内 くるぶし の 下 痛い。 内くるぶしの下が痛くなる有痛性外脛骨の原因と対策

気になるくるぶしの痛みの原因とは?実は病気が潜んでいる可能性も

内 くるぶし の 下 痛い

Sponsored Link 痛む場所をチェック!くるぶしの下が痛む症状は? くるぶしの下が痛む時に考えられる症状は、次の通りです。 捻挫(靭帯損傷) くるぶしと周囲の骨をつなぐ靭帯が足首をひねった時などの 衝撃で伸びたり切れたりしてしまいます。 出典:nakanoseikotuin. くるぶし周辺の靭帯は外側に5本(上図参照)内側に「三角靭帯」と呼ばれる 靭帯がありますが捻挫によってくるぶしの下が痛む時は くるぶしの下にある靭帯が損傷している可能性が高いです。 足首を内側にひねったことで起きる「内反捻挫」の場合 足の外側の「前距腓靭帯」や「踵腓靭帯」が損傷するため 外側部分が痛くなります。 足首の捻挫のほとんどがこの内反捻挫です。 「外反捻挫」といって、反対に内側の 靭帯が損傷することもあります。 症状の特徴 ・足首をひねり、ひねった方向の反対側が痛い(外側・内側どちらでも起きる) ・腫れや内出血などが生じている 対処法 ・応急処置をしたのち、整形外科で治療を受ける 捻挫というと軽いけがのように思われがちですが、程度によっては 機能回復までに何か月もかかったり、何度も同じ場所の捻挫を 繰り返したりすることがあり、ある意味骨折よりも厄介な症状でもあります。 捻挫した場合は応急処置を行い、病院で適切な治療を受けましょう。 応急処置としては、広く知られている「RICE処置」というものがあります。 1 安静(Rest=安静) 2 冷やす(Ice=アイシング) 3 患部を圧迫する(Compression=圧迫) 4 患部を心臓より上に上げる(Elevation=挙上) 腱鞘炎 くるぶしの骨の下には脚とつながる筋肉(=腱)が通っています。 これが長時間の運動によって骨などの組織と擦れあい、炎症を起こします。 特に足の腱鞘炎は長時間足を酷使するランナーに多いことから 「マラソン障害・ランニング障害」とも呼ばれています。 くるぶしの下が痛む場合に考えられるものとして ・足の外側を通る「短腓骨筋腱」の腱鞘炎 ・足の内側を通る「後脛骨筋腱」の腱鞘炎 があります。 症状の特徴 ・押すと圧痛がある ・足の甲側や指先などの範囲にかけ、ビリビリと筋が張ったような痛みがある ・走っている時や歩いている時に痛みが出る ・足を酷使するような活動をした後に痛み出す 対処法 ・安静にする(スポーツや足を使う仕事を一定期間やめる) ・湿布を貼る ・炎症がひどい場合には、病院でステロイド注射などが行われます。 靴擦れによる腱鞘炎 出典:kotoseikeigeka. life. coocan. 足の外側を通る腱のひとつを「腓骨筋腱」といいますが、 この腱は踵骨にある「腓骨筋腱滑車」と呼ばれる骨の出っ張りの上を通っています。 骨と腱の隆起した部分が靴の圧迫などによって 炎症を起こすのが靴擦れによる腱鞘炎です。 症状の特徴 ・くるぶしの下の骨が出ている場所が痛い ・歩行や運動する時に痛みが出る ・きつい靴やサイズの合わない靴を履いている 対処法 ・靴底にヒールパッドを入れる(かかとを上げることで腱にかかる負荷を軽減できる) ・炎症がひどい場合には、病院でステロイド注射などが行われます。 疲労骨折 くるぶしの下の踵骨に継続的にストレスがかかることによって 疲労骨折を起こし、痛みが出る場合があります。 症状の特徴 ・痛み初めはそれほど強くないが、徐々に強くなってくる ・体重をかけると痛む ・かかとを色々な方向からトントンと叩いた時、局所的に激痛が走る 対処法 ・安静にする(約2~4週間) ・靴を足に合ったものに替える 痛風によるもの 尿酸値が高い状態が続き、関節に 炎症が起こることを痛風発作といいます。 痛風の痛みは足の親指の付け根に出ることが 多いですが、くるぶし部分に出ることもあります。 くるぶしの関節は指の関節に比べて大きいため 炎症が起きた時に感じる痛みも強く、長引きます。 症状の特徴 ・捻挫や腱鞘炎になるような運動をしていない ・運動していない時でも痛みを感じる 対処法 ・安静にする ・痛風の治療を行っている場合は、かかりつけ医に相談し抗炎症薬を服用します。 痛風による痛みがある場合、痛みを抑えるだけでなく、 食生活の見直しや運動など、根本的な生活改善が必要になります。 痛風が疑われる場合は病院で医師の診察を受けましょう。 Sponsored Link くるぶしの両側が痛い場合の症状は? くるぶしの下が痛むとき、捻挫であれば痛みは 外側か内側のどちらかだけに発生することがほとんどです。 腱鞘炎は両側の腱で発生することがあります。 片側が腱鞘炎を起こしている状態で無理な運動を続けていると 痛む方の腱をかばって反対側の腱に不自然な 負荷をかけてしまい、そちらにも炎症が起きるのです。 また、くつ擦れによる腱鞘炎は靴によって 足の両側が圧迫されると両側に痛みが発生します。 もし軽い捻挫だと思っていたのに痛みがなかなか引かない場合や 両側が痛む場合は、腱鞘炎を疑ってみる必要があります。 足の腱鞘炎を繰り返さないために気をつけるポイントとは? 足の腱鞘炎はスポーツや仕事などで足を使い過ぎることによって起こるものですが 安静にして痛みが引いた後、また同じようにスポーツや 仕事をすると再発してしまうことがあります。 一方で、同じように運動しているのに 一度も腱鞘炎にならない人もいます。 足の腱鞘炎をくり返す原因として、下肢の筋肉のバランスが悪い為に 足に不自然な力がかかっていることや、靴が足に合っていないことが考えられます。 再発を防止するためには、日頃から運動の前後に下半身の柔軟体操を取り入れ 靴も足に無理なくフィットするものに替えるようにしましょう。 まとめ くるぶしの下の痛みについてまとめましたが いかがだったでしょうか? 痛みを抱えている方は痛む場所や痛み方をチェックし 上に述べた各症状の特徴と照らし合わせてみて下さい。 また痛みの原因が腱鞘炎であった場合は、再発を くり返さないように上に述べたような対策を取り入れてみて下さいね。 Sponsored Link•

次の

気になるくるぶしの痛みの原因とは?実は病気が潜んでいる可能性も

内 くるぶし の 下 痛い

外脛骨は誰もが持っている骨ではありませんが、約20%の人が持っている、足の過剰骨としてはメジャーなものです。 有痛性外脛骨のレントゲン画像例 まずはこれが通常の舟状骨です。 下の写真が外脛骨です。 外脛骨が何らかの原因により痛みが出てくると「有痛性外脛骨」となります。 矢印部分が完全分離している外脛骨 左が癒合、右が部分癒合している外脛骨 上記の外脛骨(特に部分癒合と完全分離)は骨折のようにも見えますが骨折ではありません。 なんで有痛性外脛骨になっちゃうんだろう? 先述の通り、外脛骨は約20%の人が持っている、足の過剰骨としてはメジャーなものですが、外脛骨を持っていると必ずしも痛みが出て有痛性外脛骨になるというわけではなく、外脛骨を持っていても痛みを全く感じないまま生活をしている方もいます。 では、痛みが出る・痛みが出ないの差はどこで出るのでしょうか? 捻挫などの外傷がきっかけ・履いている靴の構造・スポーツ活動などと原因は多岐にわたりますが、大きな靴を履いていると痛みが出る一因ともなります。 大きな靴を履くとなんで痛くなるの? 大きな靴を履いていると、靴の中で足が前後左右に暴れやすくなります。 その時に靴の内側部分と外脛骨部分が繰り返し擦れます。 そうすると外脛骨部分に痛みが出やすくなります。 大きな靴を履いていると 足が暴れて外脛骨部分がこすれる ではどうすればいいの? テーピングやサポーターなどが有用な場合もありますが、根本的な原因が解決されない限り、それらはその場しのぎのものにしかなりえません。 まずは専門家に詳しく足の計測をしてもらい、自分の足の適正サイズを知ることが大切です。 そして、しっかりと合ったサイズの靴を履き、 靴の中で足の安定性に加えて、内側縦アーチをサポートする加工が施されたインソールなどが有用とる場合が多いです。

次の

くるぶしの腫れ

内 くるぶし の 下 痛い

整形外科医(整形外科全般。 足首の関節の内側と外側にそれぞれある突起した骨のことをくるぶしといいます。 くるぶしなど足首まわりは筋肉があまりなく、負担がかかりやすい部位なので、痛みが出ることもあります。 たかがくるぶしの痛みと侮ってはいけません。 くるぶしの痛みの中には、痛みや腫れで歩くことさえままならない病気が隠れている場合もあります。 そんなくるぶしの痛みや腫れについて、詳しくご説明します。 くるぶしの痛む原因 次のような様々な原因で、くるぶしに痛みが生じることがあります。 1.外傷や負荷によるもの 捻挫 捻挫は足首をひねることで起こります。 足首は体重の数倍負担の負担がかかるため、足首をひねると、くるぶしにある靱帯が傷ついてしまいます。 また、 過去に捻挫していた場合、足首の靱帯が緩んでいることがあり、捻挫しやすくなることがあります。 骨折 骨折も、足首をひねることで起こることがあります。 病院へ行き、レントゲンを撮ることで確認できます。 程度によっては、 ギブスでの固定を行う場合があります。 疲労骨折 疲労骨折は、繰り返しくるぶしに負担がかかることで、徐々に痛みが生じます。 スポーツや走ったりすることで、 同じ部分に負担がかかることが原因です。 疲労骨折は骨が折れるというよりもヒビが入るといったほうが近く、たとえ疲労骨折をしても、 痛みさえ我慢できれば動くこともできます。 骨は損傷しても日々修復を繰り返していますが、疲労骨折は怪我に対し修復スピードが追いついていないことが挙げられます。 後脛骨筋腱機能不全症(こうけいこつきんけんきのうふぜんしょう) 後脛骨筋とは、 つま先立ちをする時に使う筋であり、内側のくるぶしの後ろを通っています。 この筋が、転倒などで外傷を負ったり、長期の繰り返しによる負荷がかかったりすることで、うまく機能しなくなり痛みを感じると言われています。 特に 中年以降の女性に多く、 肥満や高血圧もリスク因子となります。 ひどくなると偏平足になり、日常生活にも支障が出てしまいます。 腱炎(けんえん) 骨と筋肉をつないでいる腱が炎症を起こすことが原因です。 長時間の立ちっぱなしや、 足首を使用 するような運動を行うことで、くるぶしに負担がかかってしまい痛みが出る場合があります。 2.生活習慣によるもの 運動不足 運動不足による、足首周囲の腱(すじ)が固まってしまうことにより、捻挫や腱炎を起こして痛みが出ることがあります。 外反母趾(がいはんぼし) 足の親指が小指側に曲がっている状態をいいます。 歩くときにバランスを取ろうとするため、足首にも無理な負担がかかり、痛みが出ることがあります。 扁平足(へんぺいそく) 通常、足裏には土踏まずがあり、アーチ状になっていますが、 扁平足は足裏が平らになっていてバランスよく歩く、走るという足の本来の機能を十分に果たすことができません。 また、走ったりジャンプしたりすると足首に負担がかかる場合があります。 冷え症 足首の冷えから、くるぶしに痛みを感じる場合があります。 くるぶしの痛みから考えられる病気 くるぶしの痛みの中には、病気が関係しているものもあります。 1.痛風(つうふう) 足首をひねった記憶がないのに、赤み・腫れ・痛みがある 血液中の尿酸値が高いと、足首や足の指の関節炎により痛みを感じます。 一番多いのは 足の親指の付け根ですが、足首をひねった記憶がないのに赤みや腫れ、痛みが出た場合、痛風の疑いがあります。 原因はストレスや内服薬の副作用などさまざまですが、多くは 食生活が原因です。 特に肉類や過度のアルコール摂取が原因とされています。 2.関節リウマチ あちこちの関節が痛くなる 朝、特に 手の指がこわばる、あちこちの関節が痛い、などの症状からくるぶしにも痛みがある場合、関節リウマチの可能性があります。 病院で診てもらいましょう。 3.変形性足関節症(へんけいせいあしかんせつしょう) 骨が受ける衝撃を吸収する、『関節軟骨』がすり減る 加齢や関節リウマチ、感染により関節軟骨(関節のクッションの役割を果たしているもの)がすり減ってしまうことにより、 関節が変形し痛みが出ることがあります。 4.三角骨障害(さんかくこつしょうがい) 足首の後ろが痛くなり、つま先立ちができない バレリーナやサッカーのシュート時や、高いヒールを長時間履く人に多く、 アキレス腱とくるぶしの間に痛みが出ることがあります。 5.足根洞症候群(そっこんどうしょうこうぐん) 捻挫の後、長期間痛みが続く 足根洞とは、くるぶしのすぐ下を指します。 捻挫の後に足根洞に長期間痛みが続く場合、可能性があります。 6.滑液包炎(かつえきほうえん) 関節を慢性的に酷使することで起こる 『滑液包』とは、関節など摩擦のある部位にある滑液を含んだ水のことで、 関節を慢性的に酷使することにより起こります。 外側のくるぶしの斜めに関節包という袋があり、それが炎症を起こしている状態です。 中でも、滑液包に細菌が入ってしまう化膿性滑液包炎の場合は、くるぶし部分が赤く腫れ、痛みが出ます。 7.関節炎 関節の炎症を伴い、発熱や腫れがある場合がある 関節リウマチ以外にも、細菌による化膿性関節炎や、結核による関節炎においても炎症が起きる場合があります。 発熱や安静時の痛みなどの症状が見られることがあります。 通院をする目安と自宅でできる対処法 1.何科を受診すればいい? くるぶしの痛みは、足を捻ることで起こる捻挫や打撲、骨折などが大半を占めます。 まずは 整形外科を受診するのが良いでしょう。 2.こんな症状があったら要注意! 痛風や関節リウマチのような症状はもちろん、下のような症状が現れたら早めに病院で診てもらいましょう。 歩くたびに痛い 歩くたびに痛い場合、痛みのある付近の骨に異常が見られる場合があります。 骨のズレがそれほど大きくない骨折の場合、しばらく放置していると骨が自然にくっついていることも少なくありませんが、骨がくっつけばいいわけではありません。 骨がズレや曲がりがなく、関節や筋肉にも問題なく動かせる状態が「治った」ことになるので、歩くたびに痛みがあるような場合は放置しないで病院を受診しましょう。 関節が痛い 関節の痛みは、軟骨など足首の周辺組織が加齢や運動などにより 関節周辺に炎症が起きていることが考えられます。 特に関節リウマチは早期治療を行うことが大切な病気なので、安易に自己判断をせずに痛むようなら一度病院で診てもらいましょう。 関節軟骨に変形がある 関節と関節の間の、クッションの役割を果たす関節軟骨が変形を起こしている場合もあります。 腫れている 腫れは、そのまま様子を見て問題のないケースもありますが、関節に炎症が起きている可能性もあります。 腫れに加え、 熱をもっている場合、むやみに動かすのは危険です。 こちらも自己判断が難しいので、気になるようであれば早めに診てもらうことをおすすめします。 3.接骨院、整骨院、整体は主治医と相談の上で 接骨院や整骨院、整体などは、 整形外科で診断をもらってから、主治医と相談の上で行った方が良いでしょう。 4.自分でできる、くるぶしの痛みの対処法 すぐに病院に行くことができない場合は、以下を参考にして対処をします。 急に痛みが出た場合 外傷など、急に痛みが出た場合は、 まずよく冷やします。 痛みや炎症による腫れは、冷やすことでひいていきます。 保冷剤をタオルやハンカチで包み、痛みや腫れが気になる部分にあてて冷やします。 痛みが長く続いている場合 痛みが慢性化している場合は、温めましょう。 冷えや神経痛、関節リウマチは温めることで痛みが和らぎます。 お風呂や足湯につかることで体が温まり全身の血行が良くなります。 しかし温めると痛みがひどくなる場合はやめましょう。 まとめ くるぶしの痛みは様々な原因が考えられます。 捻挫と思っていたら骨折であったり、慢性関節リウマチや、化膿性の病気であったりと等様々です。 すぐに病院に行けない場合は自分でできる対処法などを試し、症状が続くようなら早期に必ず病院を受診しましょう。 放っておくと大変な大きな病気の場合もあります。

次の