千葉大学moodle2020。 「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』の受付について|ニュース・イベント情報|国立大学法人 千葉大学|Chiba University

「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』の受付について|ニュース・イベント情報|国立大学法人 千葉大学|Chiba University

千葉大学moodle2020

大阪教育大学Moodle 2020 for Classへようこそ。 このサイトは 【令和2年度( 2020年度)授業用】です。 下記の注意を良くお読みいただき、同意の上,ご利用ください。 大阪教育大学Moodle 2020 for Class は,授業支援の利用を目的としております。 業務等利用やファイル共有としての利用はできません。 業務等での利用については, をご利用ください。 情報処理センターで配布したアカウントを利用し,ログインができます。 2019年度以前のMoodleについては, を確認の上,目的に応じたサイトをご利用ください。 (教職員のみなさまへ)教員組織再編にともない,学生組織のカテゴリ分けとしております。 2020. 18 【教職員向けマニュアル集】• (参考) 【教職員向けサンプルコース】• 2020. 内容を管理者で確認したところ,修復が難しいコースとなりますので,管理者側で削除します。 不完全に作成されたコースとは別に,新たにコース作成にご協力をお願い致します。 2020. 09 ファイルのアップロードサイズの上限を 10MB 1GB に設定しました。 2020. 20 前期授業開始に伴い,ファイルのアップロードサイズの上限を再び 10MB に設定しました.大容量コンテンツについては,クラウドサービス等の利用をご検討下さい。 2020. 25 コース作成協力のお願いの文章を削除しました。 2020. 27 学生向けの課題提出方法を参考情報として掲載しました。 学生のみなさんへ, 履修管理を行っている と 授業資料配布や課題提出を行う 大阪教育大学Moodle は 受講者登録の連携作業を行っていません。 そのため,各自で履修希望のMoodleコース(各授業)への登録を行っていただく必要があります。 ログイン後,履修登録を希望する授業コースを探す場合は,必ず 授業コードを頼りに探してください。 授業コードがわからない場合は,時間割表 や で調べてください。 授業コードが分かっている授業については, から授業コードを検索すると便利です。 なお,授業担当の先生によっては,コースカテゴリのたどり方を指示される場合もありますので,担当の先生の指示に従ってください。 ログインと授業用コースへの入り方,課題の提出方法などよく使用する機能については, を用意していますので,そちらを確認して下さい。 みなさんの大学メールアドレスに大切な情報が届いていることもありますので, Acitve! mail()() の確認も怠らないようにして下さい。 【学生向け・課題提出方法】 2020. 27 よく問い合わせをいただいている,Moodleでの課題提出方法についてまとめました。 提出方法でよくわからない場合は, をご覧ください。

次の

教育

千葉大学moodle2020

メディア授業について 令和2年4月6日 千葉大学 はじめに 新型コロナウィルス感染症COVID-19の感染拡大を防止するため、千葉大学は本年度の授業開始を5月7日とし、7月末まで対面の授業を行わず、メディア授業(インターネットを使った遠隔授業)を本格的に導入することになりました。 新学期に千葉大学のキャンパスで学ぶことを期待していた学生の皆さんには誠に残念なことですが、千葉大学はメディア授業という形態で皆さんの学びを全力でサポートしたいと考えています。 千葉大学は教職員が力を合わせて努力していきますが、同時に学生の皆さんにも、メディア授業を受講するための準備を事前に進めていただきたくお願いいたします。 メディア授業とは何か 千葉大学では、1回の授業の開始から終了までの全時間を、インターネット及び学習管理システム(千葉大学Moodle)等を利用して実施する授業を「メディア授業」と呼んでいます。 皆さんに安心して学習していただくために、次のような形で授業を実施する予定です。 1 テキスト型: Moodleを通じて教材の配布や解説を行ったり、課題提出を求めたり、質疑応答を行う形式です。 2 音声型:Moodleに用意された教材について、教員が音声ファイルで説明し、質疑応答を行う形式です。 3 動画型: Moodleを通じてMicrosoft社のPowerPointなどで作成した授業動画を配信し、質疑応答を行う形式です。 ほかに、同時双方向型(ビデオ会議、TV会議などのソフトウェアやアプリを使用する形式)の利用も皆さんの通信環境の状況に配慮しながら将来的に計画しています。 学生の皆さんに準備していただきたいこと 【新入生の皆さん向け】 1 Moodleを使えるようにすること: 千葉大学では、皆さんの学修を支援するMoodleと呼ばれるシステムを使用しています。 これは、皆さんが受講するコース 科目 ごとに分かれ、授業の資料が掲載されたり、課題や小テストを提出したり、教員からコメントやメールが届くシステムです。 名称は、千葉大学Moodle2020 URLは、 となっています。 新入生の皆さんは、まずこのサイトに掲載されている「千葉大学Moodle利用マニュアル」(pdf形式)を読み、使い方を予習しておいて下さい。 Moodleの簡単な使い方は、すでに皆さんに入学手続き等で配布した『普遍教育 履修案内 Guidance 2020』(195-196ページ)にも掲載されています。 Moodleを利用するための利用者番号とパスワードは、4月中旬頃に皆さんの住所に簡易書留やレターパックで郵送の予定です。 利用者番号とパスワードが届いたら、必ずログインして下さい。 【全学生の皆さん向け】 2 Moodleにアクセスすること:今後の授業の進め方や履修科目を登録するための詳しい内容は、このMoodleの中で案内いたしますので、随時確認をお願いします。 3 メディア授業を受講するための環境整備:メディア授業では、テキストだけでなく音声や動画も使用されます。 音声や動画といった通信データ容量の抑制に極力配慮いたしますが、皆さんの自宅やアパート等で、できるだけ高速・大容量のネットワーク環境を利用できるように準備いただくことを推奨いたします。 新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐ観点から、対面でのガイダンス等による十分な案内が実施できない状況でのお願いとなりますが、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

次の

教育

千葉大学moodle2020

セキュリティバグハンティングコンテストとは 千葉大学では、昨年度に引き続き学内の情報システムとウェブサイトを対象としたセキュリティバグハンティングコンテストを2020年8月6日から開催いたします。 当コンテストは、指定のウェブサイト上にセキュリティに関わるバグや脆弱性等が存在しないかどうかを、一定の研修を受けた学生がサイトの安全性向上のために調査を実施し、腕を競うコンテストです。 本コンテストは、海外の多くの企業が導入し、日本でも一部の企業が導入を始めている「セキュリティバグ報奨金制度(Bug Bounty Program)」をモデルとしています。 セキュリティバグ報奨金制度(Bug Bounty Program)とは ルールに則って、ウェブサイトやネットワーク上でセキュリティに関わるバグや脆弱性等の問題点を発見した人に報奨金を支払う制度のこと。 開催目的 昨今のサイバー攻撃に対し、人材不足とされる情報セキュリティの分野において、セキュリティの技術だけでなく、法律・倫理の知識を併せ持つ優れたセキュリティ人材(学生)の輩出を目的としています。 参加条件 本学の学生で、8月に開催される講習会を受講して「ハンターライセンス」を授与された方であればどなたでも参加いただけます。 昨年度のハンターライセンスでは参加できません。 今年度のものを取得しなおしてください。 また第2タームに基本的な知識の取得ができる初心者向け講習を開催しますので、経験のない初心者でも参加可能です。 4名までのチームで参加していただきます(1名のチームでも構いません)。 チームで協力してバグを探してください。 情報セキュリティ調査や、脆弱性調査及びその調査報告書の作成についての基礎的な講習です。 まずはここで講習を受けてから本講習会への参加を判断頂いても構いません。 なお、受講方法の詳細は、にてご案内します。 刑法、不正アクセス禁止法、事例紹介などについて講習を行います。 実践的な脆弱性調査方法、報告書作成方法などについて講習を行います。 また、質問はTeams内のチャットで随時受け付けます。 講師 長谷川 陽介氏、越智 郁氏 (株式会社セキュアスカイ・テクノロジー) コンテスト参加に必要なツール パソコンはご自身のものを使ってください。 (大学では用意しません) 脆弱性を検証するツールについても自身で用意されたツールを使用して頂いて構いません。 検査対象のウェブサイト 今回のコンテストのために特別に用意されたウェブサイトと、学内で実際に運用している特定のウェブサイトを検査対象とする予定です。 詳しくは後日発表します。 レポートの提出について コンテスト参加チームには、検査した結果をレポートとして提出してもらいます。 提出されたレポートは有識者により審査を行い、優秀者は表彰します。 なお、セキュリティバグを発見できなかった場合でも、調査を行った範囲に関してサーバに問題がなかった点をレポートしていただければ審査の対象となります。 また、昨年度の審査基準は以下のとおりです。 (今年度は変更になる場合があります) a 網羅的に調査している b ツールによる検査結果だけでなく、手動で検証している c 目の付け所が良い d 重大な脆弱性を見つけた e 脆弱性が無かった箇所について、適切に指摘している f 脆弱性が与える影響まで考察している g レポートが分かりやすく書かれている 表彰 成績優秀者には、情報担当理事より表彰状と副賞が授与されます。 第2タームのメディア授業で初心者向け講習会を実施しますので、是非ご参加下さい。 この講習会の受講は任意です。 参加者のレベルはどのくらいですか? セキュリティに興味のある学生であれば、どなたでも参加いただけます!勿論、普段CTFに参加しているような上級者の参加は大歓迎です! チームでの参加の場合、講習会への参加は代表者だけでよいですか? 代表者以外も受講を完了してメンバー全員がハンターライセンスを取得しないと参加できません。 どうやってバグを探せばよいのですか? 第3タームに開催する技術講習会にてご説明します。 パソコンやツールは大学側から提供されるのでしょうか? ご自身のパソコンやツールを使ってください。 大学では提供しません。 学外から探索できますか? 学外のネットワークから探索することも可能です。 教員ですが、参加できますか? 教職員の方の参加はご遠慮ください。 課題の提出が間に合わなかった場合にペナルティなどはありますか? 特にペナルティはありませんが、審査の対象とはなりません。 講習会への参加ができなかった場合、コンテストへの参加は可能ですか? 「法律・倫理講習」「技術講習」の2つに参加することで参加資格が得られますので、講習会に参加できない場合は、コンテストへの参加は認められません。 コンテストの内容をブログ等に書いても構いませんか? コンテスト周知用ウェブサイトに掲載されている情報等、既に公知となっている情報についてブログ等に記載することは問題ありません。 ただし、本コンテストを通じて知り得た「未公開の脆弱性情報」については、コンテストの実施期間中であるか否かを問わず、C-csirtの許可を得ずに第三者に開示、公開、漏えいしてはいけません。 違反した場合は、ハンターライセンスが剥奪され、表彰及び副賞を授与済みであった場合にはそれらを返還するものとします。 さらに、場合によっては攻撃行為とみなされ、刑事罰の対象にもなり得ますので、絶対に行わないでください。 参加するとどんな良いことがありますか? 期限内にレポートを提出したすべてのチームに参加賞を進呈するほか、なかなか体験することのできない著名な情報セキュリティ関連企業への会社見学などの特典を予定しています! また、履歴書に活動実績を書けます。 さらに、最優秀賞(1チーム)、優秀賞・奨励賞(若干チーム)には、山田 賢理事(情報担当)から表彰状及び副賞を授与します。 (これも履歴書に書けます!).

次の