ゴースト フェイス。 【DbD】ゴーストフェイスの攻略・立ち回り・対策

【DBD】さらなるパーク変更、ゴーストフェイス調整 (PTB3.0.0)

ゴースト フェイス

アプデで新キラーが『ゴーストフェイス』だと判明 新キラー すげー気になります スクリームすき — めーちゃん mekus000000000 先日の2. 0のアプデにより、新キラーの姿が一瞬公開されてしまったようです。 ばっちりと映っちゃってますね、ゴーストフェイスの姿が…。 アッシュのときもアプデでチラ見せされ、そのまま実装となりましたので、このゴーストフェイスが登場するのもほぼほぼ確定と思って良いでしょう。 尚、運営のミス?によるチラ見せなので、 実装時期などは完全に不明です。 アッシュのときとは違いキラーの追加なので、おそらくベータテストを噛ませることを考えると、1か月半~2か月後くらいじゃないかなとは勝手に思っています。 ゴーストフェイスのステータス ・移動速度:4. その間でも移動速度は4. 赤い光も出さなくなる。 ゴーストフェイスはしゃがむことができ、より生存者に見つかりづらくなる。 また物陰から覗き込むことができる。 闇の包容を発動中は生存者を凝視することができる。 4秒間生存者を凝視すると、その生存者個人に対し20秒間の無防備状態を与える。 凝視と無防備状態は生存者1人1人で独立している。 ゴーストフェイスが闇の包容を発動中、生存者が32m以内の距離からゴーストフェイスを1秒以上視界に捉えると、闇の包容は解除される。 ゴーストフェイスは生存者の視界に入らないよう、生存者の位置を把握しておく必要がある。 引用元: ゴーストフェイスの固有パーク ゴーストフェイスの固有パーク3つを紹介します。 脅威範囲外で騒音通知を出した(素早い窓枠飛び越えやロッカーからの飛び出しなど)生存者のオーラが6秒間表示される。 クールタイムあり。 瀕死となった生存者を持ち上げるか、作業中の生存者を捕獲して持ち上げると、その瞬間に他の生存者によって修理中ではない発電機をエンティティが16秒間封印する。 戦慄が発動した発電機はオーラが白くなり判別できる。 生存者の位置を特定するのに便利。 クールタイムあり。 1人の生存者に執着する。 (オブセッションパーク)• オブセッション状態の生存者をフックに吊るすとトークンを獲得する。 生存者を追跡中、脅威範囲が1トークンにつき4メートル減少する。 オブセッション状態の生存者をフックから救助した生存者は、オブセッション状態になる。 (オブセッション交代) 引用元: この章のまとめ 現時点では上記の情報を見つける事ができました。 まだ調整中の部分もあると思います。 しかし、これがもしそのまま実装されたとしたら、基本的には心音を消滅させて姿をくらませることを得意とするキラーのようです。 そしてストーキングからの一撃ダウン…。 これはマイケル以上に恐ろしいキャラとなる予感。 心音だけに頼る事なく、視覚的な情報からもキラーの位置や現状把握などをしていく必要がありそうです。 ゴーストフェイスのメメント映像も発見 ゴーストフェイスのメメント映像がこちら。 滅多刺しにした後のセルフィー。 なかなかサイコパスな映像ですね。 ここだけ見ると凶悪犯のようにも見えますが、しかし原作では女子高生に殴られただけでうずくまってしまうという、なんとも可愛い一面も持つ愛らしいキャラです。 映画は知らなくてもこのキャラを見たことがある!という人は多いと思いますが、この残虐性と可愛さのギャップが、根強い人気の要因となっているのかもしれませんね。 想像以上に厄介なキラーになる予感 今回はデドバイの新キラー情報と言うことで、ゴーストフェイスについて紹介しました。 ゴーストフェイスはその能力から、ピッグとマイケルを足して2で割ったような存在だともいわれているようです。 能力のストーキングも普通に強いですし、固有パークは他のキラーと組み合わせたらかなり厄介になる予感。 例えば、たまに心音が消滅するヒルビリーとか出てくるんじゃないでしょうか。 サバイバーは今まで以上に背中に気を付けて、この地獄のキャンプファイアーを生き残る必要が出てきそうです。 とはいえ、まだまだ不確実な情報が多いですので、運営からの正式発表が待ち遠しいところですね。 ということで今回もここまで記事を読んで頂きありがとうございました。 また次回の記事でお会いしましょう。 ぐっさんでした!.

次の

[DbD]ゴーストフェイス おすすめパーク15選!

ゴースト フェイス

闇の包容• 能力ゲージを貯めて発動可能(クールダウンは30秒)• 最中は心音とステインがなくなる• 解除されるまで続く• 解除方法32m以内でサバイバーから1. 5秒見つめられる• スタンさせられる• 攻撃する• 最中は「つけ回し」を使用可能 つまり、 「闇の包容」とは心音やステインの無い隠密状態を指します。 ピッグのように しゃがむことができるので、黒っぽい服装とあいまって隠密力がかなり強いキラーです。 更に物陰から覗きこむこともできるので、頭だけ覗かせてこちらを見つめることができます。 そしてこの「見つめる」という行為(つけ回し)もゴーストフェイスの特徴です。 ただし、 サバイバーが32m以内で1. 5秒見つめると「闇の包容」は解除され、心音やステインが戻ります。 つけ回しも行えなくなります。 この画像の位置なら解除ができます。 闇の包容には時間制限がないので、サバイバーに解除されたり攻撃しない限り続ける事ができます。 見つめるというのは サバイバーが自分の画面中央に1. 5秒ゴーストフェイスを捉える事です。 ゴーストフェイスや自分が動きながらでは中々落ち着いて見つめる事ができません。 自分の視界内にゴーストフェイスとチェイスしているサバイバーがいたら、なるべく見つめて「闇の包容」を解除させてあげるとチェイス中のサバイバーは助かります。 自分がフックに吊られている間でも見つめることは可能です。 ただ、ロッカー内から見つめても解除はできません。 この円がタイマーとなり、左回りに進んでゲージが無くなれば状態が終了します。 この時に闇の包容を解除しても、ゲージが終わるまで状態は続きます。 ある程度の近距離で状態が発動すると、強い場所でない限り逃げきれません。 ゴーストフェイスが「つけ回し」のゲージを溜めている間に、わざと攻撃させるように仕向けるのも一つの手です。 つけ回しのゲージがゼロに戻り一撃ダウンは免れると同時に、負傷時の加速が入るので距離を稼ぐ事ができます。 「つけ回し」で凝視している間、ゴーストフェイスは移動できません。 この隙に姿を物陰に隠しつつ、距離を稼いで逃げましょう。 ちなみに、覗き込みで見つめられると無防備ゲージの貯まる時間が速くなります。 このような隙間からも覗く事ができます。 ゴーストフェイスの場合、誰かが「つけ回し」をされれば先ほどの無防備ゲージがサバイバーアイコンに現れます。 自分の周囲とアイコンに気を配りながら発電機を修理してください。 もし、自分が先にゴーストフェイスの接近に気付いて隠れる事ができた場合は、 ゴーストフェイスを見つめてしまわないようにしてください。 見つめていると ゴーストフェイス側では視線が通知されるので、どの辺にサバイバーが潜んでいるかが分かってしまいます。 また、闇の包容を解除するとが発動して、解除したサバイバーが画像の様に強調表示されます。 解除すると自分の居場所は確実にバレてしまうので、隠れずさっさと逃げましょう。 居場所を知られず様子を伺うのなら、ゴーストフェイスの姿を画面中央に捉えないように気をつけます。 闇の包容中は心音なし、ステインなし• 見つめられないようにする チェイス中に「闇の包容」を使われてしまうと心音がしなくなります。 心音が遠のいても油断できません。 距離感もわかりにくくなるので、目視での状況把握が肝心です。 また、「闇の包容」中見つめられると無防備状態になってしまうので、できるだけ姿を隠すように動いてください。 心音がしている間は「つけ回し」が出来ないので、身を隠すことは考えなくても大丈夫です。 チェイス中に至近距離から見つめて、ゴーストフェイスの「闇の包容」を解除させる事は難しいです。 解除させるならある程度距離を離してから見つめてください。 追跡中でないサバイバーが見つめて解除させるのがベストです。 ゴーストフェイス側も気が散るので、こちらに向かってくるかもしれません。 チェイス中に心音が消えても、近くにいると思った方がいいよ フックからの救助時 ゴーストフェイスは心音を消せるので、キャンプされていても気付きにくいです。 フックから少し遠目の物陰から覗いて狙っている事があります。 闇の包容中のゴーストフェイスはとなる為、「 血族」などキラーのオーラが見えるパークに反応しません。 救助時も周囲の観察とアイコンゲージの変化を見逃さないよう最大限注意しながら救助してください。 隠密キャンプをしていたら、自分が囮になる覚悟で遠目から見つめて闇の包容の解除をしてください。 心音が戻れば「与えられた猶予」も使えます。 ゴーストフェイスも心音ありでその場に留まる理由が薄くなるので、追いかけてくる可能性が高くなります。 追いかけてきたら味方に救助を任せて、フックから引き離しましょう。 自分がフックに吊られている側なら、とにかくゴーストフェイスを見つめて闇の包容の解除を狙います。 闇の包容さえ解除してしまえば一定時間は心音あり状態になるので、不用意な救助を防げます。

次の

【DbD】ゴーストフェイス(ゴスフェ)の立ち回り解説と固有パーク一覧

ゴースト フェイス

ゴーストフェイスの攻略・立ち回り• なぜなら、サバイバーがこちらに気づいたときには無防備状態からチェイスを始めることができるからだ。 最強パーク を使おう。 発電機に近寄らず、闇の抱擁を解除せずに巡回ができる。 の効果を最大限生かすために何度も練習しよう。 ゴーストフェイスをマスターすると、全サバイバーを3回ずつ吊るすことはなくなるはずだ。 代わりに、99%モードや負傷中のサバイバーの連続吊りや、連続して複数ダウンをとることが増える 後述あり。 周りにオブジェクトが少ない場所を極力歩かず、壁や障害物を活かそう。 もしサバイバーが近くにいるようなら、つけ回しを使ってサバイバーを探す。 見つけた場合は99%モードにし、発電機を回しているならそのまま無防備状態にしてダウンさせる。 回していない場合は99%モードのまま発電機 ルールは発電機の巡回ルートから外れることを防ぎ、99%モードのサバイバーを後で追う選択肢を生み出すことができる。 こういった理由から は必須なんだ。 壁貯めについて:壁越しにつけ回しを行うと、15m以内のサバイバーに闇の抱擁を解除されることなくゲージをためることができる。 この距離ではしゃがみながら移動し、壁越しのつけ回しができる場所を見つけてからゲージをためること。 しかし、しゃがみながらでは覗き込みができずサバイバーが動かない 修理・破壊中など 必要があるからあまり推奨はしない。 もし壁貯め中に別のサバイバーにが闇の抱擁が解除した場合はしゃがんだままその場からいなくなろう。 しゃがみフェイント:しゃがみやステイン隠しを利用してチェイスの短縮をすることができる。 この時、闇の抱擁を使う必要はないけれど、障害物はキラーの方より高いものでなければならない。 ステルスキラーとしてのゴーストフェイス 、 、旧 、 :私はこの構成が好きではないし適していると思わない。 なぜなら熟練のサバイバーたちとのチェイスをすぐに終わらせることができず、闇の抱擁が回復しなければ追うのをやめることすらできないからだ。 仮にチェイスをやめたとしても、相手にパーティがいるならそのことを味方に知らせるはずだしね。 また、屋内マップでの奇襲には十分役立つが屋外マップではその効果もかなり薄れてしまう。 「ザ・ゲーム」のようないわゆる「強ポジ」が存在するマップではサバイバーをダウンさせるのにかなり時間がかかる。 つけ回し主軸の戦略 ゴーストフェイスのパーク構成 様々なパークを試した結果、私は「 、 、 、 」の4つを選んだ。。 採用理由をは次の通り。 で序盤の発電機巡回の効率を上げ、サバイバーを発見しやすくする。 でサバイバーの位置把握を簡単にする。 効果で映ったサバイバーのもとへに向かわなければいけないとは限らず、位置の検討をつけて誰が救助に来るのか予測する判断材料にもできる。 は序盤の発電機巡回にとても役立つ。 遠くからサバイバーに見られることなくゲージをためることができるからだ。 しかも、このパークは と同じように使うことができる 誰かが治療している大まかな方向がわかれば と治療の音をたどればいいからね。 は回復遅延というより回復を無視して発電機を回すサバイバーにプレッシャーを与えるために採用している。 このパークを採用しているとさらにその傾向が強くなるから攻撃回数を減らすことができる。 この構成は私が調整し納得しただけのものだから、もちろんどんなパークを使うのも自由だ。 もしこのキラーをほとんど触ったことがないなら などの遅延パークを入れるのをオススメするよ。 マッチング画面でサバイバーの名前とキャラクターを確認しよう。 こうするとどのサバイバーのゲージをためているかがわかりやすくなるんだ。 もし茶色い恰好のクローデット4人だったら… めったにないけど索敵が大変。 移動しながら遠くからつけ回しができる発電機4つの巡回ルートを決めること。 によって姿をさらすことなく狭い範囲での巡回ができる。 もし誰も発電機をある程度巡回してどこも修理していなかったら発電機から離れて を活用して索敵。 マップによっては背の高いオブジェクトに登り が発動するまでその中を移動し、窓などのサバイバーの姿が見える位置からつけ回しをすることがある。 コールドウィンド・ファームの重機などが背の高い建物の例だが、小さな丘はサバイバーに見られやすいからおすすめしない。 高所からつけ回すサバイバーの例として、 によってブロックされていない発電機の方向へと走っていくサバイバーがある。 もし発電機に近づかないようなら99%モードのままにしておいて一旦離れる。 発電機を修理しているサバイバーはできるだけ素早く見つけ、無防備状態にしダウンさせる。 この時にゲージがたまっていないサバイバーを複数発見した場合は、ダウンさせたサバイバーをフックにつるす前にできるだけ多くを負傷させる。 これは特に大事。 なぜならほかのゲージがたまった負傷していないサバイバーを救助に向かわせやすくし 負傷しているサバイバーはゴーストフェイスのような隠密系キラー相手は特に救助に向かいづらい 、チェイスで板が少なくなった場所に移動させられるからだ。 は救助に向かうサバイバーの正確な位置を教えてくれるからその妨害にも行きやすくなる。 無傷のサバイバーがダウンした時、負傷中のサバイバーには大きなプレッシャーがかかり、そのままフックに吊るすか負傷中のサバイバーを追いかけるかの選択肢を生み出せる。 これにより人数を早期に減らしたり を警戒する時間を少なく済ませたりできる。 はロッカーに入れば対策できるから信頼できないと思う人もいるだろう。 もちろんそうだけど、対ゴーストフェイスでロッカーに入る人は多くないと経験から思っている。 残り一人になるなら話は変わるけどね。 はこの戦法なら必須だ。 このパークが無いとほかのサバイバーをダウンさせる前に治療が終わってしまいサバイバーの次の動きの予測が難しくなるからだ。 パーク説明の最初で言ったように、高ランク帯のサバイバーなら治療を無視して発電機を修理するようになるので試合中負傷したままのサバイバーが増え、誰が発電機を修理し続け誰が救助に来るのか予測しやすくなる。 ゴーストフェイス他のおすすめパーク 新 呪術:破滅 & 監視 の効果でサバイバーが修理していない発電機には常に の効果も適用されるので索敵が簡単になる。 イタチが飛び出した テンポよくサバイバーをダウンさせられるとかなり強力。 の入れ替え案。 複数のサバイバーのゲージを同時に貯められる。 看護婦の使命 相性はいいが と技術で補える パーク構成の欄を参照。 性能が少し落ちた。 試合後のリザルト画面でサバイバーが驚く。 サバイバー全員の位置がわかり、殺害による最低保証が付く。 5回しか発動しないのが難点。 & 監視 便利な組み合わせ。 発電機を破壊する手間が省け、巡回ルートも決めやすい。 、 こちらの接近に気づかれることなくサバイバーを一撃でダウンさせられる。 この章の終わりに:行き当たりばったりでサバイバーを追わず、位置把握を怠らないこと。 この点がゴーストフェイスのうまい下手を決める。 上に挙げたパークとともにサバイバーの動きの予測をし、「ゴーストフェイス・マスター」を目指そう。 ゴーストフェイスのおすすめアドオン• ウルトラレアのものに関しては、 屋外用防犯カメラ」はとても使いやすく 「ゴーストフェイス、カメラに捉えられる」は比較的見られにくい場所 屋内など では役立つ。 しゃがみ移動速度上昇のアドオンも悪くはない。 発見範囲が減少するものは書いてあることは強力そうだけどうまくプレイしていれば見られること自体少ないので必要がない。 キラーの本能の効果延長とつけ回し時の移動速度上昇はほぼ使わない。 ゴーストフェイスマップtier表 ランクS• ホーキンス国立研究所 ほぼ負けることがない。 見えないところで闇の抱擁を使うとチェイスで負けることはなくなるはず。 ランクA• ギデオン食肉工場 A+ 屋内かつ「治療シアター」よりも発電機を巡回しやすい。 治療シアター A+ 「屋内マップ=最強」。 発電機修理を阻害しやすいのはそのままに、リメイクで薄暗くなったのもいい。 怒りの御所 A 中央の高い建物からマップを広く見渡せる。 植物や地蔵、全体的な暗さのおかげで接近しやすい。 個人的にゴーストフェイスを使うときにうれしいマップ。 ペイル・ローズ(A) 巨大な難破船&薄暗いステージ&視界を悪くする背丈の高い草。 文句なしで草。 シェルター・ウッズ(A-) チェイスポジションがすくなく、視界が比較的悪い。 数少ないキラー有利マップ。 ディスターブド・ウォード(A-) 中央の固有からほぼ全体が見渡せる。 二階の鉄格子からつけ回しをしても闇の抱擁を解除されづらい。 アザロフの休憩所(A-) 中央によく見かける形のチェイスポジションがあるが、サバイバーを分断しやすい。 フックにつられたサバイバーとそうでないサバイバーを反対側に寄せられると、マップ中央を巡回して通過するサバイバーをつけ回してダウンが取れるのでとても強い。 ランクB• ファミリー・レジデンス(B+) 隠密がしやすいのでゲージがためやすい。 「怒りの御所」より広く中央固有がないのでこの評価。 マザーズ・ドゥエリング(B) 固有は活かしやすいが最も広いマップの一つ。 オーモンド山のリゾート(B) オブジェクトによって隠密はしやすいが強ポジが多い。 おぞましい貯蔵室(B) 固有でのチェイスがとても強いが遠くからのつけ回しが可能。 ファザー・キャンベルズ・チャペル(B) そこまで悪くはないが、発電機の防衛に苦しむことになる。 レッカーズ・ヤード(B) 可もなく不可もなく。 平均点。 レッチド・ショップ(B) ジャングルや二窓湧きは普通で固有建築内の発電機を外からつけ回しできるが、固有チェイスは時間がかかる。 サファケーション・ピット(B) 大きい方の固有でのチェイスに注意。 つけ回ししやすいポジションがいくつかある。 アイアンワークス・オブ・ミザリー 背の高い固有建築からつけ回しをしやすいがチェイス最強ポジションでもある。 全体的に悪くないマップ。 グロウニング・ストアハウス(B) 固有建築内の発電機を外からつけ回しできる。 マップを横断するときに固有を使うとみられることなく移動できる。 コール・タワー(B-) 強ポジと弱い固有がマップ端にある。 普通にプレイすればましなマップ。 ガス・ヘヴン(B-) 中央に強ポジがある場合が多く、そのそばに発電機が湧きやすい。 見通しがよく、小さな車を挟んでもたった時に姿が見られてしまうので注意。 トーメント・クリーク コールドウィンド・ファームの中ではマシなマップ。 背の高い草が少ないのでつけ回しがしやすい。 浄罪の神殿(B-) 中央固有が違う以外は「マザーズ・ドゥエリング」と同じ。 しゃがみフェイントを利用できる場所がいくつかあるのは利点。 バダム幼稚園(B-) 茂みの奥や過度に発電機が湧きやすくつけ回しをしづらいが、強力なつけ回しポジションがある(後述)。 ランクC• ランプキン・レーン(C+) 屋内の発電機をつけ回ししづらく、発電機から目視でチェックできる階段がいくつかあるのでキャッチもしづらい。 トンプソン・ハウス(C) ベランダからつけ回しができるので「ロトン・フィールズ」よりは戦えるマップ。 しかし戦いに苦痛はつきものだ。 フラクチャード・カウシェッド(C) 「ロトン・フィールズ」ほど大きくはないがきついチェイスポジションがいくつかある。 固有は比較的戦える。 ランクD• ロトン・フィールズ 巨大なマップ。 ベランダからのつけ回しはできない訳ではない。 強ポジとジャングルがたくさんある。 ランクF• ブラッド・ロッジ(F) つけ回しポジションの紹介• おそらくほとんどの人が普通につけ回しをしていると思うけれど、気づかれないでゲージをためられる場所がいくつか存在する。 これを意識すればより強くこのキラーを扱うことができるはずだ。 ここではいくつかそういった場所について紹介していく。 写真内で赤く強調されているサバイバーはここからつけ回しができることを示している。 グロウニング・ストアハウス 固有建築には内側から発電機をつけ回しできる隙間がたくさんある。 アイアンワークス・オブ・ミザリー 固有建築の上の階から地上階の発電機から遠くの発電機まで見ることができる。 サファケーション・ピット 壁の隙間から発電機を見ることができる。 オートヘイブン・レッカーズ 「オートヘイブン・レッカーズ」のマップならどこでも湧くジャングルジムなどに使われている壁の隙間から発電機を見られる場所がよくある。 ブラッド・ロッジ 窓に打ち付けられた板の隙間を通して、内側から発電機が見える。 レッチド・ショップ 固有の窓の隙間を利用して内部の発電機に向かってつけ回しができる。 雑草を利用したつけ回しの例 思っているより使いやすいテクニック。 フラクチャード・カウシェッド 赤い小屋の隙間から内側・外側の発電機を見ることができる。 プレイするときに意識・注意すること• しゃがみ歩きでマップを横断せず、ゆっくり動くこと。 開けた場所を通る回数を減らそう。 ゴーストフェイスはチェイス力が低いといったが、チェイス中にサバイバーの視界から消えたところ(ジャングルジムなど)などの技術的な面で補える部分がある。 ただし板スタンで闇の抱擁を解除されないようにすること。 前述したしゃがみフェイントも使える場所がある。 つけ回し中は消極的に動くこと。 闇の抱擁を解除されずに隠密することを第一に考えよう。 サバイバーと対面していても闇の抱擁が解除されるまでつけ回しは可能。 逆に言えば、見られる前にはこれくらいは貯めておこうということだ。 強ポジの近くにいるサバイバーを先に見つけた場合、負傷していたとしても、チェイスをせずにできるだけゲージをためてから離れ後でダウンさせるようにしよう。 ただし余裕がある場合にはチェイスをしてもいい。 サバイバーをダウンさせたときに攻撃したくない(ゲージがほぼたまっているなど)サバイバーがいた場合、覗き込みをしてゲージをためよう。 ダウンしているサバイバーによってすぐに闇の抱擁を解除されてしまうが、ゲージを減らさずに済む。 サバイバーをダウンした時に闇の抱擁が回復し終わっていた場合、そのまま放置して別のサバイバーを狙う場合がある。 もちろん毎回これをするわけではないが、フックにすぐに吊るすだけではないというのは頭に入れておいてほしい。 これは救助待機をしているサバイバーを探すというより、状況把握を十分にできない遠くのサバイバーをダウンさせるためだ。 サバイバーをダウンさせたがフックまで運ぶのが難しい場合、担ぐのをやめて別のサバイバーを狙うのも一つの手だ。 サバイバーを担いでいる間につけ回しのゲージが減る、なんてことはないからすぐ起こされたら戻ってまたダウンさせればいい。 間違えてゲージをためきってしまい、安全な場所に逃げられた場合は追わずに巡回・索敵に戻ろう。 逆にゲージをためる前に闇の抱擁を解除されてしまった場合、99%モードであったとしても攻撃したほうがいいことがある。 ほかのサバイバー全員が負傷しているようなときは攻撃したほうがいい(前に述べた理想的な状況に持ち込めるから)。 こういった状況は使っていくうちに増えると思う。 目の前で救助される寸前に闇の抱擁を使うことで を無力化することができる。 これに成功した場合は救助されたサバイバーを意識して狙うようにしよう。 負けそうになってもあせらずいつも通りの立ち回りを続け、次の試合に生かせるような学びを見つけよう。 以上がゴーストフェイスを使う上で知っておいてほしい事だ。 こんな記事を書いているけれど、私もミスをたくさんしている。 発見やアドバイスがあったら是非教えてほしい。 ゴーストフェイス対策 つけ回しをしないスタイル 奇襲をメインとしたスタイル。 対策はしやすいのでこのスタイルは好きじゃない。 このタイプのゴーストフェイスはロングチェイスが苦手だから、諦めて去ることが多い。 この時に闇の抱擁を解除しよう。 ベビーシッターになりきってゴーストベイビーを見守り、彼らがほかの味方とのチェイス中に闇の抱擁を使ったらしっかり見つめて解除してあげよう。 つけ回しを使ってくるスタイル 近くでつけ回しをされているのがわかったら、闇の抱擁を解除しつつ離れよう。 自分から離れるようなら障害物に隠れよう。 もちろん一番の対策は注意を怠らないことだけれど。 パーク 対ゴーストフェイス最強のパーク。 キラー側は後ろを向いて近づくことで対策できる。 このパークはキラーのいる方向は知らせないので、近づく方向に気を付ければ奇襲に成功しやすい。 驚いてこちらに走ってくるサバイバーに驚かされないようにね。 正しく使えばゴーストフェイスに対しても有効。 画面内にキラーが移っていればこのパークが光るので大体の位置は予測することができる。 対策をする場合、このパークを持っているサバイバーの背後から障害物を使いながら接近すること。 これによりまだ遠くにいると勘違いをする場合があるから、視点を動かすことが少なくなる。 視点の方向をすぐ変えると近くにいるとわかってしまうのでつけ回しはしないこと。 ゴーストフェイスを使うときに使われて最も嫌なパーク。 来ているのを見つけたら早めに使ってしまえば問題なし。 キラーのオーラがずっと見られなくても、味方が吊られた直後の動きである程度予測ができる。 他キラーと同様に万が一の時に役に立つ。 しかし、通電間際などでない限り、ゴーストフェイスにとって状況は良いままなので微妙。

次の