ハイキュー 378話 感想。 【ハイキュー!!】378話(4・5合併号)ネタバレと感想

[B!] ハイキュー!!【379話】ネタバレあらすじ考察&感想!日向と影山の会話

ハイキュー 378話 感想

スポンサードリンク これまでのキャラが渋滞! 武田先生は涙を流しながら、烏養と共にスタジアムに到着します。 後ろには烏野高校バレー部も引き連れて、今試合に出る豪華メンバーに心を踊らせていました。 もう試合前に腹を下す俺はいないと日向が言うと、当たり前だボケェと返す影山。 今までのように喚いて言う影山はそこにはおらず、日向は大人になったんじゃない?と驚きます。 手を振り回して日向を攻撃しようとする影山に、今なら腕相撲だって勝てるぜと握り拳を見せて言う日向。 やるか?と腕を出す影山に、後でなっと日向は手を引っ込めます。 宮侑がうちのスパイカーに喧嘩に売らんといて〜と影山に言うと、買っただけですと答えました。 すると木兎が買ったって何を?宮治のおにぎり?俺も食いたい!と飛び出てきます。 侑が早い早い2個質問して回答1個も聞いてへんやん!とツッコミます。 違います喧嘩ですと影山が言うと、喧嘩なんてするなバレーで勝負しろと牛島が現れました。 ややこしくなってきたと言う侑に、日向は喧嘩じゃないです腕相撲ですと律儀に答えます。 木兎があっウシワカだ勝負!と言うと、腕相撲のか?と聞く牛島。 そこで日向は牛島に久しぶりですと挨拶をすると、牛島は今日は勝たせてもらうと返しました。 そこで木兎はウシワカ、腕相撲で日向に負けたことあるの?と的外れな事を聞き、ない!ときっぱり答える牛島。 さらに星海も現れて、サイトでチェックしていたにも関わらず日向に身長を聞くのです。 日向が172. 2cmですと答えると、勝った!と星海は喜びました。 そこに木兎が星海は勝ったの?腕相撲で?と言う事で話がますます混乱していきます。 侑は的確なツッコミをしてくれていたアランのことを思い出し、甘えたったな…と反省しました。 あの頃はありがとう、俺頑張るからな…!と誓う侑でした。 さらにそこに全員インフルの予防接種は済んでるんだろうなと佐久早がマスクをして現れます。 侑はこっちは渋滞や、インターバルをくれ!と返し、牛島はドヤ顔で済んでいると答えました。 言い合いをする佐久早と牛島に例えツッコミをして静止する侑でしたが、滑り倒してしまいます。 心が折れそうやカンベンしてくれと侑が崩れると、日向は面白いです!と気遣いというトドメをさすのでした。 日向の周りに続々とライバルや仲間が集まってきて、混沌たしていましたね。 特に木兎の個性が立ちすぎて、話が分からなくなっていました。 これほどの豪華メンバーが一堂に会し、何かが起こるのは間違いありません。 スポンサードリンク いざ尋常に! 烏野高校バレー部のOBが集まっていると、そこに田中姉弟が合流します。 澤村達とも再会し、仕事の縁下以外は全員集合することができました。 そして会場が暗くなると、試合が間もなく始まろうとしているのです。 シュヴァイデンアドラーズの選手紹介から始まり、まずはキャプテンの昼神福郎から紹介されます。 牛島に星海が現れるとその迫力に烏野OBは圧倒されるのです。 そして影山が堂々と現れると、みんなで影山の名前を叫びました。 そしてアウェーであるムスビィブラックジャッカルはぬるっとコートに入るのですが、木兎は自分で自己紹介をしながらバク転をしてコートに入ります。 マスコットの登場の仕方に会場は笑いに包まれて賑やかになりました。 日向と侑もやろうとすると佐久早に本当にやる?と止められたのです。 そして日向は登場し、アドラーズとブラックジャッカルの両選手が並びました。 観客の拍手を受けながら、いよいよ試合が始まろうとします。 日向と影山は固い握手をして、いざ尋常に勝負が始まるのです。 試合の登場までも威厳のあるアドラーズ選手に、木兎や日向達も面白おかしく負けていません。 日向と影山の固い握手で試合が始まりますが、日向は日本での復帰戦となります。 一体、どのような展開となるのでしょうか。

次の

ハイキュー378話ネタバレ!日向に木兎と宮侑VS影山に牛島と星海の豪華直接対決!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

ハイキュー 378話 感想

ハイキュー!! 【第377話】最新話のネタバレ ある日のランチ。 日向はエイトールに、 練習でしかやらないオーバーのことを訊いていた。 というのも、エイトールは 試合になると、オーバーをやりたがらないのだ。 「オーバー」の意味 ちなみに、理由は 「苦手」だからとのこと。 スパイカーがうちやすいのも、コントロールしやすいのも、もちろんわかってはいるが、 ビーチのオーバーのルールは、厳しすぎて難しいのだ。 すると、それに日向は同意する。 もっと言うと、日向は、 上げてもらえるボールは、オーバーだろうがなんだろうが、なんだって「ありがたく打つ」精神だった。 だからこそ、 あまり今まで気にしていなかった「オーバー」。 そして そんなことを思い出していたエイトールは、 試合にて、 必死でボールに食らいついていた。 ちなみにその動きは、 観客をも沸かせる素晴らしい動き。 しかし負けてはいない、相手コートの サントスとカルバリョ。 日向たちのコートに、負けじと 強烈なスパイクを打ちこんできた。 が、 それを拾う日向。 すると日向は、 そこで動きを止めず、 「すぐ立て」と自分に言い聞かせながら、次の動きに入っていた。 そんな日向を見て、エイトールは思う。 だからこそ、エイトールは 手を空に伸ばし、 綺麗にオーバーでボールを上げた。 それに 少し驚きつつも跳びあがった日向だが、ボールは 惜しくもネット付近。 するとブロックに跳んでいたカルバリョに、 日向たちのコートにボールを押し込まれ、 そのまま、ボールは 日向たちのコートに落ちてしまったのだった。 勝負できる男 そして、 そこで試合は終了。 セットカウント2-1で、 サントスとカルバリョの勝利が決まった。 それを受け、 「肝心な時」に「ダメ」だと反省するエイトール。 しかし、日向はそんなエイトールに言うのだった。 エイトールは、 肝心な時に勝負できる男だと。 すると、試合に負けたものの、 エイトールは何か 心境に変化が起きたよう。 そして、 もっと自分を「ピカピカに」と言ったエイトールは、 ニースに向き直り、 もっと頑張ることを宣言し、 「勝ったら」言うつもりのことを、宣言しようとした。 だが、対して ニースはその考えを全て読み、言葉を遮る。 そして、 勝っても負けても、何年たってもエイトールが素敵だからと、ニースは 逆プロポーズをしてくれたのだった。 その予想外の展開に、 その場にいた誰もが驚愕。 もちろん エイトールも驚いたが、答えは 「喜んで」以外になく、二人は結婚が決まった。 その事実に、 内心で喜ぶ日向と、 流れに身を任せて拍手する周りの人間たち。 旅立ち と、同時に、 ニースは急に、 日向に向かって礼を言う。 というのも、エイトールは 日向と組んで、毎日楽しそうだったそうなのだ。 しかし、日向もまた、 自分も楽しかったと笑顔で礼を言う。 それからというもの、 日向はまた練習に励み、ペドロと飯を食い、いつも通りの生活を過ごす。 そのなかで、ただ違ったのは、 エイトールたちの結婚式に出席したことで、 それを見届けたあとの 2018年3月。 日向はたくさんの人に見送られながら、 空港にいたのだった。 そこで、ルシオに 「砂」と「風」はマスターできたかと確認される日向だが、 まだ「全然」だという。 しかし 日向の顔に悔いはなく、良い笑顔だった。 すると今度は、 ペドロと言葉を交わす日向。 するとペドロは、 ネットで試合を見ることと、 「KODZUKEN コヅケン 」のサインを送ってほしいことを 泣きながら約束してきたのだった。 ちなみに 「KODZUKEN コヅケン 」とは 研磨のこと。 どうやら ペドロは、研磨のファンらしかった。 その後、エイトールや仲の良かった人たちと、ハグしながら別れを告げる日向。 そして日向が、 日向流に日本語で頭を下げると、皆 日本語でそれを繰り返し、日向を笑顔で見送ってくれたのだった。 目指す先 それから、日向の背中も見えなくなったころ。 日向がこれからどうするのか、という話になり、ペドロは静かに教えてくれた。 日向はこれから、 バレーボールチームのトライアウトを受けに行くそうなのだ。 自分は「無名」だからと言って。 すると、 これまでの日向を知るニースは、 「日向が無名」という事実が、信じられないよう。 しかしエイトールは、 高校を出てからすぐにこちらに来る奴は、目に留まっても捕まらないだろうと、本当に 「ニンジャ」のようだと言うのだった。 そして、話題はその、 日向が受けるチームのことに。 すると、ペドロはそれも聞いていたらしく、スマホで見せながら教えてくれた。 チーム名は、 「MSBY ムスビイ ブラックジャッカル」。 そして、そんな話をするブラジルと時を同じくして、日本の そのチームのロッカールームでは、 一人の男が真っ暗な雰囲気で落ち込んでいたのだった。 その男とは、このチームの セッター・宮侑 22。 どうやら昨日あった、 チームのファン感謝祭で、盛大にスベったのが 精神的に驚くほどショックだったらしい。 しかもそんな侑は、 更にその時、追い打ちをかけられた。 というのも、スベッた後に、侑は ある男に、すべて笑いを持っていかれていたのだ。 すると、噂をすればで、その 笑いを持って行った男が侑に話しかけてくる。 その男は、あの 独特の声とハイテンションを持つ、 チームのOH アウトサイドヒッター ・木兎光太郎その人なのだった。 続きを含め漫画ハイキュー!の最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 」を無料で読む方法 以上、ハイキュー!! 【第377話】のネタバレを紹介しましたがやはり絵つきで読んだ方が面白いですよね。 今回の最新話を無料で読むことはできませんが、電子書籍サイト『U-NEXT』を利用すれば、最新刊や単行本なら無料で読むことができます。 また、 「 ハイキュー!! 」のアニメも見放題になるのでおすすめですよ。 「ハイキュー!! 」の 漫画を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。 」をさらに無料で読みたい方はこちら ハイキュー!! 【第377話】の感想 驚くべき人物たちが登場してきました! というか、侑と木兎が同じチームってかなりびっくりしました! っていうか治は?赤葦は?? というか、木兎がちゃんとプロになっていると言う事は、メンタルコントロールもちゃんとできるようになったのでしょうか。 次回はついに、日向が日本に帰ってきて、色々大きく動きそうですね! 次回も見逃せません!! 次回のハイキュー!! 【第378話】掲載の週刊少年ジャンプ発売日は12月23日になります! まとめ 以上、ハイキュー!! 【第377話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

ハイキュー!!【第377話】 最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

ハイキュー 378話 感想

日向「エイトールは練習ではオーバーでセットするよね?試合ではやんないの?」 エイトールはオーバーが苦手とのこと。 オーバーの方が打ち易いし上げる方もコントロールし易いけど、反則とられたら元も子もない。 ビーチだとオーバーのルールが厳しい。 」 日向「!!!!! 」 ペドロ「!!!!! 」 ルシオ「!!!!! 」 サントス・カルバリョ「!!??? 」 エイトール「よ 喜んで・・・」 ニース「ありがとうニンジャ・ショーヨー」 日向「はい!いいえ!」 聞いたことあるw 月日が過ぎ 2018年3月 空港 ルシオ「砂と風はマスターできた?」 日向「全然です!w」 ペドロ「ショーヨーがんばってね・・・!」 「試合ネットで見るからね・・・!! 」 日向「うん」 ペドロ「あと【KODZUKENコヅケン】のサイン忘れないでね!」 コヅケンとは研磨のこと 世界的に有名なのかな? 日向は日本に帰ったらバレーボールチームのトライアウトを受けるらしい。 俺は無名だから自分から行くんだ とのこと ニース「ニンジャ・ショーヨーが無名なの!?日本のレベルどうなってるの!?」 エイトール「高校出ていきなりこっち来ちゃう奴だもん 目に留まっても捕まんないよ」 ニース「なるほどニンジャね・・・」 日向がトライアウトを受けるチーム 『MSBYブラック ジャッカル』 ここで衝撃の事実が!!! ブラックジャッカルのロッカールームにて ファン感謝デーで盛大にスベって落ち込んでいる宮侑(22) 試合に負けたときの比じゃないくらい落ち込んでいるw スベったのもあるけどアイツに笑いを持っていかれたのが堪えているらしい そのアイツとは・・・ ???「ヘイヘイヘェーイ!! 」「ツムツム元気か!!! 」 宮の方をガシッと掴む 木兎「俺は元気だ!!!! 宮侑(22) MSBYブラックジャッカル S(セッター) 木兎光太郎(23) MSBYブラックジャッカル OH(アウトサイドヒッター) 煽り 混ぜるなキケン!! 第377話 おわり 感想 最後のインパクトが強すぎですねw まずは、日向サイドから 試合には惜しくも敗れてしまったが、なんとニースからの逆プロポーズ!!! 』にテンション上がりましたww 木兎のポジションの【OH】は【WS】と同じポジションのようです! 来週も目がはなせない展開ですね!!!

次の