桶 狭間 の 戦い。 【今川義元の最期と首】信長による奇襲!桶狭間の戦いの結末

【今川義元の最期と首】信長による奇襲!桶狭間の戦いの結末

桶 狭間 の 戦い

桶狭間の戦いとは (桶狭間古戦場公園 出典:) 桶狭間の戦いとは、 1560年に桶狭間で織田信長と今川義元の間で行われた戦いのことです。 その当時は小さな国ひとつを治めていた織田信長が有名な武将である今川義元を破り、後に江戸幕府を開く徳川家康を始め、多くの武将に影響を与えました。 安土桃山時代という一つの時代を作り、日本全国を統一することを目指していた信長ですが、産まれたのは現在の愛知県西部にあたる 尾張という小さな国でした。 幼いころの信長は周囲の大人を困らせる言動が目立ち、武道や銃に興味を持っていました。 父親が亡くなった後、信長のそれまでの行いや周囲との対立から後を継ぐ際に争いが起こり、信長は弟を破って父親の後を継ぎます。 さらに尾張国内はいくつかの武将が対立しており、桶狭間の戦いが起こったころは、信長はまだ完全には尾張を統一できていませんでした。 5男として産まれたため、家を継ぐ予定はなく僧侶として修業していましたが兄たちが亡くなったことで今川家を継ぐことになりました。 このとき弟と後継者をめぐる争いが起こり、勝利しています。 織田信長も今川義元も兄弟と戦っていますが、 2人が生まれた時代はそのように親子、兄弟であっても争い、領地を拡大していくことを武将たちは目指していました。 父親の後を継いだ義元は領地を拡大するために、近くの強い武将と手を組みます。 そして周辺の土地を攻撃し、 駿河に加え遠江、三河(現在の愛知県東部)を領地として加えます。 このとき三河から人質となったのが後の 徳川家康です。 今川義元が三河を手に入れたころ、信長とその弟の間で後継者争いが起こり、織田家は混乱していました。 その中で尾張の一部が今川義元の手に落ちてしまいます。 今川義元はとうとう織田信長がいる尾張を手に入れようと動き出したのです。 このとき三河から人質となっていた徳川家康は松平元康と名乗っており、今川義元とともに出発しました。 3つの国を治める有力な武将である今川義元と小さな国も統一できていない織田信長の戦力差は大きく、信長の部下たちは自分たちの城に立て篭もるか出て行って戦うか意見が対立し、混乱していました。 しかし今川義元が出発してから 7日後、突然信長は動き出し、 桶狭間へと向かったのです。 ちなみに桶狭間の場所ですが、はっきりとは分かっておらず、名古屋市、豊明市あたりと言われています。 このとき桶狭間では 視界を遮るほどの豪雨。 織田信長の軍はこの雨とともに今川義元の軍に 奇襲攻撃をしかけました。 今川義元の軍は 25000~ 45000人、対する織田信長の軍は多くても 5000人ほどだったと言われています。 信長の軍による奇襲攻撃に義元の軍は混乱し、信長の軍が優勢になります。 義元は退却しようとしましたが遂に討ち取られてしまい、義元の軍は降伏しました。 このように 情報を集めて戦ったことで、信長は少ない人数で有力な武将であった義元を破ることができたのです。 義元が亡くなり、他の有力な部下も失い力がなくなった今川家から家康は早くに独立し、三河を取り戻します。 家康が独立したことを受け他の部下たちも反乱を起こし、さらに今川家は衰退していくこととなります。 そして桶狭間の戦いから 2年後、 1562年には織田信長と手を組み 清州同盟を結びました。 この後松平元康から徳川家康と名前を変え、江戸幕府につながっていくのです。 桶狭間の戦いで信長が義元を破らなければ、江戸幕府は開かれなかったかもしれません。 当時、有力な武将であった今川義元を破ったとして織田信長は周囲に驚きを与えました。 そして徳川家康と手を組んだ信長はさらなる領土の拡大を目指し、周囲の武将と戦いを続けます。 徐々に力をつける信長は将軍を目指していた 足利義昭を利用し、天下統一に向けていよいよ動き出します。 しかし信長が産まれたころは将軍の力はすでに弱まっていたため、足利義昭は将軍となり権力を取り戻すために信長に協力を求めたのでした。 信長もさらに勢力を拡大するために将軍の権力を利用することを考え足利義昭に協力し、 1568年、足利義昭は将軍となりました。 始めは信長に協力を求めた足利義昭でしたが、どうしても信長がいると将軍としての自分の立場が弱い、と感じ始め、信長を倒そうとします。 しかし最後には信長に追放され、将軍がいなくなったことで 室町時代は終わりを迎えました。 こうして桶狭間の戦いをきっかけに力をつけた織田信長は室町時代を終わらせ、新しい時代を作っていったのです。 まとめ.

次の

桶狭間の戦いをジオラマで体感できる「桶狭間古戦場公園」(桶狭間の戦い)

桶 狭間 の 戦い

石高からおおよその兵力を算出する方法は 先に回答を寄せられている方々の通りですが 数字に関しては「極めて正確と思われる」信長公記から見れば 今川2万程度(後方支援、補給、築城人夫も込みと思われる) の人数を「対織田家戦争」に投入 対する織田家は(格砦の守備兵力を除いた「強襲部隊」の兵力) 3千未満であったようです 今川方も「遠征」というほどの長距離侵攻作戦を企画していたわけ では無いようで (織田が今川方の城の攻略作戦を開始したため、後詰めとして 今川本隊が出陣してきた…というのが最近の見解) 遠征でもないのに人夫が多いのは、織田方の砦の破壊と城の修築 のために、工事請負と物資運搬、食料運搬に大量の人数が必要 だったためでしょう 今川方の「戦闘部隊」は4~5割程度、さらに信長公記では 早朝から攻撃していた今川の部隊と交替して砦に入り… という記述があることから、部隊を戦闘・休息に分けていたようです つまり 今川方はせいぜい1万を超える程度の兵力の何割かを休息させて いたことになります さらに複数の目標に対して作戦を展開させていました もっとも 信長の動員した兵力を見れば、極めて妥当な作戦といえます 現代から見ても 作戦そのものに大きな欠陥があるとは思えません 又 織田の家臣が秘密工作として農民に化けて今川方の部隊に 酒や肴などを届けたが、指揮官たちは「近寄るな」と命令を 発していたようで「用心深い連中だ」と書き残されています あと 先の回答で間違っている部分がありますが 今川義元は「鎧を着て」いたこと 退却の際には「馬に乗って」退却しようとしたことが信長公記に 明記されています 当時の記録には「肥満」も「貴族趣味」も一切記録がありません すべて「江戸時代以降」のでっち上げです 当時の記録で「街道一の弓取り」と言われていた男です 作戦指揮能力、統率力に問題があるとは思えません 又 彼が本陣を置いていたのは「おけはざまやま」であり 信長はその本陣を「攻め上った」ことも明記されています 隘路に陣を…とか、隊形が長くのびて…も嘘です ちゃんと小高い山の上に陣を張っていました そして 信長は正面から攻撃を仕掛けています (結果として奇襲効果はあったようだが)最初から奇襲を 企画していたわけではないようです 作戦に欠陥は無い… 兵力は倍以上を誇る… 格指揮官や将の能力に問題は無い… ではなぜ負けたのか? 北条や武田にのこる「当時の文書」をいろいろ見ると 最前線の兵士たちが「乱捕り」(略奪行為)に夢中に なり統制が取れなくなっていた…という記述があります 戦闘の状況から 午前中に織田方の砦の殆どが陥落しており 「もう戦闘は終わり」という意識が蔓延したこと 織田の部隊が前線に集結しつつあるのは見えていたはず だが、その「兵力の少なさ」と「砦の戦闘が終結」したことに よる油断… 信長の作戦意図に対する見積もりの甘さ… これらの相乗効果が思わぬ落とし穴として義元のまえに 突如として現れました そして彼にとって不幸なことは「大敗の経験が無い」こと でした 太源雪斎の薫陶の元に育ち、彼の作戦指揮により 大きな破綻を経験していなかった彼は 「単騎で逃げる」ことをせずに、「旗本に守られながら」 退却を開始しました 目ざとい信長に見つかり「あの集団を徹底的に追撃しろ」 との号令で一斉に襲い掛かる織田軍… それまで不敗の常勝軍を率いていたことが逆に彼の 寿命を縮める結果となってしまったようです その後の結果は歴史が示す通りです 太閤検地の数字で駿河遠江三河で約70万石、尾張で57万石 ややこしくなるので以下の数字は太閤検地までの30余年には変化がなく一応数字が正しいと仮定します)。 両者がこの全域を支配していたわけではなく、織田は尾張の半分程度の米を支配していたとして、28万石。 後年もっと単純に税率を無視し表に出てこない収入を加味して100石あたり2人を動員数とする単純計算の動員例もありましたが、これに乗っ取っても 今川:14,000人 織田:5,600人 となります。 これ以上無理だと思います。 しかも今川の方は本国を後にしての遠征軍ですから、本国の兵力を空にするというわけには行きませんから、無茶苦茶無理して乾坤一擲で今までのたくわえも全部投入して軍費に当てたとしても、せいぜい一万余が尾張侵攻軍の全軍です。 実際、信長は桶狭間の1年ちょっと前に尾張をほぼ統一し、これから増収増益を計ろうという時期でしたから、この状態が数年続くと、その間に今川が三河一国分を完全統治したところで、米以外の収入で完全に経済力が拮抗する状態でした。 また、ある資料によると、尾張統一の最終戦で、尾張国内の信長派が3000人、反信長派が3000人動員していますから、中立日和見派勢力を入れると、この時点で尾張一国で少なく見積もっても6,000人を超える兵を養う経済力があったことがわかります。 実際後年の美濃攻略で6000人普通に繰り出していますから、留守番や国境の守備隊などの各個配置も含めれば、8000人以上の兵力があったことが推測できます。 やっと前年に尾張を統一し、それまでの反信長派と中立日和見派が非協力で桶狭間への参加がほとんどいなかったに等しかったとしても、信長の戦力は3000名以上は確実です 私自身は4000名位だと思います)。 ということから両者の全兵力差は2~3倍程度です。 今川軍が3万とか4万5千とか言ってる人は数字の根拠を経済力をもとに説明してもらいたいものです。 絶対ありえません。 江戸時代に読み物として書かれた本に4万5千とかかれてあるとか、日露戦争の時代に寡を以って衆を制す的な、数字に全く根拠のない国民騙しの捏造精神論のデタラメ話の教本は問題外です。 hjxy1045さん、石高の話はまあおいてくとして(米収入とその他収入を後年の数字とと同じと仮定すること前提自体が問題があるので、私は1560年頃は尾張半国と駿河遠江三河との三国では太閤検地での農業外収入を加算した数字と差があったと諸般の資料からして判断している)、前年に統一が終わってるとしても、いきなり経済力が信長一人に集中して尾張1国分の動員力に結びつくわけがない。 君のいきなり尾張1国分の完全支配なんてのは、人間社会の実情を無視しています。 しかも権力基盤の強弱で変わる税収を無視している。 桶狭間で勝つ以前はいくら前年に尾張一国を統一したといっても信長の権力基盤はやはり尾張半国程度です。 当時は石高制ではないのですが、国力の比定には使えますね。 今川方は、3国で70万石 + 尾張の一部 織田方は、尾張の大部分で、おそらく50万石ぐらい。 勢力比は 3 対 2 今川は遠征になる兵士が多い。 この場合、惣村の協力は得られにくく、1万石あたり、250人でもきつい。 織田は、戦場が近いので、惣村の協力は得られやすい。 1万石あたり、300人以上は可能だろう。 今川は、北条・武田との同盟のため、北部や東部に兵力をまわす必要は無い。 しかし、惣村の支持の得られにくい戦いのために、少しは兵力を残して置かないと統治が不可能。 織田は、対斉藤、対一向一揆の兵力が必要。 ただし、尾張は狭いので、対斉藤や対一向一揆への警戒兵力は数百で十分。 短期間の足止めで十分だから。 こう考えると、桶狭間周辺の総兵力は、今川16000 織田12000 ぐらいだろうか。 ただし、今川は、鳴海・大高の2城の解放軍と本陣の3つに主力を分けねばならない。 仮に平等に3分割していれば、本陣は5300人。 織田は、桶狭間周辺のあちこちの砦に数百人づつを入れているから、主力は10000人を割ると思うが、今川の本陣よりは多い。 桶狭間周辺の総兵力では、今川方が数十%多いが、主力を3分割したために、決戦場では、織田方の方が多かった。 だから、一方的な勝利になった。 59年にほぼ、尾張を統一しています。 諜報説や食事説も創作です。 米の取れ高だけではないのです。 さらに、村ごとに年貢率は違います。 検地外収入の大きな村からは、検地内収入に対して9公1民なんて例もありました。 ですから、石高制による「比定」は有効な手段です。 なお、16世紀後半は、中国貨幣の輸入が止まって、物々交換が復活しています。 その程度の商業力なのです。 圧倒的に農業中心経済なのです。 大部分の武士は、手下とともに、「主を変える」だけです。 軍事指揮権を受け入れて、外交権を放棄するのです。 臣従するときに内政に干渉されたりしますが、今日から戦えます。 その間の経済成長と人口増加分を割り引かねばなりませんね。 さて、この30年でどのくらいの成長があったのか。 戦国100年間人口急増2倍説に従えば、30年間の成長差は20%あまり。 ですから、上記の石高や兵員数に、0.8ぐらいをかければいいことになります。 しかし、この人口2倍説は、「増えた分よりも、検地で、新たに人口と田畑が見つかった分の方がずっと大きい」説よりも説得力に欠けます。 なぜなら、人口増加の原因である、排水技術の普及による田畑の増加は、室町時代の初期と江戸時代の初期に画期があるからなのです。 排水技術は室町時代の初期に普及し、大規模に実施されたのは、江戸時代になってからです。 ですから、戦国時代の人口増加はゆるやかであり、30年間の変化はそんなに大きいモノではないとすれば、0.9以上をかける程度でいいでしょう。 大した差にはなりません。 なぜなら、丈量検地を行っていないからです。 戦国時代は、正確な兵数が不明な戦いが大部分です。 関ヶ原の戦いですら、正確な記録はないので、帝国陸軍が石高から推定した数字が広まっています。 ウイキペディアに以下の記述があります。 全軍で2万を数えた今川軍も、戦闘により様々な方面に戦力を分散させており、義元を守る本隊は5,000~6,000人ほどに過ぎなかった。 更にその大部分は戦闘に不慣れな寄せ集めの兵であり、精鋭2,000人が一丸となって突撃してきた織田軍の猛攻によって大混乱に陥った。 恐らく、今川軍は、移動のために、兵が分散していたのでしょう。 義元は馬に乗れないので、輿なので、移動が遅いわけです。 だから、今川軍としては、騎馬隊が先にいっているわけで、戦場はまだ、先なのに、突然、織田軍が現れたので、驚いたのでしょう。 つまり、信長は、今川軍の先鋒を三河に誘き出して、本体が桶狭間辺りに来た頃に、待ち伏せして討ったと考えると納得いくでしょう。 後の、武田勝頼との長篠の戦いでも似たような戦略を用いています。 桶狭間との違いは、徳川軍が敵だったのが味方になっている点です。 信長の戦い方は、信長軍の先鋒がわざと負けるか、弱い者を置いて、相手に弱いと思わせ、相手が攻めていくと、相手が手薄になった部分に兵力を集中して、隊群を崩すような戦略です。 姉川の戦いもこのやり方です。

次の

桶狭間の戦いは、それほど兵力差はなかったんですか?

桶 狭間 の 戦い

ねらい 桶狭間の戦いをきっかけにして信長の勢力が大きくなっていったことがわかる。 内容 戦国時代、その名をとどろかせた武将(ぶしょう)・織田信長。 織田家は強敵に囲まれた小さな国の大名にすぎませんでした。 その織田家をついだ信長の運命をかえたのが、1560年の「桶狭間(おけはざま)の戦い」です。 敵は、勢力を広げていた戦国大名・今川義元(いまがわよしもと)です。 今川義元は、25000の大軍を引き連れ、信長の領地にせめこもうとしました。 とちゅう、はげしい雨の中、今川軍は「桶狭間山」で兵を休めていました。 そこにすきをついて織田軍二千の兵がせめこみます。 敵の数は10倍以上。 それでも信長率いる軍には勢いがありました。 今川軍は総くずれとなり、義元は討(う)ち死に。 信長の勝利となりました。 この時、織田信長27歳(さい)。 大きな力を持っていた今川義元を討ったことにより、その名は、またたく間に天下に知れわたりました。

次の