から電話を切るのはためらわれる。 その気持ちは互いに同じで、結局いつまでも切れないのだ。 2人が電話口で笑い合う様が目に浮かぶ、とてもリアルで等身大のカップル像が親しみやすい。 叶わなかった、2人の未来 ---------------- 若かった2人 「一生一緒」だなんて何度も語り ぶつかり合い 気まずくなる日々 今だったら違ったのか? まだあの頃は若かった…と振り返れば、それは苦い思い出だ。 未来のことなど知りもせず、一生一緒だなんて、夢のような言葉を口にして。 そんな未来を描いていたからこそ、叶わなかった時に辛いのだ。 その痛みを知りもせず、別れなど来るとも知らずに愛し合った日々が痛々しく、堪らなく愛おしい。 ---------------- 会いたいけど 会いたくない 行ったり来たりしてるよ 何気ない今日と 輝いた過去 元気なのか? 綺麗になったか? 今の僕はどうなのかな? 大切だった人は、心の中で当時の姿のまま輝いているものだ。 今も元気にしているのか、幸せなのか、好きな人はいるのか、結婚してはいるのか…。 気になることは山ほどあるだろう。 思い出のメロディーを口ずさみながら遠い日の彼女を思う時間は、どこまでもセンチメンタルだ。 今の自分とは比べものにならないくらい煌めいていた自分を思い返し、幸せだった日々を思い出し、胸が痛む。 それでも、感傷に浸ることをやめられないのは、その日々が堪らなく大切な宝物だからだろう。 もう2度と戻らないからこそ、いつまでも浸っていたいのだ。 あの日に帰ったような気持ちになっている内は、少しだけ幸せな気分になれるのかもしれない。 そして、過去から力をもらって、少し痛む胸を抱えながら、また歩き出す。 そうやって人生を紡いでいくのだろう。 遊助の等身大の歌詞は、どこにでもいそうなカップルの、どこにでもありそうな失恋を歌っているからこそ、聴く人の心に響くのだ。 この冬は、失くしてしまった大切な思い出と戯れてみるのもいいかもしれない。 TEXT 岡野ケイ.

次の

Yahoo is now a part of Verizon Media

いつの間に か 隙間 空い た 心 が 満た され てく 歌詞

\5分で無料登録!/• CHA-LA HEAD CHA-LA 1つ目は意外かと思われるかもしれませんが、ドラゴンボールの 『CHA-LA HEAD CHA-LA』です。 受験生は何かと模試の結果に悩むことが多くて、実際にぼくも模試の結果で志望校が最後までC判定でした。 そんな時にずっと頭の中で 「チャ〜ラ〜ヘッチャラ〜」の歌詞をを歌って気にしないようにしていました。 実際に本当に模試の結果なんてどうでもいい気がしてきて周りの受験生よりも切り替えが早くなるのでオススメです。 ちなみに塾の受験生にも全員に強制的に聞かせていたところ、みんな模試に一喜一憂する事がなくなったエピソードもあります。 できっこないをやらなくちゃ 2つ目はサンボマスターの 『できっこないをやらなくちゃ』です。 ぼくが好きな歌詞はやはりサビの 「諦めないでどんな時も、君ならできるんだどんな事も〜」の部分ですね。 ぼくが高校生の時、塾に向かうまでの道のりで毎回聴いていた思い出の曲でもあります。 受験ではついできっこないと思ってしまうのですが、サンボマスターはそこにストレートに応援してくれるとてもかっこいいバンドです。 本当にやる気が出ます。 頑張れ。 可能性 お次は同じくサンボマスターから 『可能性』という映画ビリギャルの主題歌となったまさに受験生向けの歌です。 ビリギャルは底辺のギャルがあの有名私大である慶応義塾に現役合格する実話で、ぼくは大学受験の時に5回は映画を見ましたw 好きな歌詞フレーズは 「ダメじゃないよ僕たち、終わらせんな可能性、だれかに笑われたって構わないんだよ〜」の部分です。 受験で勉強のやる気をなくしてしまった時はぜひ聞いてほしいし、ビリギャルもまだ読んだことのない人は読んでほしいです。 俺たちの明日 4つ目はエレファントカシマシの 『俺たちの明日』を紹介します。 もしかしたら今の受験生はそもそもエレファントカシマシを知らないかもしれません。 この俺たちの明日という曲は受験生からしたら少し先の未来の歌かもしれませんが、とてもやる気が出る歌です。 受験は結局1人での勝負なのでつい孤独を感じますが、俺たちの明日を聞けば友達や家族がいることを感じます。 1人じゃないぞ受験生。 ファイト!! お次は中島みゆきさんの 『ファイト!! 』です。 中島みゆきさんはほとんどテレビなどの露出をしないのでYouTubeにもほとんど映像はありません。 このファイト!! という歌はぼくもとても好きな歌で、受験生にもかなり重なる部分を感じます。 受験生の周りの家族や学校、塾の先生は本当に受験生を応援していますので。 ファイト!! \5分で無料登録!/ Dream Fighter お次は今や世界的音楽グループPerfumeから 『Dream Fighter』です。 ぼくは元々Perfumeのファンなのですが、このDream Fighterは 受験生にぜひ聞いてほしい元気が出る歌です。 先ほどの『できっこないをやらなくちゃ』と同様にぼくが受験生の時に塾に行くまでの道のりで聞いていた曲です。 好きな歌詞は 「現実に〜打ちのめされ倒れそうになっても〜きっと〜前を見て歩くDream Fighter」の部分です。 頑張れると思います。 明日への扉 7つ目はI WiSHさんの 『明日への扉』です。 「いつの間にか隙間空いた心が満たされてく〜」の歌詞フレーズは聞き馴染みがあるかもしれません。 明日への扉は今でも好きな歌で1人で聞くと泣きそうになってしまいます。 受験シーズンが終わると(人によっては真っ只中で)卒業という大きなイベントが待っています。 やはり学生生活は一回しかなく青春というのは宝物です。 今を必死に生きることをオススメします。 後悔の無いように頑張ってください。 Continue 8つ目はSEAMOの 『Continue』です。 ドラマ化された『夢をかなえるゾウ』の主題歌で、ものすごくやる気がでる歌なのでぜひ受験生に聞いてほしいです。 特に 「負けたら終わりじゃなくて、やめたら終わりなんだよね」の歌詞がとても印象的でやる気を出してくれます。 諦めないで頑張ってください。 サクラ咲ケ 9つ目は嵐の 『サクラ咲ケ』をご紹介します。 歌自体のテンポも速くてノリノリになれるので勉強のやる気も出る歌だと思っています。 受験に合格してぜひ桜を咲かしてほしいです。 好きな歌詞は 「振り向くな後ろには、明日はないから、前を向け〜」の部分ですね。 終わりなき旅 最後はMr. Childrenの 『終わりなき旅』です。 ぼくは受験生の時に何度この曲に救われたか数え切れませんのでぜひ聞いてほしい曲です。 受験という見えない壁のようなものと戦わなければならない状況では行き詰まってどうしようもなくなることも多いです。 ぼくの好きな歌詞は 「高ければ高い壁の方が、登った時気持ちいいもんな〜」の部分です。 行きたい・合格したい学校を明確にして受験生の皆さんには頑張ってほしいと思います。 受験生応援ソングまとめ 以上、元塾講師が受験生に教えたい応援ソングでした。 受験生はついつい孤独になって1人で戦いがちなので、やる気が出る曲を聴いてぜひ志望校に向けて頑張ってほしいです。 頑張れ受験生! またのお越しを。

次の

CHEHON BABY DON'T CRY 歌詞&動画視聴

いつの間に か 隙間 空い た 心 が 満た され てく 歌詞

スマホで手軽に音楽が聴けるようになり、昔以上に音楽を聴くことが、日常の仕草に溶け込むようになった。 通勤の合間、昼休み、休日の散歩、ちょっとした時間の隙間で、音楽の世界に浸ることができる。 音楽には感情も乗せやすい。 あの日聴いた曲、あの人が好きだった曲。 音楽を聴くこと。 それはまさにタイムカプセルなのだ。 メールではなく「LINE」「スタンプ」というところが今の時代を感じさせる。 好きな人と一緒にいれば、眠気なんて気にならない。 1分1秒でも一緒にいたくて、次の日はつい寝不足になったり、恋人のことばかり考えたりするものだろう。 2人が過ごした時間は、どこにでもある平凡なカップルそのものだ。 そんな何気ない日常が愛おしく、堪らなく大切なものであったことに、失ってから気づくのが切ない。 しかし、たしかにあの日、あの瞬間、2人は愛し合っていたのだと、今さらながら思い出すのだ。 ずっと忘れていた愛しい人との思い出が、匂いが、3分30秒の曲を聴いただけで鮮やかに甦る。 胸の奥に閉じ込めていた記憶が、曲によって呼び起こされるところが感慨深い。 部屋着で会いに行けるほど気楽な関係で、でも会いに行かずにはいられないほどに惹かれ合っていた。 恋人同士なら、電話で話すことも多いだろう。 でもその電話を切れなくて、互いに押し付け合う。 これもまた、2人仲のよさを表している。 いつまでも声を聴いていたいからこそ、自分から電話を切るのはためらわれる。 その気持ちは互いに同じで、結局いつまでも切れないのだ。 2人が電話口で笑い合う様が目に浮かぶ、とてもリアルで等身大のカップル像が親しみやすい。 叶わなかった、2人の未来 ---------------- 若かった2人 「一生一緒」だなんて何度も語り ぶつかり合い 気まずくなる日々 今だったら違ったのか? まだあの頃は若かった…と振り返れば、それは苦い思い出だ。 未来のことなど知りもせず、一生一緒だなんて、夢のような言葉を口にして。 そんな未来を描いていたからこそ、叶わなかった時に辛いのだ。 その痛みを知りもせず、別れなど来るとも知らずに愛し合った日々が痛々しく、堪らなく愛おしい。 ---------------- 会いたいけど 会いたくない 行ったり来たりしてるよ 何気ない今日と 輝いた過去 元気なのか? 綺麗になったか? 今の僕はどうなのかな? 大切だった人は、心の中で当時の姿のまま輝いているものだ。 今も元気にしているのか、幸せなのか、好きな人はいるのか、結婚してはいるのか…。 気になることは山ほどあるだろう。 思い出のメロディーを口ずさみながら遠い日の彼女を思う時間は、どこまでもセンチメンタルだ。 今の自分とは比べものにならないくらい煌めいていた自分を思い返し、幸せだった日々を思い出し、胸が痛む。 それでも、感傷に浸ることをやめられないのは、その日々が堪らなく大切な宝物だからだろう。 もう2度と戻らないからこそ、いつまでも浸っていたいのだ。 あの日に帰ったような気持ちになっている内は、少しだけ幸せな気分になれるのかもしれない。 そして、過去から力をもらって、少し痛む胸を抱えながら、また歩き出す。 そうやって人生を紡いでいくのだろう。 遊助の等身大の歌詞は、どこにでもいそうなカップルの、どこにでもありそうな失恋を歌っているからこそ、聴く人の心に響くのだ。 この冬は、失くしてしまった大切な思い出と戯れてみるのもいいかもしれない。 TEXT 岡野ケイ.

次の