ゴールデン カムイ 241。 ゴールデンカムイ公式サイト

ゴールデンカムイ最新第241話消えたカムイネタバレ含む感想と考察。アシリパの秘めた覚悟。

ゴールデン カムイ 241

「ゴールデンカムイ:241話」のネタバレ 海賊のカン 杉元らが移動中、ふと上を見るとエゾヤマザクラが綺麗に咲いていた。 エゾヤマザクラが咲いた時、鹿の毛が生え変わり、肉も美味しくなることを知らせてくれるのだそうだ。 アイヌにとって桜の皮はとても重要なもの。 弓や矢筒、マキリなどに巻いて使うため、狩りの道具には欠かせないのだ。 そうやってアシㇼパが杉元に説明をしていた二人の後ろでは、寝転ぶ白石とその隣で海賊が座っている。 アシㇼパからいつも離れない杉元を見つめていたのだ。 海賊はそれを知っているがゆえに、そんな白石が土方歳三や第七師団と渡り合おうとしていることにとても理解ができなかった。 白石ははぐらかすように成り行きだと言うが勝機があるのだと海賊は予想する。 そして海賊は白石に囁く。 アシㇼパがのっぺら坊とおなじ深い青い目をしていると海賊は核心をつく。 ロシアの血が混じったアイヌは珍しくないと誤魔化す白石に、自分のことをまだ信用をしていなのだろうと海賊は悟る。 杉元らは、土方歳三達や第七師団に比べると刺青一皮の枚数や人数からしても圧倒的な不利。 だからこそ、海賊が杉元らと手を組むのであれば情報を共有しなければ、自分の命は張れないのだった。 金貨の模様 白石はあることを思い出していた。 それは、平太師匠の元で砂金を探していた時のことだった。 杉元と二人で砂金集めをしながら、白石はアシㇼパが暗号を解く方法を知っているような気がしていた。 杉元はウソをつくのが下手であり、白石にはすべてお見通しだった。 そんなことを思い出しながら、自分だってそこまで信用されてるわけじゃねえと、白石は穏やかな顔で海賊に告げる。 すると海賊は1枚の金貨を取り出す。 それは支笏湖 しこつこ で見つかったものだ。 金貨に刻まれた模様は、入れ墨囚人たちの体に刻まれた刺青模様と似ていたのだった。 アチャの教え 杉元とアシㇼパは森を散策中。 木の幹にはエゾモモンガ。 アシㇼパがまだ子供のころ、金塊を隠した張本人である、アシㇼパの父親(アチャ)とふたりで星を見ていた。 とても優しい父親であり、ありとあらゆることを教えてもらった。 アチャはアシㇼパに星を教えた。 アチャはいくつかの星を指さしながら、どんなものに見えるのかアシㇼパに問題を出す。 ただこれを杉元に教えていいものなのかと、自問自答する。 杉元に教えなければ、離れていかないはず。 自分が杉元の弾除けとなればずっと一緒いられるかもしれない。 そう考えながらも杉元に質問をぶつける。 もし金塊を見つけたらどうするのか、故郷に戻って好きだった人と暮らすのか?と。 杉元はその質問の答えを考えるが、視界の中のあることに気づく。 それは木の幹に入った切り込み。 辺りを見回すと周辺すべての幹に切り込みが入っていた。 今すぐここから離れた方が良いという言葉は時すでに遅く、二人を目がけるかのように、木がドミノ倒しのように襲いかかるのだった。

次の

ゴールデンカムイ241話ネタバレ考察感想あらすじ!アシリパの悩みとは?

ゴールデン カムイ 241

『ゴールデンカムイ』241話では(『週刊ヤングジャンプ』2020年25号)緊迫した札幌の状況から一変して、山を練り歩く杉元らの姿が描かれている。 久し振りに飛び出すアシリパの山知識。 待ってました!という読者も多いのではないだろうか。 そして金塊争奪戦もいよいよ大詰め。 登場人物たちはそれぞれの想いを胸に秘め、口にこそ出さないが、終わりが近づき、複雑な気持ちが交差する。 白石由竹の存在が泥臭さを緩和している? 『ゴールデンカムイ』最新刊 バイオレンスシーンの中にもコミカルなシーンもあることで、物語全体に泥臭さを感じさせないのが本作の素晴らしき点であるが、この争いが始まってからは全てが敵。 一時的に手を組んでいたとしても、目的が金塊である以上は信頼し合えることはない。 深い絆で結ばれているのは、杉元とアシリパだけと断言してもいいだろう。 しかし、信頼を置きづらいもののどこか憎めない白石由竹という存在がいる。 都合が悪ければ逃亡し、土方と内通していたりと散々な男だが、杉元一派には欠かせないメンバーの一人となった。 だが戦闘力は皆無で、アシリパの弓をうっかり折ってしまうなど、当初はよく足を引っ張っていた。 動物の罠にかかっていたというマヌケさも記憶に新しい。 そんな奴を杉元やアシリパが全く信用していなかったのも、無理はないだろう。 さらにはアシリパから借りたお金を博打で全て溶かしていたのだから……。 だがコミュニケーション能力が高く、情報通で憎めない明るさを持つのが白石の魅力。 軽率な行動も多いが、決して頭が回らないわけではない。 「脱獄王」の異名がつくほどの人間であり、実際に杉元が第七師団に捕らわれた時も、救出策を編み出したのは白石だった。 バカと天才は紙一重ということなのかもしれない。 杉元らと手を組み始めた理由は「第七師団に捕らわれた杉元を救出する代わりに、金塊の分け前を貰うこと」だった。 ただのお調子者で基本的に役立たず、そして金塊目当てであることからすぐに戦線離脱することが考えられたが、意外にも逞しく生き延びている。 行動を共にするうちに、彼の心境にもどこか変化があったのだろう。 杉元と別れたアシリパへ「杉元は生きているのではないか」と励ましたりもした。 金塊だけが欲しいのなら、すぐに土方側へ寝返れば良かったはずなのにだ。

次の

ゴールデンカムイ242話「交互に」の感想: ごーるでんかむいぶろぐ

ゴールデン カムイ 241

こんにちは。 2020年5月21日発売のヤングジャンプ(2020年25号)より、ゴールデンカムイ【241話】「消えたカムイ」を読みました。 では、札幌で宇佐美とともに連続遊女殺害事件の犯人を捜していた菊田は、殺害現場の人だかりの中に有古の姿を見つけます。 有古が二重スパイとして精神的に追い詰められていることを知った菊田は、なら自分につけばいいと勧誘。 有古は菊田が中央のスパイであることを知り、中央政府は鶴見に金塊を見つけさせて最後には消せと菊田に命じていることを聞かされ驚愕するのでした。 土方が札幌にいることを知った鶴見中尉は急ぎ札幌へと向かいます。 同じ頃、アシリパたちもまた札幌に到着。 こうして偶然にも相対する三者が揃う事態に… それでは、この記事では、ゴールデンカムイ【241話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。 ゴールデンカムイ【241話】最新話ネタバレあらすじ アシリパたち一行は森にいました。 アシリパは杉本に狩りをしながらアイヌの文化・風習を教えます。 桜の花を見上げる杉本に、それは「カリンパニ」エゾヤマザクラだとアシリパ。 エゾヤマザクラの花が咲いたら鹿の毛が生え変わって肉も美味しくなる知らせといわれていると教えます。 二人が狩りをしている間、暇を持て余した白石と房太郎は木陰で休憩。 房太郎は白石が杉本、アシリパと行動を共にしていることが信じられないでいました。 自分の知る白石は、鶴見や土方なんて危ない連中と渡り合おうなんて道は選ばないと。 そのことを房太郎は問いただすも、ただの成り行きだと白石。 房太郎は成り行きではなく、勝算があるってことじゃないのかといい、そういえばのっぺらぼうの青い瞳とアシリパの青い瞳はそっくりだなぁ?と横で寝転がる白石の顔を覗き見ます。 ファサ 房太郎のロン毛が白石の顔を優しく撫でます。 何も知らない人が見たらBLな関係と見間違う距離感。 房太郎の問いはアシリパの素性はそういうことだろ?と暗に訊ねているようなもの。 とぼける白石ですが、房太郎はアシリパがのっぺらぼうの娘だと確信していました。 信用できないのはお互い様だと房太郎はいい、一枚の金貨を白石に見せます。 それは支笏湖で砂金と一緒に沈んでいたもの。 問題は金貨に刻印された模様で、それが自分たちの入れ墨に似ていると房太郎。 自分のもつ情報をひとつ開示して見せた房太郎に白石は… その頃、森の中でアシリパは杉本に「ホロケウカムイ」の話を聞かせていました。 父親からホロケウが「消えてしまったカムイ」だと教えられたことを話します。 アシリパはそのホロケウという言葉から父親の名前を思い出し、それが暗号を解く鍵なんだなと、改めて自身に確認していました。 杉本にこの鍵を教えなければ杉本は自分から離れないし、自分も杉本の弾除けとなれる… それに埋蔵金がこのまま見つからなければ杉本は自分のそばにずっと一緒に… 自分のそんな気持ちにアシリパはたまらず杉本に訊ねます。 もし金塊を見つけられたら故郷に戻って好きだった人と暮らすのかと。 アシリパの話を聞いていたのかいないのか、杉本はそれよりも…と辺りの木々の根元に切り込みが施されていることを告げます。 その切り込みを見てアシリパは今すぐここから離れた方がいいと杉本に話しますが、瞬間、 突如森の奥の方から木々がドミノのように倒れ始めアシリパたちのいる方へ! ドドドド バリバリ バキバキ ゴールデンカムイ【241話】感想 前回の終わり方からして、一気に札幌抗争かと思っていましたが、意外にも今回はアシリパたちのメンタルな回。 アシリパは暗号を解く鍵を杉本に言ってもいいものかを乙女心的に悩み、杉本はアシリパが話してくれないことを気にかけモジモジ、白石もまたアシリパが解読の鍵を思い出していると感じつつも何も話してくれないことに若干いじけています。 このウジウジした関係性に房太郎は一石を投じました。 仲間なんだから最低限の情報開示は必要だろ?と。 命がけである以上、それはもっともな話。 ただ、房太郎の金貨の情報も嘘か本当かを証明するものは何も無いわけですのでチョット怪しい… 房太郎には悪いですが、アシリパにはせめて杉本と白石には暗号を解く鍵が分かったことだけでもいいので教えてあげてほしい。 ゴールデンカムイ【242話】考察予想 アシリパ、杉本、白石、この三人にはこれまでに築き上げてきた関係性、絆があります。 その関係性をもってしてもアシリパが鍵を打ち明けることを逡巡しているのは、明らかに杉本への恋心から。 打ち明けたら杉本は離れていくのではないかという不安。 アイヌの事と杉本への気持ちを天秤にかけることではないと頭ではわかっていても… 白石も杉本とアシリパが特別な関係性であることは感じています。 二人にとって自分の存在は二番目であることは受け入れているものの、二人に内緒事を作られたのでは俺だって仲間だろって傷つきますよね。 白石はああ見えて乙女なところがありますので、ちゃんと言葉で、態度で気持ちを伝えなければ駄目なタイプです。 網走で別れた時、アシリパを頼む!と杉本から頼まれた白石は嬉しかったんですから。 ですから、今度はアシリパから直接 白石に暗号の鍵を知ったことを伝えてあげて欲しいですし、仲間なのだからそうしてあげるべき。

次の