ポーランド ボール コロナ。 新型コロナ感染症:ウイルスはどれくらい長く物質上にいるのか~残存率低下の条件とは(石田雅彦)

コロナウイルス : PolandballJapanese

ポーランド ボール コロナ

アジア人に最も反応した国。 ヨーロッパで新型コロナ感染者が爆発的に増えた国といえば、 イタリア。 そしてこのイタリアこそが、アジア人に対して最も警戒し、反応した国と言えそうです。 イタリアにはなんと 30万人もの中国人が住んでおり、毎年少なくとも500万人もの中国人観光客が訪れているとのこと。 国外から来る中国人に対して敏感になりやすかったのはやむを得ないことと思います。 (ポーランドは中国人が少なく、中国人ツアー客に会うことは滅多にありません)。 最初にイタリアで中国人観光客から感染者が見られた際、一部の中華レストランやアジア系のお店は 休業に迫られました。 また飲食店では英語と中国語で「 アジア人入店禁止」と書かれることもあったとか…。 ローマのある音楽院では、アジア人学生に対して 医師からの証明書を提出しない限りは授業への参加を認めないという措置を取り、こちらも日本では報道されたかと思います。 一方、イギリスでは中国人と間違われた生徒が生卵を投げつけられた、 マスクをつけているために攻撃対象となってしまったアジア人の話が話題になったこともありました。 見たところ、 中国人が多い国や地域は拒否反応を受けやすい傾向にあったようです(相対的にそうなるのかもしれません)。 中国人観光客が多い日本でも、有名観光地では「中国人お断り」という張り紙が見られたそうですね。 日本人が行った差別についても海外では報道されていました。 人を傷つけるような行為はあってはならないですが、ウイルスから身を守りたいという防御反応から来るものなので、全面否定もできません…。 コロナ差別はよくある?。 私なりに調べ、 ヨーロッパに住む友人にも尋ねたところ、フランスやイギリスで「 コロナ」と一度でも言われた人はいました。 ただし 危害が及ぶのはご〜く稀のようで、直接何かされたという話は聞いていません。 私は、ポーランドで見知らぬ人に「コロナ」と言われたことは一切ありません。 見るからにアジア人である私を避けようとしたり、睨む人もいなかったと思います。 また感染が拡大する前は、アジア人を見て思わず警戒してしまう人が一人や二人、出てくるのは避けられないことでした。 今となっては世界的に感染が広がっているので、 今さらアジア人だけに対して過剰に警戒する人々は確実に減っているでしょう。 過剰とも言えるようなアジア人に対する差別や侮辱発言は、 一部の事件が大きく取り上げられてしまっただけと考えられます。 事件にまで発展すればさすがに現地の人々も 許しがたい行為と批判しますし、差別が日常的に行われているわけではありません。 差別行為を受けても無視せよ。 ここでは、直接「コロナ」や「ウイルス」などと言われた場合にどう対処すべきか、私なりにアドバイスしたいと思います。 まず、「コロナ」とか「ウイルス」と言われたら、 反応せず無視しましょう。 振り向く必要すらありませんし、言い返したとしてもお互いに刺激し合うだけです。 そういうことを言う人がいちいち悪意や感情を込めているとは限りません。 酔っていたり、不快発言という思考にまで至ってないかもしれませんし、そういった人に言い返しても 相手は反省しないでしょう。 話は変わるようですが、2013年9月にオリンピック開催地が東京に決まった頃、私はイギリスに留学していました。 つまり、 印象深い出来事であるためについ興奮して口走ってしまうのです。 感情的にパッと出てしまった言葉であり、それ以上の意味は特にないかと思います。 また、コロナの件で海外で危害を加えられたという日本人の経緯をよく知ると、実はその人も衝動的に言い返してしまっていたり、動画を撮ろうとするなど、 反応したばかりに相手の感情を逆撫でしたものもありました。 イラつく気持ちは分かります. でも、例えば、繁華街で酔っ払いが「君いくつ?」と聞いてきて「26歳です、だから何?」とか言ったりしませんよね。 それと同じことで、 無視するのが一番です。 言い返すと平静を保てないこともあります。 相手と同じ立場にならないよう、なにか言われたとしても気持ちを抑えて!常識ある人は、他人を不快にさせるような言葉を公の前で発したりしません。 常識のない人には構わなくてよいです。 ヨーロッパでのマスク使用。 この記事を最初に公開した2月下旬、 マスク使用について注意を促しました。 というのも、 新型コロナが大流行する前のヨーロッパでは「マスク」は医療従事者がするものというイメージが強く、一般人がマスクを着用することは異常とも言えたからです。 当初この記事に記載した文を抜粋します。 ただ日本人が注意していただきたいのは、ヨーロッパでのマスクの使用についてです。 私たちの見慣れた使い捨てマスクは、こちらでは主に医療機関で使用されるものであり、それを一般人がつけているのは違和感があります。 日本では予防のためにマスクをつける人も多いでしょうが、こちらでは「 マスクを着用しないといけないほどの重症患者」という目で見られてしまい、かえって誤解を招いてしまうのです。 ヨーロッパで安易に使い捨てマスクをつけるべきではありません。 今は状況が変わり、ポーランドでは4月中旬から 外でのマスク着用が義務化(あるいはスカーフなどで鼻と口を覆う)されています。 新型コロナ対策とはいえ、ここまでマスクが生活に浸透するとは予想外でした…。 日本ではより高密度なN95マスクをつける人が多いようですが、ポーランドでは 不織布プリーツマスク(だいたいが白かブルー)や、やや立体的な ハンドメイドの布マスクをしている人が半々くらいの割合でいます。 もともと欧米ではマスクをつける習慣がないため、新型コロナが収束すれば、予防でマスクをつける人もいなくなるでしょう。 メディアを通して マスクをする欧米人の姿を見ることもあると思います。 しかし制限なく海外へ行き来できる頃に マスクをつけることが出来るかについては、様子見したほうがいいかもしれませんね。 コメントありがとうございます。 ポーランド人の民度が低いとはまったく思いませんが、タイミングやシチュエーションによってはそう思われることもあるかもしれませんね。 私も海外に住む日本人として、日本のイメージを落とさない行動を心がけます。 ご返信ありがとうございます。 あくまで個人的な見解なのですが、今回の新型コロナウイルスに関してはあえて触れていないというより、本当に現段階ではそこまで深刻に受け止められていないのではないかという気がします。 ポーランド以外の国に長期滞在したことがないので何とも言えないのですが、差別に関しては、ポーランドはあまり無いと感じております。 もちろんゼロではないですが、もう10年以上住んでいて、その前にも何度かポーランドに来たことがありますが不愉快な目にあったことは本当に数える程です。 それよりも何倍も楽しく話しかけられたり、やさしくされた事のほうが思い出されます。 見た目が周りと違うのですぐに覚えられ、近くのパン屋等に買い物に行けば、いつも何を買っているのかを覚えられているので注文をする必要もなく「きょうもこれでしょ?」といった感じで接してくれます。 ウイルスの話から随分逸脱して長々と失礼いたしました。 一個人の経験なのでこれから旅行に来られる方全てが私が経験した事と同じようになるとは申せませんが、参考程度にして頂ければと思います。 今回は承認が遅くなりすみません。 再びご丁寧なコメント、ありがとうございます。 私もkumaさんと同じで、ポーランド人の多くは深刻に受けとめていないようすだと思っていました。 だからこそ報道では耳にしても、わざわざ新型コロナについての話題をしないのだろう、という意味で「あえて」と表現しました。 感染者が出たため、今後はそのような話題をする人も増えてくるでしょうが、日本のようにデマ情報が流れるほど混乱することはないと思っています。 差別も定義が曖昧で、よくよく話を聞いていると「え?それって差別なの?」と思うことを差別と表現される方もいらっしゃいます。 私の定義が正解だとも思いませんし、こればかりは気持ちの問題かもしれませんね…。 日本人と分かれば日本やアジアに関する話題を振ってくれたり、むしろ会話が弾むことが多い気がします。 またアジア人自体が珍しいため、仰るように、覚えてもらえやすいというのもメリットかもしれません。 私は、特にポーランド語が話せると分かったときの嬉しそうな顔を見るのが好きだったりします(笑)。 今回の件が落ち着いても暫くはアジア人差別について不安に思われる方がいらっしゃるでしょうが、ぜひ安心してポーランドにお越しいただきたいですね。 Ayakaさん、お忙しい中更新いただきありがとうございます。 来週、ポーランドへ旅行に行くので、大変興味深く拝見させていただきました。 ついにポーランド国内でも発症者が出たとのこと。 とは言え、日本ほどの混乱は見られない様子で、安心しました。 コメント欄で、在住の方や旅行に行かれた方の声をきけるのも、有難いです。 気持ち的に、現地でマスクをつけて出歩けないのは辛いですが… できる範囲で対策しつつ、せっかくの旅行、初ポーランドなので、楽しみたいと思います。 ポーランドの観光オンシーズンは4月・5月~と聞きました。 イベントなども増えるでしょうし、影響が少ないといいのですが。 一日も早く終息するよう、祈るばかりですね。 tokotoさん、コメントありがとうございます。 来週ポーランドへ来られるとのことで、今回のテーマは非常に気になるところだと思います。 私の書く現地情報がお役に立てれば幸いです。 今は少しまだ忙しいのですが、現在非公開の記事も早めの公開できるよう努めます。 日本ほどのパニック状態には陥ってないものの、新型コロナの影響は感じられるようになってきました。 不要な外出は控えている人が増えてきたように思います。 また多くの観光施設は冷えきっているようで、ある意味スムーズに観光できそうですね。 ただ新型コロナに関わらず、色々な感染症が流行る時期ですから体調にはお気を付けください。 また本日、私が属しているクラクフ公認ガイドのコミュニティでも大事な話し合いがあったという報告がありました。 私は個人でガイドをしているのでキャンセルが入っても大きな問題ではないですが、ガイドのほとんどは団体ツアーで仕事をしています。 すでに観光業界の損失は大きいようで、私も一刻も早い収束を願うばかりです。 こんにちは、Ayakaさん。 お返事ありがとうございます! 昨日までワルシャワに滞在しておりました。 つい先日までは、混乱はなく落ち着いている印象でしたが、ポーランド滞在中に状況が急変していて驚いています。 11日は、ワルシャワ大学が休校になっていたものの、観光地は賑わっていて、そこまでの影響を感じなかったのですが… 12日から観光施設がクローズしてしまったので、びっくり! Ayakaさんのブログも即チェック! 少し残念でしたが、当時はまだ施設内に入れないだけだったので、ショッピングモールや、ワルシャワ王宮、旧市街地周辺をぶらぶらし、写真撮影をしたり、レストランでピエロギを楽しんだり、ホテル周辺のカフェなどで食事もできたので、観光するにはまだ大丈夫かな、と楽観視していました。 が、帰国直前に緊急事態宣言で飲食店もクローズ! いよいよ大変なことになったな~!?と思っていたら、 15日から出入国が出来なくなると聞いて、本当にびっくりでした!! もともと、14日にポーランドを発ち、日本に帰国する予定だったので、この時期に観光するにはギリギリのタイミングでした。 あと1日でもずれていたら、予定を早めて帰国するか、最悪帰れなくなるところでした。 滞在中は、Ayakaさんが仰る通り、差別などは全くなく、どこに行っても気さくに対応してくれる人ばかりで、嬉しかったです。 ポーランド語がわからずともイングリッシュOKで、コミュニケーションにも困ることなく、こちらのブログで情報収集していたことも功を奏し、おかげ様で楽しい滞在となりました。 今回訪れることができなかった地域もありますし、またポーランドに行きたいです! 今はショッピングモールもクローズし、日用品や飲食、薬局と、最低限の店舗のみが営業している状況と聞きました。 本当に大変なことになりましたね、何よりお子様のことが気がかりです。 Ayakaさん、ご家族ともどもに、くれぐれもお気をつけて、お大事になさってください。 再び詳しいレポートをありがとうございます! 急にポーランドも具体的な厳しい措置を発表し、私もとても驚きました。 しかしWHOがパンデミックと評価したことと同様に、こうすることで国民の危機意識がさらに強まり、また最終的な感染者数をグッと減らすことができるのではないかと思います。 先週滞在されていた方々は突然のことにさぞかし驚かれ、またこれをネガティブに捉えている人は多いかもしれませんが、ポーランドではそれほど批判されていません。 これが日本とポーランド(ヨーロッパ)の違いだと思ったこともあり、それに関しては別の記事に書きたいと思っています。 ともかく滞在中は安全に過ごされ、ポーランドに好感を持っていただけたようで嬉しいです。 ぜひまた再訪されてください。 そして周りの方々にもポーランド旅行の話をシェアしたり勧めていただければ、ポーランドに興味を持つ人達が増えると思います。 ともかく今は、新型コロナの流行が収束に向かい、皆さんが安心して旅行できる日が来ることを願っています。 統計解析の結果の予測としては、以下である。 コロナウイルスは、空気感染により、感染爆発している恐れがある。 感染者は、感染者密度の高い空間で、症状を悪化させ、前より、多くのウイルスを放出し、よりウイルスの密度を高くする。 感染者が、ウイルスの密度を高くしないためには、マスクの着用と、自宅待機、加湿、薬剤散布が有効である。 軽症状感染者は、自宅待機が有効である。 感染者は、ウイルス除去の不十分な病院の検査待ちで、症状を悪化させ、ウイルスを増殖させる。 ウイルス除去の不十分な病院な病院に、感染者密度の高い状態で、感染者を入院させると重症化する。 感染者は、検査待ちは、ドライブスルー方式で行うのがよい。 感染者は、ウイルス除去には、空気清浄機・噴霧器・加湿器等を用い、空気感染対策が必要だと考える。 とにもかくにも、空気中のウイルス密度の高い場所に行かないことと、空気中のウイルス密度を下げる努力をすることが肝要である。

次の

日本

ポーランド ボール コロナ

Contents• ポーランドボールとは ポーランドボールとは、地理、旅行、情勢、ニュース、ネタなどを風刺で表現するインターネット発の漫画です。 初期ではポーランドがネタとされることが多かったため、ポーランドボールと呼ばれています。 出現は2009年9月ごろ、『krautchan. net』の イギリスの投稿者によって発案されたようです。 その後、国際的なお絵かきチャットサイトでドイツ人とポーランド投稿者の間で、この漫画が用いられたことによってポーランドボールが世界に広く知れ渡るようになっていきました。 この際、 一番ネタにされ、登場したのがポーランドだった、というわけですね! その後、大手画像掲示板であり、海外の2chである4chanなどで世界各地に広がり、さまざまな国の国旗でつくれたキャラクターが描かれ、今日に至るまで世界で親しまれています。 ポーランドボールのポーランド 例えば、 このポーランドボールのポーランドは、実際の国旗と比べると、あえて赤白が上下逆で描かれています。 またカントリーボールには、 ボールでないキャラクター、国もいくつか存在します。 イスラエルとシンガポール 例えば、イスラエルはキューブ、シンガポールは三角形など、独特のキャラクター・国が存在します。 そして、明確ないくつかルールも存在するようです。 以下の事柄は禁止されている。 ボールに手足・黒目・鼻・口を追加する 例外の国家以外を四角形などで表現する 直線や円を描くツールを使う ポーランドが宇宙に行く エストニアが北欧に入る ラトビア・アイルランド・ベラルーシがポテトを手に入れる(ラトビアは経済がバルト三国の中で最も低いため。 アイルランドはジャガイモ飢饉、ベラルーシは経済の影響。 ) ボリビアが海へ行く(太平洋戦争 1879年-1884年 の影響で内陸国となってしまったため) より引用 常にネタにされるものについては、そのネタが克服されることはあってはならないようです。 ポーランドボールを読む方法 ポーランドボールは海外でより人気が高く、 多くが英語で書かれています。 もちろん、インターネットで無料で読むことが可能です。 その中でも代表的なものが以下になります。 polandball. com こちらのPolandball. comでは最新のポーランドボールを見ることができます。

次の

コロナ騒動で光るポーランド人の「切り替え術」

ポーランド ボール コロナ

話の筋:これはオリジナルのCOVID-19(新型コロナウイルス)ジョークだよ。 今や皮肉を含んだ、ね。 Apparently there were alot of prejudices against Asian communities in the wake of the outbreak due to it originiating from China. This caused people to avoid Asian diaspora throughout the world from their point of view, that they would not risk contact the virus. 中国に端を発するアウトブレイク(流行)のせいで、アジア系コミュニティに対する多くの偏見や差別があったんだ。 このせいで人々は、世界中のアジア系移民を避ける様になったんだ。 ウイルスに感染したくないって理由でね。 Of course the irony here is that COVID-19 went pandemic because of Europe. 当然ここで皮肉なのは、COVID-19がパンデミック(世界的大流行)になったのはヨーロッパのせいだってことさ。 Take for example in Canada. Where the first Canadian case of COVID-19 was from a person returning from China, it was initially contained and not a big fuss. In fact, the majority of the cases initially were from people returning from Europe that started spreading like a wildfire. カナダを例に挙げてみよう。 カナダ人の初感染者は中国からの帰国者だったんだけれど、当初はきちんと封じ込められて大騒ぎにはならなかったんだ。 でもCOVID-19がヨーロッパで流行しはじめた頃に、アメリカとカナダの症例も急増し初めて、結果として今、数々の地域的流行に直面しているんだよ。 実際、最初の頃の患者の大部分は、野火みたいに広がり始めていたヨーロッパからの帰国者だったんだ。 And the even more rionic part here is that the spread in Asia China, South Korea and Japan have basically contained the outbreak. そして更に皮肉なことに、アジア(中国、韓国、日本)では基本的に流行は封じ込められてるのさ。 I could replace Canada with the United States, only being that the United States have closed travel to Europe and the fact it would be too obvious. So I put in Canada instead. カナダをアメリカに置き換えることもできただろうけど、アメリカはヨーロッパへの渡航を停止したし、あからさま過ぎると思ったんだ。 だからカナダを選んだんだよ。 パスタみたいだね。 中国が発明し、イタリアが世界に広める。 わーお。 ソース:僕はカナダ人 再開しました!ほそぼそ更新していきますね• 関連する記事• 2019. 13 redditの本家ポーランドボール板で公式に定められているコメントルール(Comment Policy)の日本語翻訳です […][…]• 2019. 06 中国 「キャナダ!PBアンドJ(註:ピーナッツバターとジャム)のサンドイッチを作ったアル。 欲しいか?」 カナダ 「おや、 […][…]• 2019. 28 スペイン 「ああとっても素晴らしい日ですおぶ、スペインでいられるなんてね。 今日は悪いことなんて何も起こらないと思うです […][…]• 2019.

次の