シェフィールド u 対 アーセナル。 シェフィールド・ユナイテッドFC

PL アーセナル vs シェフィールド・U 〜試しに試すアルテタ監督〜

シェフィールド u 対 アーセナル

はじめに アルテタ監督が就任し、1ヶ月が経った。 この間の試合数はこの試合を合わせて6試合。 その内訳が2勝1敗3分。 怪我人が続出する中、そして色々なことを試す中で、まずまずの結果ではないだろうか。 そしてこの試合もまた新たな試みを実行していた。 では今回は試合の内容に触れつつ、の新たな試みを紹介していこう。 スターティングメンバー 引用: は前節退場したの代わりに、期待の新星、マルティネッリが先発出場。 さらにの代わりにムスタフィ、コラシナツの代わりにサカが先発出場。 他はいつも通りのメンバーとなった。 一方のシェフィールド・Uは前節と同じスターティングメンバーでアウェイのビッグクラブ戦に臨む。 では早速、アルテタ監督が試していたことについて紹介していこう。 アルテタ監督が試していた事 CFが下がってWGが飛び出す まずはこれだ。 12分50秒からの攻撃がこの形の完成形だろう。 数試合前から、CFが降りてボールを受けることが多くなっていた。 これはシンプルに中盤のヘルプを行なっているだけかと思っていたが、WGを飛び出させる目的があった。 ではどのようなメズムでこの攻撃を仕掛けるのか。 はシェフィールドの2トップに対して、CHのジャカがバックラインに加わり、3バックの形で数的優位に立つ。 CHのジャカがバックラインに入ることはの明らかな決まり事だ。 そしてこうすることでSBが高い位置を取る。 ここでも決まり事がある。 この「CFが降りてボールを引き出す形」は両SBが幅をとった時にしか実行されない。 SBがはbを取ることで、WGが中に入れる。 そうするとCFが降りても中央に誰もいないという状況は解消される。 そしてCFがOMFと同じラインまで下がり、ボールを引き出すことで、黒丸のエリアにスペースができる。 ここに中に入っていたWGが抜け出すことで一気にスピードを上げて攻撃を完結させる。 このようにCFが降りる形は数試合前から見られていたが、綺麗な攻撃の完結の形はこの試合で初めてではないだろうか。 「SBがは幅を取り、WGが中に入る」という条件の下、行われる攻撃だ。 OMFの左サイドへの参加 次に紹介したいのは、OMFの左サイドへのサポート。 この試合以外は、右サイドのサポートに行くことが多かった。 だがこの試合は主に左サイドのサポートを行なっていた。 ではこれにはどのような意図があったのか。 ゾーンディフェンスを崩すCHからの縦パス まず一つ目に考えられるのがバックラインに入ったCH、またはCB(主にD・ルイス)からの縦パスを引き出すためにこの試合は左よりにポジションをとった。 こうすることで何が良いのか。 何が良いのかをまず述べると、四角のエリア、ライン間でボールを受けることができること。 ここでOMFのがボールを良い状態で保つことができれば、攻撃のバリエーション、アが広がる。 自分の印象だと、左サイドの方がこの組み立てがうまくいっているように感じた。 バックラインに入ったCHがボールを持つと、中央にいるCHが寄ってサポートを行う。 そうするとシェフィールドのCHがバックラインのCHか、近くにきたCHにプレスに行くか迷う。 ここのズレを利用し、CHからOMFへの縦パス、またはSBへのパスを選択。 SBにパスを選択した場合でも、赤線のように自然とひし形が形成されるので、良い形で攻撃を組み立てることができる。 そして忘れてはならないのが右SBのポジションニング。 CHがボールサイドに寄ったので、バランスを取るために中央に位置する。 だからWGが幅を取ることができる。 このWGが幅をとる事も意味があったのではないだろうか(のちに解説)これがこの試合、OMFが左サイドに流れた一つ目の意図だろう。 右WGぺぺの もう一つの意図が逆のWG、右サイドに位置するぺぺのドリブルを最大限に生かすためにこの試合は左にポジションを取ることが多かったのではないだろうか。 ではどのようにぺぺを生かそうとしたのか。 先述したようにが左サイドによることで、左サイドでのビルドアップを活性化させる。 これでシェフィールド・Uを全体的に左に寄せる。 そうすることで赤の四角のエリアでぺぺはスペースを得ることができる。 ここからCHのジャカがサイドを変える、またはCB(D・ルイス)からサイドを変えることでぺぺを生かす意図があった。 またSBが内側に入ってサポートを行い、さらにはCFもサポートを行うことで、トライアングルを形成。 これで優位に立とうとした。 だが、シェフィールド・Uのスライドが思ったよりも早く、さらにはCFのサポートも間に合わないことが多かったので、この攻撃が機能したとは言い難かった。 ポゼッションを失う理由 次はが試合を進めるにつれてポゼッションを失う理由について軽く触れていきたい。 まず一つ目の原因が「人を捕まえられる守備」をされた時。 実際にC・パレス戦、リーズ戦ともに、で守備をされてポゼッションを失っている。 だからこの試合、シェフィールド・Uがゾーンディフェンスだったので、ポゼッションを失うことがなかった。 だが76分の交代で人を捕まえる守備までにはいかなかったが、人を意識する守備に変わったので、若干ポゼッションを失った。 そして失点してしまい、ドローで試合は終わっている。 二つ目が「間延び」だ。 後半になると、間延びすることが多いのだが、に至ってはそれが顕著に現れる。 ではなぜそれが現れるのか。 この原因はビルドアップ時に相手を引き込みすぎることに原因がある。 先制している試合が多い。 相手は前に出てボールを奪わないといけないので、前に出てくる。 そこでは自陣から丁寧にボールをつなぐ。 そして苦しくなってロングボールを蹴る。 ここでCF、またはWGに収まってしまい、彼らがゴールに向かうが、人数が足りないのでフィニッシュまで持ち込むことができない。 これで間延びしてしまうという訳だ。 これら二つががポゼッションを失ってしまう理由ではないだろうか。 まとめ 戦が控える。 ここで勝利を手にし、勢いをつけたかったが、追いつかれてドローに終わってしまった。 だが内容は徐々に良くなっているので、ビッグロンドンダービー、さらにその先に希望は持てるのではないだろうか。 そしてアルテタ監督はなんとかして「ポゼッションを失うこと」と「それらの原因」を改善しなければ、これからも勝ち点を落とし続けるだろう。 (確実にアルテタは分かっているだろう。 だからこの試合の後半の入り方はインテンシティが高く、前半の内容を維持していた) すぐにアウェイ、ブリッジでのビッグゲームがある。 果たしてリベンジを果たすことができるのか。 とても見ごたえのある試合になるだろう。 とても楽しみだ。 終わりに• について では試合の雑感やゴールシーンの解説を動画つきで軽く考察しています。 またブログ更新のお知らせもさせて頂いてます! さらにはどの試合、どのチームについて紹介するかのアンケートも定期的に行っているので、気になる方はフォローをお願いします!• インスタグラムについて インスタではブログの更新のお知らせをさせて頂いてます。 こちらもフォローの方をお願いします!• について もう一度でも解説を始めようと思います。 そろそろ再開させて頂こうと思っているので、気になる方はチャンネル登録の方をよろしくお願いします!• オススメの戦術本 戦術、分析について勉強する際に色々な本を読み漁りました。 その中でおすすめの本を紹介します。 気になる方はぜひご覧になってみてください。 アナラシス・アイ.

次の

マルシャルがシェフィールド戦でハットトリック達成。マンU選手ではプレミアで7年ぶり

シェフィールド u 対 アーセナル

就任1年目のウナイ・エメリ監督は、アーセナルの指揮官として1958-59のジョージ・スウィンディン氏以来の快挙を成し遂げた。 一方、マンチェスター・Uのスールシャール監督は今年3月に行われたアーセナル戦で0-2と完敗。 就任後、プレミアでは初のアーセナル戦を落とした。 今回の一戦に敗れるようだと、アーセナル相手のリーグ戦2連敗スタートとなる。 マンチェスター・Uの監督では、過去3人しか経験していない不名誉な記録だが、スールシャール監督はこれを回避することができるだろうか。 ホームにアスタナを迎えたマンチェスター・Uに決勝点をもたらしたのは、6歳からアカデミーに所属するメイソン・グリーンウッド。 25日に行われたカラバオ・カップ3回戦でもゴールをマークした同選手は、今回のゲームの翌日(10月1日)に18歳の誕生日を迎える。 一方、フランクフルトに乗り込んだアーセナルで1ゴール2アシストの活躍を見せたのが、ブカヨ・サカ。 今月5日に18歳になったばかりのサカは、前節のアストン・ヴィラ戦で、クラブ史上3番目の若さでプレミア初スタメンを飾った。 2001年生まれの2人の新星のパフォーマンスにも注目したい。 24日に行われたカラバオ・カップのノッティンガム・フォレスト戦で、アーセナルのロブ・ホールディングが10カ月ぶりにピッチに帰ってきた。 昨年12月のマンチェスター・U戦で左ひざ前十字じん帯断裂した同選手は、キャプテンとして先発出場。 自身2年ぶり、アーセナルでは通算2得点目となるゴールまでマークした。 また5-0の大勝に終わった同試合ではエクトル・ベジェリンも復帰。 今季加入したキーラン・ティアニーも、そけい部の負傷から回復してデビューを果たしている。 エメリ監督はメンバー選考で嬉しい悩みを抱えることになりそうだ。 プレミア最近3試合連続でスタメン起用されている同選手は、2008年から3年間にわたってバレンシアに在籍。 当時チームを率いていたエメリ監督の下で主力としてプレーした。 通算141試合出場は、監督別で最多になる。 マタと言えば、チェルシーとマンチェスター・Uの2クラブでジョゼ・モウリーニョ氏から計3年半にわたる指導を受けてきたが、試合出場数は「117」だった。 なお昨季はFAカップでの対戦も含め、アーセナルとの3対戦に出場機会のなかったマタ。 今回は恩師の前で雄姿を見せることができるだろうか。 開幕6試合で6ゴールは、2007-08シーズンのエマニュエル・アデバヨール以来、アーセナルでは最多記録になる。 一方、アーセナル戦を得意とするのがマンチェスター・Uのジェシー・リンガード。 これまでアーセナルとの公式戦5試合に出場し、4得点1アシストを記録している。 昨季のFAカップでもゴールを決めており、リンガードが他のどのチームよりも多くのゴールを決めている相手がアーセナルだ。 45倍」、アーセナルの勝利に「2. 87倍」、ドローに「3. 4倍」というオッズを付けている。 ホームのマンチェスター・Uがやや優勢だが、勝敗はどちらに転んでもおかしくないと予想しているようだ。 マンチェスター・Uの課題は得点力不足。 チェルシーとの開幕戦で4ゴールを奪ってから、公式戦7試合連続で複数得点を記録していない。 マーカス・ラッシュフォードやアントニー・マルシャルはケガからの回復が間に合わず欠場が濃厚とされており、1トップでの先発が予想されるグリーンウッドに大きな期待がかかる。 (記事/Footmedia).

次の

アーセナル、昇格組のシェフィールド・Uに0

シェフィールド u 対 アーセナル

は4-2-3-1になっていますが試合中は3センターでIHにウィロック、グエンドゥジでアンカーにジャカが入る4-3-3でした。 シェフィールドは3-5-2 5-3-2 でした。 試合は前半のCKからの得点が決勝点となり1-0でシェフィールドの勝利となりました。 ・前半 は前半からパスを回そうとしますがシェフィールドは前からプレスをかけたり自陣でタイトな守備ブロックを形成して良い守備を見せます。 さらには前からプレスをかけて奪う形がないので結果としてでチャンスになったシーンは基本カウンターになります。 サカからオーバーラップしてきたコラシナツへ繋ぎコラシナツのクロスにぺぺが飛び込んだシーンは前半一の好機でした。 ・後半 後半に入るとはかなりのボール保持率で多くの時間をシェフィールド陣内で過ごしますがWGやSBがWBをつり出してもそのスペースに走りこむ選手がほとんどいなかったりで崩しきれません。 この時間帯でのチャンスといえば左サイド大外でが受けハーフスペースのサカにパス、サカのマイナス気味のクロスにセバージョスの。 惜しくもミートできませんでしたがいい形が出来ていました。 ラカゼット投入後 ラカゼットを投入したことで前線でボールの収まりどころができその周りの動きも潤滑になりよかったのですが、ジャカを下げて投入しフォーメーションを4-3-3から4-2-3-1にチェンジし、サカがトップ下、セバージョス、グエンドゥジのダブルになりましたが全員飛び出していき最終ラインとの間のつなぎ役がいなくなった印象でした。 ・の現状と問題 今のの問題は...あり過ぎますね。 ・守備時に前からはめる形がない ・攻撃が単調かつ再現性がない ・エメリの策が外れまくる ・、トレイラ、ホールディングと良い選手がいるのに全然使おうとしない ・フォーメーションといる選手の適性がかみ合わない 3つ目はどうしようもないし、2つ目は4つ目と合わせて後で説明します。 5つ目から行きましょう。 まず、普段3センターのアンカーに入っているジャカですが、アンカーで周りを動かす守備問うのはあまり得意ではないように見えますし、ダブルで固めたりする方が合っていると思います。 次にコラシナツは対人の強さやオーバーラップが持ち味ですが自身の背後のケアは得意ではないため4バックの左SBより3-5-2のWBの方が合っていますしドルイスもフィード能力は優れたものですが時折見せる守備対応の軽さがネックですので持ち味を生かすという点では3バックの真ん中が合っていると言えます。 ラカゼットとも2トップの近い関係が一番お互いが輝くと思うし4-3-3のメリットはほとんどありません。 逆に4-3-3が最適解なのはグエンドゥジ暗いでしょう。 彼のパスセンスと持ち上がりを活かすなら3センターのIHでしょう。 全員の最適解を作ることは不可能でしょうがチームとしての最適解のためにより多くの選手が活きる布陣を採用するべきだと思います。 現状でベストな布陣 正直、皆さんが考えているのと同じような布陣になっていると思います。 それだけグーナーの希望は一致しているのです。 この布陣で守備時は前から行くときは4バックには前4人、3バックにはオバメ、ラカ、ぺぺでプレスをかけ、それぞれその後ろのスペースは中盤の選手がさらにプレスをかけてそこで奪活きる戦術を、プレスがかわされるような相手には、ラカゼットが前残りでパスコースを限定するようにプレスをかけ後方で4-4のブロックで守れるようにし、守備の安定性をもたらします。 攻撃時には今まで通りのドルイスやグエンドゥジのフィードに加え、が攻撃のタクトを振るうことによってこれまで単調だった攻撃に創造性をもたらしまた、前線3人をより生かせると思います。 さらに攻撃的に出たいときはグエンドゥジを下げてセバージョスを投入し、4-1-2-3にすることもできると思います。 今日はここまで、みんな見たいですよね~.

次の