ドクター ペッパー 杏仁 豆腐。 【みんなが作ってる】 ドクターペッパーのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

【ドクターペッパーvsコカ・コーラ】似ているようで全然違う!けどやっぱり似てる!

ドクター ペッパー 杏仁 豆腐

【食べ物雑学】「ドクターペッパー」が出来た由来は失恋! ドクターペッパーは、若すぎるという理由で彼女の父親に結婚を認めてもらえなかった考案者が、失恋をバネにして開発したものだった…!! 【雑学解説】ドクターペッパー誕生に秘められた切ない恋の話 ドクターペッパーは、いかにして生まれたものなのか? その歴史を調べてみると、あの有名すぎる炭酸飲料「コーラ」よりも1年早く生まれ、炭酸の飲み物としてはなんとアメリカで最古のものだということがわかった…! 1871年のアメリカ・ヴァージニア州にあるドラッグストアでの出会いがすべてのはじまりであった。 店を経営していたのは、医師である「チャールズ・ペッパー」。 そこで雇われていた店員の「ウェード・モリソン」は、ペッパー医師の娘と恋に落ちた。 しかし、若すぎるふたりの交際に父親のペッパー医師は猛反対、のちに破局することになる。 大好きな彼女との恋に破れ、店を辞めてテキサス州ウェイコに移り住んだモリソンは、新しい地でドラッグストアをオープンすることになる。 1885年、お店で雇った薬剤師の「チャールズ・アルダートン」とふたりで、店の売りとなる新しい飲み物の開発に取り組んだ。 そして出来上がったその炭酸飲料を売りに出してみると地元で評判となった! 売り出し始めてまだ名前のなかったその商品を、モリソンの失恋話を知っていた常連客たちはからかうように「ドクターペッパー(ペッパー医師)」と呼ぶようになった…。 ドクターペッパーの評判は、やがてヴァージニア州のペッパー医師本人の耳にも届く。 なにが入っているのか気になった筆者は実際にドクターペッパーを購入し、パッケージ裏にある材料の表記を見てみることにした。 ドクターペッパーの中身は「果糖ブドウ糖液糖・炭酸・カラメル色素・香料・酸味料・保存料・カフェイン」からできている。 材料的にはコーラと同じようなものを使っているようだが…。 ふたつが決定的に違うのは、ドクターペッパーの缶に表記のある「20種類以上のフルーツフレーバー」のところだろう。 フルーツの味を調合して味付けしているようだが、どんなフルーツをどのくらい入れている、などの詳しいレシピは非公開とのこと。 シンプルイズベスト! しかし、世の中には「ホット」で飲んでもおいしいよ! などというなかなかに攻めた飲み方をする人もいるのだ。 それは筆者の知人なのだが、「昔は駄菓子屋でホットのドクターペッパーが売っていた」という話を聞かせてくれた。 ホットの味が気になった筆者は、ドクターペッパーを少しだけカップに移し、レンジであたためて飲んでみることにした!! 電子レンジで2分ほど加熱したドクターペッパー…。 カップを取り出すと、まだ少し残った炭酸がプチプチと泡を立てている。 未知の味に若干ビビりながらひとくち飲むと、「甘さ」が真っ先に口の中に広がった! あとから酸味が追いかけてくる感じは、少し「甘酒」に似ているような…。 冷えたドクターペッパーは、炭酸が強く残っていて、甘みがそのぶん抑えられている。 あたためることで、炭酸がある程度抜け、甘みと酸味がより強くなるようだ。 1911年生まれの彼女は、60年近くものあいだ「10時・14時・16時」にドクターペッパーを飲むという生活をつづけている。 かかりつけの医者にも「からだに良くないから止めなさい」と止められたらしいが、ドクターペッパーが大好きすぎるサリヴァンさんは聞かなかった。 それどころか「炭酸飲料を止めなさい、と忠告してきた医者は皆死んだわ」という名言まで残している。 とんでもないブラックジョークである…!.

次の

DrPepperドクターペッパーとはどんな味か?例えが杏仁豆腐

ドクター ペッパー 杏仁 豆腐

【食べ物雑学】「ドクターペッパー」が出来た由来は失恋! ドクターペッパーは、若すぎるという理由で彼女の父親に結婚を認めてもらえなかった考案者が、失恋をバネにして開発したものだった…!! 【雑学解説】ドクターペッパー誕生に秘められた切ない恋の話 ドクターペッパーは、いかにして生まれたものなのか? その歴史を調べてみると、あの有名すぎる炭酸飲料「コーラ」よりも1年早く生まれ、炭酸の飲み物としてはなんとアメリカで最古のものだということがわかった…! 1871年のアメリカ・ヴァージニア州にあるドラッグストアでの出会いがすべてのはじまりであった。 店を経営していたのは、医師である「チャールズ・ペッパー」。 そこで雇われていた店員の「ウェード・モリソン」は、ペッパー医師の娘と恋に落ちた。 しかし、若すぎるふたりの交際に父親のペッパー医師は猛反対、のちに破局することになる。 大好きな彼女との恋に破れ、店を辞めてテキサス州ウェイコに移り住んだモリソンは、新しい地でドラッグストアをオープンすることになる。 1885年、お店で雇った薬剤師の「チャールズ・アルダートン」とふたりで、店の売りとなる新しい飲み物の開発に取り組んだ。 そして出来上がったその炭酸飲料を売りに出してみると地元で評判となった! 売り出し始めてまだ名前のなかったその商品を、モリソンの失恋話を知っていた常連客たちはからかうように「ドクターペッパー(ペッパー医師)」と呼ぶようになった…。 ドクターペッパーの評判は、やがてヴァージニア州のペッパー医師本人の耳にも届く。 なにが入っているのか気になった筆者は実際にドクターペッパーを購入し、パッケージ裏にある材料の表記を見てみることにした。 ドクターペッパーの中身は「果糖ブドウ糖液糖・炭酸・カラメル色素・香料・酸味料・保存料・カフェイン」からできている。 材料的にはコーラと同じようなものを使っているようだが…。 ふたつが決定的に違うのは、ドクターペッパーの缶に表記のある「20種類以上のフルーツフレーバー」のところだろう。 フルーツの味を調合して味付けしているようだが、どんなフルーツをどのくらい入れている、などの詳しいレシピは非公開とのこと。 シンプルイズベスト! しかし、世の中には「ホット」で飲んでもおいしいよ! などというなかなかに攻めた飲み方をする人もいるのだ。 それは筆者の知人なのだが、「昔は駄菓子屋でホットのドクターペッパーが売っていた」という話を聞かせてくれた。 ホットの味が気になった筆者は、ドクターペッパーを少しだけカップに移し、レンジであたためて飲んでみることにした!! 電子レンジで2分ほど加熱したドクターペッパー…。 カップを取り出すと、まだ少し残った炭酸がプチプチと泡を立てている。 未知の味に若干ビビりながらひとくち飲むと、「甘さ」が真っ先に口の中に広がった! あとから酸味が追いかけてくる感じは、少し「甘酒」に似ているような…。 冷えたドクターペッパーは、炭酸が強く残っていて、甘みがそのぶん抑えられている。 あたためることで、炭酸がある程度抜け、甘みと酸味がより強くなるようだ。 1911年生まれの彼女は、60年近くものあいだ「10時・14時・16時」にドクターペッパーを飲むという生活をつづけている。 かかりつけの医者にも「からだに良くないから止めなさい」と止められたらしいが、ドクターペッパーが大好きすぎるサリヴァンさんは聞かなかった。 それどころか「炭酸飲料を止めなさい、と忠告してきた医者は皆死んだわ」という名言まで残している。 とんでもないブラックジョークである…!.

次の

杏仁豆腐って

ドクター ペッパー 杏仁 豆腐

今、そんな「ドクターペッパー」が話題になっている。 え? 新しい味でも発表したの? いえいえ。 なんでも ドクターペッパーのボトルの中から、あるモノが発見されたというのだ。 目を凝らしてよくー見てみると…… ネズミが入っていたというのである! ・ドクターペッパーを飲んでいたら…… 米テキサス州に暮らすジョン・グライブスさん。 お出かけ中に、3歳の孫ケイデン君にドクターペッパーの600ml ボトルを与えたそうだ。 しかし3歳児がボトルを一気に飲むことは難しい。 半分まで飲んだところで、その日はお終い。 フタを閉めて、家に持ち帰った。 そして次の日、ボトルを開けたグライブスさんが、ボトルの中に何かいることに気が付く。 あれ? 耳と目が付いていて……って、これ ネズミじゃないか! 本件を報じたニュース局 KPRC 2 の Facebook 上には、問題のドクターペッパーの写真がアップされている。 確認してみると……ほ、本当だ。 小さな死んだネズミが、液体の中からこちらをジーッと見つめている。 ・ドクターペッパー「現行のシステムでは、異物混入はありえない」 家族はすぐに小児病院にケイデン君を連れて行き、体に異常がないか検査をおこなったそう。 そして同時に州当局と疾病管理センター、ドクターペッパーにも報告した。 KPRC 2 に対して、ドクターペッパーは「製品の安全性と顧客の満足が、最優先の事項。 今回の件も真摯に受けとめ、出来る限りの調査を行っていきたい」としつつも、「製品工場の現行システムにおいて、異物が混入することはまずあり得ない」と返答している。 またドクターペッパー側は、グライブスさんに対して問題のあったボトルの提供を求めたという。 しかしグライブスさんは、まずは自分たちで選んだ研究所に調査を依頼したいということで、その要求を断ったようだ。 ・ボトルの小さな口から、ネズミが入ることは可能? 「あんな小さなボトルの口から、ネズミが入ることが出来るのか?」と不思議に思ってしまうが、ヒューストン大学の専門家は「ネズミの骨格を考えると可能。 工場で混入したとは考えにくいが、ありえないことではない」と答えている模様。 このドクターペッパーを販売した店は、「ボトルは密閉されて運ばれてくる。 店でネズミが入る訳がない」と発言しているようだ。 ちなみに今回のニュースを受けてネット上では「一度ボトルを開けているんだし、グライブスさんの家で入ったんじゃないの?」「似たような異物混入の飲み物を買ってしまった経験がある。 後味悪いよね」などの声が聞かれているのだった。 幸運にも、ケイデン君の健康状態には全く問題はないそう。 けれども、どうやってネズミが入ったのかは謎のままだ。 事実解明が待たれる。 参照元:(英語)、 執筆:.

次の